ネット婚活で本名は教える?教えるタイミングや注意点の総まとめ

ほとんどのネット婚活では本名を明かさずに、ニックネームでのやり取りでスタートします。

「ネットを介した出会い」という部分で、実際に会ったことのない人物に本名を明かすのはリスクのあること。ニックネームでやり取りし始めるのは当然のことでしょう。

しかしニックネームのままで呼び合うのは、いざ会うとなった時に気恥ずかしさがあったり、いつまでも本名を知らないのは今後の信頼関係にも関わってきますよね。

となるとネット婚活において、自分の本名を明かすベストなタイミングはいつなのでしょうか?

またどのようなニックネームを付けるのが相手に好印象を与えるのか、本名を明かすメリットやデメリットなども紹介していきます。

▼ マッチングアプリのおすすめランキングはこちら
【2018年】人気のマッチングアプリおすすめランキング!口コミを徹底比較!

ネット婚活で本名を名乗るベストなタイミングは?

本名を明かすベストなタイミングは、個人差があります。

「早くから親しい関係を築きたい」人であれば早々に本名を明かすのがベストになりますが、「トラブルに巻き込まれたくないし、慎重にいきたい」という場合は、相手との交流を深めてから行うのが良いでしょう。

そのため自分が納得できるタイミングで教えるのがおすすめです。

本名を明かすタイミングとして良い節目を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

相手が本名を明かしてきたら

相手が本名を明かしてきたタイミングで自分の本名も明かすのが、最も明かしやすいタイミングであり自然な流れでしょう。

ただし1回目のメッセージで明かしてきたり、まだ親しくなったと感じていなければ、自分の本名を明かす必要はありません。

少しでも抵抗を感じる場合は、このように断ってみましょう。

  • 本名を教えるのは、もっと親しくなってからにしたい
  • 会うまで本名を明かすつもりはないので、ニックネームのままでお願いしたい

真剣な出会いを求めている相手であれば、こちら側の気持ちに寄り添って理解してくれるはずです。

これで離れていく相手であればその程度の人間だったと割り切り、次に進みましょう。

ヤリモクや業者の可能性も‥

あまりにも早い段階で向こうから本名を明かしてきた場合、ヤリモクや業者などの不正ユーザーである可能性があります。

あなたに早く会って「体の関係をもつ」「ネットビジネスをもちかける」という目的を果たすため、親近感を与えようとしているのでしょう。

また明かしてきた本名も偽名であったり、赤の他人の成りすましであるケースも!

怪しいと感じたら自分の直感を信じて回避することも、ネット婚活では必要なスキルですよ。

▼ ヤリモクについての詳しい内容はこちら
婚活に潜むヤリモクはこんな特徴がある!うまく見抜いてヤリモクにひっかからない婚活を

会う約束を取り付けたタイミング

メッセージやLINEなどで交流を深め、お互いに惹かれあえば実際に会ってデートをする段階にうつりますよね。

この会う約束を取り付けたタイミングで本名を明かすのもよいでしょう。

ネット上でやり取りをしていたとはいえ、初対面の相手を「ニックネーム」で馴れ馴れしく呼ぶのは、気恥ずかしさもあること。

またぎこちない空気感が漂えば、周りからも滑稽な二人と思われてしまうかもしれません。

そのような事態を避ける意味でも、このタイミングで本名を教えるのはよい節目といえます。

まだ本名を明かしたくない場合は‥
この段階でまだ本名を明かすことに抵抗がある場合は、フルネームではなく「名字だけ」「名前だけ」明かすのでも十分です。

一番おすすめは2回目のデートに進めそうな時!

初めてのデートが成功して良い感じの雰囲気になれたり、2回目のデートの約束ができれば本名を明かすことをおすすめします。

メッセージで良い関係を築けていても、実際に会うまではどんな相手か判断のつきにくいもの。

しかし対面することで「思っていた感じと違った‥」「もっと気になる人になった!」と相手に対する印象が定まってくるので、自分の気持ちもはっきりするでしょう。

また次の約束をしている場合は相手もこちらに興味をもっている証、本名を教えることでもっと距離を縮めることにもつながりますよ。

▼ 2回目のデートで大切なポイントはこちら
2回目の婚活デートが最大の山場!誘い方やデートが成功するポイント

ネット婚活で本名を教えるメリットとデメリット

ネット婚活における本名を明かすメリット・デメリットは多々あります。

トラブルを避けるためにも、特にデメリットについてはしっかり把握するようにしましょう。

メリット

本気であるアピールになる

フルネームを教えることは、相手に本気度が高いことを示すアピールにもなります。

個人情報の中で最も慎重に扱うべき本名を明かすことは、かなり勇気の必要なこと。

ネットでいくらでも調べることのできる現代は、本名がわかれば住まいや職業、プライベートな素性までわかってしまうケースもあります。

そんな重要な情報である本名を自ら教えるということは、そこまでしてでも親しい仲になりたいという本気度のあらわれです。

もっと深い関係を築きたい!と思っている場合は、誠意を見せる意味合いでも有効な手段となるでしょう。

▼ 結婚願望のある相手か確かめる方法についてはこちら
婚活で知り合った男性が結婚に本気か見極めるポイント!結婚願望の確かめ方

交際がスタートした時も違和感なく呼び合える

学生時代からの友人が結婚して名字が変わったり、長い時を経たとしても、当時のあだ名のままで呼び合っていませんか?

これと同じことで、一度呼び慣れてしまったニックネームを急に改めることは照れくさく感じたり、違和感が残ってしまうものです。

早くから本名を名乗ることは、最初から自然に呼び合えるメリットもありますね。

SNSなどで間接的に自分を知ってもらえる

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSから、プライベートなことがわかってしまう世の中ですが、それを逆手に取ることもできます。

日々の生活や友人との交流、好きなもの・趣味などを投稿することで、自分の人柄を自らアピールしなくても、相手がSNSを通して知ってくれるかもしれません。

ただしあまりにも個人情報が詰まった内容では危険な場合もありますし、SNSの公開範囲を友人までに制限していれば効果がないケースもあります。

またSNSの内容によっては相手にウケない可能性もあるので、このようなことに気をつけましょう。

  • 住まいや職場などが特定される内容ではないか
  • 家族や友人の顔出しをしていないか
  • 不快な気分にさせる投稿をしていないか など

デメリット

個人情報を悪用される可能性がある

SNSなどで間接的に自分をアピールするメリットとして紹介しましたが、慎重に行わければ個人情報を悪用されてしまう可能性もあります。

例えば知り合って間もない相手や、信頼関係を築けているとはいい難い相手は、不正ユーザーかもしれません。

そのような相手に本名を知られた場合、「個人情報を売られたくなければ要求をのめ」と脅されたり、「住まいの近くをウロウロされる」などの迷惑行為をされることも。

本名を明かす恐ろしいデメリットとしてこの問題があげられるため、特にSNSやブログを行っている人は内容を厳重にチェックしてください。

第三者に相談してみよう
本名を明かしたい気持ちはあるけど教えていいか判断できないときは、友人などに相談して、客観的にみてもらうことをおすすめします。

好意を寄せている相手に対しては、正常な思考は働きにくいもの。

第三者視点でズバッと判断してもらいましょう。

ドタキャンや音信不通になるケースも

本名を教えたことで自分のSNSなどから、顔写真や日常を知られたと仮にします。

ネット婚活上での写真とSNS上の写真があまりに違う印象だったり、キャラの違う投稿をあげていれば、自分の知らないところで見切られてしまうこともあります。

本名を明かすまで良い雰囲気で進んでいたのに、急に音信不通になったり、会う約束をドタキャンされた場合は、このケースにあてはまる可能性が高いでしょう。

▼ その他にもフェードアウトされる原因にはこんなものがあります
婚活中のFOとはフェードアウトの意味!原因や対処法、FOする方法を知ろう!

ネット婚活では本名に近いニックネームがおすすめ!

ネット婚活で使用するニックネームですが、あまり奇抜なあだ名は避けてください。

インパクトはあっても馴染みにくい印象を与えてしまいますし、本名を明かさず初めて会うときにも呼びにくいことになるでしょう。

ニックネームで悩んでいる人は、本名に近いあだ名にすることをおすすめします。

仮に本名が「吉川 雅士(よしかわ まさし)」だとしたら「ヨッシー」や「まさ」などにすれば、馴染みのあるニックネームなので使いやすいですよ。

奇抜なニックネームのせいで‥
まだ本名を明かしたくないのに、呼びにくいあだ名だから本名を教えてと要求されることも!

だからといって応じる必要はありませんが、慎重にいきたい派の人はこのようなリスクも頭に入れて、ニックネームを考えるようにしましょう。

本当に本名か疑わしい、怪しい場合は?

近年のネット婚活は「年齢確認」などで本人確認をしっかり行い、怪しい人物が利用できないよう対策がされていますが、運営のセキュリティをあの手この手ですり抜けてくるのが、不正ユーザーです。

「相手から名乗ってきたけど本当に本名か疑わしい」「偽名を使われている気がする」という相手に出くわした場合の対処法を紹介します。

運営に報告や通報をしよう

もし怪しいなと思う節があれば、ネット婚活の運営に報告してみましょう。

同じく怪しいと感じた他のユーザーから報告が多発していれば、強制退会となるので、怪しい人物との接触を防ぐことができます。

また運営に報告をしても「誰からの通報で、どんな内容なのか」は相手に開示されることはまずないので、相手にバレることもありません。

報復される心配もないので、些細なことでも報告してくださいね。

名刺交換を提案してみる

これは少し大胆な方法になりますが、会う約束をしたときに名刺交換をしたいと提案してみるのも手です。

本名を明かしていることを逆手にとり、相手のことをもっと知りたいという名目で色々探ってみましょう。

お互いに信頼している証として交換したい」と申し出て、断ってくるようであれば偽名の可能性は大いにあります。

真剣な出会いを求めている相手であれば、こちらの思いを真摯に受け止めて交換してくれるものですよ。

名刺が偽装でないかもチェックしよう!
スムーズに名刺交換を終えた後も、気は抜けません。

念には念を入れて、帰宅してから名刺上の情報に嘘はないか調べてみましょう。

会社は本当に存在するのか、偽装された名刺ではないか入念に確認してくださいね。

まとめ

ネット婚活で本名を明かすタイミングについては個人の考え方で大きく異なるため、これがベストタイミング!というものはありません。

しかしネット社会がますます発達している現代では、軽々しく本名を明かすのは賢明ではないでしょう。

そのためトラブルに巻き込まれたくない、慎重にことを運びたいと考えている人は、「会ってから本名を明かす」のがベストと言えます。

本名を明かすことで生じるメリット・デメリットを念頭に置きながら、ネット婚活で素敵なパートナーをゲットしましょう!

ネット婚活の人気ランキング掲載中

ランキングを見る

※全てのネット婚活の比較対象をしています

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!