【2018年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

婚活パーティーに参加するのはまとまった時間が必要だし、結婚相談所に登録するまでは考えていないけど、出会いが欲しい!

そんな人は婚活サイト・婚活アプリなどのネット婚活で、結婚に真剣な相手を探してみましょう。

ネット婚活は今や男女の出会いの場としてスタンダードになり、登録している会員も真面目な動機の人ばかりです。

このページではおすすめの婚活サイト・アプリの紹介や、どのように相手と出会うのか、また利用する上で知っておきたい危険性も解説しています。

婚活サイト・婚活アプリのおすすめランキング

 ゼクシィ縁結び

  • 婚活サイトでは業界初!お見合いコンシェルジュサービス
  • ゼクシィ独自の価値観マッチで相性ピッタリの人と出会える!
  • 活動開始から6ヶ月以内に80%の会員がお相手に出会っている!
  • 365日・24時間の有人監視体制でセキュリティも万全
▼ ゼクシィ縁結びの口コミはこちら
ゼクシィ縁結びの評判を口コミでチェック!会員データと登録方法も解説
累計会員数約65万人
運営会社株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
登録費用0円
月会費2,400~3,980円(税抜)
対応環境PC・スマートフォン・アプリ対応(iPhone・Android)
SNS連携Facebook利用
おためし検索可能
サポートコンシェルジュサービス(お見合い日程調整)
口コミ評価

\ゼクシィから生まれた婚活サイト/

無料で相手を探す

※1分で簡単に登録できます

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ無料

 Match(マッチ・ドットコム)

  • 世界25カ国でサービスを展開する老舗婚活サイト!
  • 60%がメール交換から1ヶ月以内に交際に発展
  • 男性・女性ともに真面目な会員が多く、婚活向き
  • 国内唯一の同性パートナー探しも可能
▼ Match(マッチ・ドットコム)の口コミはこちら
Match(マッチ・ドットコム)の口コミと評判!会員データと料金プランも解説
累計会員数日本国内で約187万人
運営会社マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
登録費用0円
月会費1,750~3,980円
対応環境PC・スマートフォン対応・アプリ対応(iPhone・Android)
SNS連携Facebook利用
おためし検索可能
サポート恋がはじまる保証(契約期間の無料延長)
口コミ評価

\世界最大のマッチングサイト/

無料ユーザー登録へ

※世界25カ国で展開・日本会員数187万人

 ユーブライド

  • IBJグループが運営する安心の婚活サイト
  • サクラ”ゼロ”宣言で悪質な業者やなりすましを撲滅!
  • 会員数は日本最大級!特に30代~40代に人気
▼ ユーブライドの口コミはこちら
ユーブライドは無料登録OKの婚活サイト!口コミと評判を徹底調査!
累計会員数約150万人
運営会社株式会社Diverse(IBJグループ)
登録費用0円
月会費2,320~3,980円
対応環境PC・スマートフォン対応・アプリ対応(iPhone・Android)・フューチャーフォン(ガラケー)対応
SNS連携Facebook利用
おためし検索可能
サポートオプション料金でコンシェルジュサービス
口コミ評価

\結婚に真剣ならユーブライド/

無料会員登録をする

※31日間無料キャンペーン中

youbride(ユーブライド)

youbride(ユーブライド)

Diverse.Inc無料

 with(ウィズ)

  • メンタリストDaiGoが監修!性格の合う異性と出会える!
  • 毎日15,000人以上がカップリング成立
  • 相手の性格を解析してメッセージづくりをサポート!
  • 24時間365日サポートと監視体制
▼ withの口コミはこちら
マッチングアプリ「with」の口コミや評判からわかる本当の評価!
会員数非公開
運営会社株式会社イグニス/株式会社アイビー
登録費用0円
月会費0~3,900円(税込)
対応環境PC・スマートフォン対応・アプリ対応
SNS連携Facebook利用
おためし検索可能
サポート恋活成功保証プラン(6ヶ月か12ヶ月プラン終了後、満足のいく出会いがなかった場合、無償で延長)
口コミ評価

\DaiGo監修のwith(ウィズ)/

無料登録をする

※24時間365日監視体制なので安心安全

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・恋愛アプリ

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・恋愛アプリ

IGNIS LTD.無料

 ブライダルネット

  • 年間7,000人以上が結婚を視野に入れた交際を開始
  • メッセージだけじゃない!日記やコミュニティで人柄が分かる
  • 70%が3ヶ月以内に結婚相手を見つけたい!真剣な会員が多い
  • 長年の結婚相談所運営ノウハウや経験を活かしたサポート体制
▼ ブライダルネットの口コミはこちら
ブライダルネットはどんな婚活サイト?特徴は?口コミと評判から検証!
会員数非公開
運営会社株式会社IBJ
登録費用0円
月会費1,650円(税抜)
対応環境PC・スマートフォン対応・(アプリ非対応)
SNS連携Facebook利用
おためし検索不可(有料登録が必要)
サポート婚シェルサービス(活動アドバイス・プロフ写真の撮影会など)
口コミ評価

\結婚するならブライダルネット/

お相手探しをスタート

※結婚に真剣な人しか入会できません

 ペアーズ

  • 国内トップクラスの会員数と知名度で出会い率が高い!
  • 豊富なコミュニティがあり、気の合う相手が探しやすい
  • 利用料金が他より安いから、気軽に利用できる
▼ ペアーズの口コミはこちら
ペアーズ(pairs)は婚活におすすめ?アプリの口コミ評判や特徴を解説
累計会員数約700万人
運営会社株式会社エウレカ
登録費用0円
月会費0~3,480円
対応環境PC・スマートフォン対応・アプリ対応
SNS連携Facebook利用
おためし検索可能
サポート追加料金でプライムモード・プレミアムオプション
口コミ評価

\ペアーズは利用率No.1/

Facebookでログインする

※Facebookには一切投稿されません

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活マッチングアプリ

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活マッチングアプリ

eureka,Inc.無料

 Omiai

  • 日本で初めてFacebookと連動させたマッチングサイト!
  • 24時間365日監視、危険な会員にはイエローカードが表示され安心
  • 交際、結婚に前向きで真面目な会員が圧倒的
▼ Omiaiの口コミはこちら
Omiaiの口コミや評判を総まとめ!リアルな体験談や裏情報も徹底紹介
累計会員数約300万人
運営会社株式会社ネットマーケティング
登録費用0円
月会費0~4,800円
対応環境PC・スマートフォン対応・アプリ対応
SNS連携Facebook利用
おためし検索可能
サポートの有無追加料金でプレミアムパック
口コミ評価

\Omiaiは国内最大級の会員数/

Facebookではじめる

※Facebook上には一切投稿されません

恋人探し・出合い・婚活・恋活ならOmiai-無料マッチングアプリで街コンよりも素敵な出逢い

恋人探し・出合い・婚活・恋活ならOmiai-無料マッチングアプリで街コンよりも素敵な出逢い

Net Marketing Co., Ltd無料

 エキサイト婚活

  • 厳選したサービスだからできた低価格が魅力!
  • マッチングしなくてもメッセージの送信が可能
  • 特定の相手にだけ写真を公開!細かい設定も簡単
▼ エキサイト婚活の口コミはこちら
エキサイト婚活の口コミ評判まとめ!料金やメリットデメリットも紹介
累計会員数約26万人
運営会社エキサイト株式会社
登録費用0円
月会費1,750~3,500円(税抜)
対応環境PC・スマートフォン・(アプリ非対応)
SNS連携なし
おためし検索可能
サポートの有無なし
口コミ評価

\エキサイト婚活で秘密に婚活/

無料会員登録をする

※出会えなければ全額返金

婚活サイト・婚活アプリの結婚真剣度・料金・評価一覧比較表

No.サービス名結婚真剣度有料プラン月額費AppStore評価詳細ページ
1ゼクシィ縁結び男性:2,400円~
女性:2,400円~
4.4

> 詳細ページ
> 公式サイト

2Match(マッチ・ドットコム)男性:1,750円~
女性:1,750円~
3.2

> 詳細ページ
> 公式サイト

3ユーブライド男性:1,750円~
女性:1,750円~
4.3

> 詳細ページ
> 公式サイト

4with男性:2,800円~
女性:無料~
3.9

> 詳細ページ
> 公式サイト

5ブライダルネット男性:3,000円~
女性:3,000円~
3.5

> 詳細ページ
> 公式サイト

6ペアーズ男性:3,480円~
女性:無料~
4.0

> 詳細ページ
> 公式サイト

7Omiai男性:3,980円~
女性:無料~
3.8

> 詳細ページ
> 公式サイト

8マリッシュ男性:2,980円~
女性:無料~
3.5

> 詳細ページ
> 公式サイト

9ゼクシィ恋結び男性:1,980円~
女性:108円~
3.5

> 詳細ページ
> 公式サイト

10タップル誕生男性:2,317円~
女性:無料~
4.0

> 詳細ページ
> 公式サイト

11クロスミー男性:3,800円~
女性:無料~
3.8

> 詳細ページ
> 公式サイト

12mimi(ミミ)男性:3,900円~
女性:無料~
4.4

> 詳細ページ
> 公式サイト

婚活と恋活って何が違うの?

似ているようで違う婚活と恋活ですが、簡単に言うと

  • 婚活
    「結婚もしくは長期にわたって共に過ごすパートナーを見つける活動」
  • 恋活
    「真面目なお付き合いをする恋人を見つける活動」

と、最終的な目的に違いがあると言えるでしょう。

ですが、どちらもパートナーを真剣に探すという意味では同じ活動と言えるため、恋活をする中で生涯を共にしたいと思える相手となれば、結果的には婚活にもなってきます。

また結婚を望んでいるけど「結婚を前提にお付き合い」という形式が堅苦しい、プレッシャーという人は、恋活から始めてみるのも良いでしょう。

婚活サイトと恋活サイトも違う?

婚活サイトは「結婚を前提としたパートナー探し」、恋活サイトは「真面目なお付き合いをする恋人探しが目的」と言い切りたいところですが、両方の要素が混ざっているサイトやアプリはたくさんあります。

そのため「◯◯サイトは婚活用」「▲▲サイトは恋活用」と明確に分けるのは難しいです。

線引するとしたら、婚活サイトはフォーマルな出会い恋活サイトはカジュアルな出会いから始まるといったことが言えるでしょう。

こちらで紹介している婚活サイト・婚活アプリのおすすめランキングの中には恋活系のサイトも含まれますが、真面目な出会いを求めているものに絞っており、成婚にも力を入れているものを厳選しているので、自分に合うネット婚活を見つけてくださいね!

▼ 恋活を考えている人はこちら
【2018年】人気のマッチングアプリおすすめランキング!口コミを徹底比較!

ネット婚活はサイトやアプリの選び方が重要!

出会いを提供するサイトやアプリには、婚活が目的のもの以外に、体の関係や遊び目的なものがあるため登録するサイトをよく検討することが大切です。

出会い系サイトは絶対NG!

ここで言う出会い系サイトは、婚活のような真面目な交際要素がない、体の関係や遊び目的としたサイトのことを指します。

出会い系サイトの中には、ライトな恋愛目的のサイトも存在しますが、結婚したい!と思っている人にはおすすめできません。

理由は様々ありますが、一番は結婚目的の相手と出会う可能性がとても低いということ。

結婚や真面目な交際を強く望むのであれば、同じく結婚や真剣な出会いを求めている会員が多く利用しているサイトに登録しましょう。

婚活している人が利用してはいけない出会い系サイト

ハッピーメール・PCMAX・ワクワクメール・YYC・イククル など

婚活サイト・婚活アプリを選ぶ5つの基準

数多く存在する婚活サイトやアプリの中から、どれを利用すれば良いのかわからない人のために、まずは婚活サイトの選び方を見ていきましょう。

利用するサイトを間違えて、貴重な時間やお金を無駄にしないためにも、婚活サポートおすすめのランキングも参考にしてくださいね。

1.本人確認がしっかりしている

利用するために身分証の確認が必須のサイトは、遊び目的や軽い気持ちの利用者の流入が少なく、利用者の質も一定以上

その他に独身証明書などの証明も行われているサイトだと、既婚者かの判別もしっかりできますね。

2.プロフィール設定が詳細

プロフィールを詳細に設定できるか、確認してみましょう。

結婚後の家事仕事子供の希望はもちろん、ライフスタイルなど、プロフィールを見ればその人のことがほとんど分かるようなものだと、将来的なところまで見通せて良いですね。

プロフィールが詳細だと良い理由は、共同生活を円満に過ごすためには、自分と相手の条件をすり合わせる必要があるためです。

例えば仕事をバリバリ続けたい女性と、女性に専業主婦になってほしい男性では、結婚後に問題が起こる可能性が高くなります。

結婚後も幸せに過ごすためには、相手と自分の価値観やライフスタイルの違いを把握しておくことはとても重要といえます。

似た者同士ほどうまくいく?正反対の人とは長続きしない?

婚活サイトなどでは利用者同士の相性を診断してくれるところもありますが、共通項が多い似た者同士と正反対の者同士では、相性はどちらが良いのでしょうか。

答えは、似た者同士カップルも正反対カップルも相性は良いのです。

似た者同士だと、初対面から親密になるまでが短く、お互いに居心地の良い関係を築くことが出来ます。

しかし関係が長期的になるとマンネリ化しやすくなるので、お互いの違う部分に着目して役割分担を行ったり、それぞれの個性を尊重すると良い関係が継続できるでしょう。

一方の正反対カップルですが、外交的で社交的な男性と内向的で思慮深い女性のカップルなど、ラブストーリーには良くある組み合わせですよね。

これは「相補性の法則」というもので、自分にない要素を補おうとする心理が作用しています。

常に相手を優先したり、ワガママにふるまうなどで関係のバランスが崩れると破局へまっしぐらですが、お互いを尊重し持ちつ持たれつを維持できれば、とても良好な関係が築けますよ。

3.利用料金が定額制であること

婚活サイトやアプリで多く用いられている料金体制は、月額定額制です。

月額定額制のサイトでは、一部のオプションを除いて余計なお金は発生せずに利用することができます。

出会い系のサイトによくあるのが、メッセージを送るたびに料金が発生するタイプの料金体系ですが、月額制ではそのようなことはないためサクラなどが紛れ込みにくく、悪質な利用者を少なくすることもできます。

また女性は無料で利用できる婚活サイトが多いのは、男女比が偏らないようにするためでもあります。

中には女性も料金を支払わないと利用できない婚活サイトもありますが、より真剣度が高いサイトと位置づけられるでしょう。

4.会員数が多い

婚活サイトやアプリの選択基準で重視したいのが、会員数です。

やはり出会える人数が多ければ多いほど、パートナーに会える可能性は高くなります。

ただし、サイトによっては登録しているだけで活動していない会員が多い場合や、利用者の年齢層が若すぎたり年上過ぎる場合もあるので見極めが必要です。

まずは無料会員として活動できるいくつかのサイトを試して、実際にどのくらいの人と出会えるかを実感してから、有料会員になるのが効率的ですよ!

婚活サイト・アプリは1つに絞るべき?

成果を目的にするなら、複数のサイトを並行利用することがベストですが、金銭的にいくつもサイト利用することが難しい、という方には、無料登録がおすすめです。

気になるお相手が現れた時だけ有料会員になることで、出会いのチャンスを逃すことなく、最小限のコストで済ますことが出来ますよ。

ネット婚活を並行利用するポイント
  1. プロフィールや写真などをしっかりと作りこんで、ログインをこまめに行う
  2. サイトを利用する曜日を決め、自分から積極的に相手を探しアプローチする

サイトに登録していても、ただ待っているだけではチャンスはやって来ません。

複数のサイトを登録している場合でも毎日ログインすることと、最低でも1週間に1度は自分から相手を探してアプローチするようにしましょう。

婚活サイト・アプリを複数登録!掛け持ち活動は本当に効果的なの?

5.セキュリティ対策が万全

個人情報を取扱う婚活サイトでは、プライバシーへの配慮は絶対条件です。

プライバシーマークを取得していたり、個人情報の取扱いに規定を設けているかを確認しましょう。

またサクラや業者など、怪しい会員と出会った際の通報システムが完備されていると、利用者の質向上にも繋がるので安心ですよね。

運営会社もチェックしよう

運営会社がどんなところかも、チェックすべきポイントです。

大手企業や、長年に渡り婚活事業を運営しているところは、婚活のノウハウやセキュリティ面でも安心できます。

婚活サイトやアプリで結婚できるの?成功のポイントは?

婚活サイトやアプリを利用すれば、将来を見越したパートナーが必ず見つかるのか?

こればかりは、婚活サイトを上手く利用できれば可能性は高くなる、としか答えられません。

ただ自分から行動しない人は、より結婚から遠ざかっていくことは明白。

婚活サイトは年々一般的に浸透しており、利用者の多くが真剣な出会いを求めているため、婚活のいち手段として活用しないのはもったいないでしょう。

交際までの流れと重要ポイントを解説

ここからは婚活サイトなどを利用して付き合うまでの流れと、それぞれのポイントで婚活の成否を分ける理由を解説していきます。

婚活サイトは数多くありますが、システム的にはだいたい似ていますので、大まかな参考にしてくださいね。

①プロフィールは超重要!失敗例と改善ポイントを解説

婚活サイトやアプリに登録すると、最初に行うのがプロフィールの作成です。

たかがプロフィールと侮ってはいけません。

プロフィールの作成に失敗してしまうと、出会いのチャンスを大きく狭めてしまうことになるのです。

ここではありがちなプロフィールの失敗例改善点をまとめました。

こんな人はお断りと記入している
悪い記入例
  • 「収入が◯◯◯万円以上の人でお願いします」
  • 「大手企業や医師、弁護士限定です」
  • 「写真公開のない人は遠慮してます」
改善点

多くの人に悪印象を抱かせるので、記入しない方が良いでしょう。

譲れない相手の条件があったとしても自分の胸の中に留め、判断するようにしてくださいね。

プロフィールにある項目を再度記入場合
悪い記入例
  • 「子どもは好きです」
  • 「タバコは吸いますが、相手の希望によっては禁煙します」
改善例
  • 「子どもが好きで、友人の子どもや甥っ子・姪っ子と触れ合うことが最近の楽しみです」
  • 「禁煙を目指して3ヶ月、継続中です」

プラスアピールになりそうな要素がある場合のみ付け足して記入し、特にない場合は他のことをPRしましょう。

また「相手が望むなら~する」といった不確定な宣言より、禁煙中など実行していることを記入するほうが、印象が良くなりますよ。

マイナスアピール
悪い記入例
  • 「容姿に自信はありません」
  • 「家事が苦手なので期待しないでください」
改善例
  • 自信の無いことは記入しなくて構いません。
  • 「料理のレパートリーを増やそうと勉強中なので、味見してくれる人なら嬉しいです」

苦手を克服しようとしている姿勢や、相手にも喜んでもらえそうなことを記入すると好印象に繋がります。

相手への希望・願望
悪い記入例
  • 「仕事がハードなので、家に帰った時に癒してくれる人を探しています」
  • 「専業主婦を希望しているので、生活を支えてくれる人がいいです」
改善例
  • 「仕事はハードですが、たまの休みには一緒に旅行に行ったりと楽しく過ごしたいと思っています」
  • 「料理や洗濯などの家事全般は得意なので、家のことを任せてもらえるのが理想です」

こんな人が良い!と自分から限定することは、上から目線に思われることもあるので避けてくださいね。

相手が自分の希望に当てはまっているかは、知り合った後に検討しても遅くありません。

相手に求めることよりも、まず自分は相手のために何ができるか考えてみると、記入しやすくなりますよ。

自己紹介文の最終チェック
  • 自分らしさが出ているか
  • 読んでいて悪印象を抱かせたり、不快ではないか
  • 文章は読みやすいか
  • 簡潔にわかりやすく書かれているか
  • 馴れ馴れしすぎたり、堅苦しすぎないか
  • 嘘や誇張は絶対NG!

他のユーザーの自己紹介文を読んで、感じの良い文章と、悪い文章を自分なりに分析してみるのも手段の一つ。

ただし同性ユーザーの自己紹介文は見れないことが多いので、ネット上にあるプロフィールの失敗例を読むことも参考になりますよ。

②写真はとことんこだわろう!

多くの婚活サイトなどでは、顔写真の次にプロフィールを表示する仕様のため、プロフィールに誘導するために写真は欠かせません。

といっても実際よりあまりにも写りの良い写真を使用すると、会った時にマイナスイメージを持たせてしまいます。

男性の場合は、多くの人にそこそこ好印象を持ってもらうことを目標に、悪印象を抱かせないことがポイントです。

一方女性は同性会員の写真レベルが高いため、できるだけ自然に自分の魅力を引き出す必要があります。

感じの良い写真は簡単に撮れるものではないので、色々なシチュエーションで撮影してくださいね。

笑顔が基本!はにかむ程度でも十分です

男女共通して言えることは、笑顔の写真は相手に良い印象を与えることができます。

真顔は怖いと思われたり格好をつけた印象を持たせるので、よほど自然に撮れたものでない限り、メイン写真には向きません。

変顔は目立ちはしますが、プロフィールの閲覧者を増やすという目的からは遠のいてしまいます。

笑顔は苦手という人も、口角を少し上げるだけでも印象は変わるので、挑戦してみてください。

誰かに撮影してもらった写真がベスト

スマホのインカメラを使った自撮り写真は表情が硬くなりがちだったり、照明の具合も難しいため、避けたほうが良いでしょう。

ベストなのは、外で誰かに撮影してもらうこと。

友人や家族に手伝ってもらい、明るい日中のうちに笑顔のショットを撮ってもらいましょう。

特に男性会員は自撮りの方が多いので、これだけで周りと差をつけることが出来ます。

また友人などに撮ってもらうのが恥ずかしかったり、アテがない場合は、タイマー機能を使って誰かに撮ってもらった風にするのも一つの手ですよ。

自然光のある場所で、顔や背景が暗くならないように!

顔写真で残念なのが、背景や顔が暗い写真です。

婚活サイトでは大勢の会員の顔写真が並べられるため、暗いとそれだけでパッとしない印象になってしまいます。

かといって光を当てて、白く飛ばしすぎるのもよくありません。

白い厚紙などをレフ板変わりに使ってみると、ほどよく明るい写真となり、ライバルに差をつけられますよ!

自作レフ板は簡単にできる!
レフ板は簡単に自作することができます。

A3サイズくらいのカラーボードに、アルミホイルをクシュクシュにして広げたものを貼り付ければ、白い厚紙より光を反射させる銀レフ板に!

特に女性はキレイな肌を自然に演出できるので、おすすめですよ。

自分の写真を載せたくない人へのアドバイス

ネットに写真を掲載するのに抵抗があるという人も、顔写真を用意しておくことをおすすめします。

なぜならメッセージをやり取りするうちに、写真を交換したいと頼まれる可能性があるためです。

親しくなりたいと思っている人から写真交換を頼まれた時に、「断る」しか選択肢がないのは非常にもったいないこと。

写真交換はしないと決めている人も、選択肢を狭めないために準備はしておきましょう。

▼ 写真についてより詳細な解説はこちら
婚活サイトのプロフィールは顔写真が重要!男女別の写真の撮り方

③マッチングしたらメッセージ交換!

婚活サイトなどでは、気になる相手とマッチング(お互いの同意)したら、サイト内でメッセージの交換ができるようになります。

最初のメールでは自己紹介や、相手のどんなところに興味をもったのかを伝えてみましょう。

文章はわかりやすく数行にまとめることで、相手も返信しやすくなりますよ。

メールやりとりのポイント
  • 文章量を相手に合わせる
  • 返信速度を相手に合わせる
  • 相手のメッセージに対して、しっかりと返答する
  • 相手に興味を持つ
  • 相手が興味を持ちそうな話題を振る

またMatch(マッチ・ドットコム)エキサイト婚活など、マッチングしなくてもメッセージが使える婚活サイトもあるので、マッチングまでが面倒だという人はこちらを利用しましょう。

④初めて会うタイミングはいつ?おすすめの初デートプラン

メールで何度かやり取りをし、実際に会いたいと思った時、相手をどのように誘えば良いか悩んでしまいますよね。

ここからはデートへの誘い方と、おすすめの初回デートプランをまとめました。

相手をデートに誘うタイミングは?

他人行儀なメッセージから徐々に、その人の内面(楽しい・嬉しい・悩み)が表れるようなやり取りができていれば、デートに誘ってみましょう。

デートに誘うタイミングは、メッセージのやりとりが多い場合は2週間程度(10通以上)、頻度が少ない場合は1ヶ月程度が目安です。

あまり良くないデートの誘い方
  1. ◯日と△日が空いてるので、良かったらランチにでも行きませんか?
  2. ◯日か△日はお暇ですか?

1については、自分の予定が空いているから誘ってきたと、自分本位に受け取られる可能性があります。

2の場合は先に予定を把握してから誘おうという思惑ですが、初デートではNG。

初対面の人に何に誘われるかわからない状態で、予定が空いていると答えてしまうと、その後のお誘いが断りにくくなってしまうため、先手を打って「予定がある」と相手に答えられてしまいます

デートの誘い方
  1. 相手の好きな食べ物や興味のある場所について、メッセージで事前に聞いておく(下調べ)
  2. 「◯◯さんが好きそうなお店があるので、一緒にランチに行きませんか?」

誘う時のポイントは、直球勝負。

日時の調整は後回しにして、あなたに会いたいという気持ちを伝えましょう。

興味を引きそうなお店や場所を指定することで、相手が誘いを受けやすい状況をつくることが重要です。

相手の返答がOKなら、さっそく待ち合わせ!自分から候補日を3日ほどあげて、相手の都合を聞いてみてください

返答が「今は忙しい」ということであれば、2週間ほど時間を置いてから再アタックです。

ただし、2度断られたら諦めましょう。

女性が男性をデートに誘うポイント

男性からデートに誘ってくれるのを待っているけれど、いつまでたっても誘ってこない!

そう考えているあなたは、自分から積極的に男性をデートに誘ってみてください。

待っているだけではチャンスは逃げてしまいます。

ポイントは仕事で忙しい場合もあるので、男性にしつこく返答を求めないこと。

また相手に奢ってもらうという意識は持たずに、あらかじめ勉強代と割り切っておくと、相手が払ってくれた場合に心からの笑顔でお礼が言えますよ。

デートは男性から誘うものと決めつけず、女性からも積極的に誘ってみてくださいね。

おすすめの初回デートプラン

初対面で長時間だと自分も相手も疲弊してしまうので、基本的にはランチやお茶だけ、1~2時間程度を目安にしましょう。

デートに誘う際も事前にご飯だけ、お茶だけと伝えておくと、相手も短時間ならと応じてくれる可能性もあります。

お店はデート向けのものを検索し、店内の雰囲気を写真で確認しておくと安心です。

男性から女性をデートに誘うポイント

知らない男性と二人きりになることに対して、警戒心を持つ女性は大勢います。

特に初対面や知り合って間もないうちは、できるだけ女性の警戒心を和らげるようなデート内容を提案すると、会うことへのハードルが低くなるでしょう。

おすすめは、昼間に人がカフェなどの人多い場所での短時間デートです。

⑤複数の人と同時進行してもOK!最終的に1人に絞る

初デートが成功したら、今後もその相手と会うのかお付き合いをしたいかを、デートを重ねて検討しましょう。

一人の人と真剣交際を決めるまでは、他の人ともお試しデートをするのはOKです。

しかしそのことをこちらから相手に言う必要はありません。もし自分がパートナー候補のうちの一人と知ったら、萎えてしまいますよね。

そして晴れて恋人同士となったら、婚活サイトやアプリは退会することもお忘れなく!

ネット婚活以外の婚活サービスで出会いが広がる

パートナーと巡り合うには、とにかく出会いの母数を多くする必要があります。

婚活サイトやアプリを使ったネット婚活は手段の一つとして捉え、友人などに紹介してもらったり、婚活イベントや結婚相談所の無料相談を使えば、より早期に出会いを果たすことが叶うでしょう。

自分に合う婚活方法をいくつか組み合わせて活動することが、もっとも効率的ですよ。

▼ おすすめの結婚相談所ランキングについてはこちら
【2018年】結婚相談所おすすめランキング!口コミ評判を徹底比較!

婚活サイト・婚活アプリは危険?注意点を守れば便利で安全!

ネット婚活の事前に知っておきたい落とし穴

婚活サイトなどを利用する上で事前に知っておきたいのが、危険な落とし穴の存在。

金銭なことだけでなく、大切な時間や精神力を根こそぎ奪うものもあるのです。

婚活サイトに潜む危険
  • サクラや業者
  • 遊び人
  • 結婚詐欺師
  • 既婚者(プロフィール詐称)
  • 個人情報の悪用

ここからは婚活サイトなどを利用する上で、注意すべきポイントをまとめました。

サクラ・業者の見分け方

サクラや業者を見分けるポイント
  1. プロフィール(収入・職業)や写真が非常に高スペック
  2. 話題が自分中心
  3. 早い段階でメールアドレスやLINEといった個人情報を聞き出そうとする
  4. 利用しているサイトとは違うサイトへ誘導しようとする

特に、3と4に当てはまればサクラや業者の可能性が高いので、ブロックやスルーして自衛して下さい。

場合によっては婚活サイトやアプリの運営元に、通報報告するようにしましょう。

遊び人・結婚詐欺・既婚者の見分け方

結婚目的の男女が引っかかりたくないのが、遊び目的や、既婚者なのに独身を装った人たち。

さらに結婚詐欺のような金銭目的の人間も稀に存在しますので、それぞれ注意点をまとめました。

怪しいと思ったら、早めに手を切ってくださいね。

特徴こんな点に注意!
遊び人・早い段階で会おうとする

・すぐに体の関係を求めてくる・落とす過程を楽しんでいる

✕ ドライブなど密室でのデート

✕ 人の少ない場所に誘ってくる

✕ 夜遅い時間のデート

✕ 無理に飲酒を勧めてくる

既婚者・コミュニケーション力が独身者より高め

・ファッションセンスがそれなり

・離婚する気はない

・自分都合のデートを押し付ける

✕ 自宅に招いてくれない

✕ 平日の夜や休みの日に連絡が取れない

✕ 休みの日に会おうとしない

✕ 友人や同僚・家族に紹介しようとしない

結婚詐欺・物を買わせたり、入会させようとする

・理想の恋人のようにふるまう

・尽くしてくれる

・結婚の約束が早い

・結婚を前提にお金を借りようとする

✕ 羽振りが良さそうに見せかける

✕ 仕事先を教えてくれない

✕ 過去を教えてくれない

✕ 友人や同僚・家族に合わせてくれない

✕ 写真撮影を嫌がる

※スマホではタップするとスクロールできます。

既婚者の中には騙している意識がなく、独身者と見分けがつかないことも多いのですが、自分本意さや、つじつまの合わない事が多い点に着目すると、見破りやすいですよ。

幸せな結婚をするためには、誠実で真面目、良識のある人を選ぶのがもっとも近道と言えそうですね。

個人情報の流出・悪用を防ぐ

自分の個人情報が流出したり、悪用することを防ぐポイントは2点あります。

個人情報を守るには
  1. セキュリティがしっかりした婚活サイト・アプリを利用する
  2. 自分の個人情報を守る意識を持つ

よく知りもしないうちから、軽々しく住所や本名・連絡先などの個人情報を教えるのは絶対にやめて下さい。

連絡先の交換は、メッセージを通じて十分交流していることが前提で、婚活用に作成したフリーメールやIDの変更が簡単なLINEなどにしましょう。

危険を避ける方法は?

1.プロフィールや身分証明を確認する

プロフィール覧が未記入ばかりの人は、避けたほうが無難です。

ここで紹介している婚活サイト・アプリは、身分証明を提出しないことには本格的に利用できない仕様ですが、収入証明書独身証明などの提出が多い人ほど、危険な相手である可能性は低くなるので要チャックしましょう。

これは自分に当てはめると、プロフィールでは空欄はなくしっかり記入し、様々な証明を行っていると婚活への真剣度が高いとみなされるので、人気アップにも繋がりますよ。

怪しい人には深入りしない

メールのやり取りをしていて、なんだか怪しい‥?と思った時は、相手を追求したり指摘することは止めてくださいね。

メッセージがきても相手にしない、またブロック機能などを使ってフェードアウトするようにしましょう。

追求することで嫌な思いをしたり、関わる時間ももったいないので、気持ちを切り替えることが一番です。

2.メッセージのやり取りで相手の人柄を確認

魅力的だったりタイプの相手であっても、メッセージのやり取りもそこそこに、すぐに会うということは避けるべきです。

メッセージを使ったやり取りは十分行い、相手の人柄を確認しましょう。

文章には、意外とその人の人柄や性格が現れるもの。

メッセージになった途端、馴れ馴れしい、威圧的、また思いやりや配慮が感じられなかったり‥。

直感的に違和感を感じる場合は、けっこう当たっているもの。縁がなかったと、次に切り替えるのが賢明ですよ。

3.会う場所や時間に気をつける

初めての顔合わせや知り合って間もない内のデートは、会う場所や時間帯に注意が必要です。

女性は身の危険から守るために、男性は美人局(つつもたせ)に引っかからないために、それぞれ自衛心を忘れないでください。

女性側の注意点

お互いのことをよく知らないうちは、男性と2人きりにならないことが大前提ですので、ショッピングセンターや駅直結の施設など、周りに大勢の人がいる場所を選びましょう。

時間帯も昼間の明るいうちがベターで、夜遅い時間はオススメできません。

またドライブなどの密室空間や人の少ない場所、飲酒は避けてください。

車に乗ることを強要されたり、人の少ない場所に連れて行かれそうになった場合は、その場で逃げるくらいの警戒心を持ってくださいね。

とは言えこのような例は少ないものなので、まずは相手とのデートを楽しみましょう。

男性側の注意点

男性側のデートでの危険は、美人局(つつもたせ)セールスなどに注意が必要です。

やはりよく知らないうちは夜遅い時間や裏通りなどは避けて、昼間に多くの人がいる場所でのデートにしましょう。

また相手がお金の話しをしてきたり、物を売りつけようとしてきた時は、その時点で帰宅してください。

こうした人は様々な手段を駆使してお金を搾り取ろうとするため、ズルズルと付き合ってはトラブルに巻き込まれてしまいます。

安全面では結婚相談所のほうが安心できる

婚活サイトの中には独身証明書は未提出でOKなところもあるので、遊び人や既婚者、業者などが少数ながら存在しているのも事実です。

危険な出会いは絶対に回避して婚活がしたい!という人には、データマッチング型の結婚相談所がおすすめです。

楽天オーネットツヴァイなどの結婚相談所は、ネットを利用した婚活システムを採用しています。

婚活サイトよりも費用がかかり、独身証明書や卒業証明などを提出する手間もありますが、手間と費用がかかる分、登録している会員はより結婚意識が高く真剣そのもの。

結婚相談所を検討する場合は、ズバット結婚サービス比較を利用し、各相談所をよく比較するのも良いでしょう。

ネット婚活に向いているのはどんな人?

婚活サイトを利用してみたいけれど、本当に恋人や結婚ができるのか不安‥。

そんな人のために婚活サイトのシステムや特性を分析し、婚活サイトを利用することで良い出会いが期待できる人をまとめました。

婚活サイト・アプリを利用するデメリット・メリットって?

デメリット

  • 異性へのアピールや交流の仕方についてのアドバイスが乏しい
  • 顔写真とプロフィールで優劣がつきやすい
  • 出会いの場を提供してくれるが、それ以上のサポートが薄い
  • 独身証明書の提出が必須ではないので、既婚者が混ざっていることもある
  • 料金が結婚相談所に比べて安価なので、結婚目的以外の人(遊び人・業者など)もいる

婚活サイトは多くの相手候補との出会いの場を提供してくれますが、ほとんどの婚活サイトのサービスはそこまで。

プロフィールの作成やメッセージのやりとり、デートの内容やお付き合い、そして結婚至る交流まで、すべて自分自身で計画し行動する必要があります。

自分でうまくいかない原因を考えて改善し、次に活かすということを繰り返し続けなくてはならないので、積極性計画性がないと、いつまでたってもデートにすらたどり着けない可能性があります。

メリット

  • 低予算で多くの人と出会うチャンスが得られる
  • 入会が簡単で、登録だけなら無料のところが多い
  • いつでもどこでも自分のペースで活動することができる
  • 相手の詳細プロフィールを事前に確認できる
  • 結婚相談所のように月に交流できる人の制限がない
  • 任意で収入証明や独身証明も提出でき、本気度をPRできる
  • 悪質な利用者や業者の通報やブロックができる
  • 個人情報保護やセキュリティが万全

婚活サイトを利用する最大の利点は低価格で多くの会員と、スマホひとつで出会える点。

中には結婚目的でない人も登録していますが、プロフィールやメールのやり取り、各種証明書から除外することは十分可能です。

本格的な活動には有料となりますが、多くの婚活サイトでは無料会員として気軽に活動ができるのも試しやすいポイントでしょう。

婚活サイト・婚活アプリはおすすめできない人

おすすめできない人

  • 警戒心や自衛意識が低い
  • 結婚まで誰かのサポートが欲しい
  • 相手に求める条件が細かい、多い
  • 客観的に自分を見ることが出来ない
  • 気兼ねなくライトな恋愛を楽しみたい

婚活サイトでは様々なタイプの人が登録していますが、自分に合う人がどんな人か条件を最小限に絞っていくことが大切です。

条件が多く細かくなるほど当てはまる人は少なくなるため、これだけは譲れない条件だけを設定して、その中から探すようにしましょう。

自分より年下の女性だけを希望する男性が多く見られますが、年齢の設定は幅広くしたほうが女性からは好印象です。

年下の女性に限定するよりも、自分と同年代から少し年齢が上の女性も希望に含めるだけで、出会いのチャンスは大きく広がります。

おすすめできる人

  • 自衛意識が高い
  • 自発的・積極的に行動できる
  • 希望する相手の条件は、3~4つに絞ることができる
  • 自分を客観的に見られる
  • 少しでも結婚相手に出会うチャンスを上げたい

出会いのチャンスが多いのが婚活サイトの良いところですが、自ら行動を起こさなければいつまで経っても出会いはやってきません。

婚活サイトの機能をフル活用してアクティブに活動できる人であれば、早々に運命の相手を見つけることもできるでしょう。

また自分で計画を立てるのが好きだったり、地道に活動を続けることができる人であれば、婚活サイトで成婚に近づくことは十分できるでしょう。

まとめ

ネット婚活は一般的にも浸透し、多くの人が利用している出会いの主流にもなりつつあります。

手軽に利用できるゆえにトラブルに巻き込まれかねないケースもありますが、それはこちらの意識一つで防げるので、一昔前のようにネットでの出会いは危険!と決めつける必要はありません。

むしろ忙しい現代の男女にとっては効率よく合理的に出会いを果たせる、有益な出会いの場なのです。

そしてここで紹介してきた婚活サイト・アプリを使っての出会いのノウハウを活かせば、さらに出会いの確率が上がることは間違いなし!

出会いはないと嘆く前にネット婚活を利用して、生涯のパートナーを見つけましょう!

> 婚活サイト・婚活アプリのおすすめランキングをチェック!

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!