結婚のタイミングはいつぐらいがベスト!?男女別の視点で検証!

「お付き合いは順調、でもなかなか結婚という話にならないのが悩み…」というカップルも多いでしょう。

ですが、結婚に対するタイミングは男女に違いがあったり、きっかけがないとなかなか踏み切れなかったりするものです。

結婚を切り出すベストなタイミングは、一体いつ頃なのでしょうか。

こちらのページでは、結婚のタイミングについて詳しくご紹介します。

男女では結婚のタイミング年齢に違いがある!?

男女では結婚を考えるタイミング年齢に違いがあります。

男女別で見ていきましょう。

女性は25歳が理想と考える

女性は25歳くらいまでに結婚したいと考えている事が多いです。

それは、出産や育児がまず頭に浮かぶからでしょう。

「早めに子供を産み育てて若いお母さんと言われたい」

「早めに育児を終了させて仕事に復帰したい!」などと考えているのです。

実際、出産できるのは女性だけですから、女性の体力的な面を考えると、25歳で結婚したいと考える女性の心理は最もですね。

男性は30歳が理想と考える

男性は30歳頃になるとようやく中堅社員として仕事が軌道に乗り始めます。

そう考えると、20代では「まだ結婚よりも仕事を充実させたい」と思う気持ちの方がはるかに上回るでしょう。

男性も、30歳くらいになると、「そろそろ育児にもかかわらないと体力的にも辛いかな」と考えるようになります。

また、日本の風潮だと、結婚をしている人が出世できたり、社会的に認められたりする事が多いため、出世を考え出すタイミングが30歳という事も結婚に大きく影響しています。

結婚適齢期っていつ?結婚適齢期が婚活をスタートするきっかけに!

結婚のタイミングが合わない…と感じる理由

では、結婚のタイミングが合わないと実感する理由はどのような事があげられるのでしょうか。

実際、恋人達が不満に思っているのは次のような点です。

なかなかプロポーズをしてくれない

最近は、草食男子なんて言葉があるように、なかなかプロポーズをしてくれない男性が多いのが現状です。

「プロポーズの仕方を知らない」そんな男性も多いでしょう。

結婚に魅力を感じないという男性も多く、女性をイライラさせてしまう要因にもなりますね。

また、最近はプロポーズらしい事をしないで、自然な流れで結婚にいたろうとする男性も多いため、結婚のタイミングが曖昧に終わってしまうケースもあります。

将来の話が何も出てこない

結婚を考えているならば、少しは将来の話をしても良いようなもの。

会っても、目先の話ばかりで全然将来性が見えないのは、まさに結婚のタイミングを失っている証拠ですね。

実家への挨拶などのシチュエーションにならない

結婚のタイミングと同時に感がえる事と言えば、何と言っても実家への挨拶でしょう。

少々、古いかもしれませんが、「お嬢さんをください」という言葉が思い浮かびますよね。

こうした挨拶をきっかけに、結納、婚約、結婚とトントン拍子で進むものなのです。

実家への挨拶がいよいよ結婚!という思いを抱く人は多いのですね。

ですから、なかなか実家へのご挨拶が実現でいない場合、結婚のタイミングも逃しています。

交際中の男女が結婚を決めるタイミング時期とは

交際中の男女が結婚を決める場合、だいたいお付き合いしてからどのくらい付き合ってから結婚を決めるのでしょうか。

交際1年後が最も多い!

交際一年くらいになると相手の良いところも悪いところも総合的に理解できるもの。

そろそろ交際から結婚にと考え方を変える時期でもあるでしょう。

交際5年以上ならタイミングが難しい

交際5年以上ともなると、結婚へのタイミングがなかなか難しくなるのが現状です。

このくらい時間が経過してしまうと、倦怠期を通り過ぎて、男女の関係が「愛情」から「情」に変わり、結婚という気持ちが薄らいでしまいます。

長く付き合ったから結婚に至るというわけでは決してないのですね。

結婚するベストタイミングだと思う要因!

結婚するベストタイミングだと思うときはどのような瞬間なのでしょうか。

お互いの愛情が絶頂だと思った瞬間

お互いの愛情が同じくらいにあって、「この人しかいない!」とおもった瞬間に、「幸せにしたい」「尽くしたい」という思いが湧き上がります。

こうした愛情が絶頂の時に結婚する事が多いです。

こうしたパターンは、まだお付き合いして半年や一年以内という愛情が絶頂期の電撃結婚も多いでしょう。

周囲のプレッシャーに負けそうな時期

周りの友達、家族、親戚などから、

「お付き合いしている人とはそろそろ結婚するの?」

「そろそろプロポーズされているんじゃない?」

なんてざわつかれると、余計なお世話と思いつつも、焦りから結婚に踏み切るカップルもいるのです。

友人達の結婚式ラッシュ!

友人達が続々と結婚ラッシュを迎える中、お呼ばれするたびに、

「自分たちもあんな結婚式をあげたいなぁ」

「自分たちもこんな風に門出を祝ってくれるなら絶対に結婚式をあげなきゃ!」

なんて友人達の結婚ラッシュをきっかけに、次に続けとばかりに結婚のタイミングにしているケースも多いです。

転勤辞令がおりた時

会社から転勤の辞令が降りた時に、「転勤になったんだけど一緒についてきてくれる?」などと、言ってプロポーズする男性も多いです。

特に、若いうちは転勤を命ぜられる事が多いため、遠距離恋愛をするよりも結婚をして身を固めたいという気持ちが優先するのでしょう。

予想外の妊娠!

できちゃった結婚のように、予想外の妊娠で身を固める決心をするケースもありますね。

まさに、責任をとるという意味も含む結婚のタイミングです。

結婚のタイミングを作る方法とは

なかなか結婚のタイミングを逃してしまっているカップルは以下のような事を試してみると良いでしょう。

うまくいけば、結婚のタイミングがスムーズに作れるはずですよ。

ブライダルフェアや式場見学

ブライダルフェアや式場見学に行くことで、結婚式の雰囲気が実感できて、結婚への憧れも出てくるでしょう。

無料で見学させてくれる式場もあるので、最新の結婚式事情を、知ってお互いに結婚に対する意欲を向上させましょう。

結婚のメリットを話し合う

結婚のメリットを話し合うことで、「早く結婚したい!」と思う気持ちが湧くでしょう。

結婚をする事のメリットは、たくさんありますが、夫婦で支えあったり、子孫を残したりする意味でも、とても大切なものだと言うことを改めて話し合ってください。

結婚のハードルを低くする

結婚というと堅苦しいイメージを持っている人が多くいます。

例えば、自由がなくなるとか、経済的に養えるかの不安が結婚に踏み切れない…というカップルもいます。

ですが、二人の間でルールを決めれば、結婚は決して堅苦しくないものでしょう。

例えば、「お互い趣味の時間は作ろうね」「共働きで経済的なプレッシャーをなくそうね」など、結婚する上でハードルを低くしてあげる事が結婚への意欲を向上させてくれるでしょう。

まとめ

結婚のタイミングが、なかなか合わないカップル。

男女で理想の結婚年齢が違ったり、結婚に挑めない理由があったりするのですね。

また、結婚のタイミングを作るためのいくつかの方法もご紹介しました。

こうした事をぜひ、念頭に置いて、今の彼ともう一度、結婚へのタイミングを考えてみましょうね。

結婚はお互いを成長させるステキな経験です。

タイミングを逃さないようにしたいものです。