結婚相談所なら年収300万でも結婚可!結婚相談所を利用すれば年収よりも大切な事をアピールできる

女性が結婚相手に求める条件で、「年収はどれくらいか」という項目は欠かせません。

とりわけ結婚相談所で結婚相手を探すとなると、まず女性が最初に着目する相手の条件としては「学歴」や「身長」、「離婚歴や子供の有無」に並び「年収」を必ずチェックするといっても過言ではありません。

そこで今回は年収300万円の男性でも、結婚相談所を利用することができるのか、さらに年収300万円でも婚活して結婚することができるのかどうかについて検討してみましょう。

実は結婚相談所なら年収300万円という点を気にすることなく、他の部分で自分の魅力をアプローチしていくこともできます。

年収300万円ということを気にすることなく婚活するためのポイントも合わせてご覧ください。

【2018年】結婚相談所おすすめランキング!口コミ評判を徹底比較!

意外にも女性の多くが年収300万円は合格ライン

実は意外にも、多くの女性が結婚相手に求める年収の合格ラインは「年収300万円以上」となっています。年収300万円というラインは、結婚相手の男性の条件として多くの女性が合格としているのです。

年収300万円でOKという女性の割合は、全体の31%以上を占めていて、最も高い割合となっています。

結婚相手に求める年収(割合が高い順)

  • 年収300万円以上・・・・31.5%
  • 年収500万円以上・・・・27.8%
  • 年収は気にしない・・・・27.1%
  • 年収700万円以上・・・・9.3%
  • 年収1000万円以上・・・・4.2%

結婚相談所の入会条件は年収300万円でも大丈夫なのかどうか

結婚相談所のほとんどは、入会するためには審査に合格する必要があります。

結婚する意志があることや独身であることはもちろん、年収もある程度まとまった金額がないと入会できないという場合も多いといえます。

では年収300万円は、結婚相談所の入会条件に合格できるのでしょうか。

年齢×10という年収があることが望ましい

結婚相談所の多くは、年収に関する条件として年齢×10以上の年収があると入会できるということが多くなっています。

つまり20歳であれば20×10となり、200万円の年種があることが条件になります。30歳であれば30×10で300万円の年収が理想的です。

ほとんどの結婚相談所で、入会はすることができますが、年収が低いと紹介する相手がいないという状況になり、登録していてもお金ばかりがかかってしまうということにもなりかねません。

毎月決まった収入があることが条件という結婚相談所も多い

毎月しっかりと給料をもらうことができる、安定した収入があるという場合には、年収が300万円でも、それ以下であっても登録できる結婚相談所も多くなっています。

ハイレベルな出会いを特別に求めているというわけでなければ、入会の際に重視される点は、年収が多いか少ないかではなく、安定した収入が毎月必ずあるかどうか、決まった収入を得ているかどうかということになります。

年収よりも自分の魅力や他の条件婚活することが大切

結婚は年収が高ければできる、結婚してからの幸せな生活が約束されているというわけではありません。

どんなに年収が高くても、浪費してしまう癖があったり、全く貯金することができないような相手では、高額な年収も意味がなくなってしまいます。

逆に年収が低くても、工夫して貯金することができる、無駄つかいをしないという人であれば、年収が低くても生活に困ることはないでしょう。

このように、年収は結婚してからの生活に重要となるかといえば、必ずしもそうとは言い切れないのです。

そこで年収よりも自分の魅力、いいところでアピールして婚活をしていく方法をご消化します。年収300万円でも気にすることなく婚活してみましょう。

共働き希望の相手を探す

結婚してから家庭に入りたいという人もいれば、仕事を続けていきたいという人もいます。

自分の収入が300万円と低めであれば、相手は共働き希望の人がおススメです。二人で仕事をすればダブルインカムとなり、結婚後の生活も安定するでしょう。

結婚してから生活していくうえで、働くかやめるかという取り決めが明確になっていれば、結婚してからの生活トラブルを予防することにもつながります。

低い年収は貯蓄でカバーする

年収が300万の人は、年収が600万の人よりも条件においては劣ってしまいます。

しかし、年収は300万円だけれども貯蓄は600万円あるという場合は、話が全く違ってきます。この場合、年収が低くてもしっかりと貯蓄ができる人、節約家で無駄つかいをしない、お金の使い方を知っている人という印象を与えます。

逆に年収は600万円となる、はたから見るとかなり好条件といえますが、貯蓄額が0だったらどうでしょうか。年収が600万円もあるのに、全く貯金ができない浪費家、稼いだお金は全てきれいに使い果たしてしまう生活力のない人という印象を持たれます。

年収が300万円でも、貯蓄などでカバーすれば、さほど気にならなくなるのです。

自分のメリットを生かして年収が300万をチャラにする

例えば年収が300万円でも、誠実で真面目、一途に自分を愛してくれるという人は非常に魅力的です。

また家事が得意、家庭を第一に考えて家族を大切にする、かなり安定した職業についているという人であれば、年収が300万は全く気にならなくなります。

その他にも、他の人には無い自分の魅力をアピールする、自分との結婚はこんなメリットがあるということを見せることができれば、年収300万をチャラにできる場合があるでしょう。

まとめ

年収が300万は一見マイナスポイントに感じられ、年収の面で婚活を躊躇してしまうという人もいます。

しかし年収が300万という数字は、婚活をしている多くの人の合格ラインとなる収入であり、あまり気にする必要はないでしょう。

さらに高所得の人に対抗するためには、年収以外の自分の魅力が伝わるような婚活を心がけること、自分との結婚にはメリットがあるということを発信していくことが大切です。

婚活するうえで、年収は多ければ多いほどたくさんの出会いのチャンスが与えられますし、より希望に近い人との結婚をすることができるでしょう。

しかし昨今では多くの人が結婚相談所を利用し、年収が300万という人はむしろ最も多い会員層だといえるでしょう。

自分の年収にコンプレックスを持たず、自分をありのままで認めてくれる相手探してみましょう。

> 結婚相談所のおすすめランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!