タップル誕生のブロックと非表示機能を使い分ける方法

タップルは近年人気のマッチングアプリで、他のマッチングアプリにはない独自の方法で相手探しをしていきます。

ランダムで自動的に表示される相手を、アリかナシかの2択で判断してテンポよく異性探しをすることができます。

自分で検索していちいちプロフィールを確かめるという一般的なマッチングサイトの方法とは異なり、たくさんの相手を紹介してもらえ出会いのチャンスを広げることができるようになっているのです。

そんなタップルには、ブロック機能非表示機能という便利な2つの機能があります。

どちらがどのような役割を果たすのか、詳しい使い方や使い分ける方法を知ることで、さらにタップルでの出会いのチャンスを拡大することができます。

今回はそんなタップルのブロックと非表示についてご紹介します。

\タップルは毎日4,500人が登録/

無料登録をする

※サイバーエージェントグループで安心安全

タップル誕生-tapple

タップル誕生-tapple

MatchingAgent, Inc.

▼ タップル誕生の口コミや詳細はこちら
タップル誕生は出会えるマッチングアプリ?口コミや評判を徹底検証!

タップルのブロックと非表示、違いは何?

タップルでは自動的に表示される人を、好みかそうでないかでテンポよく判断していくため、たくさんの人との出会いが効率よく実現できます。

自分が気にいった相手には「いいかも」を送りやすく、さらにメッセージなどのやり取りをする機会も使えば使うほど多くなっていくでしょう。

そうなると、自分がアプローチした相手やアプローチされた相手もどんどん増えていき、全てを完全に把握できないという状況も頻繁に起こります。

また、業者や信頼できない人をしっかりと切り分けて整理しておくためにおススメなのが、タップルのブロック機能と非表示機能です。

ブロックの主な役割

ブロック機能の主な役割としては、相手とのメッセージのやり取りをストップするという働きがあります。

またやり取り一覧から、ブロックした相手の名前が消えるので、やり取り一覧を本当に必要な相手だけにしたり、スッキリと整理しておくことができます。

非表示の主な役割

一方非表示の役割としては、やり取り一覧から相手が消えるだけで、相手から届いたメッセージがあれば表示されるようになっています。

あまりやり取りをしていない、長い間メッセージが来ないという人の振り分けなどに便利です。

ブロックや非表示はマッチングした相手にだけ使える

タップルでブロックや非常時機能を使う相手としては、一度でもマッチング(タップリング)した相手に限られます。

たまたま偶然タップルで友達や知り合いを見つけても、その相手とマッチングしていなければブロックや非表示にすることができませんので注意しましょう。

タップルのブロック機能をもっと詳しく

では実際にタップルでのブロック機能活用法を見ていってみましょう。

自分が誰かをブロックする方法だけでなく、誰かにブロックされたという場合にはどうなるのでしょうか。

一般的なマッチングアプリでは、ブロックして相手に不快感を与えてしまったり、相手に逆恨みされるという心配もありますが、タップルではブロック機能を使ってもそのような心配は一切ありません。

相手をブロックする

マッチングした相手をブロックする方法は非常にシンプルで、誰でも簡単にブロック機能を使うことができるようになっています。

メッセージ画面で、ブロックしたい相手のメニューボタンから「ブロック」をタップルするだけです。

タップした瞬間に相手はブロック扱いされるようになります。

相手にブロックしたという通知がされることもなく、プロフィールの閲覧などもできます。相手はブロックされていてもメッセージ送信もできたように見えています。

相手は自分がブロックされているということに気が付かないまま、これまで通りのタップル利用ができている状態になります。

ブロックした相手を解除する

相手をブロックするのと同じように、ブロックを解除する方法も簡単です。

マイページの設定内にある、「ブロックリスト」からブロック解除したい人を選択し、「解除する」をタップするだけです。

これだけの手順でブロックした相手を解除することができます。

自分がブロックされた場合

自分がブロックされているかどうかを、タップルで知る機能はありません。

自分がブロックされていても、自分からはプロフィールを閲覧したりメッセージが送れているというような状態になっています。

そのため、相手からのメッセージが急に来なくなった、長い間連絡しても返事が来ないという場合、自分がブロックされているという可能性もあるのです。

非表示機能も一緒に使えばさらに使いやすくなる

タップルでやり取りする相手が増えてくると、危険な相手や好みではない、会わないという相手はブロックしておいても良いでしょう。

しかし、ブロックするまでの相手ではない、人数が増えてきたので一時的にやり取りを頻繁に行っていない相手を整理したいという段階の人もいるでしょう。

そういう場合に便利なのが、タップルの非表示機能です。

ブロック機能と一緒に活用することで、さらにタップルでの活動をスムーズにしていくことができます。

非表示機能の使い方

非表示機能は、ブロックをする場合と同じようにメッセージ画面の「非表示」という場所をタップルするだけです。

ブロック同様、相手に非常に機能を使ったことがバレてしまうことも無く、安心して遠慮なく使う事ができます。

非表示にした相手からのメッセージが届くとやり取り一覧に表示されるので、ブロック機能のように一切関係を断つというよりは、一時的に見えないようにしておくという側面の強い機能となっています。

まとめ

タップルは「いいかも」と「イマイチ」を、右か左にフリックするだけでたくさんの人との出会いを実現することができるマッチングアプリです。

しかし「いいかも」と「イマイチ」を間違えてフリックしてしまったり、少しでも多くの人にアプローチしたいためによく考えずに「いいかも」をしてしまうこともあります。

あまりにもたくさんの人とやり取りをしたり、自分が「いいかも」をしたことすら忘れてしまっている相手からのメッセージが届くということも少なくありません。

そこでよりスムーズに自分の理想的な相手との出会いを実現するために、ぜひ利用したいのが今回ご紹介した「ブロック」と「非表示」という2つの機能です。

この2つの機能を使いこなすことができれば、より安全に円滑にタップルを使うことができるようになります。

マッチングアプリならペアーズは必須

▼ ペアーズの口コミや詳細はこちら
ペアーズ(pairs)は婚活におすすめ?アプリの口コミ評判や特徴を解説

ペアーズがおすすめの理由
  • 登録者800万人と業界最多で利用率No.1。
  • 徹底した安全管理でセキュリティ面も安心
  • Facebookの連携可能で知り合いにバレにくい
  • 充実した検索機能
  • コミュニティカテゴリーが10万以上ある
  • プロフィール写真掲載率が高い

\ペアーズは利用率No.1/

無料登録をする

※安心安全に利用できる仕組みが整っています

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活マッチングアプリ

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活マッチングアプリ

eureka,Inc.無料

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!