結婚詐欺とは?結婚詐欺師の手口と特徴!事例を交えて対処法も解説!

世の中には、結婚という人生における最高の幸せを盾にして、お金を奪おうとするひどい人が存在するものです。

そうした結婚話しをチラつかせて財産や貯金が狙われてしまう事は結婚詐欺です。

こうした悪意を持って接してくる人は残念ながら婚活の場面にも潜んでいるケースがあり、騙されてしまうと、結婚が駄目になるどころか、自分の大切なお金までもが奪われてしまうという散々な目に合ってしまうということを覚えておきましょう。

この記事では、「結婚詐欺師の手口や特徴」「どのような方が騙されやすいのか」をまとめています。

さらには事例も紹介しながら、騙されないようにするための対策法も検証します。

\怪しいと思ったら結婚調査/

無料相談をする

※調査後のアフターフォローも万全です

 この記事でわかること

結婚詐欺とは

結婚詐欺とは、名前の通り「結婚」をチラつかせて、相手を信用させお金を奪い取ろうという悪質な行為です。

別称“赤詐欺”などとも呼ばれていて、このような詐欺師は結婚する気など初めからありません。

もちろん、法的に罰せられる可能性も高いため、そのような人だと早めに気づいて疎遠になることも、結婚詐欺に合わないための方法です。

特に最近は晩婚化傾向で、婚活ブームという時代でもあります。

こうした婚活の場に潜んでいる可能性も否定できないのです。

そのような事から考えると、「自分の身は自分で守る」という事がとても大切になるでしょう。

また、結婚詐欺に遭ってしまうと、お金を奪われるだけでなく、メンタル的にも非常に辛い状況になります。

このような結婚詐欺行為は、絶対に許される事ではないのです。

結婚詐欺師の特徴

結婚詐欺をする人は男女関係なく存在します。

では、このような人達にはどのような特徴があるのでしょうか。

日頃から相手を注意深く観察する事で早めに結婚詐欺師に値するかどうかを見抜く事ができます。

高年収をチラつかせて近づく

結婚したいと考えている女性の殆どが、高年収の男性を理想にあげています。

それもそのはず、結婚にはお金が大切であり、経済力のある男性であればあるほど、女性は安定した結婚生活が望める…と本能的に感じているからです。

結婚詐欺師はこうした女性の気持ちを理解しているため、高年収という事をアピールし、近づいてきます。

年収1000万以上の男性とめぐり合う方法は?結婚相談所なら高収入の男性をゲットできる

優しい言葉で巧みに近づく

結婚詐欺目当ての人は、とにかく優しい言葉で巧みに近づいてきます。

今まで、異性から優しい言葉をかけられた事のない人や、優しい言葉に弱い人はすぐに、騙されてしまいます。

それだけ、騙す側は詐欺をする事に執念を持っていますし、様々な悪知恵を働かせます。

優しい言葉の裏には必ず罠や下心があると思う事が必要です。

写真や動画を撮影されたくない

お付き合いが始まれば、デート中に2人の仲睦まじい姿を写メや動画に残したくなるもの。

そうした行為を頑なに拒み続ける相手は、「詐欺特有の証拠を残したくない…」という意識が働いているのでしょう。

住所などの個人情報を教えない

詐欺師は、住所などの個人情報を一切教えません。

元から犯罪である事を十分理解して近づいてきますから、いつ逃げても良いように自分の都合が悪くなるような個人情報を漏らす事だけはしないように留意しているはずです。

例えば、経営者や高年収と言って女性に近づいてくる場合、実際にはボロボロのアパートに住んでいるケースも珍しくありません。

そのような事を考えれば、やはり、詐欺師的には個人情報を教えたがらないのは当然ですね。

女性としても男性としても魅力的

「こんな人がまだ独り身なの?」と思うくらいに魅力的な女性であったり、男性であったりします。

詐欺をする人は、いつも自分磨きをしていて、話し方が好印象で話の内容も面白いなどついつい引きこまれそうになるでしょう。

結婚詐欺に遭った人の中には、「まるで魔法をかけられているようだった…」とか、「まるで、夢を見ているようだった…」などと詐欺師の魅力的な演技に騙されてしまっている人が多いです。

イケメンなのに独身、美人なのに結婚していない理由はなぜ?

財産(貯金)について聞いてくる

付き合って間もないのに、貯金や貯蓄型保険、株の事をやたら聞いてくる相手には注意が必要です。

他にも、実家の財産などについて聞いてくる人はとても怪しいでしょう。

こうした金銭面の話は付き合ってすぐするものではありませんし、常識的に見ても失礼な行為ですから。

貯金額は婚活に影響する?男女別の貯金事情と貯金を見抜く&聞く方法

親に会わせてくれない

交際が順調ならば、親に合わせるというシーンに発展しますよね。

ですが、なかなか親に会わせてくれなかったり、こちらから、「あなたの親に会わせて欲しいの…」とお願いしてもはぐらかされたりしたら、とても怪しいです。

詐欺師ですから、明らかに親に合わせる気なんて毛頭ありませんし、会わせたとしたら詐欺師にとってはとても都合の悪いものになってしまうのです。

親への結婚挨拶の服装や例文を紹介!彼女の両親に挨拶する流れは?

付き合って間もないのに「結婚しよう!」と言ってくる

付き合って間もないのに、すぐに「結婚しよう!」とか、「結婚を意識したのは君が初めてだよ!」なんて甘い軽はずみな事を言ってくる人は、お金目当ての詐欺師の可能性があります。

早く金ヅルになる人を見つけてお金を奪いたいがために、すぐにでも結婚をチラつかせてお金を奪おうとします。

「鉄は熱いうちに打て」という心理で相手が舞い上がっているうちに、お金をだまし取ろうという魂胆なのでしょう。

婚活から結婚までの交際期間はどのくらい?交際中の注意点や心得も紹介

結婚詐欺師の3つの手口

結婚詐欺には以下のように、大きく3つの手口があります。

せめて、手口②の段階で気づかないと、自分が泣く羽目になってしまうでしょう。

恋愛がうまくいかなかったというだけでも辛いのに、さらにお金を巻き上げられるなんて、想像するだけで辛いですよね。

手口①:信用させて恋愛関係になる

詐欺行為を行う人は、とにかくターゲットに対して恋愛関係になるように必死に近寄ってきます。

そのアプローチの凄まじさと言ったら、今までに体験したことがないくらいに積極的なものと言えるでしょう。

ですから、今まで恋愛に疎遠だったという人や、異性との接し方が下手な人は、コロッと騙されてしまうかもしれません。

中には、「出会って間もないのに…こんな燃えるような恋愛に発展するなんて運命の人かも…」なんて過信してしまうケースもあるでしょう。

詐欺目当ての人は、どんな手を使ってでも、恋愛関係を築き上げようとします。

彼女いない歴=年齢の男性の特徴や理由!婚活法と付き合う女性の心得

手口②:何かと金銭を要求する

「事業を興したいから出資費用が必要」「親の病気が悪化して手術費用が必要」「2人の結婚式の前金が急遽必要」などと、さまざまな理由をつけて金銭要求をしてきます。

要求の仕方も、将来の2人のために必要不可欠なお金という納得せざる理由だったり、情けを誘うような内容だったりする事でしょう。

すぐにお金を借りようとする男性に対しては最初から怪しい人と思った見方をする事が大切です。

手口③:行方がわからなくなる

最終的な結婚詐欺の手口は、あらゆる方法で恋愛関係にまでなり、何かと理由をつけてお金を要求した暁に行方がわからなくなるという惨たらしい結末です。

後から考えれば、「住んでいる家を教えてくれなかった」「親に会わせてくれなかった」という経緯はすべて最後にお金を持ち逃げするための策略だったのです。

結婚詐欺に騙されやすい人の特徴

結婚詐欺に狙われやすい方は次にあげるような特徴を持っています。

自分に思いあたるような事があれば、ターゲットになってしまう確率は高くなるでしょう。

お金に余裕のあるキャリア系

結婚詐欺師はとにかくお金狙いです。

ですから、お金に余裕がある人に対してだけ近寄ります。

同年代と比較して年収が高めであったり、キャリア系の服装をしていたりする人は断然狙われやすいと言えます。

特に、ハイステイタスと呼ばれるような人達が集まる婚活パーティーや、嘘をつきやすい婚活サイトが狙われてしまう場合もありますから、十分に気をつけなければならないでしょう。

バリキャリ女子は男性に避けられる?キャリアウーマンのベストな婚活方法

ブラック企業などに勤務している人

日本には、残業や休日労働などを容赦なく社員に押し付けてくるブラックな会社は少なくありません。

こうした会社に勤務している人は、どこかに安らぎを求めています。

その安らぎが結婚だとしたら、詐欺師は間違いなくそうした心の隙を狙ってくるでしょう。

ブラック企業に勤めている方は、睡眠不足や疲労を抱えているため、心身ともに正常な判断ができなくなる事もあります。

そんな時に、詐欺師からの優しい言葉や誘惑に騙されやすくなってしまうのです。

初対面の異性に対しては、自分の勤め先がブラック企業であると言う事を話さないようにしましょう。

実家が金持ち

自分の稼ぎがあまり良くなくても、実家が資産家だったり、医院を開業していたりする人は狙われてしまいます。

そのような実家にまつわる情報は、自ら発信しなければ人には知られないものです。

なるべく、自分から実家がお金持ちであるという類の話をするのを控えたいものです。

また、周りから漏れてしまうという事も否めないため、他人に安易に話す事もやめましょう。

家柄や家庭環境などの育ちが違うカップルの結婚は難しい!?

世間知らず

お嬢様育ち・お坊ちゃん育ちは、世間知らずで世の中に起こっている事に疎い傾向があります。

いつも、周りの大人から守られて育てられているために、こうした世間知らずと言われてしまうのでしょう。

どんな人に対しても、不信感を持たずに接してしまう事はやはり、詐欺師からターゲットにされやすくなってしまいます。

友人が少ない

友人が少ないと、ここぞという場面で相談できる相手がいないという事にもなります。

なんでも相談できる相手がいるのであれば、「その人、怪しいからやめておきなよ!」とか、「それは詐欺だから、警察に相談しなよ!」なんて友達が助言してくれるでしょう。

詐欺師からすれば、そのような友人を面倒くさい人物と認識します。

そういう友達がいない人を狙うのは当然ですね。

友達作りアプリのおすすめ16選!同性・異性も探せる趣味友達アプリ

結婚に焦りを感じている

男女とも、晩婚化になっているとはいえ、やはり、30歳前後になれば、妊娠出産や老後の事を真剣に考えなければならないでしょう。

このような結婚適齢期を迎えようとしている男女、または、結婚適齢期を過ぎてしまった人などに対して、詐欺師は近づいてきます。

また、周りから「結婚はまだなの?」などとあおられているような人達、つまり結婚に焦りを感じているような人の気持ちにうまく入り込んでくるでしょう。

婚活に焦りを感じたら?気持ちをリセットして違う婚活スタイルも検討!

 結婚願望が強い

結婚にたいして強い願望を持っている人は、結婚というワードに敏感です。

こうして、頭の中に理想の高い結婚願望を秘めている人ほど、結婚詐欺の餌食になります。

「結婚したいですよね、僕(私)も早く結婚して、若い親って言われたいんだ」なんて、いかにも、自分も結婚願望が強いをアピールしてくるでしょう。

婚活で知り合った男性が結婚に本気か見極めるポイント!結婚願望の確かめ方

責任感が強くて真面目な人

責任感が強くて真面目な人は、「お金を貸して欲しい…」と言われたら疑う事もせずに、すぐにお金を貸してしまうでしょう。

特に、詐欺を働く人は、同情をかうような頼み方をしてくるので、「この人は私がお金を貸さなければダメになってしまう…」とまじめに考えてしまうのです。

そうした弱みにつけこんでくるのが詐欺師特有の手口です。

恋愛経験に乏しい

恋愛経験が豊富な人だと、こういう男性は危ないこういう女性には近づいてはいけないという免疫が身につくものです。

ですが、恋愛経験の乏しい人は、純粋にどんな相手でも信じてしまいます。

ですから、恋愛経験に乏しそうな相手を狙っています。恋愛経験が少ないほど、「こんなステキな人が現れるなんて、ここまで待っていて良かった…」「この人は運命の人かもしれないから、何でもしてあげよう」なんて騙されムードに突入してしまうのでしょう。

30代で恋愛経験なし・付き合ったことがない女性が婚活で結婚できる?

頼まれると断れないタイプ

結婚詐欺をする人が狙い目にしているタイプは、何といっても頼まれると断れないタイプです。

「昔から、お願いされると何でもOKしてしまっていた…」「悪徳商法やセールスの勧誘にはついついひっかかるタイプ」など、当てはまる事があれば、注意した方が良いですね。

信じやすい性格

どんな時も、相手を疑う事がなく、何事も信じやすい性格の人は、詐欺師が目を光らせているかもしれません。

特に、占いなどを本格的に信じていたり、宗教にのめりこんでいたりする人はそうした面を逆手にとられてしまいます。

詐欺師が言ってくる言葉をすべて疑う事なく信じるため、あっという間に金のむしろにされてしまうでしょう。

結婚詐欺に騙されない方法・対策

結婚詐欺に騙されない方法や対策を知っていると、自分も傷つかずにすみますね。

人生の最高の幸せである結婚に向かおうとしている矢先に、詐欺の事なんて考えたくはないでしょう。

ですが、しあわせな結婚をしていただきたいからこそ、以下のような対策は必要です。

「あまりにも話がうますぎないか?条件が良すぎないか?」を考える

“人を見たら泥棒と思え!”というコトワザあるように、少しは疑惑の目を持ってお付き合いする事も考えましょう。

「あまりにも話がうますぎないか?条件が良すぎて何だか気持ちが悪い…」など、時には疑いの目を養う事も大切ですね。

結婚相手に求める条件と妥協した条件のランキングを発表!2019年版

「私(僕)は大丈夫!」という過信は控える

騙される人に限って、「私は大丈夫!」「私に限って騙される事はない」などと過信な気持ちを抱いています。

ですが、その過信な気持ちが油断を招いて詐欺行為の隙を与えてしまうでしょう。

自分は騙されないという気持ちは変えなければならないですね。

相手の身元を確認

相手の身元を確認しておく事は詐欺対策としてはとても重要です。

最初から探偵会社などを雇わなくても、「今度お家にお邪魔してよいですか?」「ご両親に会ってみたいです」「今度お友達に会わせてください」などと言って、相手の反応を見てみましょう。

相手が、はぐらかすような態度だった場合には、詐欺の可能性が高いです。

写真や動画を撮影しておく

お付き合いしている時は、なるべく写真や動画を残しておきましょう。

結婚詐欺をされて逃げられた時に、その写真や動画があれば探しやすいですよね。

また、そうした写真や動画を撮影しておくと、詐欺師本人も、「こんな写真をとられてしまっては悪いことはできないな…」と思うはずです。

周囲の人に相談

「恋は盲目」という言葉があるように、恋愛中は、自分の行動や考え方が正しいかどうかさえも分からないものです。

そんな時、少し冷静になってみませんか?

周りの友達に彼の事を相談してみましょう。

たとえば、「付き合ってすぐの彼から事業資金の相談をされたのだけど…どう思う?」などと聞いてみるのもよいですね。

あなたの事を大切に思ってくれている友人であれば、「多分あまり良くない気持ちで近づいてきている人かもしれないから、早めに縁を切った方が良いよ」などと的確なアドバイスがもらえるでしょう。

そうした言葉は時に、きつく感じられるかもしれませんが、反発せずに、前向きに捉える姿勢が大切です。

万が一、お金を貸すときは“借用書”などを記載してもらう

万が一、お金を貸さざる終えなくなった場合、借用書を記載してもらうようにしましょう。

その時、数字を改ざんされないように「壱」などの「大字」という文字を使用して金額を記載したり、信用度の高い印鑑証明の印鑑を使用したりするようにすると良いですね。

自分の貯金・財産については安易に話さない

自分の貯金、株券、貯蓄型保険などの財産と呼ばれるものについて、安易に話をするのは控えた方が良いでしょう。

また、実家の金融資産や、家柄などの話をするのもオススメしません。

詐欺師はたとえ、あなた自身にお金がお金を持っていなくても、実家の財産に近づいてくる事も珍しくないからです。

婚活で結婚詐欺に合わないようにするために気をつけておくべきこと

結婚詐欺は婚活の場を格好の詐欺の場として潜んでいるケースは珍しくありません。

結婚ブームで婚活市場が広がりを見せる中で、こうした詐欺まがいの事をする人も一定数存在するわけです。

そのような悪質で巧妙な手口に乗らないように、次にあげる事を気をつけて婚活に挑みましょう。

婚活パーティー

最近はたくさんの種類の婚活パーティーが開かれています。

高年収者を集めた“ハイステイタス婚活パーティー” や共通の趣味の人達を集めた“趣味コン”などがあげられるでしょう。

こうしたパーティーに参加する人のほとんどが、結婚に対して真剣な人達です。

ですが、中には結婚詐欺目的で婚活パーティーに参加している人もいます。

こうした人に騙されないためにも、しっかりとした婚活パーティー開催企業を選ぶべきです。

特に、身分証明書だけでなく、収入証明書などを提出させるなど、あらゆる身元チェックが行われているパーティーに参加するのが安心ですね。

▼ 婚活パーティーの人気ランキングはこちら
婚活パーティーおすすめランキング!口コミ評判を徹底比較婚活パーティーおすすめランキング!口コミ評判を徹底比較【2019年】

婚活サイト

サイトを介しての婚活では、“人となり”を把握するのが難しいと言っても過言ではありません。

いくらプロフィールに魅力的な事を記載していたからといって、嘘や騙し目的である可能性もあるでしょう。

婚活サイトからの出会いは、メールのやり取りが主になりますね。

会う前から、給与や実家の財産の話をするのはやめましょう。

また、あちらからお金の話をもちかけられたら、会う前から疎遠になり、連絡を断つ事が大切です。

また、婚活サイトでの出会いも、婚活パーティー同様に、信頼できる大手企業に登録したり、怪しい人物を監視する24時間パトロール体制の整っている婚活サイトに登録したりしましょう。

▼ 婚活サイト&アプリのランキングはこちら
【2019年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

結婚相談所

結婚相談所の会員は、様々な書類審査などがあり、身元がしっかりしている人ばかりです。

また、結婚相談所は入会から退会までの金額が多くかかる婚活法でもあるでしょう。

ですから、高額な金額をかけてまで詐欺したいと思う人はいないのです。

そうした面から見ても結婚相談所は安全と言えるでしょう。

また、結婚相談所には、婚活に対してあらゆる不安を解決してくれるコンシェルジュという強い味方がいます。

万が一、「結婚詐欺かもしれない?」と思ったら、担当コンシェルジュの力を借りて、うまく対処する必要があるでしょう。

▼ 人気の結婚相談所ランキングはこちら
【2019年】結婚相談所おすすめランキング!口コミ評判を徹底比較!

立証が大事!結婚詐欺にあってしまった場合の対処法

結婚詐欺にあってしまうと、裏切られた気持ち、騙された情けなさなどで、頭が真っ白になってしまいますね。

信じていた人から騙されるなんて、あってはならない事なのですから…

ですが、ここで泣き寝入りなどしてはいけません。

様々な機関に働きかけて詐欺相手に罰を与える事です。そして、騙されて奪われた金銭は必ず取り戻しましょう。

探偵事務所に依頼

完全に騙される前の身辺調査だったり、あらゆる不審な証拠集めをしてもらったりする上でとても頼りになるのが探偵事務所に依頼をする事です。

行方をくらましてしまってからでは、100万円単位の費用がかかってしまうでしょう。

また、こうして探偵が収集した調査資料は、のちに裁判などでも重要な証拠として役立ちます。

\原一探偵事務所の結婚調査/

無料相談をする

※調査後のアフターフォローも万全です

被害仲間を探して立証しやすくする

あまりにも巧妙な手口で、手際よく結婚詐欺をされてしまった場合、他にも同じような被害者がすでに存在しているかもしれません。

そうした被害仲間を探しておくと、後々に立証しやすくなるでしょう。

たとえば、ツイッターなどに、結婚詐欺師の手口や特徴などを拡散して、被害仲間を探すなどの方法もあるでしょう。

心理カウンセラーによる心のケア

結婚詐欺にあうと、お金を奪われた事に輪をかけて、心身にかなりのダメージを追います。

「なぜ騙されたのだろう…」「私の見る目がなかったのかな…」などと、自分を追い込む事ばかりに時間を費やし、詐欺師を見つける事が疎かになりやすいものです。

そんな時、心理カウンセリングなどを受けて、人生を前向きに生きる努力をしなければ、結婚に対しても後ろ向きになってしまう事でしょう。

それだけ、結婚詐欺は人を傷つけて、あわゆく場、トラウマにしてしまう事もあるのです。

警察に相談

「結婚詐欺に遭っているかもしれない?」「騙されているような気もするが、被害届を出すまででもない」という曖昧な状況の時は、警察が設けている相談窓口を利用しましょう。

最近は、電話やメールから相談できるものもあるため、少しでもお付き合いしている相手が怪しければ利用してください。

また、明らかに詐欺にあってしまった場合、すぐにでも詐欺師を見つけてもらいたい…警察に動いて欲しいという気持ちになるでしょう。

その時は、被害届を出すことはもちろんですが、これだけで警察は動いてくれない事もあるため、告訴状という形で警察側に提出した方が良いですね。

弁護士を依頼

詐欺師が逮捕されたら、すぐにお金を返してくれるかといったら、そう簡単ではありません。

詐欺師の手元にすでにお金がない場合は、返金は期待できません。

ですが、少しでも残っているお金を返してもらうならば、弁護士を通じて告訴する事です。弁護士費用はかかりますが、自分の名誉のためにも、相手に罰を受けてもらうのは当然の事と言えるでしょう。

結婚詐欺の事例

結婚詐欺の事例は次にあげるようなものです。

どの段階で詐欺師と気づくかによって対処法も変わってくるでしょう。

「事業資金が必要」と近づいてきた事例

婚活パーティーで知り合あった個人経営をしていると いう男性から、事業を拡大するのにまとまった資金が足りず、30万円貸して欲しいと言われ、貸してしまったケース。

すぐに怪しいと気付いて身辺調査をお願いし、詐欺だと気づく。

対処法

事業絡みで金銭を要求してくるケースは珍しくないでしょう。

この時の言葉も、「事業が成功したら、結婚しようと考えている、だから、そのためにも事業資金がすぐ必要なのだ」と結婚を絡めた内容で騙そうとします。

自分の経営に携わる資金を付き合い始めの女性に依頼する相手は疑いましょう。

そのためには、探偵事務所などに身辺調査を依頼し、本当に事業者なのかを明らかにしてもらう事です。

もし、架空の会社だった場合、ほかに被害者を増やさないためにも警察に相談する事も検討します。

治療費目的の保証人にさせられてしまいそうになった事例

自分の家族に癌治療を必要としている者がいるため、早急に手術や入院が必要。と治療費目的の金銭を依頼してきた。

民間保険にも加入しておらず、治療費が払えなくて困っているという話も巧みにされた。

親に相談したら、それは詐欺に決まっていると言われ早めに気づいたケース。

対処法

相手のことが好きだと、嫌われたくないという気持ちと、相手を助けてあげたいという気持ちを抱きます。

ですから、被害者側は「治療費用の依頼を断って嫌われたらどうしよう…」という気持ちが先行し、ついついお金を貸してしまいそうになります。

まさに情けに付けこんだ悪質な手口ですが、この事例で良かったことは、すぐに周りの人からの冷静なアドバイスがあり、「我に返った」ということです。

この時に気づけていたため、被害額は一切発生していませんし、恋愛関係が深まる前に疎遠になっているため、賢明な対処法でした。

投資を持ちかけられた事例

婚活アプリで知り合った女性が、半年間の交際を経過したあたりから、「将来の2人のために」と投資を持ちかけてきた。

1回目の投資の時は順調に利息がついていると言われ、安心。

2回目の投資資金50万円を渡した時点で行方がわからなくなり、警察に被害届を提出。

対処法

最近は、投資と言ってお金を用意させる結婚詐欺例も増加中です。

怪しまれないように最初の数回は、利息をつけて信用させるなど、相手の心理をついてくるような手口です。

この方のように、行方をくらましてからだと、正直、立証は難しくなるため、同じ被害に遭っている人がいないかどうかを調べてみましょう。

同じような詐欺事例が消費者センターなどに寄せられていないかどうかを聞いてみるのも1つの方法です。

警察に被害届・告訴状を提出し、直ちに動いてもらうことが賢明です。

まとめ

人の弱みにつけこんで、お金をむしりとる詐欺師。

しかも、結婚という一生のうちの重要なタイミングで結婚詐欺なんてされたら、失うものはお金だけでなく、自分の純粋な心もだと言えるでしょう。

そのような結末にならないためにも、詐欺師の特徴を把握し、対策をしっかりと練っておきたいものです。

また、万が一、結婚詐欺に遭ってしまったら、泣き寝入りなど絶対にせずに、様々な機関を使って、奪われたお金を取り戻す強い気持ちが大切です。

\原一探偵事務所の結婚調査/

無料相談をする

※調査後のアフターフォローも万全です

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!

コメントを残す