気になるユーブライドのブロック機能、その使い方や役割とは?

ユーブライドで婚活をしていると、出会いたくない相手、例えば友人や知人などにばったりと出くわしてしまうというケースも稀にあります。

その他にも、あまりにもしつこい相手や、少しやり取りはしたもののやっぱりタイプではないとわかった相手など、関係を断ちたい、これ以上関わり合いたくないという場合も出てきます。

そんな時には、ブロック機能を活用して自分のプロフィールを見られないようにするとよいでしょう。

ユーブライドのブロック機能を使うとどのようなことができるのか、ユーブライドの婚活におけるブロック機能の役割をご紹介します。


▼ ユーブライドの詳細ページはこちら
ユーブライドは無料登録OKの婚活サイト!口コミと評判を徹底調査!

ブロック機能ってどんなことに役立つの?

では、まずブロック機能とはいったいどのような役割があるのか、ブロック機能の基本的な働きについて見ていってみましょう。

ユーブライドでの婚活を気持ちよく円滑に進めていくためには、ブロック機能を生かすというシチュエーションも当然出てくるのでしっかりと理解しておきましょう。

自分のプロフィールを相手に見せない

相手をブロックすると、自分のプロフィールを相手に見られないように設定することができます。

自分のプロフィールを見られたくない相手に使用するのが、ブロック機能の基本的な役割となります。

自分のプロフィールを見られたくない相手の例は以下の通りです。

  • 偶然知り合いや友人などをユーブライドで見つけた
  • 何度も足跡を付けてきて気持ち悪い、ストーカーのような行動をする
  • やり取りをしているうちに不誠実な相手だということが分かった
  • やり取りをしているうちに自分とは合わないと感じた
  • 悪徳業者や不正を働くような怪しい人物

これまでのやり取りもすべて削除

ユーブライドのブロック機能を使うと、その相手との今までのやり取りなどもすべて削除されて、その相手の情報は一切見ることができなくなります。

メッセージ機能や検索画面なども、これから先永遠に見ることができないという状態になるのです。

相手は連絡手段がなくなる

ブロックした相手は、あなたへの連絡手段を完全に断たれることになります。

どんなに検索しても探し出すことができないため、プロフィールを見ることはもちろん、メッセージや足跡なども一切できなくなります。

ブロックした相手との関係を、完全にシャットアウトすることができるのです。

ユーブライドのブロック機能の詳細は?

ではブロック機能を使うと、相手にはどのように表示されるのでしょうか。

また誤ってブロックしてしまった相手を、解除したり復活表示させることはできるのでしょうか。

ブロックした相手にはどのように表示される?

自分が相手をブロックすると、そのブロックされた相手があなたを検索した際には、「退会しました」と表示されるようになります。

相手をブロックしたという事実は伝わることがないため、安心して相手をブロックするといえるでしょう。

ユーブライドでは、退会処理された会員の情報については、どのような方法を用いても知ることはできません。

相手をブロックするということは、相手にとってあなたが退会してしまいすでに全く情報を得ることができないという相手になるのです。

しかし、それまでごく普通にやり取りをしていた相手の場合、急に検索画面やメッセージ画面が見られなくなります。

いきなり表示できないということになると、ブロックされたということを感づかれてしまうということもあるでしょう。

ブロックした相手を解除することはできる?

ユーブライドでは一旦ブロックすると、その相手のブロックを解除することができません。

ブロックしてしまった相手とは、永遠にやり取りをすることができなくなりますし、相手はもちろん、こちらからも検索できなくなります。

ブロックは何人できる?

ユーブライドのブロック機能は、1,000人まで利用することができます。

上限が1,000人ですから、怪しいと感じた場合や危険を感じた場合には、迷わずブロックをすることもできるでしょう。

婚活に潜むさまざまな危険を避ける、信頼できる相手以外とは関わらないという安全性を、ブロック機能が果たしてくれています。

ブロックした相手をもう一度復活させる裏技

ユーブライドではブロックした相手は解除することができませんが、どうしてももう一度連絡を取りたい、やり取りをしたいという場合に使える裏技があります。

別のアカウントを取る

ブロックはアカウント単位で行われれているため、別のアカウントを取れば再び相手を探すことはできます。

しかし同時にいくつものアカウントで婚活するということはかなり大変ですし、たった一人の相手のためにアカウントを取り直すというのも無駄な労力や費用、時間を消費してしまいます。

別のアカウントをとるというのは最終手段として考え、他のよい相手との出会いを求めたほうがずっと効率的だといえるでしょう。

いったん退会してもう一度再登録する

ユーブライドはいったん退会してしまっても、すぐに再登録することができます。

再登録の際には、新規会員として再び書類提出や、プロフィールの作成、写真の投稿などが必要となります。

どうしてもブロックしてしまった相手と再びやり取りしたいという場合には、いったん退会後すぐに再登録という方法もあります。

まとめ

ユーブライドのブロック機能は、一旦設定してしまうと解除できない、二度と検索したり連絡を取ることができないという、非常に徹底したものになっています。

これは安心安全に婚活をするうえで当然のシステムであり、ブロック機能が徹底していることで真剣に出会いを求めている会員の健全な婚活を提供することができています。

しかしどうしてもブロック機能を使ったことを公開している、もう一度表示させたいという相手がいる場合には、その相手を検索できるようになる手段はあります。

ユーブライドのブロック機能を使うときには、この先その相手とは全くかかわらなくなってもよいのかどうか、しっかりと見極めてから使用するようにしましょう。

また、怪しい人物や不審な行動をとる人、不誠実で不快な言動をする相手は、迷わずすぐにブロックするということも大切です。

ブロック機能を使って、安心安全に、そして快適な婚活ができるようにしましょう。

> ユーブライドの公式サイトはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!