結婚相談所おすすめランキング!評判や料金プランを徹底比較!

結婚したいけど良い出会いがない、恋愛が苦手でどんな行動をすれば良いのか分からない。

コンパやパーティーに参加してみたけれど、相手が独身か、結婚願望があるのか分からず、効率が悪いと感じている。

そんな男女にオススメしたいのが、結婚相談所を利用した婚活です。

ここでは結婚相談所を利用するメリットや選び方、当サイトが厳選した各相談所の比較をご紹介します。

結婚相談所のおすすめランキング

第1位
ゼクシィ縁結びカウンター

  • 活動開始から1ヶ月以内に80%がデート成立!
  • 専任のコーディネーターが活動開始から最後までサポート
  • お見合い料や成婚料は0円のシンプルプラン
  • 入会料は3万円!低価格プランもあるので活動しやすい
検索可能な会員数 23,400
相談所のタイプ 仲人
入会初期費用 30,000円(税抜)
月会費 9,000~23,000円(税抜)
成婚料 0
サポートの種類 条件検索・紹介・定期面談・メールや電話相談
男女比 ♂ 43:57 ♀

> 詳しくはコチラから > 公式サイトはコチラ

第2位
ツヴァイ

  • 価値観マッチングやお見合いセッティングなど様々な出会いを提供!
  • 会員写真はプロのカメラマンが撮影!魅力を引き出します
  • 成婚料は0円、月会費は紹介人数保証制と安心!
  • 全国56店舗の業界最大級のネットワーク
検索可能な会員数 30,293
相談所のタイプ データマッチング
入会初期費用 105,000~145,000円(税抜)
月会費 9,500~13,800円(税抜)
成婚料 0
サポートの種類 条件検索・価値観マッチ・お見合いセッティング・パーティ参加・メッセージ利用・セミナー・メールや電話相談など
男女比 ♂ 50:50 ♀

> 詳しくはコチラから > 公式サイトはコチラ

第3位
パートナーエージェント

  • 1年以内の成婚した会員は33.9%と3人に1人!
  • 200時間の研修を受けた専任コンシェルジュがすべての活動をサポート
  • 28歳以下の方には割引プランも!
  • 成婚料や返金保証も自信があるから設定しています!
紹介可能な会員数 12,193
相談所のタイプ 仲人
入会初期費用 50,000~125,000円(税抜)
月会費 7,000~16,000円(税抜)
成婚料 50,000円(税抜)
サポートの種類 コンシェルジュから紹介・定期面談・メールや電話相談・若年齢向け、熟年層向けのサービス
男女比 ♂ 40:60 ♀

> 詳しくはコチラから > 公式サイトはコチラ

第4位
楽天オーネット

  • 入会前にマッチング人数がわかる!シュミレーション体験
  • 専任のスタッフが活動目標を作成!することが分かる!
  • データマッチング型では最大級の会員約5万人
  • 安心の楽天グループで個人情報も安心
検索可能な会員数 49,291
相談所のタイプ データマッチング
入会初期費用 106,000円(税抜)
月会費 13,900円(税抜)
成婚料 0
サポートの種類 条件検索・データマッチング・写真検索・会員誌の掲載・パーティ、イベント・担当者の紹介・メールや電話相談
男女比 ♂ 54:46 ♀

> 詳しくはコチラから > 公式サイトはコチラ

第5位
IBJメンバーズ

  • 入会から成婚までの平均活動期間10.2ヶ月
  • カウンセラーは少人数制で質が高い!
  • データマッチングと仲人タイプのハイブリッド型結婚相談所!
  • 業界トップレベルの会員数と会員レベル!
検索可能な会員数 60,000
相談所のタイプ データマッチング+仲人
入会初期費用 165,000~380,000円(税抜)
月会費 15,000円(税抜)
成婚料 200,000円(税抜)
サポートの種類 条件検索・心理学マッチング・価値観マッチング・お相手紹介・婚活パーティ・定期面談・メールや電話相談
男女比 ♂ 41:59 ♀

> 詳しくはコチラから > 公式サイトはコチラ

資料一括請求サービス
ズバット結婚サービス比較

  • 大手結婚相談所16社に一括で資料請求可能
  • 利用者の年齢・地域にあった相談所を自動で選別
  • 入力はわずか1分で完了!
  • 会社名がわからない封筒で送付!周囲に利用がバレません!
資料請求可能社数 16社の中から最大10
利用費用 0

> 詳しくはコチラから > 公式サイトはコチラ

結婚相談所の特徴とデータを比較!タイプ・年齢別の選び方

結婚相談所を選ぶ際に、どのような基準で選べば良いのか悩んでしまいますよね。

ここからは性格のタイプ別と、年齢・性別ごとにおすすめの結婚相談所をそれぞれご紹介します!

性格のタイプ別におすすめ!結婚相談所の種類の違い

結婚相談所は大まかに2つに分類することが出来ます。

それぞれ利用者の性格によって合う・合わないがあるので、参考にして下さいね。

結婚相談所を選ぶポイント
  1. 異性に自分から積極的にアプローチができる
  2. 異性との交流に関する詳細なサポートを必要としている

1に当てはまる方は、異性との出会いを提供してくれて料金も抑えられる、データマッチング型がおすすめです。

2に当てはまる方は、成婚まで2人3脚でしっかりとサポートしてくれる仲人型相談所が向いていると思います。

下記にデータマッチング型・仲人型の詳しく解説しているので、参考にしてくださいね。

自分から積極的に動ける人向け!データマッチング型

データマッチング型は、希望するお相手の条件と、あらかじめ入力しておいた利用者のデータをコンピュータが選別し、お互いの希望条件がマッチした相手が紹介されるというものです。

基本データで条件マッチング

住所・学歴・年収・喫煙や飲酒・趣味などの利用者が希望する異性の条件を入力し、相手の希望条件に利用者側も合致した場合に、お相手が検索結果に表示されます。

ネットやアプリ婚活もこの基本データマッチングを利用しているものが多く、お相手像がはっきりしている人には利用しやすいと同時に、高望みしすぎると紹介数が減ってしまうというジレンマもありますね。

ネットやスマホでいつでも検索が利用できるので、移動時間やスキマ時間に婚活を進めることも出来ます。

価値観や人柄など詳細データでマッチング

事前に数十の質問に回答して、利用者の価値観・結婚観、考え方や金銭感覚などについて詳細データをとり、それぞれの人柄や価値観に合ったお相手をコンピューターで算出し、紹介します。

この方法は本人も自覚していない考え方やものの見方など細かくデータ化し、より相性の良いと思われる相手を紹介してくれるため、希望とは少し違うけど、話してみたらとても気があった!なんてことも。

婚活に行き詰まりを感じている人や理想のお相手像がはっきり定まっていない方には、新しい視点からお相手を紹介してくれるので、利用して見る価値があると思います。

データマッチング型の結婚相談所では、担当者1人の抱える利用者数が百人を超えるところも多く、サポートが薄くなりがちです。

そのため、きめ細やかなサポートを求める方よりも、ある程度自分から積極的に行動できる人のほうが利用しやすいと思います。

また、仲人型に比べると全体的な費用が抑えめなことも、データマッチング型の特徴ですね。

データマッチング型まとめ
  • PCで自分で条件検索したり、システムを介してマッチングした相手が紹介される
  • 会員人数が多め
  • マッチングしてから先は利用者の自己判断が求められる
  • 担当者のサポート力は薄く、コンタクトに時間がかかる
  • 費用が抑えられる
  • 自分から積極的に行動できる人向け
データマッチング型の結婚相談所

楽天オーネットツヴァイなど

受け身な性格の人に!仲人型の結婚相談所

担当のアドバイザーさんが、利用者の人となりや考え方をヒアリングし、お見合い相手を選んで紹介してくれるのが仲人型の紹介方法です。

出会いの場のセッティングもアドバイザーを介して行うので、メールやLINEなどのやり取りが苦手な人でもスムーズに顔合わせが出来ます。

さらに、出会いから付き合いを深めていく中での不安や悩みも、きめ細かく担当者がサポート。

交際のお断りなどもアドバイザーを介すので、トラブルになりにくいのも特徴です。

例えばIBJメンバーズなどは婚約=成婚とするため、お付き合い中の悩み事やデートの相談、プロポーズやそれぞれの両親への挨拶などもカウンセラーに相談可能です。

担当者と利用者がまさに2人3脚で成婚まで向かうイメージで、メールのやり取りやデートのプランなども、細かくアドバイスをしてもらうことが出来ます。

自分の考えをしっかり持っていて希望のお相手像もしっかりしている人より、周りの意見を吸収して成長し、自分に合った人を担当者の方と一緒に探っていこうというような、素直で柔軟性のある方のほうが仲人型は向いているのではないでしょうか。

ただし、担当アドバイザーさんの力量がそのままお相手との出会いや成婚できるかに直結するので、担当の方との相性が良くないと感じたら、早めに担当を変えてもらうか、違う相談所に変えたほうが良い場合もありますね。

仲人型まとめ
  • 担当カウンセラーがお相手を紹介・セッティング
  • 担当者との相性が重要
  • 交際のお断りも相談所経由で行うのでトラブルになりにくい
  • デートやメールの内容・服装などもしっかりサポート
  • 会員数は少なめだが、成婚割合は高め
  • 費用はどちらかというと高額なところが多い
  • 周りの意見を吸収できる人、柔軟で素直な人に向いている

各結婚相談所の会員数や男女の年齢層を比較して決めよう!

まずは各相談所の基本データをまとめました。

結婚相談所名 タイプ 会員数 男性会員数 女性会員数 会員内の男女比率 他社との提携・検索可能な総会員数
ゼクシィ縁結びカウンター 仲人型 8,700人 非公開 非公開 ♂43:57♀ コネクトシップ・23,400人
ツヴァイ データマッチング型 30,293人 15,177 15,116 ♂50:50♀ なし
楽天オーネット データマッチング型 49,291人 26,667人 22,624人 ♂54:46♀ なし
パートナーエージェント 仲人型 12,193人 4,864人 7,329人 ♂40:60♀ コネクトシップ・非公開
IBJメンバーズ 仲人+データマッチング型 約3,000人 非公開 非公開 ♂41:59♀ 日本結婚相談所連盟・59,000人

※スマホでは表を横にスクロールすることができます。

ツヴァイやオーネットはデータマッチング型と言われるタイプで、比較的費用が安く、会員数も多めです。

他社との提携というのは結婚相談所同士の連携のことで、提携している相談所の会員も検索、紹介してもらうことが出来ます。

1社だけだと会員人数が少ないですが、提携していることでより多くの出会いに繋げられますよね。

コネクトシップはパートナーエージェントが2016年に立ち上げた会員相互紹介プラットフォームで、10社が加盟しています。

日本結婚相談所連盟はIBJが運営していて、全国1,611社、会員者数59,104人の中から検索を行い、お見合いを申し込むことが可能です。

年齢別の男女比率はどうなっているの?

結婚相談所を選ぶうえで重要なのが、どこの相談所にどんな会員が多く所属しているのか、という点です。

結婚相談所を選ぶポイント
  1. 同性の会員が、ライバルとして手強そうかどうか
  2. 希望するお相手候補が多く所属していそうな相談所か
上記をポイントにして、結婚相談所を決めましょう。

一例として、各相談所の男女別会員の年齢比率は下記のとおりです。

結婚相談所名 20代男女比 30代前半の男女比 30代後半の男女比 40代前半の男女比 40代後半の男女比 50代以降の男女比
ゼクシィ縁結びカウンター 女性27%
男性14%
女性42%
男性26%
女性24%
男性27%
女性7%
男性19%
女性0%
男性14%
 ☓
ツヴァイ 女性12.5%
男性4.8%
女性45.9% 男性28.8% 女性31.9% 男性43.7% 女性9.7%
男性22.6%
楽天オーネット 女性18%
男性10%
女性28%
男性19%
女性24%
男性21%
女性15%
男性21%
女性8%
男性15%
女性7%
男性14%
パートナーエージェント 女性18.6%
男性7.3%
女性30.6%
男性17.9%
女性30.5%
男性27.9%
女性15.8%
男性25.4%
女性4.5%
男性21.5%
 ☓
IBJメンバーズ 女性22%
男性8.6%
女性34.7%
男性24.2%
女性26.6%
男性27.1%
女性12.5%
男性22.5%
女性4.2%
男性17.6%
 ☓

※スマホでは表を横にスクロールすることができます。

数字だとわかりにくいので、以下に男女別でグラフにしてみました。

男女年齢別の結婚相談所おすすめ度もまとめていますので、参考にしてみて下さい。

結婚相談所別の年齢比<男性編>

まずは男性の各相談所別、年齢比率です。

男性の年齢比ですが、ツヴァイの会員の約65%程が、40代以降なのが分かります。

会員層が多いということは40代男性向けのノウハウも多いはずですので、40代以降の方にはツヴァイはオススメですね。

パートナーエージェントとオーネットは年齢比のバランスが取れていて、どの年代の方でも利用しやすそうです。

男性の場合は年収も条件検索で重要視されますので、同年代よりも年収に自信が無いという方は、若い世代の会員が多い相談所を利用すると良いかもしれません。

  • 結婚相談所全体の利用者のうち7割が30~40代
  • 男性の結婚相談所会員は、30代前半以降の利用者が多く、20代は非常に少ない
  • ゼクシィ縁結びカウンターは20代~30代で70%を占め、若年層が多い
年代別おすすめ結婚相談所<男性編>
結婚相談所名 20代男性 30代前半男性 30代後半男性 40代前半男性 40代後半男性 50代以降男性
ゼクシィ縁結びカウンター
ツヴァイ
楽天オーネット
パートナーエージェント
IBJメンバーズ  
50歳以上の男性はココ
やはり通常の結婚相談所だと子育てなどの関係上、50代以上の男性はお相手探しも難航すると思います。

中高年向け結婚相談所の楽天オーネット スーペリアなどもありますので、利用してみてくださいね。

結婚相談所別の年齢比<女性編>

次に女性の各相談所別、年齢比率です。

女性は男性よりも、20代で結婚相談所を利用している方が多いことがわかりますね。

圧倒的なのがゼクシィ縁結びカウンターの20代女性比率の高さです。

30代前半の方も合わせると約70%近くを占めているので、ここに30代後半や40代の方が登録するのは少し厳しいように思えます。

一概には言えませんが、自分の年齢よりも年下の会員が多いところは、条件検索などで弾かれやすいので、あまりオススメは出来ません。

  • 女性の結婚相談所会員は20代~30代が多く、全体の7割を占めている
  • 特に多いのが30代前半~30代後半の層で、会員の約65%がこの年齢層
年代別おすすめ結婚相談所<女性編>
結婚相談所名 20代女性 30代前半女性 30代後半女性 40代前半女性 40代後半女性 50代以降女性
ゼクシィ縁結びカウンター
ツヴァイ
楽天オーネット
パートナーエージェント
IBJメンバーズ  ✕  ✕ ✕ 
45歳以上の女性はココ
全年齢向けの結婚相談所は、どうしても若い世代に人気が集中してしまいますので、45歳以降の女性には、楽天オーネットスーペリアがおすすめですよ。

中高年向けの結婚相談所は他にもあるので検討してみてくださいね。

女性だけにこっそり教えます、男性会員の年収が高い結婚相談所はココ!

男性会員の年収も、結婚相手の条件には欠かせない要素。

そこで、各相談所の男性会員における年収の割合をまとめましたので、参考にしてくださいね。

結婚相談所名 400~600万円の男性会員の割合 600万円以上の男性会員の割合
ゼクシィ縁結びカウンター 42% 24%
ツヴァイ 40.5% ※ 27.7% ※
楽天オーネット 約45% 約39%
パートナーエージェント 63.2% 36.5%
IBJメンバーズ 37.6% 58.1%

※ツヴァイのみ、500~700万、700万円以上の会員の値を記入しています。

結婚相談所のデータの疑問や費用についてまとめました

成婚率や成婚スピードは参考にならない?その理由を解説します

結婚相談所を選ぶ上でよく重要視されるのが、成婚者の数や成婚率、成婚スピード。

これらの数字ですが、実は各社で計算方法が異なることをご存知でしょうか。

公表されているデータをよく確認して!あなたに必要なサービスを受けられる相談所を探そう

例えば、成婚者や成婚率という定義だけでも、会社によって下記のような違いがあります。

各結婚相談所の定義の違い
  • 成婚者数は、会員同士の成婚のみ
  • 成婚者数に、非会員との成婚の場合を含んでいる
  • 成婚率は、その年に在籍している会員数と成婚退会者数の割合
  • 成婚率を、退会者数のうちの成婚者数の割合としている
成婚の考え方自体も各社それぞれに違うため、成婚までのスピードを比べるのもあまり意味がありません。

大半の相談所は、成婚とは真剣に交際を始めて男女ともに退会を決めた時点としているところがほとんど。

しかしIBJメンバーズのように、成婚とは、それぞれの両親への挨拶を済ませて婚約した状態になったらとするところだと、成婚までの平均活動期間は長くなりますが、お付き合いの期間もしっかりバックアップしてくれます。

さらにゼクシィ縁結びカウンターやパートナーエージェントは真剣交際のスタートを成婚とするものの、要望があればその後の結婚準備までサポートしてくれます。

このように、成婚までの平均活動期間が短いから良い相談所、と単純に考えられるワケではないのです。

数字に惑わされずに、結婚に向けて自分に足りない部分を補ってくれる相談所はどこかを基準に考えると、より自分に合った相談所を探しやすくなるはずですよ。

お見合い料がかかるところは総額が割高になる可能性も!

結婚相談所の中には月会費が0円で、お見合いや連絡先交換の1件ごとに費用が発生するところもあります。

月に4回お見合いや連絡先を交換し、1件5,000円だとすると20,000円かかることになるのです。

入会前に、自分が月に何回くらいお見合いできそうか検討し、1ヶ月にかかる費用を計算しておきましょう。

成婚料は安く抑えたい!でも成婚料が高いほうが成婚しやすくなる?

成婚料がかかる結婚相談所と、成婚料0円の相談所があります。

余計な出費を抑えたいから成婚料0円の方が良いと思われがちなのですが、成婚料があるから結婚できた、という場合もあるのです。

  • 月会費がかかり、成婚料が0円のA社
  • 月会費と成婚料がかかるB社
パッと見てA社を選ぶ方が多いと思うのですが、月会費がかかって成婚料が無いということは、いつまでも成婚退会しないで会員で居てもらったほうが会社としては利益が出続けます。

対してB社は会員が成婚すると成婚料も成婚数もプラスになりますので、担当カウンセラーにも成婚させようというモチベーションが高まります。

もちろん、A社にも成婚数を上げて新規会員獲得のPRにしたいと言う気持ちもありますし、B社にもとにかく成婚させてしまおうと考える担当者が居ないとも限りません。

一概にどちらが良いとは言えないので、相談所のサポート力と見合う成婚料であると自分で思えるなら、支払う価値があると考えられますね。

結婚相談所に入るメリット・デメリット

結婚相談所に入会するか悩んでいる方に、入会した際のメリット・デメリットをまとめています。

結婚相談所に入会するデメリット

  • 入会する際、必要書類を集めるのに手間がかかる
  • 必要書類を集め、入会を申請し、実際に活動を始めるまでに2~3週間かかる
  • 入会費・月会費・成婚料などの相談所に支払う費用がかかる
  • お見合いのための服飾費やお茶代など、相談所の費用以外にも出費が多くなる
  • 今までの自分の自由時間を、メッセージのチェックやお見合いに費やさなければならない
デメリットは結婚相談所に入ることで、成婚に向けて時間とお金をまとめて費やさなければいけない、ということでしょうか。

逆に言うと、婚活に集中的にお金と時間をかけることで、より短時間で成婚できる確率が大幅にアップするということ。

異性と会うための服飾代も、一定期間にまとめて着倒して成婚できれば、買った意味がありますよね。

既婚者の混じっている可能性のあるパーティやコンパに散発的に参加するよりも、結婚相談所を利用したほうが費用対効果が良いのは確かですよ!

結婚相談所に入会するメリット

  • 独身で、結婚願望のある異性に絞って会うことができる
  • 結婚相談所が主催するイベントやパーティに参加できる
  • いつでも自宅のPCやスマホで、十~数百人のプロフィールを確認し、アプローチすることができる(データマッチング型)
  • 自分に合ったお相手だけをプロが厳選、紹介してもらうことができる(仲人型)
  • 成婚するまでの相談やサポートを受けることができる
  • 異性と会う上でのマナーや、服装などの外見チェック、魅力をアップさせるセミナーを受講することができる
結婚相談所に入る一番のメリットは、確実に独身で、かつ結婚願望の高い異性に絞って出会えるという点です。

普通のコンパや紹介、パーティでは、既婚者や遊び目的の異性が少なからず混じっています。

しかし結婚相談所の会員であれば、独身証明書を提出することから既婚者はもとより、少なくない費用を支払っていることからも遊び目的の人もごくごく少数だと考えられます。

お相手の質(独身で結婚願望が高い)が良く、出会いの数も多くなるため、成婚できる可能性がとても高くなるのです。

結婚相談所が向いている人・向いていない人

結婚相談所に入会したほうが結婚に近づける人も多いですが、中には相談所を利用しても成果が出ない人もいます。

その違いはどこにあるのか、まとめてみました。

結婚相談所が向いていない人

  • お相手への理想が高すぎる
  • 相談所に入会すれば必ずステキな人に出会わせてくれると思っている
  • 結婚相談所に入会すればなんとかなると思っている
  • 職場や日常生活で、独身の異性が多い環境にいる
  • 周りから結婚へのプレッシャーをかけられ、仕方ないので結婚したい
お相手への理想ですが、例としてあげれば女性なら男性の年収、男性なら女性の年齢です。

30歳男性で正社員の年収、中央値は400万円と言われている中、600万を超える男性が少ないのは想像がつきますよね。

同じく、男性は自分よりも年下、特に20代女性を希望する人が多いのですが、若い女性への競争率はとても高いのです。

理想や条件を一度見直して、年収や年齢の幅を少し広げるだけで、もっと多くのステキなパートナー候補と出会えますよ。

また、結婚相談所に入会すればなんとかなる、周りから結婚しろと言われるから入会した、というような他人任せな考え方は、例え成婚できたとしてもうまくいかなくなる危険性があります。

結婚生活は2人の共同生活ですので、他責的な思考を行動原理にしている方は、婚活の過程で考え方のクセを修正していきましょう。

結婚相談所が向いている人

  • 婚活について前向き
  • 周りの人の意見を素直に聞いて実行できる
  • 自分の価値観を変えていける
  • こだわりはいくつかあっても、それ以外には寛容で柔軟
婚活をしていく中で、ファッションや立ち振舞いなど、不足している知識やコミュニケーションスキルを補うことは必要不可欠です。

あまりにこだわりが強すぎて変化を受け入れない人は、婚活もうまくいきにくいと考えられます。

人との交流は、自分が変化していくことを楽しむことも大きな醍醐味です。

いろいろな意見を取捨選択して、柔軟に取り入れられる人には、結婚相談所は優秀なサポーターになってくれると思いますよ。

結婚相談所の疑問にお答えします!

Q1、結婚相談所によってはネットを利用するけど、個人情報は大丈夫なの?

A、当サイトで紹介している大手結婚相談所に関しては、情報セキュリティについて定めがあり、個人情報を保護するためのさまざまな対策を取っているので、安心していいと思います。

また、自分で他の会員に個人情報を開示するかを選べるところもあるので、事前にどのような方法でプロフィールを照会できるのか確認しておきましょう。

Q2、無理やり興味のない人とも付き合わされるんじゃない?

A、結婚相談所の提供するサービスは、利用者の成婚を目的とするものですから、とにかく成婚させようとしてくるのではないかと不安になりますよね。

当サイトでご紹介している結婚相談所を始め、大半の相談所は無理矢理に成婚させようなどとはしません

もしも紹介所の提供するサービスの方向性が自分の意思と異なると思う場合は、担当者としっかり話し合ってください。

担当者を変えてもらっても会社自体の対応が変わらない場合は、他の相談所に移籍したほうが良いかもしれませんね。

婚活において時間はもっとも大切な資源ですから、切り替えは素早く行いましょう。

> もう一度結婚相談所おすすめランキングをチェックする

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!