ペアーズで婚活するなら詐欺写メを見抜く方法を知っておこう

恋人や結婚相手探しをする場合、とくに婚活サイトなど写真を掲載しておく必要がある婚活サービスであれば、だれでもほかのライバルよりもきれいに見せたい、実物よりもかっこよく見せたいと思うものです。

しかし自分を魅力的に見せようとするあまり、詐欺になってしまうほど写真を加工したり、実物とは程遠い写真を掲載してしまう、いわゆる詐欺写メになってしまっている人も多いのが現実です。

今回はペアーズで婚活するとき、詐欺写メで残念な思いをしたり、費やした時間や手間を無駄にしないためにも、相手の写真が詐欺写メかどうかを見分ける方法、ペアーズの写真で詐欺写メを見抜く方法をご紹介します。

ペアーズ(pairs)は婚活におすすめ?アプリの口コミ評判や特徴を解説

遠すぎない、そして近すぎない写真で写真を判断する

ペアーズの詐欺写メでありがちなのが、掲載している写真があまりにも遠すぎて顔がよくわからない、または逆に近すぎてピンボケしているほどアップで分かりにくいというパターンです。

遠すぎる写真であれば、スタイルがある程度良ければかなりイケている相手だと思わせることができます。

顔は遠目から見えれば魅力的かどうかははっきり判断することができなくなりますし、遠目であれば少々のマイナス面は隠すことができます。

また極端に至近距離から移した顔写真も、全体的なイメージがつかみにくいだけでなく、ピントが合っていない写真にもなるでしょう。

わざわざコンプレックスを隠すために至近距離でピントが合わないように映してある写真も、故意にそのように映している詐欺写メだと思ってよいでしょう。

ペアーズで有効なプロフィール写真とは?写真の撮り方も解説

拡大しても縮小しても顔がわかりにくいようにしているのは詐欺写メ

遠すぎる写真は、どんなに顔の部分を拡大しても顔がはっきりとわかりません。

同じように、あまりにも至近距離の近すぎる写真は、どんなに縮小しても顔全体の様子を知ることができません。

つまり拡大縮小して顔全体のようすを把握しようとしても、それができないように映してあるのです。

これは詐欺写メ以外の何物でもありません。

正面やメイン写真だけでなく、ほかの角度からの写真やサブ写真もしっかり確認

詐欺写メで残念な思いをしないためには、相手の写真を一枚で判断しないということも重要です。

正面だけでなく、斜めや横から写した写真、そのほかにも体全体、全身が遠すぎずに写った写真なども参考にしたいものです。

そういった写真がない場合には、直接相手にほかの写真も見てみたいという旨を伝えてみたり、写真リクエストを送ってみるのもよいでしょう。

詐欺写メであまりにも実物と写真がかけ離れているような人なら、写真の追加を要求しても反応がない(反応できない)、また全く関係ない写真をアップしてくるでしょう。

さらに追加写真までしっかりと加工されているものを追加するというケースも少なくありません。

こういった相手は完全に詐欺写メですので、婚活相手としてはふさわしくありません。

何枚かの写真を見比べて、最も映りが悪い写真が本来の姿ととらえる

何枚も写真を載せていたり、追加写真の要求にこたえてくれた相手においては、その写真の中で最も映りが悪い、見栄えが悪い写真こそ、その人本来の実物の姿に近いと考えておきましょう。

一番移りがよい写真を本人だと思ってしまうと、実際に合った時のギャップに苦しむということが多くなります。

写真の明るさで映り方が変わるのも要注意

テレビタレントやアナウンサーが光の加減で顔の移りをよくしているように、明るすぎる写真も要注意です。

ライトや光でしわやシミ、たるみを隠していたり、色白に見せているという可能性が高いからです。

逆に薄暗い写真もかなり詐欺写メが疑われます。

自分のマイナス面を隠したり、体系や顔色を隠すために、わざわざ暗いところで写真映りを捜査している可能性が高いといえるでしょう。

写真の明るさがヘンということは、本当の自分を見られたくないという証拠

本気で相手探しを真剣にしているのであれば、出会った時のギャップで交際に至らず、無駄な労力や時間を使いたくないはずです。

出会った後もギャップに苦しむことなくスムーズに交際へと発展させるためには、本来の自分の姿を相手に知ってもらう必要があるのです。

写真の明るさについて、明るすぎる、暗すぎると感じたら、写真に写っている人物は、本当の姿をごまかしたい詐欺写メだと考えたほうがよいでしょう。

プリクラはまず詐欺

ペアーズの写真でプリクラの写真を使っている人は、まず詐欺写メだと考えて間違いないでしょう。

真剣に婚活をしたり、真面目に恋人探しをしているという人ではありません。

プリクラは顔やスタイルの加工技術で、もはや実物とは似ても似つかない写真を撮ることができます。

それをわかっていてプリクラ写真を載せるのですから、相手をだまそうとしている以外の何物でもありません。

本当に真剣に婚活をしている人は、自分の偽りの姿を相手に見せて、相手を欺いたりはしません。

顔の一部を隠した写真、顔の一部しか映っていない写真は信用しない

特に女性に多いのが、顔の一部を隠した写真を掲載しているという詐欺写メです。

隠す部分は口元、鼻が圧倒的に多くなっています。

目元はメイクでかなりきれいにすることができますし、目元を魅力的にするのは女性であれば簡単なことです。

しかし鼻の形、口元を加工することはメイクでは難しく、口や鼻が移ってしまうとせっかくの美しく作り上げた目もとを台無しにしてしまうからです。

メイクで美しく変身できる目元を中心にして、鼻や口元があいまいという写真の場合、詐欺写メの可能性が高いので疑ってかかりましょう。

まとめ

ペアーズで効率の良い婚活をするためには、相手の写真のすべてを信用するのではなく、詐欺写メを見破り、真剣に婚活をしている相手をしっかりと見極めることも大切です。

詐欺写メに騙されてしまい、メッセージのやり取りや意思の疎通など、多くの時間を費やしたにもかかわらず、実際に会ってみたら全く実物と違っていて残念な思いをするということがあってはなりません。

詐欺写メを見破る方法を知っていれば、こうした無駄な時間や手間をかけることもありませんし、マッチングに憶病になったり、疑ってしまって消極的になってしまうことも予防できるのです。

> ペアーズの公式サイトはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!