結婚に向いている男性と向いていない男性の違いと結婚できない男性の特徴

結婚は女性だけでなく、男性にとっても人生のターニングポイントと言って良いくらいに重要な意味を持ちます。

また、『結婚=社会的に認められる』と言う日本の風潮もあるため、男性にとっても真剣に考えるべき事でしょう。

では、「結婚に向いている男性」とは、どのような特徴を持っているのでしょうか。

一方で、「結婚に向いていない男性」や「結婚できない男性」はどのような人を指すのかを検証します。

▼ 結婚に向いている女性の記事はこちら
結婚に向いている女性と向いていない女性の違い!結婚できない女性の特徴とは?

結婚に向いている男性とは

結婚に向いている男性とは、次のような特徴を持ち合わせています。

注目すべき点は、女性の社会進出が盛んになり、共働き世帯が増えているという事情です。

こうした現状を見ると、自炊ができていたり、女性に依存していなかったりする自立心のある男性が結婚向きと言えるでしょう。

一通りの家事をこなせる

今や、男性が家事を担うのは当たり前になってきていますね。

これも、女性が男性と同等に働ける社会になったからなのです。

これからも今以上に共働き世帯が増えるでしょう。

女性の残業や休日出勤なども当たり前のようになるはずです。

ですが、男性の理解がなければ女性の家事負担はますます増えるばかりです。

最悪、男性の協力が得られずに、離婚というパターンになる可能性もあるでしょう。

そんな事にならないためにも、男性は家事の一通りができるようにしておかなければならないでしょう。

また、元々一人暮らしが長かった男性などは、自然に家事をこなせるので、奥さんが働いていたとしても、家事分担を円滑に進める事ができます。

女性に依存しすぎない

結婚する前は、男性に対して様々な世話を焼いてくれていた彼女。

ですが、結婚して出産すると、その愛情の殆どが生まれてくる子供に注がれる事になるのです。

男性からすれば寂しく感じる瞬間でもありますが、母性愛の強い女性は子供につきっきりになる事は健全な事です。

このような忙しい育児時期に、女性の負担を減らすように、自分の事は自分でしたり、育児に協力できたりする男性こそ、立派な家庭を築ける人です。

仕事に対してまじめ

結婚後、家庭の基盤となるのは、何と言っても経済力ですね。

高収入というよりは、安定した収入がある事が重要ですね。

それには、常日頃から、仕事に対する真面目さと熱意がある事が大切です。

「先々は家族を養うための経済力が大切」

と心得ている男性が望ましいでしょう。

挨拶やマナーがしっかりできる

普段から近所の人に心地よい挨拶をしたり、社会的なマナーが理解できていたりする男性は、結婚後もご近所や親戚との関係が良好に保てるでしょう。

結婚ともなれば、個人だけの問題だけでなく、家族同士、親戚同士も関係してくるわけです。

こうした基本的な挨拶やマナーは結婚後もとても大切なポイントです。

配偶者の親も大切にしてくれそう

お付き合い中に、自分の親だけでなく、女性の親に対しても思いやりのある行動のある男性は結婚後も変わらずに、女性側の親も大切にしてくれるでしょう。

また、女性側の両親からも気に入られやすくなるため、周りからの反対もなく縁談が進みやすいです。

もちろん、結婚後も家族含めた円滑なお付き合いが期待できますね。

子供好き

結婚の次に訪れる子供の誕生。

「子供は天からの授かりもの」というくらいに、子供に対して愛情を与えられる気持ちの持ち主であれば良いでしょう。

そのような男性は、結婚後も女性だけに育児を押し付けるような事はしないです。

結婚に向いていない男性

結婚に向いている男がいる傍ら、結婚に向いていない男性も存在します。

このような男性は、いざ、結婚したとしても次のような理由から、家庭崩壊しやすくなるでしょう。

ギャンブル好き

どのような理由があっても、ギャンブルは家庭に悪影響を与えてしまいます。

もちろん、軽いギャンブルならば、ストレス解消になる効果はあります。

ですが、消費者金融などから借り入れするくらいにエスカレートしてしまったギャンブル好きは、結婚後に暗い影を落とす事間違いなしでしょう。

男尊女卑思想を持っている

「家庭では女性よりも男性が優位」

と言う考え方を持っている男性は、結婚後も極度の亭主関白ぶりを発揮します。

それにより、女性のストレスをためさせてしまうでしょう。

昔の日本ならば、そうした風潮も否定できませんでしたが、現在は女性を卑下するような言動は誰にも受け入れられません。

もちろん、家庭崩壊のきっかけにもなるでしょう。

経済力がない

今の仕事は自分のやりたい事ではないからとすぐに転職を繰り返したり、無駄遣いをしたりする男性は、結婚しても家計を引っ張るだけでしょう。

また、お付き合いしている時も、ヒモのような立場で女性から食べさせてもらっているような男性は結婚してから、女性が苦労するだけです。

低年収でも婚活にチャレンジ!諦めない気持ちと強みを最大限にいかそう!

秘密主義

パートナーに対して、なんでも秘密にしてしまう男性は、結婚後もあらゆる秘密を作り続けるでしょう。

こうした秘密主義な性格が災いして、浮気も隠れてすることになります。

結婚できない男性

結婚願望が無いわけではないのに、お付き合いもうまくいかずに、結婚できない男性は一定の割合で存在します。

その理由は次のようなものです。

マザコン

何でもお母さん優先で、なぜがデートの時間や場所までも報告するのが当たり前。

そんな男性と結婚すれば、もちろん、結婚生活にも義理母が関与してくるでしょう。

自由人でいたいタイプ

結婚は共同作業のようなものです。

相手に合わせなければならない瞬間がたくさんある事でしょう。

それに対して束縛される事を最も嫌うような男性は結婚してからもパートナーの事を尊重せずに結婚生活に亀裂が生じやすくなります。

結婚よりも大切な趣味がある

結婚よりも重要視している大切な趣味があったり、もし結婚したら、その趣味をやめなければならないほど、お金がかかったりすれば、結婚はトラブルのもとになります。

男性が結婚と趣味を天秤にかけている以上、婚期を逃してしまっているのでしょう。

まとめ

男性にとって結婚とは、女性のように、華やかなウエディングドレスやチャペルに憧れを抱くような事はないですね。

ですが、結婚とは、社会的に認められるための登竜門と言っても過言ではないでしょう。

十人と色という言葉があるように男性にも様々な性格があります。

という事から、世の中には、結婚に向いている男性、結婚に向いていない男性が存在します。

また、残念ながら結婚できない男性もいるのですね。

この記事を見ていただいた方は、自分はどのタイプの男性なのか、理解していただけたでしょう。

たとえ、結婚に向いていない男性に当てはまったからと言っても、結婚に向いている男に近づけるように努力すれば、ステキな伴侶に巡り会える事でしょう。

> 婚活サイト&アプリのおすすめはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!