withはサクラの心配なし!いない理由や注意点を知って出会いを掴もう

婚活アプリを利用するとき、気になることの一つに「サクラ」の存在があげられるでしょう。

好みの相手を見つけても、マッチングして意気投合しても、相手がサクラであればその後の進展はないどころか、トラブルに巻き込まれる可能性も。

そこでオススメの婚活アプリが、サクラの心配のないwithです。

withにはサクラが存在しない理由や、サクラにまつわる気になることを紹介していきます。

▼ withの口コミ評判ページはこちら
マッチングアプリ「with」の口コミや評判からわかる本当の評価!

そもそもサクラとは?

サクラとは主催者などに雇われて客の中に紛れ込み、その場を盛り上げたり、人気があるような雰囲気を作りだす人を指します。

マッチングサービスにおけるサクラとは、「容姿や経歴が魅力的な利用者」や「登録者数が多い」ような勘違いを起こし、利用を促す行為と言えるでしょう。

しかし「ネットワークビジネスの勧誘」などの業者や、「体の関係が目的」などの不正ユーザー「悪質な利用者=サクラ」と、個人によってサクラの認識は曖昧です。

そのためここでは、このような認識で統一したいと思います。

  • サクラ‥運営者のなりすまし行為
  • 業者‥ネットワークビジネスや投資勧誘などの商用目的
  • 不正ユーザー‥体の関係目的や経歴詐称などの個人ユーザー

withは定額制だからサクラが活動する意味はない

サクラが活動しやすいのは、課金制の婚活アプリ

相手にメッセージを送ったり、コミュニケーションを取るたびに料金が発生するタイプの課金アプリは、やり取りを長引かせるほど儲かる仕組みになっています。

美人やイケメンが思わせぶりな態度で気を引いたり、やり取りをダラダラと続けることで、課金させるのがサクラの役割なのです。

しかしwithでは「女性は完全無料」「男性の有料会員も定額制」のため、メッセージなどのやり取りを長引かせても、サクラに利益は発生しません。

有料会員でなければコミュニケーションが取れない

無料会員(男性)でも「いいね!」を送ったり、プロフィールを見て相手を探すことはできます。

しかし気になる相手とメッセージの送受信でコミュニケーションを取るためには、有料会員になって定額料金を支払わなければなりません。

課金制でない時点で利益がないことに加え、わざわざ定額料金を支払ってまでカモを見つけるようなサクラはいないでしょう。

withで有料会員になると優位になれる?料金プランや支払い方法のまとめ

サクラの必要がないほどの人気アプリ

サクラの役割の一つに「登録者数が多いように見せかける」がありますが、この点についてもサクラを使う必要がありません。

withはその使いやすさや、深層心理を使った相手探しという他にはない要素から、利用者はますます増えている人気の婚活アプリです。

72万人もの利用者がいるという情報もあるため、サクラを使って新規会員を増やす必要はないと言えるでしょう。

運営が24時間365日監視している

withでは不正行為をする利用者はいないか、24時間365日体制で監視しています。

相手に初めて送るファーストメッセージも、運営が審査をしてパスしたら送信されるという徹底ぶり。

そして不正行為が見つかれば強制退会となるケースもあり、迷惑行為を働くユーザーは利用しにくい環境なのです。

怪しいユーザーは非表示にされる

こういった厳重な監視から、怪しい行為やプロフィールに虚偽のある利用者を非表示にする対応も整っています。

そのため、知らないうちに悪質なユーザーと出会うリスクは極めて低くなっています。

不正ユーザーを通報できるシステム

運営の監視以外にも「通報システム」という、不審なユーザーを報告できる機能もあります。

これは自分が利用していて、怪しいユーザーと出会ってしまった場合に使うものです。

こんな利用者は通報しよう
  • 他のサイトへ誘導
  • 知り合って間もないのに連絡先を聞いてくる
  • プロフィール内容の詐称
  • 既婚者、恋人がいる
  • 誹謗中傷や卑猥なメッセージ内容

サクラではこのような行為はあまりありませんが、業者や不正ユーザーはこのような行為を仕掛けてくる可能性が高いので、注意が必要です。

運営会社はマザーズ市場上場の大企業

withを運営しているのは、スマートフォン向けアプリを開発している「株式会社イグニス」です。

この運営会社は東証マザーズに上場しており、有名な心理学者であるメンタリストDaiGoが監修しています。

このような大企業が悪事を働くユーザーを野放しにし、トラブルが絶えないような状況であれば企業としての信用問題に関わるため、安心して使える婚活アプリと言えるでしょう。

イグニスが制作しているアプリは健全なものばかり

運営元のイグニスは、人気のあるスマートフォン向けアプリをいくつも制作、提供しています。

もちろんどれも健全なものばかりで、悪質なアプリとは無縁の会社です。

本人確認が必須なのとFacebook連動だから安心

withはFacebook連動型の婚活アプリで、本人確認をするために登録では公的な身分証明を提出する必要があります。

またFacebookもただ登録しているだけでなく、友達が10人以上いないと登録することができません。

サクラや業者など悪事を働こうとする利用者は、身元が判明することを嫌います。

友達が10人以上のFacebookアカウントかつ、本人確認のための身分証明の提出が必須のwithでは登録しにくい環境といえるでしょう。

サクラはいないが業者や不正ユーザーは存在する

withにサクラがいることはまずないですが、ネットワークビジネスや投資勧誘を行うような業者や、体の関係目的や迷惑行為を行う不正ユーザーは残念ながらいます。

これはwithに限った話しではなく、婚活アプリでは少なからず存在するものです。

こうした業者などは、表向きには「真剣に恋人を探している」フリを装っているため、運営の厳重な監視もすり抜けてしまいます。

そのため少しでも怪しいと感じた相手に出会った場合は、すぐに通報をして、これ以上関わらないようにしましょう。

まとめ

withにサクラが存在する理由はなく、業者や不正ユーザーが存在していても、排除するシステムが整っています。

そして運営は大企業であり、本人確認の証明や厳重な監視システムが確立していることからも、安心して利用できると言えます。

また警視庁へのインターネット異性紹介事業も届け出済みなのも、きちんとしている証拠ですね。

恋人がほしい、結婚したいから真剣に相手を探したい人は、withのような婚活アプリを利用して出会いをつかんでみましょう!

> withの公式サイトはこちら


口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!