婚活で既婚者を見抜く方法まとめ!疑うべきポイントにはこんな特徴が!

婚活で「理想的な相手に巡り会えた!」と思っていたのもつかの間で、「実は既婚者だった‥」なんてことは珍しくありません。

遊び目的の既婚者が独身のフリをして紛れ込むのは、よくあることなのです。

この人こそ運命の人と信じていた相手に裏切られれば、その先の婚活でも自信をなくしたり、結婚に対して不安を覚えることになるでしょう。

そのような事態を防ぐためには、既婚者を回避することこそ最も合理的です。

ここでは既婚者を見抜く方法やターゲットにされやすい人、また既婚者を100%回避する出会いの方法を紹介していきます。

▼ 人気の婚活サイト&アプリのランキングはこちら
婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

婚活なのに既婚者が利用しているのは何で?

「婚活=生涯の伴侶を見つける活動」であり、不貞行為や不正なことを行うのにわざわざ婚活を選ぶ必要はないのでは?と矛盾を感じますよね。

しかし既婚者が婚活を利用するには、このような理由があるのです。

不貞行為が目的の場合

いわゆる体の関係が目的の場合を紹介します。

▼ 体の関係目的の男性は「ヤリモク」
婚活に潜むヤリモクはこんな特徴がある!うまく見抜いてヤリモクにひっかからない婚活を

身バレする確率が低い

職場や友人などの身近な相手不倫関係になることは、知人を通じてバレる可能性が多いにあります。

しかしマッチングアプリなどのネットを使った婚活では、赤の他人との出会いになるので、既婚者側の知り合いと繋がることはほとんどありません。

本名や住まいなども明かさなければ知られることもないため、内密にできることも既婚者が婚活に紛れ込んでいる理由にあげられます。

ネット婚活でも安全なところを使えば問題ない
ネット婚活で既婚者を完全に排除するのは難しいこと。

それは独身証明書の提出が必須ではないことからきています。

しかしいわゆる「出会い系(体の関係目的)」でない限り、24時間365日体制の監視やセキュリティ体制を整えているネット婚活が大半なので、ネット婚活は危険と決めつける必要はないでしょう。

異性に慣れていない人が多い

これまで異性とお付き合いしたことがない、少ないことから婚活を利用している人は意外と多くいます。

そのような異性に慣れていない人は、伴侶のいる既婚者には相手にしやすい絶好のカモ。

なぜなら伴侶のいる既婚者は、異性の扱いに長けているからです。

結婚に焦っている人が多い

婚活を利用している人で最も多いのが、結婚に焦っている人です。

「友人や知人が続々と結婚したので自分も続きたい」「年齢的にも出会いの機会が減ってきた」などの早く結婚したいという焦りから、冷静な判断ができずに付け込まれてしまいます。

とにかく早く結婚したいです!とアピールすればするほど、この人となら手っ取り早くカップル成立できると思われてしまうでしょう。

▼ 婚活の焦りを解消するにはこちらの記事をどうぞ
婚活に焦りを感じたら?気持ちをリセットして違う婚活スタイルも検討!

結婚詐欺や悪徳商法などの勧誘が目的の場合

相手の純粋な気持ちを利用して、騙す行為を目的にしているケースもあります。

結婚詐欺

その名の通り、結婚するつもりは全くないのに、結婚をちらつかせて相手から金銭や財産を騙し取る詐欺です。

既婚者で結婚詐欺となると、配偶者も一緒になって騙しにかかってくることが多く、巧みに仕組まれた計画なので見抜くのは至難の業。

また結婚願望が強いほど狙われやすく騙されやすい傾向にあります。

マルチなどの悪徳商法

マルチやMLMの悪徳商法とは、既存会員が新規会員を誘い、その新規会員がまた別の会員を勧誘する連鎖により拡大する販売形態のことです。

結婚に焦っていることに付け込み、とにかく早く会う約束を取り付けて、実際に会うと「いいビジネスの話しがある」と持ちかけてきます。

この場合は「仕事」として割り切って出会いを仕組んでくるので、配偶者であることを堂々と明かしてくるケースもあります。

▼ 悪徳商法と婚活に関する詳しい内容はこちら
婚活はマルチ商法の勧誘に注意!マルチにひっかからない方法とは!

家庭不和や話し相手欲しさ

女性の既婚者特に専業主婦に多いのが「家庭不和」や「話し相手欲しさ」に婚活を利用するというものです。

夫との関係が冷めていたり、子育てが一段落して生きがいを見いだせなかったりしている女性が、トキメキや第二の人生を求めて使っています。

割り切った関係や、離婚する決心がついているため、最初から自分は既婚者であることを告白してくるケースも多いと言われています。

婚活で既婚者を見抜く方法は?

婚活をしている人の大半は、真面目な交際や結婚を目的とした利用者です。

そのため既婚者が独身と偽って隠れていても、どこかでボロがでるもの。

ここから紹介する内容に思いあたる節があれば、既婚者である可能性のある人物として警戒しましょう。

初対面の場合

指輪の確認をしよう

結婚指輪をつけたまま婚活している人はいないだろうと思われがちですが、女性の既婚者でシンプルなデザインであれば、アクセサリーといえば見えないこともありません。

「その指輪、高そうだね」「左の薬指につけているのは何で?」と突っ込んでみましょう。

また男性の場合はさすがに外してきますが、薬指に不自然なクビレや日焼け跡が残っているケースも多いもの。

しっかりチェックしてみてくださいね。

身だしなみが整っている

男性の既婚者の場合使える方法です。

ポイントはおしゃれであることではなく、身だしなみが整っているかという点。

ここで言う身だしなみは、このようなことを指します。

  • シャツやスーツが清潔、アイロンがかかっている
  • ハンカチなどの小物を常備している、また清潔である
  • 季節に応じた服装をしている
  • 香水などの華やかな匂いではなく、洗濯した清潔感のある匂いがする

独身の男性で身だしなみを細やかに気をつけているケースは、少ないものです。

特に清潔なハンカチを常備していたり、季節に応じた服装をしている点は、奥さんがきちんと管理している可能性が高いでしょう。

またふとした瞬間に感じた匂いが、石鹸や柔軟剤のような優しい匂いなのも、怪しいポイントですね。

デートなどの交流が始まったら

SNSをチェック!

相手の本名を聞いたら、FacebookなどのSNSで検索してみましょう。

さすがに本名で登録しているSNSに配偶者や子どもとの写真をアップしていることはないでしょうが、鍵付きで登録している場合があります。

見つけたら「友だちの申請したので承認してくれない?」とお願いしてください。

本当にやましいことがなければ、すぐに承認してくれるはずです。

メールアドレスは意外な落とし穴

スマホが普及したことで連絡手段もLINEが主流となっていますが、あえてメールアドレスを聞いてみましょう。

そしてアドレスをよくチェックしてください。

もし本人と関係のない名前やイニシャル、生年月日が入っていれば、配偶者や子どものものを使っている可能性がありますよ。

住まいのエリアや住居タイプを聞いてみよう

一人暮らしをしている相手なら、住んでいる地域や住居タイプから判断することもできます。

子育て世代に人気のエリアに3LDKなど、一人で住むには広い住居だった場合は疑うべきです。

また賃貸か持ち家かも聞いてみましょう。

経済的にかなり余裕がない限りは、賃貸に住んでいる独身者が圧倒的です。

交際がスタートしたら

相手の家に行く

既婚者であれば、配偶者や子どもがいる家に来られるのは絶対に避けたいものです。

例え家族が留守だとしても、配偶者や子どもが住んでいる気配を完全に消すのは難しいことも理由の一つになります。

家に行きたいと何度頼んでも、はぐらかしたり、取り合ってくれない相手は限りなく黒に近いと言い切れます。

また「実家」「寮・社宅」「ルームシェア」なので呼べない、と言ってくる場合も怪しいですよ。

真剣交際なら両親に会わせてもらうのもおかしくありませんし、寮やルームシェアでもそこまで頑なに断る理由はないでしょう。

見抜きにくいのが、単身赴任
単身赴任の既婚者だと、非常に厄介です。

家に呼べない理由がないので、行きたいという申し出にもすんなり応じてくれます。

この場合は何度も通って、自分の持ち物を置かせてもらえないか打診してください。

嫌がったり、行くたびに持ち物を隠されていたら怪しいサインですね。

夜間に電話してみる

夜間、確実に家にいる時間帯に電話してください。

ただし何の前触れもなく電話すると、気づかなかった、疲れて寝ていたと誤魔化される可能性があります。

メッセージやLINEなどのやり取りをしている最中に、急にかけてみるのがおすすめです。

言い逃れできませんし、何度か電話して出なかったら「何で電話に出ないのか?」と問い詰めることもできます。

折り返しかけてきた電話が極端に小声だったり、外からかけてきている様子であれば、家に家族がいるのでしょう。

また単身赴任者は問題なく電話に出れるので、土日などの自宅に帰っていそうな日を狙ってかけるのがおすすめです。

スマホを見せてもらう

スマホには既婚である証拠がぎっしり詰まっていることから、既婚者はスマホを見られることを非常に嫌がります。

ロックで見られないように設定しているのはもちろん、LINEや着信の通知も偽装してバレないように図ったりして、常に手に届くところに置いています。

自分には見えないようにスマホをいじっていたり、電話をかける時にあなたから離れる場合は、配偶者に連絡しているのかもしれません。

こっそり見ても有益な情報を得られない可能性が高いため、堂々と「スマホを見せて」と頼んでみるのが効果的です。

「どんなアプリを使ってるの?」「写真を見てみたい」と明るく聞いて、相手の反応が悪かったら「なにかやましいことでもあるの?」と畳み掛けてみましょう。

土日祝や大型連休にデートに誘ってみる

会社勤めの多くは土日祝が休みで、GW・お盆期間・年末年始に長期休暇をとれる会社も大半を占めています。

もし会うのはいつも平日の夜だけと決まっていれば、休みの日は家族と過ごしているからかもしれません。

平日の夜であれば配偶者に対して「会社の付き合い」「飲み会」「残業」と偽って出てこれるからです。

またクリスマスなどのイベント日に会えないのも、同じ理由からでしょう。

この場合も、たまには休みの日中やイベント日にデートしようと持ちかけて、相手の反応をよく確認してくださいね。

自営業やサービス業だと通用しないかも
自営業やサービス業などで働いている相手だと、不定休や平日休みだったりするので、この方法が使えないことも。

しかし定休日は水曜日などとわかっていれば、定休日に誘えばよいでしょう。

うちに泊まりにこないか誘ってみる

外泊は不倫を疑われる行動なので既婚者は必ず自宅に帰ることが多く、ほとんどの場合は終電までに帰るか、逃してもタクシーなどを使って帰宅しています。

遅い時間だし泊まっていけば?と聞いてみても、何かと理由を付けて帰る相手は要注意です。

ただし単身赴任者や出張が頻繁にある既婚者だと、家族には仕事と偽ることができるので、問題なく泊まっていくこともありますよ。

写真を撮ってみる

既婚者は不倫の証拠を徹底的に排除するので、写真、中でもツーショット写真を過度に嫌がります

また最近はSNSが急速に広まったことで、知らないうちに自分の情報が流出する事態も発生しており、写真をOKしたとしてもSNSには絶対にアップしないで!と念押ししてきます。

その他にもツーショット写真をスマホの待受にするのを嫌がったり、撮った写真を送ろうか?と聞いても、いらないと拒否してくる傾向もあります。

いずれにしても、写真絡みはかなりの確率で拒んでくる可能性が高いでしょう。

既婚者からターゲットにされやすいタイプの人って?

不貞行為や詐欺をたくらんでいる既婚者は、リスクを最小限に抑えるために相手をしっかり選んでいます。

これから紹介するタイプにあてはまる人は、ターゲットにされやすい特徴を備えていると言えます。

恋愛経験がほとんどない人

恋愛経験が少ない人は、異性と2人きりで会話や交流する機会が少なく、慣れていないものです。

婚活の場で焦っていたり空回りしている雰囲気を出していれば、異性のあしらい方を熟知している既婚者は狙い目と判断して、近寄ってきます。

またネット婚活でも「恋愛経験がない」「女子校・男子校出身」とプロフィールで記載していれば、ターゲットにされやすいでしょう。

20代前半などの若い世代

20代前半などの若い世代は社会人としての経験が浅いことから、善人悪人を見分けるスキルがそこまで高くないもの。

加えてその若さで婚活をしているとなると、恋愛経験が少ないから活用している人が大半と言えます。

ずる賢い既婚者なら、大人の余裕で積極的にアピールをして、若者を騙しにかかってくるでしょう。

また単純に若いほうがタイプという既婚者、特に男性の既婚者には多くいますよ。

NOと言えない性格

ハッキリと物を言えない性格の人も、既婚者にはつけこまれやすいです。

もし交際が始まり、既婚者側の要求に対してNOを言わないことがわかると、こちらが拒否しないのをいいことに「実は結婚している」と打ち明けて、不倫がバレないように求めてくるかもしれません。

それだけでなく「配偶者とは上手くいっていない、もうすぐ離婚するから待っていて」と都合のよいことを言って、離婚する気はないくせに不倫関係が終わらないよう仕組むことも考えられます。

婚活で既婚者に騙されないために

婚活で既婚者に騙されないためには、予防線を張ることです。

「不倫するような人は論外ですね」「騙されているとわかったら訴えるつもりです」と強い言葉で、相手を牽制してみましょう。

既婚者であれば露呈することを恐れて、向こうからフェードアウトしていきます。

そして自分に限って騙されることはないと慢心せず、警戒心を常にもつことも大切です。

警戒心が強いことは、何気ない行動や雰囲気からでも伝わるものなので、自然にトラブルを回避できますよ。

また、既婚者以外のトラブルからも身を守ることにもつながるでしょう。

▼ 婚活にはこのような危険も潜んでいます
婚活はマルチ商法の勧誘に注意!マルチにひっかからない方法とは!

婚活で既婚者だと確信したら‥

万が一にも既婚者に遭遇したら、その相手とは一切交流を断ってください。

既婚者と交流を続けていても明るい未来は期待できず、時間や労力を無駄にしているだけです。

その上で、このような措置を取るようにしましょう。

婚活の運営に通報しよう

既婚者と知り合った婚活の運営に、違反行為をしていると通報してください。

運営側で調査の上、既婚者であると判断されれば「強制退会」や「罰金」などの処罰がくだされます。

他の犠牲者が出ないためにも、声をあげることは大切ですね。

自分の個人情報を守って!

連絡先や住所、勤め先などを既婚者に知られている場合は、用心のために対策が必要です。

もし既婚者があなたに本気だった場合、交流を断たれたことに逆上して接触してくるかもしれません。

電話番号やLINEなどの変更やブロック、怪しい動きを感知したら、友人などの家に匿ってもらう、また引っ越すことも検討してくださいね。

既婚者と出会わない婚活方法は?

既婚者という真剣な出会いを阻む利用者のいない婚活方法、それは結婚相談所です。

結婚相談所は登録の際に独身証明書の提出が必須なため、既婚者が利用することはできません。

またネット婚活などと比較すると費用は高くなりますが、高額な利用料を払ってでも結婚相手を見つけたいと、婚活に対して真剣で真面目に活動している利用者ばかりです。

専任のスタッフが自分に合いそうな相手をピックアップしたり、困ったことがあれば相談にのったりと、手厚いサービスが整っているのも魅力的ですね。

▼ 結婚相談所の選び方はこちら
失敗しない結婚相談所の選び方!婚活市場における自分の価値を診断

まとめ

結婚したい男女が真剣な出会いを求めて、理想の相手を見つけることこそ本当の婚活。

それなのに既婚者と出会ってしまえば、無駄な時間を過ごすだけでなく、自身も傷ついて再び婚活する気にもなれないでしょう。

また既婚者とわかっていながら交際を始めることは、不倫関係となりリスクを負うことになります。

訴えられる可能性もありますし、自分を含めた大勢の人を不幸にすることにも。

万が一、婚活で既婚者と出会ってしまったら即交流を断つこと、そして既婚者の心配のない結婚相談所で婚活を開始しましょう。

結婚相談所の人気ランキング掲載中

ランキングを見る

※全ての結婚相談所を比較対象にしています

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!