withの登録に必要な条件って?登録方法や使い方などを詳しく解説!

メンタリストのDaiGoがプロデュースし、深層心理の診断から相手を探し出すマッチングアプリのwith

ユニークで理にかなった相手探しができるだけでなく、運営の細やかなサービスや使いやすさが好評で、人気もどんどん上がっています。

そんなwithを利用する際の登録方法について、今回は紹介していきます。

▼ withの口コミ評判ページはこちら
マッチングアプリ「with」の口コミや評判からわかる本当の評価!

withの登録方法や使い方について

withを利用するための初期登録から使い方について、紹介します。

とても簡単にできるので、気軽に始めてみましょう!

withの登録方法

まずはwithの公式HPへアクセスしましょう。

アクセスしたら、画面下にある「Facebookではじめる」という部分をクリックまたはタップしてください。

Facebookでログインを行った後、withで利用する情報へのアクセス可否の承認をします。

その後は居住地写真の設定、基本プロフィール詳細プロフィールの入力を行い、登録は終了です。

withの使い方

相手を探すための使い方も実に簡単です。

メニューボタンにある「さがす」をクリックまたはタップしてください。

相手を探しましょう。絞り込み機能を使えば、自分の理想とする条件を組み込むことができます。

気になる相手を見つけたら「いいね!」を送ってください。

相手から「ありがとう」が返ってきたら、マッチング成立です。

また「いいね!」を送ってきた相手はあなたに好意をもっている人なので、「ありがとう」を返すことでもマッチング成立となります。

マッチングが成立すれば、メッセージを送ることができるようになります。

挨拶から始めてお互いの仲が深まってきたら、連絡先を交換したり、実際に会う約束を取り付けてみましょう。

メッセージについて
メッセージを送るためには、本人確認が必要です。

運転免許証やパスポートなど、公的機関が発行した本人確認ができるものを提出し、運営の審査をパスしたら使えるようになりますよ!

withの登録に必要な条件

withを利用するために、必要な条件があります。

  • 18歳以上であること
  • Facebookの登録の上、友達の数が10人以上であること

Facebookの友達の数については、あまりに友人数が少ないと虚偽の内容で登録した「業者」や「不正ユーザー」である可能性もあるため、安全対策としてこのような条件にしています。

違反行為は退会処分になることも

withは気軽に始められる一方で、ユーザーが安心安全に利用できるために、このような禁止行為を設けてあります。

  • 公序良俗に反するもの
  • 他ユーザーの迷惑となる行為
  • ネットワークビジネスやマルチ商法などのビジネス勧誘
  • 体の関係を目的とした利用
  • 虚偽の情報登録、なりすまし
  • 恋人がいる人、既婚者は利用できない

既婚者だけど離婚調停中や別居中のため利用したい場合でも、離婚が成立していない間は婚姻関係は続いているものとみなされます。

まとめ

withは登録方法や使い方も簡単、そしてセキュリティ面も厳重な体制が整っているので、安心して利用できるマッチングアプリです。

またFacebookと連動しているといっても、Facebookで友人になっているアカウントは検索がはじかれるので、友達に使っていることはバレません。

そして利用者の男女比率もバランスがよく会員数もグングン伸ばしているので、今すぐにでも登録して利用するのがオススメ!

この機会にwithであなたにピッタリの理想の相手を見つけましょう!

> withの公式サイトはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!