恋人を親に紹介するタイミングはいつ?準備すべき事と注意点!

恋人を親に紹介するという事は非常に緊張するものですよね。

「自分の親は彼(彼女)を気に入ってくれるだろうか…」

「彼(彼女)は親とうまくやっていけるだろうか…」

など様々な不安が脳裏をよぎるものですね。

こちらの記事では、恋人を親に紹介するメリットやデメリットをご紹介し、いざ会う事になったときのための注意点や心得をご紹介します。

人の印象は、ほとんどが第一印象で決まってしまうため、突然、親に会う事になったとしても慌てないために、早めの対策を心得ておきましょう。

婚活から結婚までの交際期間とその間の心得!

恋人を親に紹介するメリット・デメリット

恋人を親に紹介するには、メリットやデメリットが存在します。

どちらもしっかり把握しておかないと、親から誤解を受けてしまうケースもあるので注意したいものです。

メリット

親に恋人を紹介するのは、とても緊張しますね。

ですが、初対面だけをしっかりクリアできれば、あとは気楽に次も相手の親に会えるでしょう。

では、メリットとはどのようなものかを見ていきますね。

  • 恋人の事をよく知ってもらえる
  • 親を安心させてあげられる
  • 結婚につながりやすい
  • 同棲もしやすい
  • お泊りも了解を得やすい
  • 恋人にも自分の生まれ育った環境を見てもらえる

デメリット

勇気を出して恋人を親に合わせたにもかかわらず、残念ながらデメリットも存在します。

親が恋人にあまり良い印象を持たなかった時に生じるものです。

  • 恋人への印象が良くなくて親を不安にさせてしまう(逆パターンもあります)
  • 恋人への不満をぶつけてきそう
  • 別れた時に気まずい思いをする
  • 猛烈に反対されることもある

恋人を親に紹介するタイミング

では、恋人を親に紹介するタイミングはどのような時なのでしょうか。

プロポーズをされてから

恋人からプロポーズをされたら、いよいよ結婚に向けてのスタートです。

プロポーズされたら、家族に紹介を急ぎましょう。

親に紹介して認められれば、結婚式に向けてトントン拍子に進めるでしょう。

同棲を認めてもらう時

結婚前に、お互いの価値観や生活環境の違いを見定めるために、同棲を望むカップルも多いですね。

同棲は結婚とは違いますが、男女がひとつ屋根の下に暮らすと言う意味では同じです。

こうしたことの理解は真っ先に親に相談し、認めてもらってからになりますね。

そのために親への紹介が必要になります。

お泊りを許してもらう時

お付き合いが順調だと、お泊りデートを企画する事もあるでしょう。

ですが、結婚前のお泊りデートはなかなか親に正直な事を言えずに、ついつい「女友達と旅行にいくね」などと嘘をついてしまいがちですね。

そんな気まずい思いをしないためにも、恋人との外泊が堂々とできるように、親へ紹介しながら、外泊の許可をえるという流れです。

恋人から親に紹介して!と言われた時

お付き合いしている恋人から「そろそろ親に紹介してほしい」と言われたら、恋人への信用をえるためにも、親に紹介する事になるでしょう。

そうすることで、恋人に対しても親に対しても、この恋愛は本気です!とアピールできますね。

恋人を親に紹介するときの注意点(服装やマナー)

いよいよ恋人を親に紹介する段階になったならば、次は初対面の印象をどのように良くするか…という事を考えていきましょう。

会うのは自分よりも年配の立派な大人です。

だからといって、就職時の面接のような形式的なものではないので、ちょっぴり難しいですね。

以下のような点に気をつけながら初対面に向けて準備すれば大丈夫ですよ。

言葉遣い編

意外と使いにくいのが敬語です。

初対面ですし、年配である事を考えれば、「〜です」「〜ですか?」などの敬語で喋るのが常識です。

だからといって、「〜されていますか?」「いらっしゃいます」などの堅苦しい敬語では、恋人と親の間に壁を作ってしまいやすいため、軽い敬語を意識しましょう。

一方で、仲良くなろうとしてすぐにタメ口で馴れ馴れしく話すのは控えてくださいね。

マナー編

箸の使い方や、立ち居振る舞いから育ちの違いや、生活環境などが見えてくるものです。

いつもは、大雑把な振る舞いをしてしまう人は、少し慎重に行動をしてみましょう。

正しい箸の使い方などを再度チェックしてみてくださいね。

会話編

年配の人との会話はとても緊張するものです。

特に恋人の親とあってはなおさらですよね。

こちらから話題を出すのではなく、あちらの話に返答するようにしましょう。

つまり、聞き上手になることが相手からの印象は良いです。

また、会話がなかなか続かないときは、恋人に助けてもらうなど、あらかじめ恋人と作戦を練ってください。

「沈黙を作ってはいけない」という焦る思いから、こちらからベラベラ喋るような事をしないでくださいね。

服装編

初対面で好印象を与えるためには、なるべく派手な格好や、今時風のファッションはやめましょう。

また、シワのついたシャツや、ハンカチは前日にきちんとアイロンをきちんとかけておいてください。

何度かお会いするにつれて、自分の普段着を見てもらうのは一向に構わないと思いますが、まずは年配者が違和感なく思える服装が一番です。

女性編

ワンピースやスーツが無難でしょう。

ジーパンやミニスカートなどのカジュアルすぎるものや、目のやり場に困るようなミニスカートは控えてください。

派手なピアスなどのアクセサリーはつけないほうが無難です。

男性編

ジャケットやスーツが理想的です。

カラーリングで髪を明るくしている場合は、黒めに染めてください。

また、寝癖などはきちんと直してから望んでください。また、男性にありがちなのが、靴が汚れているなどのメンテナンス不足です。

手土産を持参

立派な大人ですから、手土産を持参することは常識でしょう。

あらかじめ、ご両親好みのお菓子をリサーチするなどして、3,000円相当の菓子折りを用意しておきたいものです。

また、手土産を渡すときは、「○○店のお菓子がお好きだと伺いましたので…」と一言付け加えてくださいね。

まとめ

恋人を親に紹介するタイミングはもうマスターできたでしょうか。

緊張する一日になるかもしれませんが、この記事で述べたように「恋人を親に紹介するときの注意点(服装やマナー)」を参考にすれば、間違いなく親からの印象は良いはずです。

恋人との関係を良好に保つには、親との関係も大切になります。

恋人を親に紹介するベストなタイミングや注意点をしっかり踏まえて結婚への登竜門をうまくクリアしてくださいね。

結婚のタイミングはいつぐらいがベスト!?男女別の視点で検証!

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!