婚活における理想的なメールやLINEの頻度はどれくらいがベスト?

婚活において重要な役割を果たしてくれるのが現代主流の通信手段でもあるメールですね。

メールは如何なる婚活法でも2人の気持ちを確かめ合う重要なツールになるのです。

ですが、通常の恋愛時にするメールのやり取りと比較すると、少々気を使わなければならないポイントがあります。

その中に、「メールの頻度」があげられますね。

では、婚活におけるメールの頻度はどのくらいがベストなのでしょうか。

また、デートに発展してからの婚活におけるメールの頻度について例をあげながら解説します。

通常の恋愛におけるメールのやりとりと比較すると、どのように異なるのかも交えて検証しましょう。

▼ マッチングアプリのおすすめランキングはこちら
【2019年】人気のマッチングアプリおすすめランキング!口コミを徹底比較!

婚活デート前のメールの頻度やマナーとは

婚活をスタートし、連絡先の交換もスムーズにできたけど、いざメールを始めたら、やたら頻度が多かったり、少なかったりと波長が合わないと言うケースも。

そんな理由から、デートに進展する前にフェードアウトなんて事は珍しくはありません。

それだけ、メールのやりとりは婚活のデートに直結するキーポイントとなるでしょう。

直接会って顔を見て話をするわけではないので、表情も把握できないのがメールです。

いかに、メールの頻度や内容を魅力的にするかで今後の婚活の明暗が決まると言っても過言でないわけです。

もちろん、メール内容も大切ですが、以外に見落としやすいのがメールの頻度ですね。

メールの頻度が相手の都合に合わないなどすれば、それは相手のストレスになるでしょう。

あげく、「メールのやり取りが少なすぎ」「メールが頻繁に来すぎる」などで婚活がうまくいかなくなるでしょう。

婚活中のFOとはフェードアウトの意味!原因や対処法、FOする方法を知ろう!

1日に2〜3通のメールが理想的

婚活におけるメールの頻度は1日に2〜3通が理想でしょう。

それよりも少なければ、

  • 「相手は自分に対して興味がないのでは…」
  • 「ほかにもメールのやり取りをしている人がいるのでは?」

と疑念を抱かせてしまうことになるでしょう。

1日に1通のメールも来ず、3日に1回程度のメールしか送ってこないような相手に対しては「脈なし」だと思って見切りをつけるべきですね。

婚活メールが続かない!失敗する理由と次のステップに繋げる対策とは?

相手の生活スタイルに合わせる

婚活時のメールは相手の生活スタイルを把握した上で送りましょう。

例えば、通常の会社員ならば午前中にメールが来てしまうと、なかなか返すことができません。

また、夜勤勤務の婚活相手に対して夜中にメールを頻繁に送れば相手はかなりの迷惑さを感じるでしょう。

まずは、相手の職種などから、どのような時間帯が忙しいのかということを把握し、忙しい時間を避けるような心遣いが大切です。

また、メールを受け取る側も、「平日の午前中から午後7時までは、就業中のため、返信はそれ以降にしますね」など一言を添えると気持ちの良いメールのやりとりができますよね。

女性と男性ではメールの頻度に違いがある!

女性はメールのやり取りをマメにする事が多いです。

一方で、男性はメールのやり取りをマメにする習慣のない事がほとんどです。

そうした男女間のメールに対する意識の違いは明確ですね。

このような事を理解した上で婚活におけるメールのやり取りをしなければならないでしょう。

女性側はメールの頻度が男性よりも頻繁傾向にあるため、男性はそうした女性の本質を理解した上で、「なるべくメールの返信をしっかりしよう」

という気持ちでのぞみます。

また、女性側は「男性はメールが得意ではないから、少しぐらいメールの頻度が落ちていても催促などしないようにしよう」などの心積もりが大切なのです。

婚活中にメール・ライン・メッセージの返信が遅い時の理由や対処法

婚活デートが成功した後のメールの頻度とは

これまでの記事では、婚活デートにたどりつくまでのメールの頻度について解説しました。

次は婚活デートが成功した後のメールの頻度についてお話しします。

メールの頻度よりも内容を一歩前進

婚活のデート前にメールの頻度を相手に合わせる事ができたならば、「相手はこの人なら、自分にペースを合わせてくれるかも!」と高感度が高くなり、めでたくデートにこぎつけるでしょう。

ですが、ここで気を抜いてはいけません。

デートをしてから新たにスタートするメールは今まで以上に気を配る必要があります。

例えば、デート後は婚活相手に対して安心してしまったり、より愛情を抱いてしまったりする傾向にありますね。

それによって、メールが疎かになる人もいれば、メールをしつこく送り続けるという人もいます。

こうして、極端にメールの頻度を変える事は相手に不信感を与え、次のデートに進めないどころか、関係も悪くなってしまいます。

ですから、今まで通り、メール回数の頻度を維持しながら、内容を深みのあるものにしましょう。

例文①女性編
  • 「先日のデートはとても楽しかったです。ご馳走していただき、本当に恐縮です」
  • 「メールですが、以前と同じように○○さんが負担にならない時間帯に送らせていただいても良いでしょうか?」
例文②男性編
  • 「先日はお会いできて嬉しかったです。色々と楽しい話を聞かせていただきました。」
  • 「メールの件についてですが、失礼でなければ今まで通りの頻度でやり取りできればありがたいです!また、もう少し○○さんの事を知りたいので、少しだけメールを増やしても大丈夫でしょうか?」

など、メールの頻度よりも中身を充実させてください。

もっとメールの頻度を増やしたいのであれば、「増やすのは迷惑でないか」を確認しておくと良いでしょう。

婚活時のメールの頻度について注意するべき事!

婚活時はメールが2人を繋げる重要なツールになりますね。

だからこそ、頻度についてはマナーが大切なのです。

婚活中、必要以上に一方的なメールを送り続ければ、相手は「ストーカー化したのではないか!?」と怖くなってしまうでしょう。

また、あまりにもメールの頻度が少なければ「相手は自分に興味すらないのではないか」と思い、違う人に乗り移る可能性も否めないのです。

メールの受け手側、送り手側どちらの立場でも婚活中のメール頻度は相手の生活に支障を与えないように、不快にさせないように心がけましょう。

たかがメールだからと気楽な気持ちで頻繁にやり取りするメールは、知らないうちに相手に対して不快感を与えてしまっているかもしれません。

まとめ

通常の恋愛ならば、頻度の事などあまり考えずにできるメール。

婚活となると、ちょっぴり違う事を理解できたでしょうか。

デートに発展する前のメールでは、1日2〜3通のメールのやり取りを心がけるのがベストです。

また、めでたくデートに発展してからは、メールの頻度はそのまま維持しながら、内容をより充実させたものにしていくのが理想的ですね。

> 婚活サイト&アプリのおすすめはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!