婚期を逃す女性の特徴20選!婚期を逃した末路や逃さないための対処法

周りの結婚ラッシュもとっくに終了して、気づけば自分だけが独身という女性もいるのではないでしょうか。

このように婚期を逃す女性は最近多くなっています。

では、なぜこのように幸せの象徴でもある結婚を適切な時期にできないのでしょうか。

この記事では、婚期を逃す女性の特徴から婚期を逃したときに訪れる末路をまとめています。

「もう、適齢期を過ぎてしまったのに結婚できない、でも諦めたくない!」と悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

▼ 結婚適齢期についてはこちら
結婚適齢期っていつ?結婚適齢期が婚活をスタートするきっかけに!

 この記事でわかること

婚期を逃す女性の特徴20選

婚期を逃す女性の特徴には次のようなことがあげられます。

もし、自分に思いあたる点があれば改善する事で、再び結婚に希望が持てるでしょう。

結婚への理想が高すぎる

結婚する相手への理想が高くはないでしょうか。

例えば、「年収は700万円以上」「身長は180㎝欲しい」「学歴は早稲田か慶応がいいな…」こうした理想の高い女性は自分の中でかなりハードルを上げているため、なかなか適した男性に会うことができません。

まず、こうしたハイスペックな男性を他の女性が放っておく事はないでしょう。

ですから、すでにこのような男性は結婚してしまっている可能性が高いのです。

理想を高く掲げるのは良いですが、こうした三拍子揃った男性と出会う確率は宝くじのようなものだと考えましょう。

結婚相談所で理想の相手を求めて希望条件を設定する際の注意点!

親の理想をおしつけられる

結婚相手どころか、交際相手までを自分の親に決められてしまう人もいます。

特に、後継者の欲しい家柄や婿養子を望んでいる家では、親が結婚相手を決めて、話を進めてしまうことも珍しくはないでしょう。

自分の好きになった男性を親に紹介しても頭から反対されるなどして、なかなか結婚話が進まないケースもあります。

家柄や家庭環境などの育ちが違うカップルの結婚は難しい!?

美人でモテすぎ

若い頃から美人でモテすぎた女性は、昔の栄光にしがみついている場合がほとんどです。

黙っていても、男性が寄ってくるわけですから、自分から告白したり、振られたりという経験が少なかったのでしょう。

ですから、いつも受け身で、良い人が現れてもなかなかアプローチできずに、時だけが経過してしまいます。

ですが、美人でモテていた女性も、年数が経つに連れて若い女性のピチピチした肌やスタイルに負けてしまいます。

男性はどんなことがあろうと、若い子の方にいってしまうでしょう。

「気づけば30歳前後くらいから、どの男性からも相手にされなくなった…」という美人は多いです。

イケメンなのに独身、美人なのに結婚していない理由はなぜ?

経済的にも精神的にも自立しすぎている

日本では女性の社会進出が盛んになり、男性顔負けのキャリアを持つ女性が増えました。

上場企業で管理職まで勤め上げる男性顔負けの女性もいます。

中には、年収も男性以上にもらっていると言う女性も存在するでしょう。そういう女性であれば、必然的に男性から養ってもらう必要がなくなります。

自分で自由に使えるお金もありますから、結婚する意味さえわからなくなるでしょう。

こうした経済的な自立は婚期を遅くしてしまう要因となるでしょう。

婚活を頑張り過ぎる

結婚したい女性にとって、婚活はとても重要な手段です。

最近は、結婚相談所や婚活パーティー、婚活サイトなどたくさんの種類の婚活法が存在します。

これらにチャレンジすること自体は問題ありませんが、自分がどのような結婚を理想としていて、どこまで妥協できるかを考えないまま闇雲に婚活してしまうと失敗ばかりしてしまうことになります。

「張り切りすぎて相手の男性に引かれてしまう…」というパターンもあるでしょう。

婚活地獄とは?アラサーアラフォーの 男女は要注意【2chやブログで話題】婚活地獄とは?アラサーアラフォーの男女は要注意【2chやブログで話題】

他人と自分を比べてしまう

他人の結婚相手がパーフェクトな男性だと、「負けたくない!」という心理が湧いてきます。

ですが、人は人、自分は自分というスタンスでいなければ、いつまでも結婚できないと思って良いでしょう。

若い頃ならば、「誰にも負けたくない」という気持ちがあっても良いですが、年齢的なことを考えたときにいつまでもそのような調子では、婚期を逃しまいます。

出会い方にこだわりをもっている

婚期が遠のいてしまう女性の中には、出会い方にこだわりをもっている女性も多いです。

例えば、「今の時代お見合いなんて古臭い!」「やっぱり恋愛結婚したい」「運命の出会いをして結婚したいわ」なん考えをいつまでも変えないのです。

せっかくの婚活ブームで普及している有能アドバイザーのいる結婚相談所やたくさんの男性に出会える婚活パーティー、忙しくても隙間時間にできてしまう婚活サイトなどがあると言うのに…

非常にもったいない行動です。

愛人体質

いつも人のものを奪う事に優越感を抱く女性もいる事でしょう。

まさに、ドロドロとした愛人体質の女性はドラマや映画などの影響のためか、今の時代、増えました。

愛人でいるという事は、略奪愛を起こしたり、愛人関係をきっぱりやめたりでもしない限り、結婚と言う幸せには到底たどりつけないでしょう。

時間だけが経過し、気づけば愛人関係にあった男性は奥さんの元にもどり、自分はひとりぼっちです。

恋愛には刺激を求めてしまう

「恋愛はある程度のスパイスが効いていた方が楽しい!」「真面目な相手だと刺激が少なくていや!」という女性もいます。

こうした女性が求めてしまう男性は女性やお金にだらしないようなダメ男でしょう。

このような男性が、結婚話を切り出してくれるわけがありません。

自分磨きの方向性が間違っている

ハイスペックな男性と結婚したいばかりに、自分磨きに精を出している女性も多いでしょう。

その磨く手段として高級エステに通ったり、プチ整形までしたりする限度を超えるような女子もいるのです。

気づけば高額なローンを抱えてしまい、結婚どころではなくなってしまったという結果にもなり兼ねないでしょう。

整形してでも結婚したい!婚活を成功させるために整形するのはアリ?

恋愛に時間を割く事をもったいないと感じてしまう

恋愛よりも仕事が大切と考えている女性は、「デートをする時間や男性とメールや電話をする時間が無駄でもったいない…」と感じています。

「仕事が楽しい」と感じるキャリア世代の女性は、こうした発想をする人も多いでしょう。

ですが、女性の幸せである妊娠や出産の事を考えれば仕事一筋という考えは改めた方が良いですね。

忙しくて婚活できない!婚活する時間がない人のための4つの方法とは

友人に負けたくない願望が強い

昔から負けたくない願望の強い女性は、結婚についても、友人をライバル視してしまう傾向があるようです。

「学生時代から彼女だけには負けたくないのよね」「いつもあの子にだけは勝ってきたから、結婚でもあの子よりもお金持ちでステキな男性を選びたい!」という思いが強いでしょう。

こうした思いを適齢期まで引きずると、婚期を当然逃してしまいます。

女性の方が高学歴・高収入の職業

女性の中でも一生独り身でも困らないという職業があります。

それは、女医や教師などがあげられるでしょう。

こうした職種に就いている女性は若いうちから、自分だけで生きて行けるという自信がついてしまうのです。

ですから、結婚に執着はしません。

また、女性の高学歴や高収入職業は男性が避けてしまう原因にもなります。

「こうした女性と結婚してしまうと、育児や家事をしないで仕事ばかりに生活の比重を置いてしまうのではないか?」

「尻に敷かれなきゃいけないのではないか?」などと男性側から先入観を持たれてしまうのです。

なぜ高学歴なのに結婚できないの?その原因と対策を男女別に解説!

キャリアウーマン過ぎて恋愛に関心がない

女性が仕事で成績を収めたり、実績を残したりすると、キャリアウーマンの道を全うしたくなるでしょう。

そのため、仕事の妨げになる男女交際や婚活をする時間が鬱陶しくなる事もあります。

仕事に没頭したり、仕事上で周りから信頼されたりする女性ほど、恋愛や結婚が邪魔になってしまうのでしょう。

また、結婚してしまえば、妊娠出産という過程をたどる事になり、産休をとらなければならなくなります。

この休暇中に仕事のブランクが出てしまうのも避けたいという気持ちがあるのです。

バリキャリ女子は男性に避けられる?キャリアウーマンのベストな婚活方法

婚期を気にしすぎて焦っている

婚期を気にするあまり、焦りすぎて誰とお付き合いしても「すぐにでも結婚したいモード」が出てしまっているケースです。

男性は、あまりにもガンガン結婚したいをアピールされると、重い女性と認定してしまうでしょう。

他にも「婚期が遅れると世間体が悪いのでは?」と思われたりしないか心配になる女性もいますね。

こうした焦りが結婚を意識させすぎて闇雲に婚活暴走をして失敗に終わるケースも多いです。

焦って結婚すると後悔する!焦って結婚して後悔する女性のタイプとは?

趣味が優先

大好きな趣味に没頭するあまり、いつの日か結婚願望がなくなり趣味優先の日々を送っている女性もいるでしょう。

「恋愛にお金や時間をかけるなら、趣味につぎ込みたいわ!」という考えをもっているのです。

コストが大幅にかからないような趣味ならば、恋愛や結婚に影響が出る事は少ないのです。

ですが、年間何十万ものコストをかけるような趣味を持っている女性は趣味を諦めなければ結婚できないでしょう。

女性のモテる趣味ランキングとモテない趣味ランキング!

上から目線な性格

男性を小馬鹿にした態度や、男性よりも自分の方が学歴やキャリアがあるという過信な態度。

このような上から目線の性格では、男性からも避けられてしまうでしょう。

男性は自分よりも謙虚で出しゃばらない女性を好みます。

俗に言う、男性の一歩後ろを歩くような控えめさを持ち合わせいるような女性ですね。

このような理想に反するような性格では、男性から結婚の対象と見られる事はないでしょう。

いつまでも自分の事を過信している

どこからくる自信なのかわかりませんが、「まだまだ結婚なんてしなくて大丈夫」「そのうち良い男性が現れるはず!」そんな思いを抱いている過信女性もいます。

何事に対しても楽観的な考え方をする女性もこのタイプに値するでしょう。

結婚適齢期を過ぎてこうした余裕を持っているのは、かなりおめでたい女性です。

いい加減に、自分の置かれている立場を危機感をもって受け止めるべきですね。

過去の恋愛の嫌なトラウマが消えない

過去に悪い男としか付き合わなかった。

ヒモ男や二股男などにひっかかって不幸体質になっている女性も少なくありません。

この不幸な恋愛がトラウマとなって「結婚したら詐欺にあったり、浮気されたりするかもしれない…」なんて不安を煽る事になるでしょう。

また、両親の仲が悪かったり、周りに離婚者が多かったりしても、結婚に対する希望が持てずになかなか結婚したいという気持ちになれませんね。

何事においても妥協しない

いつも意地ばかり張って妥協を許さないタイプは、パートナーのクオリティにも、とことんこだわりを持ち続けるでしょう。

パーフェクトな男性を見つけることの方が難しい世の中です。

しかも、自分の年齢を考えればハイスペックな男性ばかりを追いかけている暇はないでしょう。

もし、どうしても妥協を許さないことを貫きたいのであれば、女性側も内面外面ともにパーフェクトな女性でいなければならないのです。

結婚相手に求める条件と妥協した条件のランキングを発表!2019年版

婚期を逃した女性が後悔する瞬間

では、婚期を逃した女性が後悔してしまう瞬間はあるのでしょうか。

「後悔先に立たず」という言葉があるように、婚期を逃してからでは遅い場合もありますね。

風邪などで体調を崩したとき

風邪やインフルエンザなどにかかり、体調を崩してしまったときに、一人で寝ていなくてはならないでしょう。

誰も看病してくれたり、病院に付き添ってくれたりする人もいないのです。

「大丈夫?熱早く下がるといいね」などの優しい気遣いの言葉もないでしょう。

自分が弱っているときこそ、パートナーの存在を強く感じるものです。

また、不慮の事故などで入院などをする事になった時も、一人で身支度をしたり、入院の手続きをしたりする事になります。

男性から話しかけられたり誘われたりしなくなったとき

「昔は何処に行っても男性からチヤホヤされていた時代があったのに…」「今では職場でもお局扱い」「チヤホヤされるのは若い女子社員ばかり」というシーンが、婚期を逃した女性には必ず訪れます。

また、何かとオバさん扱いするような発言をされたり、飲み会などにも誘われなくなったりするでしょう。

つまり結婚適齢期を過ぎた女性は、恋愛や結婚の対象から外されてしまう事なのです。

元彼が他の女性と結婚したと風の噂で聞いたとき

こちらから振って別れた元彼が、別の女性と結婚し、しかも子供までいると知った時。

「あー、あの時、彼と別れるんじゃなかった…」「彼と結婚していたら、今頃、子供からママと呼ばれて幸せな暮らしができていたかも」と思うかもしれません。

まさに、「逃した魚は大きかった」と思う瞬間でしょう。

友人が誰も遊んでくれなくなったとき

若い頃はたくさん旅行や女子会で盛り上がっていた女友達。

結婚したり、子供が生まれたりで、何かと忙しくなりますね。

そんな状況を考えると、無理に誘う事もできず、あげく、疎遠になってしまうケースもあるでしょう。

知り合いから送られてくる幸せそうな年賀状に嫉妬するとき

自分があまり幸せに感じていない時の他人の幸せは素直に喜べないものです。

特に知り合いから送られてくる幸せそうな結婚式や子供の写真入り年賀状などは、婚期を逃した女性からすれば、素直に受け入れられない事が多いですね。

同窓会などで肩身の狭い思い

同窓会に参加すると、既婚者の数が圧倒的で話も子供の話ばかり…

自分の入る余地がないケースも出てくるでしょう。

まるで同窓会が生き地獄のように感じることすらあるのです。

親戚などの寄り合いでも肩身が狭い

婚期を逃した女性にデリカシーなく色々と言ってくるのは、親戚や近所の人達でしょう。

特に、結婚が早かった世代の叔母さんや叔父さんは「そろそろ結婚しないの?」「子供もそろそろ産まないと…」なんて平気で言ってくるのです。

お盆や正月などの寄り合いのたびにこうしたプレッシャーをかけられるのです。

シングルハラスメントとは?「まだ結婚しないの?」に対する答え方や対処法

男性が婚期を逃した女性に抱く思いとは…

男性は婚期を逃した女性をどのように思っているのでしょうか。

婚期を逃してしまった女性は、いくら美人だったり、仕事ができたりしても次のように思われている事が多いです。

プライドが高そう

30歳前後まで結婚をしていないと、「バリバリのキャリアウーマンだったんだろうな…」「なんかプライドが高そうで、付き合っても見下されそう…だから近寄らないでおこう」なんて思われる事もあるでしょう。

実際に、30歳くらいまで仕事を頑張ってきた女性はあらゆる面に自信を持っている事が多く、何かとプライドが高いと言えますね。

ヤケになって婚活してそう

婚期を逃してしまうと、慌てて様々な婚活に挑む女性もいます。

「どんな男性でも構わないからとにかく誰かと結婚しなきゃ!」「こうなったら、ハゲでもデブでも構わないわ!」なんてヤケになって婚活してそうで見ていられない…なんて男性側の意見もあるのです。

誰でもいいから結婚したいという気持ちは危険がいっぱい!

哀れ過ぎる

婚期を逃す女性は、気を紛らわすためにやけ酒を飲んだり、タバコを吸ったりして自分を慰めることもあるでしょう。

また、周りからは「行き遅れ」だとか、「売れ残り」だとか言われて傷つくこともあるのです。

周りから哀れだと思われたくなくて、引きこもり状態になる女性も少なくないでしょう。

そんな女性を見るとやっぱり、男性は哀れな女性と思って同情してしまいます。

脱・婚活売れ残り!売れ残らないために大切なこと

開き直りが気の毒…

結婚適齢期を超えてしまうと開き直る女性も出てくるでしょう。

「このままお一人様も悪くないわよね」「独り身の方が気楽だわ」などと結婚を諦める発言をしてしまうのです。

こうした開き直りともとれる発言に「気の毒な女性だ…」と思う男性も多い事でしょう。

生涯独身を覚悟!一生独身を貫く「結婚しない生き方」とは!?

まるで獲物を狙うような目が怖い

婚期を逃した女性は職場や飲み会などに参加すると、まるで獲物を狙っているような目をして男性に対応している事が多いです。

「この人は独身かな?」「この人は私みたいな年上女性は好みかしら?」など、下心をのぞかせるような目で見ているのです。

婚期を逃しても、やはり結婚はしたいという気持ちは残っているため、「チャンスがあれば誰か結婚してくれないか…」と、まるで獲物を狙うような目になっているのでしょう。

あまり関わりたくないな…

婚期を逃した女性は、自分がなかなか幸せになれなかったり、周りから突き放されたネガティブな気持ちになったりするために、ピリピリムード。

そんな女性に近づけば火の粉が降りかかるような気がしてなかなか近づけない…という男性も多いでしょう。

婚期を逃す女性にならないためにするべき事とは

婚期を逃す女性にならないためには次のような事に気をつけて行動すべきです。

若い頃は許されていたことも、結婚適齢期になると通用しないケースがほとんどですよ。

結婚はある程度妥協を意識

婚期を逃しやすい女性に一番多いパターンが、結婚相手に対して少しも妥協しないことでしょう。

いつまでも高年収や高学歴などにばかりこだわっていると、いつまでたっても良い相手は現れないでしょう。

例えば年収700万円でなければいけなかったところを、年収600万円くらいまでに下げるなど、少しだけハードルを低くするだけでも相手候補が増えて結婚しやすくなりますよ。

婚活で高望み女性!勘違いして結婚が遠のく前に相手の条件を見直そう

常識的に自分を磨く

正直言って婚活は内面だけでなく外面も重視しなければならないでしょう。

婚活には第一印象はとても大事なものだからです。

ですが、高額なエステや整形にお金をかけるような的外れな自分磨きてはなく、身だしなみをしっかり整えたり、最低限の肌ケアをしたりする事で十分です。

特に、パートナーとなる男性の外見に高い理想を持っている女性は、まずは自分の外見をしっかりと整えなければならないでしょう。

自分と他人を比較したり、競争心をもったりしない

女性は嫉妬深い生き物です。

特に「友人に負けたくない」という感情が強いでしょう。

そうした競争心は結婚適齢期前までならば、婚活のスパイスになって婚活をスムーズにしてくれる事はあるでしょう。

ですが、結婚適齢期を過ぎた女性がいつまでも他人に負けたくない、競争心を向上させてしまうといつまでも結婚できず、一生独身の道を歩まざるおえなくなります。

結婚しなきゃ!の焦りを捨てる

婚活に焦りは禁物です。

周りからの圧力などで焦る気持ちは十分に理解できますが、焦れば焦るほど男性を見る目が麻痺してしまいます。

その証拠に、婚活に潜みがちなヤリモクや悪徳商法などの結婚目的でない男性にひっかかりやすくなるでしょう。

婚活に焦りを感じたら?気持ちをリセットして違う婚活スタイルも検討!

色々な婚活法に目を向けてみる

婚活に対しても「婚活パーティーだけにたくさん参加しているけれども、なかなか良い人に巡り会えていない」という未婚女性は少なくありません。

ですが、いまや婚活ブームに伴い、様々な婚活方があります。

一度の参加で、たくさんの異性と知り合える婚活パーティーをはじめ、忙しいキャリアウーマンでも気軽にできる婚活サイトがあります。

また、結婚適齢期を逃してしまった女性に対して、的確なアドバイスをしながら、婚期を取り戻すお手伝いをしてくれる結婚相談所もあるでしょう。

そうした婚活方法をうまく利用しながら、婚期を復活させることも可能なのです。

1つの婚活方法にばかりこだわりを持つのではなく、他の婚活方法にも幅広く目を向けると、本当に自分に合った婚活方法が発見できて、良き結婚相手に巡り会える事でしょう。

自分に合った婚活方法は?それぞれのやり方や特徴、おすすめの理由とは

婚期を逃した女性の末路

婚期を逃した女性の末路とはどのような事が待ち構えているのでしょうか。

もし、次にあげられる事に耐えられる力があるのであれば、未婚を貫くのも良いでしょう。

ですが、少しでも耐え難い内容であれば、すぐにでも婚活をして独り身を避けるべきです。

婚活が失敗に終わった後に訪れる末路とは?失敗しない対策法を教えます!

老後の心配

高齢化社会になりつつある日本。パートナーと第2の人生を歩む時間は長いはずです。

そんなときに、独り身では、精神的にも肉体的にも寂しくないでしょうか。

若いうちは、体力があり、精神力も強かったはずですね。

ですが、病気になったり、足腰が弱ってきたりと老いを感じるごとに、パートナーという支えが欲しいと感じるようになるでしょう。

子のいない人生

子のいない人生を送るのもありかもしれません。

ですがこどもを産み育てる事で、人間として成長する事ができるでしょう。

また、老いていくうちに、「子供がいればな…」とか、「こんなに働いて貯めた貯蓄や財産も、子供がいれば相続させられるのに…」という後悔の念も抱きやすくなります。

未婚で独身だけど子供が欲しい!アラフォー女性が増えている理由とは?

孤独死の問題

最近、社会問題にもなっている孤独死の問題。

誰にも看取られないまま亡くなっている人もいるのです。

人生の最期は家族に見守られながら天国に行きたいと願う人がほとんどではないでしょうか。

知らない誰かに発見してもらう最期を想像するとわびしくなりますね。

金銭面の問題

仕事が順調なうちは良いのですが、病気や怪我で働けなくなったり、会社の景気が悪くなって倒産やリストラなどにあってしまったりした場合、パートナーがいれば経済的な支えになった事でしょう。

また、1人よりも2人で仕事を担っていた方が経済的負担も少ないですし、どちらかの仕事が駄目になった時のリスク分散にもなりますね。

まとめ

女性の社会進出や男性の雇用不安などあらゆる条件が重なる事で、女性が婚期を逃しているケースは多いでしょう。

また、結婚という重要な事を安易に考えすぎている女性も婚期を逃しやすいのです。

婚期を逃した原因をしっかり理解して、前向きに婚活をスタートさせれば結婚する事ができるはずですよ。

「結婚適齢期を過ぎてしまったからもう駄目だ」とか、「お一人様も悪くないかも…」なんて諦めや開き直りもよくありませんね。

\結婚相談所の人気ランキング/

ランキングを見る

※気になる結婚相談所を比較してみましょう

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!

コメントを残す