婚活で歯科医師と出会う方法!結婚するメリット・デメリットは?

歯科医師との結婚を夢見る人は多いでしょう。

歯科医師の男性と結婚すれば、収入も安定していて時間も融通がきくので理想的な生活を送ることができるのでは、と考える女性が多いと思われます。

確かに、開業医として患者さんたちの信頼を得られれば、収入も安定するでしょう。

けれども、すべての歯科医師が開業してそのように成功できるわけではないし、経営を軌道に乗せるためには様々な努力が必要だと考えるとそのための時間も確保しなければなりませんね。

この記事では、現実的に歯科医師と結婚したら得られるメリットやデメリットはどのようなものなのかについて解説しています。

歯科医師が求める女性像や、歯科医師と知り合うための婚活方法などもあわせて紹介していますので、興味のある方は是非一度ご覧ください。

\フェリーチェの男性会員は100%医師/

無料で資料を手に入れる

※期間限定のスペシャルキャンペーン実施中

歯科医師ってどんな職業?結婚相手としてどう?

働き方は勤務医と開業医の2種類

歯科医師には、大きく分けて勤務医開業医の2種類があります。

勤務医は病院やクリニックに勤務する歯科医であり、収入は一般の会社員と比べて少し高いぐらい。

いっぽう開業医で経営が順調であれば、年収1000万円を超えることが多くなり収入が安定する職業であるといえます。

年収1000万以上の男性とめぐり合う方法は?結婚相談所なら高収入の男性をゲットできる

歯科医院をとりまく現状

歯科医になるには6年間大学で勉強し、国家資格を得て研修医として下積み生活を送ることになります。

その後勤務医となって、経験を積んだ上で開業するというのが理想的な流れでしょう。

しかし、今や歯科医院はコンビニの数よりも多く、飽和状態にあります。

こうした歯科医師達は、地元に根付いて開業する事が多く、近場にライバル歯科医院が存在する事は珍しくありません。

生き残りをかけて他の歯科医院に負けない技術を身につけ、アピールする必要があるのです。

そのような忙しさの中で結婚できない歯科医師も少なからず存在します。

増大していく歯科医の仕事内容

歯科医の仕事は主に虫歯の治療です。

近年では、医療技術の進歩にともなってブリッジ、インプラント、矯正治療など患者側にも様々な選択肢が増えてきたました。

また、ホワイトニングや口臭対策など、口腔衛生についての需要も増えてきおり、その結果、歯科医師もこれらの技術を習得して提供していくことが求められるようになってきています。

歯科医師は虫歯の治療だけしていればよかった時代は終わり、いかに新しい技術を取り入れて患者に選ばれる歯科医師になるように努めていくかが、厳しい競争を生き残る鍵となってきているのです。

開業医は忙しい

歯科医の中でも開業医となれば時間の融通もきき、余裕のある生活が送れるイメージで、結婚相手としては理想的だと思われがちですね。

しかし実際にはそうではありません。

開業直後は高価な医療機器類を購入しなければならず、お金もかかることでしょう。

また、歯科医院の経営を安定させていくためには新しい技術を次々に取り入れなければならず、そのための勉強として休日も学会や講演会に出席する必要が出てきます

開業している歯科医師と結婚すれば収入も安定して時間に余裕ももてる、という期待は持たない方がよさそうです。

歯科医師の現実
  • 勤務医であれば、収入は一般の会社員より少し高いぐらい
  • 開業直後は、資金繰りのことを考えなければならず結婚どころではない
  • 経営を安定させるために様々なことをしなければならず、結構忙しい

婚活で歯科医と出会う方法は?

そんな歯科医師を支えたい、歯科医師と出会いたいという人におすすめなのは、結婚相談所を利用すること

研修で急がしい歯科医師や、開業したばかりの歯科医師はなかなか女性に出会える場所や、デートできる時間がないなど恋愛がスムーズにできる環境ではありません。

また、下積み時代は資格取得のための勉強ばかりで女性とお付きあいの仕方がわからなかった、と言う人も珍しくないのです。

そうした歯科医師男性は、結婚相談所に登録してアドバイザーからの様々なアドバイスを受けながら婚活を進めていくことができます。

婚活に費やせる費用は十分にあるために、結婚相談所に登録している歯科医師も多い事でしょう。

歯科医師に出会うには、結婚相談所に登録して担当のアドバイザーに希望を伝え探してもらうのが近道だといえるのです。

フェリーチェ

▼ フェリーチェについてくわしくはこちら
登録男性は100%医師や歯科医のフェリーチェ!お医者様との出会いを応援する結婚相談所の実態とは

フェリーチェの男性会員は、全員が医師か歯科医師です。

ですから、歯科医師との結婚を望む女性にはぴったりの結婚相談所だといえます。

女性にも入会資格があり、年齢は20歳から37歳までとなっています。

\フェリーチェの男性会員は100%医師/

無料で資料を手に入れる

※期間限定のスペシャルキャンペーン実施中

SEISHIN(誠心)

▼ SEISHINについてくわしくはこちら
医師との結婚を応援してくれる SEISHIN(誠心)でハイスペックな婚活をしましょう

SEISHINは、男性会員の半数以上が医師または歯科医師で占められている結婚相談所です。

創立35年という長年の実績から、男女の出会いから結婚までのノウハウも蓄積されているため、サポートにもぬかりがありません。

女性会員の17%が医師または歯科医師ということもあって、男性で相手の女性も同業者を望む人の希望にもこたえてくれますよ。

\誠心でワンランク上の婚活/

無料の資料請求をする

※満足度調査では88.6%が満足と答えました

IBJメンバーズ

▼ IBJメンバーズについてくわしくはこちら
IBJメンバーズで効率的に婚活しよう!評判と口コミからわかる特徴は?

IBJメンバーズは、業界最大級の会員数でハイクラス男性の登録も多い結婚相談所です。

会員ひとりひとりに専任カウンセラーがつき、お相手への希望を聞いたうえで婚活を進めていきます。

歯科医師との結婚を希望するのであれば、そのことを専任カウンセラーに伝えてお相手を探してもらうことができるのでおすすめです。

\IBJメンバーズは業界最大の会員数/

無料相談をする

※お相手の写真やプロフィールが無料で閲覧可能

婚活サイトや婚活アプリ

歯科医の多くは忙しく、「婚活なんてしている暇はない!」と言う人も少なくありません。

そんな忙しい中でも婚活サイトや婚活アプリならば、隙間時間に婚活を進められるので、歯科医師にとっては好都合な婚活方法です。

ただし、婚活サイトや婚活アプリでは身分証明書の提出などが不要なところが多く、その点を悪用して実際には違うのに「歯科医」とプロフィールを偽って登録している人も少なからずいるようです。

そのような事実があることも理解したうえで、婚活サイトや婚活アプリを賢く利用すれば、歯科医師と出会うことも可能だといえます。

▼ 婚活サイト&アプリのランキングはこちら
【2019年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

歯科医師と結婚するメリット・デメリット

ここでは、歯科医師と結婚するメリット・デメリットを見ていきます。

メリット

歯科医師と結婚するメリット
  • 歯の治療をしてもらえる
  • 実家が裕福な場合が多い
  • 高収入で余裕のある生活ができる
  • 医師に比べると、家族との時間が作りやすい

歯の治療をしてもらえる

一番のメリットは、何と言っても家族は歯の治療をしてもらえる事でしょう。

「虫歯かな?」「ちょっとしみるな」…という軽い状態ですぐに診察、処置してもらえるのでとてもありがたいですね。

特に、虫歯になりやすい体質の家族がいればとても安心です。

また、虫歯治療以外のホワイトニングなどのメンテナンスもマメに行ってくれるのでいつも清潔な口内を保てるでしょう。

笑った時に人に大きな印象を与える歯ですから、常にケアしてくれる人がいるのは嬉しい限りです。

実家が裕福な場合が多い

歯科医師になる人は、実家の親も歯科医師だったり、お金持ちだったりというケースが殆どです。

医大を卒業させるわけですから、実家に経済的な余裕がなければ医師になれないわけですね。

また、地元に根付いた開業の仕方をする歯科医師が多いため、実家が近くにあると言うパターンも少なくありません。

実家が程よい近さにあれば、子育ての時に手助けしてもらえるなどの利点があります。

めざせ玉の輿!婚活で差が出るお金持ちと結婚して幸せになる方法

高収入で余裕のある生活ができる

研修医時代は、通常のサラリーマンと同等の年収ですが、開業する事によって年収1,000万以上も夢ではなくなります。

少し前は、歯科医の治療は保険点数が低いために、思った以上に儲からないというイメージでした。

ですが、最近は高額なインプラントなどの自由診療を行って価格も自由に設定できるようになっているので、高い利益を出している歯科医も増えています

ハイステイタス男性と結婚したい!独身の理由と婚活で出会う方法

医師に比べると、家族との時間が作りやすい

歯科医はハードな医療体制である外科医などと比較すれば、残業や緊急での呼び出しなどが少ない仕事です。

ですから、その分の空いた時間を家族との大切な時間として費やすことが可能です。

プライベートもしっかり有意義に過ごせるため、奥さんには負担が少なくて済むでしょう。

デメリット

歯科医師と結婚するデメリット
  • 結婚するタイミングが難しい
  • 医療機器にコストがかかる
  • 廃業のリスクがある

結婚するタイミングが難しい

歯科医師になるためには、6年間の大学生活から研修医生活までが待ち構えています。

その6年間は勉強に明け暮れる日々でしょう。

お付き合いが順調だとしても、研修医時代に結婚を決める歯科医男性は殆どいません。

また、開業できたとしても患者をいかに確保するかなど課題もたくさんあるため、軌道にのるまで結婚に踏み切れないと言う歯科医も多く、結婚のタイミンガが難しいのが事実です。

結婚するタイミングはいつがベスト?付き合って何年の時期?年齢は?

医療機器にコストがかかる

歯科医が使う器具は数年前の機器と比較すると最新の技術に適した機器に変化しています。

こうした医療機器にコストがかかるため、負担が生じる事もあるでしょう。

レンタルを利用する場合もありますが、機器コストの負担は避けては通れません。

廃業のリスクがある

開業医が廃業するなんてあまり聞きなれないですね。

後継がいないなどの理由がない限り、病院が廃業するという事例はあまりありません。

ですが、歯科医院の場合、コンビニよりも多く点在している事から、廃業のリスクは免れません

常に他の歯科医院よりも新しい技術を求めて精進しなくてはならないのです。

ライバルが多い分、しのぎを削って知識を向上させる事も問われるでしょう。

歯科医師が求める結婚相手とは

歯科医師が求める結婚相手は次にあげるようなものです。

従業員にも気配りができる

開業することになれば、医療事務員や歯科助手などを雇う事になりますね。

こうしたスタッフ達とうまくやっていける気配り上手な女性が好まれます。

一緒に働く覚悟ができる女性

開業するからには、一緒に働くなどする心構えができる人が好まれるでしょう。

例えばスタッフに緊急欠員が出た場合、奥さんが歯科助手や医療事務の資格をもっていれば、すぐに対応できますね。

また、夫と同じ土俵に立つことで、歯科医師の仕事内容を理解してあげられるでしょう。

癒し空間を作れる女性

開業医の殆どが、自宅兼医院としています。

こうしたスタイルは、仕事とプライベートの切り分け方が難しく、なかなかストレス解消になりません。

また、ずっと立ちっぱなしで腰が疲れたり、手先をこまめに動かすため、腱鞘炎になりやすかったりもします。

さらに深刻なのが、歯科医院などで使用される特殊なライトなどにより眼精疲労が生じる確率が高まること。

こうした職業病的な症状を緩和できるように癒してくれる女性が求められるでしょう。

軽くマッサージをしたり、さりげなく目薬を差し出してくれたりするような女性が理想ですね。

まとめ

歯科医師との結婚は、華やかな生活ばかりが待っているわけではないのですね。

ですが、この記事で述べたように、歯科医師が求める女性を目指すことで、結婚生活も良いものになるでしょう。

歯科医師男性だけではなく、相手が望むことを理解してそうなれるよう努力してくれる女性が求められているのです。

\フェリーチェの男性会員は100%医師/

無料で資料を手に入れる

※期間限定のスペシャルキャンペーン実施中

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!

コメントを残す