パートナーエージェントの紹介人数は?紹介方法やお見合いまでの期間!

パートナーエージェントといえば、一人一人に専任のコンシェルジュがつき、きめ細かく婚活のサポートをしてくれる結婚相談所として有名です。

そのため成婚率も非常に高く、多くの人が短期間に結婚という夢の実現を果たしています。

ではパートナーエージェントでは月にどれくらいの人数を紹介してもらうことができるのでしょうか。

月々の紹介人数とお見合いの実現までの期間などについてまとめました。

パートナーエージェントの特徴は?リアルな口コミと評判をチェック!

一か月に紹介される人数

パートナーエージェントで「コンシェルジュコース」に入会すると、専任のコンシェルジュがつきます。

*パートナーエージェントの各コース説明については「コースによって料金が異なるパートナーエージェントの豊富なコースと料金まとめ」でもくわしく説明しています。

専任のコンシェルジュとは?
コーチングスキルを使ったインタビューで、自分自身が気づいていない潜在的な理想像や結婚観を明確にしていってくれます。
納得して出会いや交際を重ねられるよう、成婚にいたるまでのすべての活動に専任のコンシェルジュがつき、1年以内の成婚をめざしてサポートしていくのです。

そして、コンシェルジュから月に2人以上の異性を紹介してもらうことができます

月の平均紹介実績は7.5名(※2016年4月~2017年3月の実績)となっていますが、人によって紹介人数は異なります。

コンシェルジュが厳選した相手を紹介

パートナーエージェントでは真剣交際が成立するまで、毎月2人ほどの人を紹介してもらい続けることができます。

この紹介される相手は、コンシェルジュが一人一人の個性や性格、プロフィールを手作業で確認し、その人となりを理解したうえで合うだろうと感じた人になります。

一般的な婚活サイトの場合、プロフィールや会員登録時の診断結果などをもとにデータベースから機械的に選択されるという事が多いものです。

しかしパートナーエージェントでは、経験豊富なプロのコンシェルジュがその人と合う人をハンドメイドで探しだし、相手に紹介するという丁寧な作業をしています。

自分の希望条件に合わない場合もある

コンシェルジュ目線で選ばれた人が紹介されるため、自分の希望する条件とはマッチしてないという場合もあるでしょう。

「私は希望条件にあてはまる人でないと嫌だ」という人にはこのシステムは適しません。

こんな人が合うんじゃないかという第三者からの提案を受け入れられるかどうかは、その人次第。

「自分の希望とは少し違うけれど、会ってみようかな」というゆったりした心構えでいることも、婚活を続けていくうえでは大切かもしれません。

仲人・仲介型の結婚相談所の特徴とメリット・デメリットを解説!

毎月1回以上お見合いできる

コンシェルジュが間に入りお互いの性格や好みから相手を厳選して紹介。

さらにお互いのコンシェルジュがしっかりと相談してその二人をフォローしていくため、実際に相手に合うお見合いへのステップも早期に実現していきます。

ちなみにパートナーエージェントではお見合いのことを「コンタクト」とよんでいます。

会員になったその月からすぐにお見合いが成立するケースが多い

パートナーエージェントでは、多くの人が会員登録して一か月以内に一度はお見合いをすることができるようになっています。

お互いのプロフィール確認や、お見合いが決まった場合のスケジュール調整など、コンシェルジュを介して

進められていきます。

そのため、一か月に実現するお見合いは1回~2回くらいとなります。

お見合いが成立するまでの流れ

ここからは、実際にお見合いにいたるまでの流れをみていきましょう。

お見合いまでのサイクル

お見合いを1回成立させるためには約2週間ほどを必要としているため、月に2回くらいまでが限度といえるでしょう。

お見合いまでの流れは以下の通りです。

お見合いまでの流れ
1.コンシェルジュから相手を紹介される
2.プロフィールを見てお互い気にいったらお見合いを約束してコンシェルジュが段取り
3.店舗近くで待ち合わせてお見合い
4.お見合い後は交際に発展するかどうかをコンシェルジュがフォロー

相手の魅力が伝わる推薦状

紹介される相手はプロフィールだけで、顔写真は店舗に出向いて確認するという方法になっています。

またプロフィールと一緒に、コンシェルジュからの推薦状がついてきます。
以下がその一例です。

周囲を安心させてくれる、明るい笑顔と真面目さが印象的な○○様。

社内システムの開発からメンテナンスまで一貫して担当する部署で、マネージャーとして活躍されています。

部署立ち上げ当初はメンバーが○○様お一人だったそうで、部署が大きくなり、また会社にとってなくてはならない重要なポジションになっていることに、立ち上げメンバーとしての誇りを感じていらっしゃいます。

現在は主に若手育成に力を注いでいらっしゃいますが、「年はあまり変わらないんですが、メンバー全員が自分の子供のように感じます」と苦笑いされていました。

部署内では互いにあだ名で呼ぶ風通しのよい職場だそうで、○○様の明るさや頼もしさが存分に発揮されていることが想像できました。

休日はできる限り外出するよう心がけていらっしゃるそうで、特に最近はサイクリングを楽しまれています。

また、ご自身の性格を「好奇心旺盛」と表現してくださった通り、ご趣味は多岐にわたります。

将来のパートナーとは、互いの時間を尊重しつつ、共通の趣味を持てたらとお考えです。

この推薦状には、相手がどんな人なのか、何を大切にしている人なのか、どのような考え方やものの見方をするのか、価値観や物事への取り組み方などが優しい言葉でつづられています。

これは、見た目ではなくまずはその人の人柄や人となりをじっくりと感じてから会って欲しい、という考えがあるからです。

この心のこもった推薦状の存在が、相手への理解を深め、より相手の真剣さを確認することにつながります。

3か月以上お見合いがなかったら返金保証

パートナーエージェントでは、会員登録後3か月以上一度もお見合いをすることができなかった、お見合いが成立しなかったという場合、登録料を全額返金してもらうことができる返金保証制度を設けています。

これは結婚へのプロセスの自信と、きめ細やかなサポートで必ずパートナーを見つけ出すことができるというパートナーエージェントの実績や実力の裏付けといえるでしょう。

登録料が返金となる条件

パートナーエージェントではスピーディな出会いや結婚の実現を企業目標に掲げています。

そのため3か月もお見合いが実現しないという事はまずないのですが、この返金制度を適用させるという場合一定の条件があります

登録料返金制度適用の条件
・コンシェルジュコースの会員のみ
・利用者の活動の遅延や都合による活動休止などの場合は適用外
・3か月以内に紹介回答が双方ともにYESとならなかった場合

成婚率が高いパートナーエージェント

パートナーエージェントを利用している人で、一年以内にパートナーを見つけ成婚退会する人は、実に28%を越えています。

成婚退会したすべてのカップルが実際に成婚にいたるわけではないという点を考慮しても、この成婚率28%超えというのは、結婚相談所として大変高い数字であるといえるのです。

1年間に24人以上の異性を紹介

パートナーエージェントで、一か月に2人以上紹介してもらうと一年間に約24人もの異性を紹介してもらうことができることになりますね。

このように一定の紹介人数が確保されていることが、パートナーエージェントの高い成婚率の要因の一つであるといえるでしょう。

紹介される相手とフィーリングが合えばお見合いをし、実際に会ってみて好意を抱くことができれば交際へと発展していきます。

まず相手を紹介してもらう時点でコンシェルジュがハンドメイドで厳選しているため、フィーリングが合う確率は高くなります。

さらに双方とも真剣交際を望んでいて結婚を前提としてお見合いをするのですから、交際や結婚への発展の確率は非常に高いものになるのです。

まとめ

パートナーエージェントは真剣交際や結婚を本気で考えている会員がほとんどです。

紹介人数としても無理のない範囲で、一人一人の気持ちや取り組みを大切にしながら紹介していってくれるのです。

それが高い成婚率につながっているのでしょう。

人生のパートナーを本気で見つけたいのであれば、お見合いまでのプロセスを大切にし、その人のぬくもりや温かさが伝わるようなコンシェルジュのサポートが受けられることは非常に重要です。

専任のコンシェルジュが親身になってサポートしてくれる、パートナーエージェントのような結婚相談所を利用するのが結婚への近道であるといえますね。

> パートナーエージェントの公式サイトはこちら


口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!