シングルハラスメントの対処法まとめ!まだ結婚しないの?に対する答え方

パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなど、「ハラスメント」と呼ばれる非道な言動が取りだたされる中、近年「シングルハラスメント」という言葉にも注目が寄せられています。

シングルハラスメントは「独身ハラスメント」とも呼ばれ、結婚しない・結婚していないという状況の人や独身者に対して心無い言葉を投げかけるものです。

まだ結婚しないの?」など、シングルハラスメントになる言葉を悪気なく使ってくる人もいます。

シングルハラスメントで嫌な思いをした場合、シングルハラスメント発言への対処法などもご紹介します。

▼ マッチングアプリのランキングはこちら
【2018年】人気のマッチングアプリおすすめランキング!口コミを徹底比較!

加害者意識が薄いから非常に身近にも起こり得るシングルハラスメント

どのようなハラスメントも被害者にとっては深刻な問題でも、加害者側は相手を深く傷つけていることに気がついていないという場合もあります。

シングルハラスメントの場合、とりわけその特徴が顕著で、相手に対してシングルハラスメントになっていても加害者意識が全く無い、または気がついていないということも少なくありません。

発言した本人はほんのあいさつ程度、冗談のつもりでも、受け取る相手によってはかなり深い傷を心に追ってしまう、プレッシャーに感じてしまうということも多いのです。

言った本人は悪気がなく全く嫌な思いをさせようとしていなくても、言われた方にとっては、もううんざり、相手に対して不信感や不快感を抱いてしまうという気持ちになっています。

シングルハラスメントに当たる言葉とその対処法

シングルハラスメントに当たる言葉としては、相手の受け取り方にもよりますが、独身者に対して周囲がよく言っていること、よく耳にすることもたくさん入っています。

こんなことがシングルハラスメントになるのかという意見もありますが、受け取り手によっては、かなり気にしていること、不安に感じていることに対して、土足で心の中に踏み込んでくるような不快感を与えます。

そこでシングルハラスメントに当たる言葉を跳ね返す一言で、相手がシングルハラスメントをこれ以上してこないような対策を講じてみましょう。

まだ結婚しないの?

「まだ結婚しないの?」

「どうして結婚しないの?」

「結婚する予定はあるの?」

「結婚すれば?」

このようなシングルハラスメントの言葉は、結婚するよりもまだまだ仕事がしたい、職場や周囲の環境に出会いがなく、結婚という機会が訪れていないというだけの20代~30代になると嫌というほど聞かされる言葉です。

まだ結婚しないの?への対処法

こういった言葉に対しては、逆に質問返しをする言葉で対処してみましょう。

「こんなに忙しい職場で結婚できる方が不思議です。いつの間にそういう事してたんですか?」

「結婚してよかったって思っています?毎日忙しくて大変ですよね。」

「仕事と結婚の両立ってどうしたらできるんですか?」  など

一人で寂しいでしょ?

「いい人紹介しようか?」

「休みの日は一人で寂しいでしょう」

「どうして今まで結婚しなかったの?」

休日や出会いまで介入してくるシングルハラスメントの言葉を言われたら、独身であることのメリットをひけらかすように対処しましょう。

結婚していれば夫や子供に配慮した生活を送る必要がありますが、独身なら独身の自由さを謳歌することができます。

その点をアピールして相手を黙らせてしまいましょう。

1人で寂しいでしょ?への対処法

「独身だから好きなことをしてのんびり過ごしています」

「稼いだお金はすべて全額自分の好きなように使っています。趣味にも没頭できるし、今が一番充実しています。」

「休みの日は自分がやりたいこと全部やってます。」  など

早く子供生んだ方が良いよ

「子供は早い方がいい」

「やっぱり子供のいない人にはわからないよね」

子供のことや家族がいるという事を含むシングルハラスメントの言葉には、離婚や別居、子育ての苦労を逆手に取って痛烈な反撃をしてみましょう。

じっくりと考えて妥協せず結婚したい、自分の人生を計画的に進めたいという内容は、夫や子供で苦労している相手に痛手となり、これ以上シングルハラスメント発言をさせない効果があります。

早く子供生んだ方が良いよへの対処法

「結婚相手に妥協をしたくないし、子供も自分がちゃんとしてから儲けたいと思っています。」

「勢いで結婚してなんとなく出産とか無理なんで。」

「子供のことを考えると、やっぱり計画的に充実した子育てができるようになってからにしたいんです。」

「離婚したり夫婦不仲とかは絶対嫌なんで、まだ若いうちからじっくりと選びたいんです。」  など

LGBTなど性的マイノリティの人にとってはかなり深刻なハラスメントになる

上記のような発言は、結婚していない人に対して発言することで、受け手によっては十分にシングルハラスメントに当てはまる言葉になってしまいます。

それに加えて、LGBTなどの性的マイノリティの人にとっては、人権侵害に至るほどのひどい言葉につながります。

周囲にLGBTや性的マイノリティの人がいるかどうかは、日常生活や職場ではわかりにくいことです。

こういった場合には、自分は気がつかずに発言したとしても、相手の気持ちを深く傷つけてしまう、人権侵害につながるというケースもありますので注意が必要です。

友情結婚って何?普通の結婚との違いや結婚スタイルについて知ろう!

シングルハラスメント発言の上手なかわし方、スルー方法

上記のように、相手からシングルハラスメントになる言葉を浴びせられた場合でも、相手の言葉に反撃することによってさらなるシングルハラスメントを受けずに済みます。

また普段の態度やちょっとした言い回し、言動などでもシングルハラスメント被害を防ぐことができます。

うんざりするような不適切な発言を、全く気がつかずに発言してくる相手に対して、真面目に相手をしてがっかりするよりも、スルーするスキルを身に着けるのも一つの対策になるでしょう。

話を切るために結婚願望を全否定してみる

いちいち面倒なので、「結婚願望がありません」と普段からきっぱりと断言してみましょう。

たとえ結婚したいと思っていても、うるさくてしつこい相手を黙らせておくには効果的です。

独身であることを謳歌している行動をとる

結婚していると独身時代にはできたことができないという場合もあります。

独身は自由で、誰にも縛られないという点を、結婚して上から目線で話してくる相手に自慢するような行動をとってみましょう。

結婚する意思が全く無いと思わせることで、いい相手の紹介や結婚をすすめる話が来なくなります。

気にかけられている、見込みがあるとポジティブに考える

相手が自分の結婚については問うてくるという事は、裏返して考えれば相手に気にかけてもらっている、結婚の見込みがあるということになります。

まだまだイケる、十分結婚できるように見られていると前向きに受け取りましょう。

結婚している相手に逆の質問を投げかけてみる

自分がどうして結婚しないか聞かれたら、逆に相手はどうして結婚したのかと反対の質問を投げかけてみましょう。

結婚生活の参考にする、不満を引き出すなど、意外と面白い話が聞ける場合もあります。

シングルハラスメントなんか気にしない!自分なりの婚活スタイルを見つけよう

シングルハラスメントを気にして焦って婚活する必要はありませんが、一生独身でいるつもりがないのであれば、誰にも知られずに出会える婚活サービスを利用してみるのも良いでしょう。

婚活アプリで楽しく相手探しをするも良し、婚活パーティーで本格的に婚活を始めてみるも良し、結婚相談所で真面目に婚活するのも良いでしょう。

自分加害者にならないために注意すべきこと

では、自分が知らず知らずのうちに加害者にならないようにするためには、どのような点に注意したらよいのでしょうか。

ここではシングルハラスメントの加害者にならないための心構えをご紹介します。

人に認められたい、感謝されたいという気持ちがベースになっていないか

未婚の人に対して「まだ結婚しないの」という発言は、単に相手の人生を心配しているのではなく、自分が人に認められたい、相手に感謝されたい、優しい人だと思われたいという下心がある場合も多いものです。

自分のその発言が、シングルハラスメントになるかどうかの前に、自分の為に相手を心配するふりをしていないか考えてみましょう。

相手のパーソナルなことを笑い話にしたり茶化したりしない

結婚するしないは、相手のパーソナルな部分で、他人にとやかく言われることではありません。

つまり、あなたが相手の結婚についてとやかく言う、何か意見をする必要のないことなのです。

相手の個人的なこと、相手の生き方や人生に対して意見するということ自体が、そもそもハラスメントの原因を作り出す行為です。

自分のことに置き換えて考えてみる

誰にでも後ろめたいことや触れられたくないこと、コンプレックスや心の傷はあるものです。

知らなかった、わからなかったとはいえ、そういった部分をしつこく追及されるのは、非常に不快なことです。

自分がそういった部分を何度もしつこく攻められたらどう感じるか、嫌な話題を持ち出されたらどう感じるかを考えてみましょう。

まとめ

シングルハラスメントは今や社会問題にもなるほど問題視され、知らず存ぜずでは済まされるものではありません。

自分が加害者にならないために、相手の気持ちをしっかりと考えて発言することが大切です。

さらにいつ自分が被害者になってもおかしくない、周囲には身近な発言がきっかけになってしまうということも覚えておく必要があるでしょう。

人気の結婚相談所ランキングはこちら

ランキングを見る

※気になる結婚相談所を比較してみましょう

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!