中卒が結婚しにくい理由と、結婚するために努力すべき事

学歴社会の世の中、日本では高卒以上の学歴を持っていないと、就職に対するハードルが高くなるでしょう。

また、中卒のイメージがあまり良い印象を与えず、「結婚相手の親の了解が得られない…」など、結婚するまでに試練が訪れるのです。

では、中卒が結婚しにくい理由をいくつか検証していきましょう。

また、中卒が結婚を本気で考えた時に、どのような努力をすべきかをまとめます。

▼ 婚活サイトのおすすめランキングはこちら
【2018年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

中卒が結婚しにくい理由は?

中卒という最終学歴により、生きていく上で、デメリットが生じてしまうのは覚悟です。

その中の最大デメリットが“就職”と“結婚”といっても過言ではありません。

また、この2つが密接に関係していることがあるため、中卒というだけで、様々な苦い経験をしてしまうでしょう。

では、中卒が結婚しにくいという理由はどのようなものがあげられるでしょうか。

求人数の少なさ

日本における求人のほとんどが、高卒以上というものがほとんどです。

特に男性は結婚したら、家族を養っていかなければならないという義務があるため、中卒というだけで、家族に対しても苦労をかけてしまうというリスクは高いでしょう。

資格もとりにくい

中卒は、就職以前に、資格もとりにくいです。

あらゆる資格の条件には、「高卒程度の学力を有するもの」「大卒以上の学力を有するもの」など、がほとんどです。

資格は、就職に有利に働くものですね。

そうした資格がとれないのは、中卒という学歴に対してさらに追い討ちをかけるように就職に不利になるでしょう。

収入面が不安

中卒でも、就職する人はたくさんいます。その際、職種は限られてきますが、同じ仕事をしたとしても、大卒や高卒の人と年収格差が生まれます。

こうした格差に意気消沈してしまう事もありますね。

低年収でも婚活にチャレンジ!諦めない気持ちと強みを最大限にいかそう!

共働きが必須になる?

中卒になれば、結婚相手となる人は、収入の少なさから、共働きが必須となるでしょう。

共働きが珍しくなくなった現代ですが、専業主婦に憧れている女性はまだまだ多いです。

素行を心配される

中卒というイメージの1つに素行の悪さが懸念されます。

「学生時代に何か問題があって高校に進学できなかったのではないか?」

と、不良や引きこもりなどの負のイメージですね。

素行の悪さが、将来的にも会社でうまくいかなかったり、相手に暴言を吐いたり、暴力をふるったりしないか…と思われてしまう場合があります。

相手両親の承諾を得られにくい

本人達は、「学歴なんか問題じゃない!」「乗り越えていける!」なんて意気込んでいても相手側の両親から反対を受ける事が多いです。

特に、相手が中卒男性であれば、「娘に苦労をかけさせたくない…」というのが親の心理でしょう。

ですから、中卒を結婚相手に選んだら、親への了解を得るのが難関の登竜門となります。

中卒でも努力すれば結婚できる

中卒が結婚しにくい理由を述べてきましたが、実際には中卒でも結婚してステキな家庭を持っているケースはたくさんあります。

ですが、そうした人達は次のような努力を惜しまずしています。

高卒資格に向けて頑張る

中卒という最終学歴に翻弄されてしまうようならば、高卒資格を獲得してしまいましょう。

その方法はいくつかありますよ。

例えば、夜間の定時制や通信教育などで高卒資格を獲得するなどです。

通常の高校通学よりは、より期間がかかる場合がありますし、日中は仕事をして夜に勉学に取り組むというシステムなので時間がかかります。

それでも、高卒という資格が獲得できるために、チャレンジする価値は十分にありますね。

学歴は婚活に影響するの?学歴コンプレックスは婚活の妨げになる!

手に職をつける

あえて、中卒という形をとる人もいます。

それは、早いうちから、手に職をつけて、「将来的に店を経営したい」「自営を手掛けたい」などの理由からです。

例えば寿司職人などの職人さんは、中卒くらいから、修行を重ねるために、学歴よりも経験を重視するでしょう。

他にも美容師の免許を取得するケースもあり、自分の店舗を持てるくらいに、技術を向上させる人もいる のです。

そうした目的のある人は、のちに成功を収めて、最終的には高卒や大卒以上の収入を得る事があります。

そのような道もあるという事を念頭に、自分にしかできない道を切り開くという意味で手に職をつける事も1つの方法です。

相手の協力を得ることも大切!

中卒の結婚は自分が努力することはもちろんですが、相手からの協力を得ることも大切です。

協力のほとんどが、共働きなどの経済面です。

また、親への説得も協力が必要でしょう。

共働きの理解を得る

結婚した当初は、結婚してからも家族を養う給与が貰えないなど、苦難な日々が続きます。

こうした家計不安のなかで、お互いにうまくやるには、やはり相手にも働いてもらうという方法がベストでしょう。

ですが、先々は自分1人で家族を養っていく予定である事を伝えて、希望を持たせる事も大切です。

親への説得に協力してもらう

中卒が結婚を考えた時に、必ずと言ってよいほど訪れる、親からの反対。

これについては、自分の子供が不憫になる事を連想してしまうため、ついつい結婚を反対してしまうでしょう。

このような不安を取り除くためには、「いまは、夜間(通信制)の学校に通っています(検討中です)」

「先々は手に職をつけて独立するつもりです」などの意気込みをしっかり伝えて、相手親への安心を誘導させたいものです。

そのためには、結婚相手も一緒に、親を説得する気力が大切です。

人間的に日々精進する

いくら高学歴だからといって、安泰な一生がおくれるとも限りません。

高学歴な有名大学を卒業しても、犯罪などに手を染める人も中にはいるでしょう。

また、高学歴を誇る医師だって、ミスをして職を手放すことだってあります。

中卒が辛いところは、「中卒=素行不良」のイメージをつけられてしまう点ですね。

こうしたイメージを払拭するためにも、言葉遣いや身なりは正当なものにし続ける事が大切なのです。

また、冠婚葬祭のマナーなども、親戚などから注目されますから、あらかじめ、マナーはしっかり確認しておく事が大切ですね。

まとめ

正直言って、中卒の結婚は難しいものです。

結婚だけでなく、就職や収入の低さなども連動してしまうのが、余計に中卒だという現状に、辛さを感じます。

ですが、中卒だからと言って、結婚を諦めてはいけません。

中卒でも、将来の目標を明確にしたり、誤解を受けない言葉遣いや振る舞いを心がけて人間的な誠実さを醸し出したりする事で、中卒の結婚は必ず実現するでしょう。

> 婚活サイトのおすすめランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!