恋愛結婚より結婚相談所で出会ったカップルの方が離婚率が低い理由!

実際のところ、結婚相談所で結婚したカップルの離婚率って低いの?高いの?

結婚相談所に入会するか悩んでいる人の中には、そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ここからは結婚相談所を利用したカップルの離婚率について、恋愛結婚と比較してまとめています。

恋愛結婚と結婚相談所でのお見合い結婚の夫婦の離婚率

恋愛結婚と結婚相談所のカップルの離婚率をネットで調べると、下記のような数字が出てきます。

  • 恋愛結婚の離婚率・・・恋愛結婚した夫婦の40%
  • お見合い結婚の離婚率・・・お見合い結婚した夫婦の10%
この結果を見ると、離婚率はお見合い結婚の方がダントツに低いように感じます。

ただ、この離婚率の根拠を探ってみたものの、なぜこの数字が出てきたのかは詳細が分かりませんでした。

またお見合い結婚は結婚相談所紹介のものとは限らない(知人からの紹介の場合もある)ことに加え、全ての結婚相談所がお見合いシステムを採用しているわけでもありません。

失敗しない結婚相談所の選び方!婚活市場における自分の価値を診断

そもそも夫婦の離婚率は日本全体でどのくらい?

2015年度の日本の婚姻件数は63万5156組だったのに対し、離婚件数は22万6215組でした。

単純計算でその割合は35%となり、3組に1組が離婚していることになります。

参考:2015年厚生労働省「人口動態統計の概況 結果の概要

恋愛結婚とお見合い結婚の割合は?

結婚した夫婦の出会いのきっかけを見てみると、2015年度の恋愛結婚が87.7%なのに対し、お見合い結婚は5.5%となっています。

参考:国立社会保障・人口問題研究所 第15回出生動向基本調査「結果の概要」

この数字を見ると、お見合い結婚はそもそも母数が少ないことが分かりますよね。

ちなみに離婚件数は、1965年頃から右肩上がり。

離婚率の上昇が、お見合い結婚数の減少と一致しているため、お見合い結婚の方が離婚が少ないと考えられやすいのです。

参考:厚生労働省「離婚の年次推移

結婚相談所を利用したカップルの方が離婚しにくくなる理由!

ここからは結婚相談所で出会ったカップルが、離婚しにくくなる理由を考えてみましょう。

そこには相談所特有のメリットと、紹介ならではの出会いのプロセスがあります。

性格や経済感覚、価値観の違いを結婚前に把握しやすい

恋愛結婚との大きな違いは、出会って交際を始めた時点で、お互いが結婚という共通の目的を持っている点です。

結婚相談所の会員は、ほぼすべての人が結婚を目的にしているため、相手選びの段階から結婚後の共同生活について、ふたりで具体的に話し合うことができます。

実は、離婚理由でもっとも多いのが、性格の不一致なのです。

実際に恋愛結婚では、好きになったから結婚したものの、いざ共同生活をはじめたら価値観がまったく合わない・・・なんてことも多いもの。

しかし結婚相談所を介してのお付き合いであれば、結婚生活を視野に入れて相手を選べ、話し合いの機会も多く得られるので、性格の不一致や価値観の相違が起こりにくくなります

結婚前にふたりで歩み寄りができていれば、離婚するリスクも低くなるといえるでしょう。

結婚に真剣で前向き、誠実な相手と出会うことができる

恋愛の場合は、交際をスタートさせる時には結婚について考えていないケースがほとんどですよね。

また恋愛結婚の場合、遊び相手にされて終わったり、経済力がなかったり、まだ結婚はしたくないというケースや、結婚願望が全く無いという人もいますが、相手を見分けるには時間がかかります。

中には結婚していても、浮気などパートナーに不誠実なことばかりする人もいますよね。

しかし結婚相談所の場合には、結婚に真剣に向き合っている人が圧倒的多数です。

そもそも結婚への強い意志がある人が集まるのが結婚相談所なので、誠実でまじめな人柄の人が多く集まりやすく、やっとの思いで見つけたパートナーを裏切るようなことをする人が少ないのだと考えられます。

理想と現実をしっかりと見極めて結婚することができる

結婚相談所の場合、選任のアドバイザーやマッチングシステムが相性の良い男女を引き合わせてくれるほか、悩みがある時はアドバイザーなどの第3者の意見を聞くことができます。

恋愛結婚のように、好きという気持ちがあれば大丈夫だと思っていても、トラブルを境に夫婦仲が冷めることは十分考えられますよね。

しかし結婚相談所は、結婚や結婚後の希望などを第3者の意見も取り入れて冷静に判断できるので、理想と現実のギャップが少なく、離婚率する確率も低くなるのです。

親族間トラブルもほとんどなし

結婚するということは、お互いの両親や兄弟も関わってきます。

結婚相手ではなく、その両親や兄弟、親戚関係でトラブルを抱えてしまい、それが引き金となって離婚するという夫婦も珍しくありません。

結婚相談所を利用したカップルは、事前に家族構成や情報を共有してトラブルを避けることに努めれば、離婚に繋がることも少ないでしょう。

家族の話題はとてもプライベートなものですが、相談所で結婚を前提に出会い、付き合っているふたりだからこそ情報の共有ができるのです。

結婚相談所を利用したのに離婚する理由は?

一方、結婚相談所を利用して離婚したというケースは、何が問題だったのでしょうか。

ここからは結婚相談所を利用して離婚しないための注意点をまとめました。

セックスの相性が合わない

多くの結婚相談所ではセックスが禁止されており、成婚退会してからでないと体の相性が分かりません

そのため、性の不一致によってセックスレスになり、離婚することも考えられるのです。

セックスは出産や育児にもつながる重要な夫婦の要素。

恥ずかしいと思いがちですが、あらかじめ性についても相手と話し合うことが大切ですね。

婚活におけるセックスのタイミングはいつ?体の相性の大切さと考え方

真剣交際の期間が決まっているので、焦って決めた

結婚相談所のシステムよっては、ひとりの相手と結婚を前提にしたお付き合いに移行(真剣交際)すると、3ヶ月~6ヶ月で結論を出さなくてはならない場合があります。

真剣交際の決められた期間を過ぎれば、自動的に成婚とみなされ退会させられてしまうので、結論を出さなくてはと焦ってしまいがちです。

ふたりの間でしっかり話し合いが出来ないまま結婚に進んでしまうと、結婚式の準備や新生活などで思わぬトラブルが発生しても、うまく歩み寄ることが出来ずに関係が破綻してしまうのです。

まとめ

結婚した人の3割が離婚する現在。

離婚主要な原因である性格の不一致を避けるには、結婚前のふたりの意思疎通や歩み寄りがとても大切です。

結婚相談所を利用すれば、お互いに結婚を前提とした話し合いがしやすく、恋愛結婚よりも離婚しにくい条件が揃っています。

結婚相談所をうまく活用して、幸せな結婚生活を掴みましょう!

> 結婚相談所おすすめランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!