パートナーエージェントの交際と真剣交際の違いとは?

真剣に婚活に取り組む会員が多いパートナーエージェントでは、異性と意気投合しマッチングすると「交際」と「真剣交際」という2つのパターンを選択することができます。

一般的に「交際」というと、一人の異性とお付き合いしていてどちらも同じ気持ち、両想いという状態を指しますが、パートナーエージェントの「交際」はそれとは少し異なる状態を意味します。

さらに「真剣交際」に発展するとどのような状態になるのか、パートナーエージェントでの「交際」や「真剣交際」についてまとめました。

▼ パートナーエージェントの詳細ページはこちら
パートナーエージェントの特徴は?リアルな口コミと評判をチェック!

コンタクト後に交際するかどうかを決める

パートナーエージェントでは、お互いの気持ちが一致し、実際に合ってお見合いすることをコンタクトと呼んでいます。

そして一番最初のコンタクトの後で、その相手と交際するかどうかを判断していきます。

交際はお互いを知るお試し期間

パートナーエージェントで交際というのは、一般的に男女が一対一でお付き合いをするのとは異なります。

ファーストコンタクトの後、お互いが嫌でなければもう一度会いましょう、また会ってお互いの理解を深めましょうという意味合いが交際成立の意味となります。

つまり交際成立は、まだまだよく知らない相手だから、これから先も会って仲良くなるということであり、一人の人に決めたというわけではないのです。

交際は複数人とするべき

交際とはお見合いした相手をもっとよく知るためのお試し期間ですから、複数人と同時進行しても何も問題ありません。

むしろ複数人と同時進行して、どの相手が自分に一番合う人なのか、真剣交際へと発展させるべきなのは誰かということを見極める必要があります。

気になる相手、自分の条件に合っていたり、好みの相手はどんどん交際という関係に発展させた方が、成婚の確率も高まります。

パートナーエージェントでは複数人との交際も公式に認めている

パートナーエージェントの公式サイトでは、実際に会員が結婚するまでのお見合い人数が23.3人、さらに平均して6.7人と交際するというデータを公表しています。

公式に大体の会員が約23人とコンタクトをして、その中から6人~7人が交際に発展すると発表しているのです。

つまり、複数人とのコンタクトはもちろん、複数の相手との交際を認めていて、交際相手が多ければ多いほどその中から真剣交際でうまくいく確率が高いということになります。

パートナーエージェントの紹介人数は?紹介方法やお見合いまでの期間!

交際した人の中から一人に決めるのが真剣交際

複数人と交際してみて、この先もその相手とずっと会いたい、結婚したいとお互いに感じ、相手も自分のことを好きになってくれたら、晴れて一般的に交際といわれるような特別な関係「真剣交際」へと発展します。

お互いが特別な存在となり、真剣な交際を経て結婚まで考えられるようになった相手と真剣交際へと進んでいくのです。

他の交際相手にはお断りをする

一人の相手と真剣交際するとなると、他に同時進行して仲良くなった交際相手にはお断りを入れる必要があります。

自分で相手にお断りの意思を伝えることもできますが、専任のコンシェルジュに依頼して伝えてもらうこともできます。

相手とのトラブルを避け、相手が傷つかないように断るためには、専任のコンシェルジュからソフトに伝えてもらうほうが良いでしょう。

真剣交際を申し込むのはデートを何回か重ねた後

複数の人と交際していると、その中から特別な相手が見つかるようになります。

その相手とは少なくても3回~5回くらいはデートをして、相手の人柄や人となりを見極めましょう。

真剣交際の相手を選んだあとは、他の交際相手とデートをしたり、連絡を取ったりすることができなくなります。

本当にその相手でよいのかどうか、自分と感性が合うかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

真剣交際中の料金について

パートナーエージェントで真剣交際してもよい相手と巡り合い、恋人同士としてお付き合いをしている間でも、月会費は婚活中と同じようにかかります。

真剣交際の段階で、何らかのトラブルがあったり、やっぱり相手が自分と合わなかった、相手からお断りが来るという可能性もあります。

真剣交際といっても、まだ結婚することが確定したというわけではありませんし、専任コンシェルジュのサポートが必要となる場合があるからです。

パートナーエージェントの費用は高い?各コースの料金とサービス内容

真剣交際中は他の相手の紹介はストップ

パートナーエージェントで真剣交際をする相手が見つかり、一人の人とお付き合いしているという場合、その他の相手の紹介は一切ストップします。

つまり真剣交際している間は、パートナーエージェントでの婚活は停止しているということになります。

本気で結婚したいと心から感じることができるという相手が現れない限り、真剣交際には進まずに、より多くのお相手との出会いを実現するほうが良いという場合もあります。

妥協して真剣交際はせず、他の相手の紹介も受け続けながら、たくさんの相手とお見合いをし、本当に真剣に結婚を希望できる相手が見つけられるように工夫しましょう。

専任コンシェルジュが1対1で担当してくれるから交際についても相談しやすい

パートナーエージェントは、専任コンシェルジュが1対1で担当してくれ、婚活における疑問や質問、悩みや理想などについてしっかりと話し合うことができます。

交際はもちろん、真剣交際に発展した後の対処法や注意点、相手との意思確認まで丁寧に対応してくれます。

コンシェルジュが非常にきめ細やかなサービスをしてくれるパートナーエージェントだからこそ、業界トップクラスの成婚率を上げることができるのです。

パートナーエージェントの費用は高い?各コースの料金とサービス内容

まとめ

パートナーエージェントでは、たくさんの人と交際しいろいろな相手との関係を気付き上げていく中で、自分の理想の相手像がより鮮明に分かるようになります。

そして複数の交際相手の中から、自分にぴったりの相手、結婚を意識できるような相手が見つかったら、専任コンシェルジュとともに真剣交際、そして成婚退会へ向けて歩んでいくことができます。

パートナーエージェントなら、たくさんの人と出会う中から、自分で真剣交際できる相手を探すことができて、さらに専任コンシェルジュという非常に心強い相談役がぴったりと寄り添い、徹底したサポートをしてくれるのです。

>パートナーエージェントの公式サイトはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!