ペアーズで会うまでの流れは?期間やメッセージのやり取りのポイント

出会いを求めてペアーズを始めてみたものの、会うまでの期間はどのくらいなのか、どんな流れで会えることになるのか気になるものですよね。

またマッチングアプリは実際に会ったことのない相手とのやり取りになるため、慎重になりすぎてチャンスを逃してしまったり、逆に悪い相手に引っかかる可能性も!

そのような事態を避け、実際に会うために欠かせない方法をまとめてみました。

相手に会いたいと思わせるテクニックを磨いて、ライバルに差をつけましょう!

▼ ペアーズの口コミなど詳細ページはこちら
ペアーズ(pairs)は婚活におすすめ?アプリの口コミ評判や特徴を解説

ペアーズで実際に会うまでの平均期間は?

ペアーズでは「いいね!」「マッチング」「メッセージ交換」を経て、「実際に会う」というステップがありますが、それにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

マッチングから2~3週間が平均的

マッチングから2~3週間ほどで、実際に会ったという人が平均的な期間です。

そして会うまでは毎日のように連絡を取り合い、1日に何通かやり取りする人も多い傾向にあります。

実際にペアーズで会った人の口コミからも、その期間の平均を確認してみましょう。

相手と会うまでかかった期間についての口コミ

31歳/営業職

マッチングしてからほぼ毎日連絡をしていました。LINEを聞いたタイミングでご飯に誘って、2週間くらいで実際に会っています。

26歳/販売員

これまで会った人とは、大体2~3週間で会う約束をしています。ただ相手が土日休みの人だと都合が合いにくくて、会うまでに1ヶ月くらいかかったこともあったかな?

29歳/自営業

1日に2~4通ほどメッセージのやり取りをして、2週間ほどで会うことが多いです。同時に複数の相手とやり取りが重なると、少し頻度は落ちました。

25歳/事務職

早いと1週間しないうちに会えてます。遅いと1ヶ月くらい?連絡を取り合うリズムが合う人のほうが、よく会える気がします。

やはりマッチング後は毎日のように連絡を取り合い、2~3週間くらいで会えたという口コミが多い傾向にあります。

そしてここで重要なのが、連絡を取り合うタイミング

生活リズムや休みが似ている人はタイミングが合いやすく、会うまでスムーズに進んでいる傾向にあります。

どうしてもこの人と会いたい!という相手の場合は、向こうのリズムに合わせることで会えるまでの日数も少なくなり、会える確率も高くなると言えるでしょう。

またデートの約束をいつ切り出せばいいか迷っている人は、マッチングから2~3週間後を目安としてみてくださいね!

会うまでの期間について注意したいこと

2~3週間が平均的といっても、「もっと早く会いたい!」「慎重に、時間をかけてから会いたい」などと、人によってその期間に対する考えは違うものでしょう。

しかしあまりに早々に会う、時間をかけて会うことで起こるデメリットもあるのです。

会うまでの期間が早すぎる場合

マッチングして即日~数日など、会うことを早く望みすぎると相手に不信感を与え、結果的に相手から逃げられる可能性が高くなることがあります。

特に女性は警戒心が強いもの。

メッセージ交換もままならないうちに会うことを急かされると「この人は、詐欺師やヤリモクかもしれない」と避けられかねません。

すぐに会いたい気持ちをグッと抑えて、相手のメッセージのやり取りである程度の交流を深めてから、会う約束をとりつけるようにしましょう。

▼ ヤリモクについてはこちらの記事をどうぞ
ペアーズでヤリモクを見分ける方法!特徴や対処法を知って回避しよう

会うまでの期間が遅すぎる場合

メッセージだけで1ヶ月以上続けるのも、おすすめできません。

どうしても忙しかったり、相手とのタイミングが合わない場合は仕方ありませんが、長期間メッセージだけの関係になると、実際に会う約束にもっていきにくくなります。

特に男性側は有料会員なので、何ヶ月も進展がないと思わせてしまうと、フェードアウトされてしまうでしょう。

会うまでじっくり時間をかけたいという人も、ある程度テンポよく進めることが会えるコツになるので、意識するようにしてくださいね。

ペアーズで会うまでのやり取りや流れって?

会うまでの期間やメッセージの頻度についてわかりましたが、実際に会うためのやり取りについても、効率よく進められる方法が知りたいところですよね。

ここからはマッチングからデートの約束までの流れを紹介していきます。

まずはマッチング数を増やすこと

ペアーズで相手と会うためには、マッチングできないことには話しが始まりません。

そして、マッチング数が多いほど会える確率は高くなります。

マッチング後にメッセージを通じて「何となく合わない」「急に連絡が途絶えた!」などの事態になったとき、他の相手へとすぐに切り替えることができるためです。

そのため「いいね!」を使ってマッチングを狙う段階では相手に多くは望まず、少しでも気になる相手へ気軽にアピールするようにしましょう。

▼ マッチングについて詳しく知りたい人はこちら
ペアーズでマッチングしない原因と対処法を徹底研究

メッセージで意識すべきポイントは?

メッセージで何を送ればいいかわからない!と悩む人は、大半だと思います。

しかしそんなに考え込む必要はありません。顔は見えないものの、「新しくできた友人」として接するようにするのがコツです。

実際に初めての人と話すときは、まずは当たり障りのないことを話題にしませんか?それと同じように、メッセージでも近いもので大丈夫です。

質問形式や短文で送ること

まず第一に、相手が返しやすいような「質問形式」「短文」を意識してください。

質問することで相手から返信を得ることができますし、次のメッセージにつながります。

また短文を意識するのは、ついつい気合が入って長文の読みにくいメッセージを避けるためです。

映画鑑賞が趣味なんですね。自分も映画はよく見に行くんです!最近は何か見ましたか?

◯◯さんの住まいの近くに住んでいたことがあるんです。駅前の新しいショッピングモールに先日行ってきたところですが、行かれましたか?

また質問の内容も「相手のプロフィールから関連するもの」を選ぶようにしましょう。

そうすることで、自然に相手を意識しているアピールや寄り添っている印象を与えることだできますよ。

テンポよく、ユーモアのある話題を

メッセージのやり取りでは、テンポやユーモアを交えた内容がポイントになります。

まずテンポについては、あまり返信が早すぎても、逆に遅すぎてもスムーズなやり取りが進みません。

そのため軽い雑談などはポンポンとテンポよく返すこと、また相手からの返信頻度を意識しつつ、自分にも無理のない範囲で合わせるようにしましょう。

またメッセージの内容も、ユーモアを交えることをお忘れなく。

あまりに堅苦しいと、メッセージとは言えギクシャクとした関係となってしまうことも。

会話していて心地よい相手というのは、長時間一緒に過ごすのに適している証なので、それをメッセージでアピールすることができれば効果的です。

時間をかけて返信したほうがよい場合も
メッセージの内容によっては、時間をかける必要のあるケースもあります。

例えば「交際や結婚観に関すること」は、あなたを意識しているとも言える内容です。

このような話題は安直に答えず、きちんと対応することで相手にも真剣な姿勢をアピールすることにつながりますよ。

やり取りの変化を感じたら会う約束をしよう

最初はお互いのことを知り合うためのやり取りで良いですが、とりとめのない会話をずっと続けることは不毛です。

「会うまでの期間」の中でも紹介したように、出会うタイミングを逃してしまう可能性も出てくるためです。

マッチングアプリを利用している時点で恋愛に興味があるということなので、「好みのタイプ」「結婚観」などの話題が出たら、チャンスと捉えてデートに誘ってみましょう。

このように露骨な話題であればわかりやすいものですが、「気になるお店がある」や「休日は何している?」なども誘うチャンスになるので、見落とさないとうにしてくださいね。

また話題にならなくても、会うまでの平均期間は2~3週間ということを踏まえ、計画的に上記のような内容をこちらから振るのもおすすめです。

こんなテクニックも使ってみよう

慣れないうちは、上記で紹介した内容を実践するだけで大丈夫ですが、何人かとやり取りを行って自信がついてきたら、このようなことも意識してみましょう。

情報は小出しにする
細かく説明した文章を送ってしまうと、相手が質問する余地がなくなったり、興味をもたれなくなるかもしれません。
情報が多少不足しているのが好ましいです。不足している部分に興味を持ち、想像を膨らませるもの。
少しミステリアスな部分を演出してみましょう。
送られてきた内容を一度必ず受け入れること
否定は決してせず、相手のことをしっかり受け入れてください。それが自分の考えと違っても、そういう考えもあると受け入れるのです。
かといって何でもすべて受け入れることは、自分の意思がない人と思われるので、「そういう考えもあるよね」と前置きした上で、自分の意見を伝えてくださいね。

LINEやメール交換はいつ聞くの?

ペアーズ内のメッセージだけで会う約束までする人もいますが、LINEや個人メールのほうがやり取りしやすい人もいるでしょう。

LINEなどを交換するメリットとして、ペアーズを介さないことでやり取りがよりスムーズになる、通話が可能なので相手と直接話せるなどがあります。

そして相手に聞くタイミングについては、マッチングして1週間以内が会うまでの折返し時点として、切り出しやすい時期と言えます。

交換するときも「LINEのほうが普段よく使うから」「メールのほうがスムーズに返信できる」と理由を述べて、聞き出すのが自然でしょう。

ただし「実際に会うまでメッセージでのやり取りをしたい」との申し出があれば、相手の意志を尊重してくださいね。

ペアーズでLINE交換のタイミングって?聞き方のコツや注意点まとめ

実際に会う段取りについて

いよいよデートの約束までこぎつけた場合、男性であればデート中は女性をリードして良い印象を与えたいですよね。

また女性の場合は楽しみな気持ちはあるものの、心のどこかで警戒している可能性もあります。

せっかくのチャンスが台無しにならないよう、実際会うことになったときの段取りについて紹介していきます。

清潔感のある身なりと服装を

男性の場合、オシャレに自信がなくても、清潔感のある身だしなみと服装をするだけで十分です。

ヘアセットをきちんとする、洗濯済みの清潔な衣服を選ぶなど、最低限のマナーを守るようしましょう。

またオシャレしたいけど自信がない場合、ショップの店員さんに見立ててもらうのも、流行や自分に似合う服装を取り入れられるのでおすすめですよ。

デートプランニング

始めて会う約束の場合、男性は「」「密室空間」「お酒」の3つが揃わないようにしましょう。

この条件が揃うと、女性側はヤリモクかもしれないと警戒し、約束をすっぽかしたり、連絡がとれなくなるかもしれません。

できれば「日中」「カフェなどの開放感のある空間」で、まずはお茶だけする約束を提示するだけで、安心感を与えられます。

その上で気が合えば、そのまま夜もご飯を食べに行ったり、映画を見に行くのは問題ないですよ。

誠実な対応こそ次につながるチャンス

会ってみて「気が合う」「タイプの異性」と思っても、相手のちょっとした行動一つで、気持ちが冷めてしまうこともあります。

例えば、会っている最中にスマホをしょっちゅういじる、店員さんへの態度が横柄というのは、今後もそういう人なのかもと思わせる原因になります。

自分がされて不快な行為はしないこと、そして誠実な対応を意識して取り入れることで、次のデートのチャンスにつながりますよ!

まとめ

ペアーズで実際に会うためには、マッチング数を増やすこと、メッセージのやり取りを工夫することなど、様々なポイントをおさえることで、出会う確率は大きく広がります。

また会うまでの平均期間を意識することで、効率的に出会えることにも繋がります。

ペアーズは、マッチングアプリの中でも群を抜いた利用者数の多さを誇っているため、ここで紹介したテクニックを駆使すれば、いち早く運命の相手を見つけることも叶います。

中々会えないと悩んでいる人は、今すぐこの内容を実践してみてくださいね!

> ペアーズの公式サイトはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!