結婚相談所で付き合うまでデートの回数や期間はどのくらいが良い?

結婚相談所で活動を重ねる上で、実際に異性と付き合うまでの期間ってどのくらいなのでしょうか。

あまりにも早いタイミングでお付き合いを申し込まれても、相手のことをまだよく知らないし、かといってもう何度も会っているのに交際の話が出ないと、不安になりますよね。

結婚相談所では出会いから交際の期間と、正式なお付き合い(真剣交際とも呼ばれます)とが区別されていることも、悩みのタネになりやすいのです。

ここからは結婚相談所における、付き合うまでの目安となる期間や、正式なお付き合いへ移行するタイミングについてまとめました。

>>結婚に真剣な男女との出会いならやっぱりコレ!結婚相談所おすすめランキングはこちら

結婚相談所における交際と、正式なお付き合い(真剣交際)の違いは?

結婚相談所では、複数の異性と並行して交際することが前提です。

たくさんの異性と交際を重ねる中で、この人は!と思える人がいたら、結婚を視野に入れて正式なお付き合い(真剣交際)を申込みます。

同意が取れたらふたり揃って相談所を休会し、お互いの相性を確認する真剣交際期間に入ります。

正式なお付き合いの期間は、新しい異性の紹介はストップし、他の会員と連絡をとることは禁止されているのです。

交際と真剣交際の違い
  1. 交際:お試し期間であり、複数の異性と交際可能
  2. 真剣交際:結婚を視野に入れたお相手との交際期間で、他の会員と会うのは禁止

上記のように考えていただければ、分かりやすいでしょうか。

出会ってから正式に付き合うまでは、どのくらいの期間なの?

正式なお付き合いまでの期間の目安

結婚相談所では相手と出会ってから正式なお付き合いまで、どのくらいの期間が良い?と疑問に思っている人も多いと思います。

当サイトでは、出会ってから1~3ヶ月、回数なら3回~5回ほど会ったタイミングが良い、と考えています。

会って1~2回では、相手のことを見極めるのに早すぎるため、お相手を戸惑わせる可能性が高いです。

初対面から交際を経て、真剣交際を決める流れ
  1. 初対面で印象が良かった or 悪くなかった
  2. 2回目のデートで相手の印象を再確認する
  3. 好印象だったなら3回、4回目のデートで正式なお付き合いを申し込む

上記の流れを基本にしてもらうと、スムーズに真剣交際ができますよ。

ちなみに、何度も会っているのに正式なお付き合いを申し込んでくれない(受けてくれない)という場合は、相手にキープされている可能性があります。

5回~7回以上会っていて、真剣交際へ誘っても相手が煮えきらない場合は、脈なしと判断して他の異性を探しましょう

6・7回以上会っていて正式にお付き合いするか自分が悩んでいる場合も、その相手は止めて次に行ったほうが良いと思います。

初対面から3~4回のデートで真剣交際は早い?

前提として、結婚相談所は結婚を目的にした男女の出会いの場であるため、その判断は一般よりも早いものです。

なぜなら、ひとりの相手との真剣交際を判断するのに時間を掛けてしまうと、他の同性にお相手を奪われてしまう可能性が高く、さらに実際に結婚までたどり着くのにかなり長い時間が必要になってしまいます。

2回・3回とデートをOKしていて、今後も会いたいと思える程度の好意があるのなら、ぜひ正式なお付き合いに移行しましょう。

真剣交際を申し込まれたけれど、相手を好きではない時はどうしたらいい?

男性はどちらかと言うと初対面で相手女性が好きか判断している事が多く、相手のことがそこまで好きではないという悩みは、女性特有のものになります。

もし、お相手の男性とこれ以上会いたくないと思うのなら、お断りしましょう。

ですが、好きというほどではないけど、もう少し会って考えたいと思うのなら、交際を受けることをオススメします!

女性は男性と違って一目惚れがほとんどなく、好きという気持ちは一緒に過ごす時間に比例して育っていきます。

そのため、最初はなんとも思っていなかったけれど、会っているうちに相手の良いところが見えてきたという場合も多く、時間を共有するうちに愛情が湧いてくることもよくある話なのです。

相手に恋愛感情がないからダメなどと考えず、家族に対するような情を持てたらOKと考えると、婚活もその後の結婚生活もうまくいきやすいですよ。

正式なお付き合い(真剣交際)ってどういうもの?

結婚相談所を利用しての正式なお付き合いへの移行とは、相談所を休会し、お互いを結婚相手として見極める期間のことです。

この休会期間は、だいたい3ヶ月から長くて半年ほどに設定されていて、その間にお相手と結婚を前提に進めていくかを検討します。

正式に付き合ったら結婚しないといけない?

真剣交際の期間は、あくまでパートナーを結婚相手として見極める期間です。

一般的な彼氏・彼女の付き合いと同じで、そこから婚約、結婚と進めるかは、自分とパートナーの同意次第になります。

お付き合いしたものの、やっぱり相性が良くなかったという場合は、お付き合いを解消することも自由なのです。

仲介型の結婚相談所ならお断りの際に間に入ってくれるところもあり、相手に別れを切り出すのが気まずいという人にはおすすめですね。

結婚に向けてふたりの決心がついたら、成婚退会です!

真剣交際の間にふたりで結婚に向けての意識が固まったら、晴れて成婚です!

結婚相談所の担当者に結婚への意思を伝え、退会手続きをとりましょう。

ゼクシィ縁結びカウンターIBJメンバーズでは、婚約・結婚までサポートがあるため、わからないことがあれば相談できますよ。

一旦退会すると、また婚活したいという場合には再び入会料などがかかるため、成婚の判断は慎重に、しっかりとお相手とも話し合ってくださいね。

婚活におけるセックスのタイミングはいつ?体の相性の大切さと考え方

結婚相談所でお付き合いの仕方やデートのアドバイスをもらおう!

婚活はとても孤独なものですから、時には挫折しそうになったり、投げ出したくなったりもしますよね。

そんなときには、結婚相談所の婚活アドバイザーにアドバイスを受けることができます。

また、相手の気持ちが分からず不安になるときも、仲人型の結婚相談所ならば担当アドバイザーを通してお相手の思いを知ることができるのです。

例えばどんなデートに誘えば良いのか、2回目・3回目のデートでの注意点はあるか、会話が途絶えた時の対策は?など、不安なことは積極的にアドバイザーに相談しましょう。

正式なお付き合いに入り、休会期間でもアドバイスを受けることができるので、しっかり結婚相談所のサポートを活用してくださいね。

どこの結婚相談所が良いか分からないなら、まとめて資料請求しよう

どの結婚相談所を利用するか悩んでいる人には、ズバット結婚サービス比較の利用がおすすめ。

ズバット結婚サービス比較では、年齢や住んでいる地域を考慮して、あなたにピッタリの結婚相談所をピックアップして資料請求してくれます。

送られてくる資料は、会社名の記入なしにチェックを入れれば結婚相談所とわからないように郵送してくれるので、親や友人と同居していても知られることはありませんよ。

まとめ

結婚相談所では、交際と正式なお付き合い(真剣交際)には大きな違いがあります。

複数の人と交際をして、この人だと思ったら、さっそく正式に交際を申し込みましょう。

正式なお付き合いまでの会った回数や期間も、成否を分ける大切なポイントですので、初対面から早すぎず遅すぎない3~5回、1~3ヶ月くらいが目安です。

控えめで恥じらいの強い日本人は、結婚相談所で婚活をしていても、なかなかお付き合いに発展する第一歩が踏み出せない人も多いのですが、慎重すぎるのも考えもの。

真剣交際までが早すぎる!と思う人は、ライバルにお相手をとられてしまう危険を考慮し、真剣交際に入ってからじっくり検討することを考えてみてくださいね。

まずはお相手とこの先も会いたいか、を判断基準にすると、シンプルで分かりやすいと思います。

結婚相談所には、婚活のプロである婚活アドバイザーがいるので、お付き合いがスムーズにいくデート方や会話術などを教えてくれるので、存分に活用しましょう!

> 結婚相談所のおすすめランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!