婚活でタバコは要注意!喫煙者が婚活に失敗する理由やその対策とは

婚活をする上で気をつけなければいけない事の中にタバコを吸うという行為、つまり、“喫煙”があげられるのは、ご存知でしょうか。

最近は喫煙者が減少傾向にありますが、その中でも、「禁煙ができない」という愛煙家の存在も無視できないです。

こうした愛煙家の中には、1日に2箱、3箱とタバコ消費をしていたり、マナーを守らずに吸っていたりもするのです。

では、こうした現状から考えると、婚活とタバコの関係性はどのように捉えることができるのでしょうか。

婚活において、タバコを吸ってしまうと避けられてしまう理由と対策をまとめます。

婚活でタバコを吸うとモテない?

最近はあらゆる婚活パーティーや、結婚相談所による紹介などが普及していますね。

その中でも、理想としてあげられる男女共通項目に、「清潔感のあるひと」「健康的なひと」「経済的に安定しているひと」などがあげられます。

こうした項目があげられるにもかかわらず、それらを全て否定してしまうのが、タバコを吸う行為“喫煙”です。

喫煙者に対して、婚活関連の会社はどのようなことを行っているのでしょうか。

昔は喫煙者がカッコいいと言われていた時期も…

昔はタバコを吸う男性がカッコいいとか、男気を感じるとか‥

そのうち、女性の喫煙者も増えて、「仕事のできる女!」というイメージを持つ人もいましたね。

こうして、タバコがカッコつけの良いアイテムとして認識されていた時代もありました。

ですから、タバコを好きでもないのに、煙だけふかして、タバコという都合良いアイテムで、自分を着飾っている人達は多かったのですね。

ですが、現代社会においては、真逆の風潮で、タバコを吸う人に対しては冷ややかな視線を送ることが多くなったのです。

結婚相談所では禁煙をすすめられるケースも

では、婚活中の喫煙者に対して、喫煙はどのような影響があるのでしょうか。

例えば、結婚相談所では、喫煙者に対しては、禁煙をすすめたり、本数を減らしたり、公に喫煙者である事を公表しないように言われたりもします。

それだけ、喫煙者というだけで相手からの評価がマイナスになると言う事なのですね。

婚活で「次も会いたい!」と思わせるには禁煙する努力を!

婚活では喫煙者が避けられる事がわかりましたよね。

と言う事は、禁煙したり、タバコの本数を減らしたりすることで、「次も会いたい!」と思わせる事ができるでしょう。

婚活を成功させたいならば、喫煙を心がけて、タバコと無縁の関係を築き上げる事が大切です。

そのためには、電子タバコや喫煙外来のお世話になる事も考慮したいものですね。

婚活失敗率の高い「喫煙者」

「婚活が失敗に終わってしまう‥」と言う喫煙者は多数です。

喫煙者本人は、自分がなぜ婚活が失敗に終わってしまっているのかを理解していないケースが多いのです。

どの、婚活会社でも婚活結果の統計を踏まえれば、喫煙者の婚活事情は不利だと語るでしょう。

婚活が失敗に終わらないためにも、タバコは控えるべきなのですね。

では、なぜタバコを吸っている人は婚活において不利なのでしょうか。

喫煙者が婚活に失敗してしまう理由4つ

タバコを吸う喫煙者と呼ばれる人が婚活に失敗しやすい理由は以下のようなものです。

原因が一つだけの事もありますが、いくつか重複している場合もあり、喫煙に対する周囲の目がかなり厳しい事も理解できますね。

臭いが嫌だと言う人が多い

ご存知の通り、タバコは臭います。

特に、髪や服に臭いがつきやすくなるでしょう。

さらに、非喫煙者からすれば、タバコの臭いはとても不快なものになるのです。

また、最近は、自分がタバコを吸わなくても周りの人がその煙を吸って、健康被害に合うような、副流煙被害も深刻化されているのです。

こうした事を悲観して、タバコを吸う人をあまりよく思わない人も多いのですね。

将来の健康面が不安

若いうちは、健康に対して無頓着の事が多いものです。

ですが、中年以降になると成人病やガンなどのあらゆる病気の発生率が高まります。

そのあらゆる病気の要因に、タバコが絡んでいる事は確かでしょう。

肺がんをはじめ、不治の病に陥りやすい危険要因には、真っ先にタバコがあげられます。

将来を共にするかも知れない人が、タバコを習慣化していたら、大病になるリスクも伴うわけです。

健康に危険がある人と将来を共にするのは、なんとも不安となるわけですね。

マナー的に受け入れられない

タバコを吸う人の中には、マナー違反をする人もちらほらいます。

特に、タバコをポイ捨てしたり、子供の前でも平気でタバコをふかしたりする人です。

そのような悪いイメージが強い喫煙者。

万が一、結婚後も喫煙が続いて、マナーを欠いた場面があれば、大人として伴侶として

愛情を失うことすらありますよね。

コストがかさむ…

タバコの価格は、時代とともに値上がりされて、ここ数年は1個あたりのタバコは500円前後で提供されています。

実際のところ、ヘビースモーカーと呼ばれるような人は、1日に数箱も消費してしまうのです。

その結果、一日、最低でも500円から1,000円をタバコ代として浪費してしまいますね。

これを1ヶ月続けた場合、15,000円〜30,000円の浪費になってしまうのです。

このような状況を結婚後の家計に置き換えた場合、家計は逼迫するでしょう。

禁煙がなかなかスムーズにできない人の婚活とは

今まで長年の間、タバコを吸い続けてきた人にとっては、禁煙は過酷です。

ですから、「婚活を成功させるためにも明日から禁煙!」と意気込むのは難しいものですね。

そんな時、「自分は喫煙者だけれども、今は健康や経済面、マナー面などから、禁煙を行っているところです」

「本数を減らす努力や、禁煙外来なども検討中です。」

などの、禁煙に前向きな姿勢を婚活相手に見せる事がベストでしょう。

まとめ

婚活においてタバコを吸う人は不利だと言う事が理解できましたね。

タバコは、結婚後のあらゆる領域に影響を与えることになります。

そうしたネガティブな要素ばかりをかかえる喫煙者だとわかって、結婚したいと思う人は少ないのが現状でしょう。

婚活を成功させたいのであれば、タバコに無縁な関係を築く事が大切なのです。

まずは、本数を減らすところから、スタートしてみましょう。

> 婚活サイトのおすすめランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!