結婚適齢期っていつ?結婚適齢期が婚活をスタートするきっかけに!

結婚を意識しだした時に気になるのが「結婚適齢期」。

数年前までは、男女共に24~25歳くらいのイメージが強かったのですが、働く女性が増えた現在では、30歳前後だと言われています。

しかし、男女でも結婚適齢期の考え方も違いますよね。

また、結婚適齢期だからと周りで騒がれると、焦ったりストレスになる人もいるでしょう。

ここでは、結婚適齢期って一体何なのか?いつなのか?

そういった事も含めて、結婚適齢期と婚活の関係性などを詳しく見ていくことします。

▼ 婚活サイト&アプリのランキングはこちら
【2018年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

最近の結婚適齢期事情とは?

結婚適齢期って、一体どのようにして決まるのでしょうか。

実は、「結婚適齢期」に正式な定めはありません

友人が結婚式をあげたり、子供が生まれ出して、焦りはじめたりする時期を自分自身の適齢期と考えている人が多いようです。

また、ここ数年でしょうか・・・

社会での自立と共に、キャリアを積んだ女性たちが晩婚化という言葉どおり、適齢期を30歳位までグンと延びました。

こういった事からわかるように、どの時代も女性のライフスタイル変化を背景に結婚適齢期が推移しています

しかし、キャリアを積んだ男女は、いざ出会いとなると不慣れなためか、なかなか婚活に踏み切れない現状も。

そんな時、今までの生活に密着した、自分に合った婚活手段が見つかれば良いですね。

男性、女性、結婚適齢期の違い

上記で述べたように、女性の生き方によって変わりつつある適齢期年齢

その中で、男女の結婚適齢期の違いはあるのでしょうか。

男女の視点の違いによって、それぞれが持っている結婚適齢期に違いが見られるので、比較してみましょう。

男性が考える結婚適齢期

男性が男性の結婚適齢期を考えた場合、仕事面の充実が大きなポイントになっているようです。

女性を養える自信がついたあたりの年齢が、結婚適齢期と考えている人が多いでしょう。

具体的な年齢としては、28~35歳が最も多く、男性が考える女性の適齢期の年齢は27~30歳

この結果の背景には、やはり出産を意識している人が多く見られました。

女性が考える結婚適齢期

女性が考える女性の結婚適齢期は、25~28歳

2人での結婚生活を楽しむ時期や出産、子育ての時期をイメージしての年齢です。

また、女性が考える男性の結婚適齢期は、27歳~30歳で、経済的な理由や仕事の安定が理由

こうして比べて見ると、女性が考える結婚適齢期の方が低いことがわかります。

婚活を始める年齢はいつ?スタートする時期は早めの方がベスト?!

結婚適齢期を過ぎた後の結婚観とは

結婚適齢期を過ぎた後には、結婚に対する考え方が変わってしまうことが多いです。

最初は、夢にまで見た結婚という理想も、やがて諦めになってしまう事も少なくありません

どんな風に気持ちが変わっていくのか、少し見ていくことにしましょう。

ステージ① 結婚は無理と思い始める

結婚適齢期を過ぎると焦りが出てきて、さまざまなスタイルの婚活をスタートするでしょう。

ですが、なかなかスムーズに進行しなかったりすると、婚活は無理かも・・・と自信喪失してしまう人もいます。

婚活に焦りを感じたら?気持ちをリセットして違う婚活スタイルも検討!

ステージ② 結婚を諦める

適齢期世代の婚活は過酷ですし、時に孤独な気持ちにもなるでしょう。

仕事との両立は、なかなかハードで、精神的なダメージは大きいものです。

そんな時に「うまくいかない」、「時間がない」など、婚活を中断してしまう人もいるでしょう。

ステージ③ 独身を全うしようと考える

結婚適齢期を逃し、気づけばアラフォー世代の40代になってしまうと、もう結婚は無理だから、独身を全うしようと考えます。

「40代で子供を産むのは無理」とか、「40代では誰も恋愛の対象で見てくれない」などの複雑な気持ちが交差する人がほとんど。

そしてこのまま、独身を貫く男女が増えるでしょう。

こうした感情が芽生えると、婚活感情から、一人で余生を過ごすための貯金や投資などに気持ちが移行してしまいます

海外の結婚適齢期事情とは!?

日本における結婚適齢期を見てきましたが、海外はどのような結婚適齢期事情があるのでしょうか。

また、海外によっては国の事情や宗教、制度が絡む事で結婚適齢期が低くなったり、高くなったりしてしまうようです。

ヨーロッパは同棲が主流で晩婚

ヨーロッパ諸国の男女は、結婚する前に同棲することが主流。

その同棲期間があるため、結婚という形が整うまで時間がかかり、結婚適齢期を伸ばしてしまうことが多いです。

韓国の結婚適齢期

お隣の韓国では、女性の結婚適齢期年齢は日本女性とほぼ同様の27歳。

しかし男性は、兵役2年が課せられるため、32歳と日本人男性よりも2歳年齢が上がります。

国の制度が、結婚適齢期を遅らせているパターンですね。

結婚婚適齢期に結婚する事のメリットとは?

結婚適齢期は、国税調査などをもとに公表された、時代にあった結婚にふさわしい年齢。

20年前の調査と比較すると、結婚適齢期の年齢は男女共に3歳も上がっていることがわかります。

結婚適齢期から外れてしまっていれば、その後の成婚率は男女とも低くなる一方でしょう。

ですから、この結婚適齢期は侮れない年齢と言っても過言ではありません。

結婚適齢期は、婚活をスタートする目安として考える理想の時期。

また、婚活企業のほとんどが、結婚適齢期世代をターゲットにしているため、婚活するには絶好のタイミングだと言えるでしょう。

結婚適齢期を意識しすぎる日本人

日本では、男性18歳女性16歳になれば結婚できますね。

ですが実際は、そのような若い年齢で結婚する人は稀でしょう。

なぜなら、生活力もなく、学生でいることが多い上、この年齢では親の同意が必要なのです。

親も、こんなに低い年齢では、心配で結婚を心から祝福できない人が多いはず。

また、低い年齢で結婚すると親の負担になるため、反対されるケースが多いでしょう。

ですから、国内の結婚事情を見ると、こうした結婚可能な年齢に達しても、周りの反対にあったり、不安要素があったりで、結局は生活力が安定する結婚適齢期と言われる年齢に結婚する人が多いのです。

日本人は結婚適齢期をはじめ、高齢出産年齢など、平均の数字にとても執着する傾向にありますよね。

そこの平均から少しでもズレると、ヤキモキする国民性があるのですが、外国の人はこうした結婚適齢期などに執着はしません。

ですから、本人が結婚したいと思った時が、結婚適齢期だという考え方ですね。

結婚適齢期を騒ぎ出すのは、自分の周りであることが多いです。

特に、田舎のような狭い世間では、誰が適齢期なのかと細かいことまで知られ尽くしているため、帰郷するたびに結婚の話をされて、ストレスを溜める人も。

実際に、結婚適齢期の頃が、周りからの圧力が強くて、精神的ダメージを受ける人が多いでしょう。

海外の人から見ると、日本人はこうした結婚適齢期をはじめ、「適齢期」と言うワードに執着しすぎだと言われています。

外国人から見れば、「日本人は平均値や結婚適齢期などを意識し過ぎではないか!?」「もっと気楽に考えよう!」という感じなのでしょうね。

女性が婚活する時に必要な心構えって?婚活が成功する方法を教えます!

結婚適齢期は婚活を決意させる鍵!

婚活をスタートさせるにあたり、結婚適齢期を重要な基準として、考えている人は少なくありません。

実際に婚活をしている人は、結婚適齢期を少しすぎたくらいの男女が多いのです。

その頃には、結婚に対する憧れよりも、焦りの方が先行する人が多いでしょう。

ですが、その焦りが婚活を慌てさせて、失敗するパターンもあるため気をつけるべきなのです。

もちろん、とっくにそんな時期を過ぎたけど、ようやく仕事も落ちついたからチャレンジしているという人もいて、結婚適齢期を初めから念頭に置いていないケースも。

自分なりに人生設計のできている人や、周りの雰囲気に流されない人は、結婚適齢期を気にしてはいません

また、結婚適齢期世代の男女は、忙しく婚活の時間が設けられないケースもあります。

そうした場合、仕事でパソコンなどの扱いに慣れていれば、ネット型婚活も気軽で楽しいでしょう。

こうしたネット型婚活は、時代にぴったりの婚活ですから、結婚適齢期を意識している人にもオススメの方法です。

まとめ

時代と共に変化する結婚適齢期。

結婚適齢期が話題になるたびに、周りはザワつき、自分の気持ちもどこかソワソワしてしまいますよね。

そういった事からも、結婚適齢期を目安に、またはそれを過ぎた頃から婚活に挑む男女が多いでしょう。

ここ数年、昔の婚活と比較すると、一風変わった婚活が効率を上げているケースも多いです。

最近の結婚適齢期世代が熱中し、利用率の高いFacebook型婚活は、少しの隙間時間でお互いの活動が把握できたり、趣味や価値観も理解できたりとスタートしやすいと人気。

日常の日記を読んだりしているので、会う前からいろいろな事が知れて安心なのでしょうね。

結婚適齢期になると、焦る気持ちもわかりますが、自分の生活や気持ちを大切にして婚活をすることが大切です。

あまり結婚適齢期を気にしすぎると、婚活に失敗してしまう可能性もあるので、気をつけるようにしましょう

\結婚相談所の人気ランキング/

ランキングを見る

※気になる結婚相談所を比較してみましょう

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!