結婚相談所で女性が男性に求める年収は?年収の高低は成婚に影響する?

一昔前の結婚相談所は、高額な費用がかかりお金持ちだけが利用できるというイメージでしたが、婚活の浸透とともに格安で利用できるプランも増え、利用者も増えています。

それに伴ってさまざまな人が結婚相談所で活動していますが、やはり結婚相手に求める条件として気になるのが年収です。

特に男性は年収を基準に女性から選ばれやすく、一定額以下だと結婚相談所の利用も難しくなります。

そこで今回は、結婚相談所に入会するために必要な年収、さらに実際に婚活をしていて年収はどんな影響があるのかをまとめてみました。

▼ 人気の結婚相談所ランキングはこちら
【2018年】結婚相談所おすすめランキング!口コミ評判を徹底比較!

結婚相談所は会う前に年収が分かるので、効率よく婚活できる!

相手男性の年収は気になるけど、直接聞くのは難しい・・・、そんなふうに感じたことのある女性は多いと思います。

育児や出産で働けない期間がある女性にとって、結婚を考える上で年収は重要な要素ですが、男性の機嫌を損ねたり、本当のことを言っていない可能性もあるので判断が難しいですよね。

結婚相談所なら男性の収入証明書の提出が義務付けられていることが多く、年収を聞き出す必要がないので、年収重視の婚活がしたい女性におすすめです。

結婚相談所に入会する時の必要書類を解説!手続きや申請方法まとめ

結婚相談所で年収が意味するものは男女で違う

女性会員の年収は高いと不利になる

女性の20代~30代の平均年収は200万~300万円ほどで、200万円以下の会員も結婚相談所には多く存在します。

共働き志望の男性が増えたため、ある程度の収入源があることが望ましいと思われますが、それでも年収の低さが男性から問題視されることはあまりないですね。

年収の低さよりも、年齢の方が重視されます。

一方で高収入の女性はと言うと、男性自信よりも収入が高い女性は敬遠されがちになることに加え、女性自身も自分より年収の高い相手を求めるため、マッチングしにくいのが現実です。

そのため高収入の女性ほど、成婚が難しいと言われています。

男性会員の年収は一定額以下だと致命的なことも

男性にとっての年収は、女性の年齢と同じように重要な条件の一つ。

年収が一定額以下だと、女性から条件面で足切りされることが多くなり、男性の年収は、低いよりも高いほど良いとみなされます。

ここから結婚相談所で活動する上での男性の年収が与える影響について、くわしく見ていきましょう。

男性の年収別、結婚相談所の婚活に与える影響とは

男性の結婚は年収300万円ラインが明暗を分ける

婚活するうえで年収が低いことは、圧倒的不利といえます。

20代・30代男性で年収が300万円を下回ると、既婚率は8~9%以下なのに対し、年収が300万円以上の同年代男性の既婚率は約25~40%前後と跳ね上がることからも、男性の年収と結婚が強固に関連していることが分かります。

参考資料:内閣府「結婚・家族形成に関する調査

これは年収300万円以下だと共働きで生活するのが基本になり、育休や産休を考えた時の不安から、多くの女性からは結婚対象外になってしまうためです。

年収200万円以下だと結婚相談所への入会も難しい

多くの結婚相談所では、男性会員に対して年収の基準を設けていて、一定の安定した収入が必要になります。

平均してどの結婚相談所でも、年収200万円を下回る男性は入会を断ることが多いようです。

年収が200万以下の場合は結婚相談所よりも婚活サイト婚活アプリなど、価値観を重視した婚活方法がおすすめです。

婚活サイトやアプリは結婚相談所よりも安価で利用でき、趣味や価値観でマッチングできるので、条件が多少悪くても十分に出会うチャンスがあります。

婚活ではデート代や交通費などで意外と出費が多いものなので、こうした費用も多めに見積もっておきましょう。

年収を上げる努力をしつつ、無理にならない範囲の出費でコツコツ婚活するのが、成婚への近道です。

婚活での告白のタイミングはいつ?デート何回目ならOKされやすい?

男性で年収300万円~400万円なら結婚相談所選びが重要

結婚相談所へ登録している男性会員も、年収300万円以上から急増します。

やはり結婚生活のうえで、年収300万円以上をひとつの目安にしている男女が多いということの表れでしょうね。

しかし主な結婚相談所では男性会員の年収ボリュームゾーンは年収400万~600万なので、年収300万~400万だと条件面で若干見劣りしがち

この年収ゾーンの男性が結婚相談所を利用する時は、高収入の男性が多い相談所は避けて、男性会員の収入に大きく幅がある相談所を選びましょう。

女性への条件を緩めにして、アピールポイントを練って価値観重視で婚活すれば、十分に成婚可能です!

初対面の人と打ち解けるのが得意なら、婚活パーティーへの参加も効果的になります。

料理合コンは異性と親しくなりやすい!メリットと婚活当日の流れを確認

男性で年収400万円~600万円は結婚相談所のボリュームゾーン、人気も高いがライバルも多い!

結婚相談所を利用している男性会員でもっとも多いのが、年収400万円~600万円です。

ちなみに男性に求める条件として、安心して出産・育児ができる目安に年収500万円を条件にあげる女性が多くなっています。

この年収ゾーンに属する男性は、多くの女性とマッチングしやすいので、お互いの相性や価値観などが合えばすぐに成婚するケースもありますよ。

ただし、同じくらいの年収の会員が多いということは、同じ条件のライバルも多いということ。

そうなると女性は、男性のプロフィール写真や自己紹介文などを重視するので、しっかり自分の良さをアピールしていきましょう。

成功する男性の婚活プロフィールの書き方とは?例文やポイントも紹介!

産休・育休中も夫の年収だけで生活できるから、婚活も上手くいきやすい

年収400万円~600万円の男性と結婚すれば、女性が出産・育児で休職や退職をしても、夫の年収だけでもある程度生活が可能ですよね。

女性は結婚生活を見越して、まず男性の年収に注目するため、年収500万程度よりも上の男性会員は人気が高く、婚活が上手くいきやすい傾向があります。

年収600万円以上の高収入男性も結婚相談所にはたくさんいる

日本で30代男性の平均収入は月に約28万~32万円程度(正規・非正規含む)で、年収に直すと336万~384万円にプラスボーナスで400~500万程度でしょう。

参考:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査 結果の概要

しかし結婚相談所では費用がそれなりにかかることから、一般平均より高収入の男性が多く所属している傾向がみられます。

例えばIBJメンバーズは、年収600万以上の男性会員が58%を占め、高収入の男性と結婚したい女性には狙い目の結婚相談所です。

中には年収が1000万円という会員もいますが、結婚相談所によって男性会員の収入比率は大きく異なるので、男性会員収入データを入会の際の目安にしましょう。

結婚相談所おすすめランキングでは、各相談所の男性年収データも紹介していますので参考にしてくださいね。

結婚するのに高収入を条件にするのはアリ?

一般よりも高収入の男性が多く結婚相談所に集まっているとはいえ、高収入で人当たりの良い男性は人気が集中し、すぐに成婚退会していきます。

ライバルが多い彼らと出会うには、女性も釣り合えるほどの条件が必要になるので、高収入の男性だけをターゲットにするのはあまりオススメできません。

もし年収を結婚の条件にするなら、希望年収を挙げるよりも、最低年収ベースで考えましょう。

生活する上で最低限の年収を条件にすれば当てはまる男性も多くなり、年齢や価値観など、相性の良いパートナーを選びやすくなりますよ

まとめ

結婚相談所に入会しようと思う男性は、結婚相談所よりも違う方法で婚活したほうが成果が出やすいケースもあるので、ライバルになる男性会員の年収を事前チェックすることが重要です。

高収入の女性の場合は、自分よりも高収入の男性を探すだけでなく、自分より収入が低くても仕事に対する情熱を受け入れてくれる男性も探してくださいね。

男性の年収が高いにこしたことはありませんが、あまり高望みしすぎるとせっかくのチャンスを逃すことに繋がるので、女性は最低年収をベースに考えましょう

あくまでも年収は条件のひとつですので、長所や短所など併せて総合的な相性を忘れないようにしたいですね。

> おすすめ結婚相談所ランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!