結婚するメリット・デメリットを徹底解説!結婚はしない方がいい?!

人生のターニングポイントである結婚は、男性も女性も大きな覚悟が必要でしょう。

何となく結婚しようかな・・・と考えている人も多いですが、結婚にはメリットデメリットが伴います。

また、「結婚するメリットがわからない」「結婚にデメリットのイメージしかない」という人も少なくありません

そこでこちらの記事では、結婚するメリットとデメリットについて詳しくまとめました。

婚活中の人も、メリットとデメリットを理解して、現実を見極めることも大切ですよ。

生涯独身を覚悟!一生独身を貫く「結婚しない生き方」とは!?

結婚するメリットがわからない男女が増えている!?

未婚率が年々高くなり、結婚しても3組に1組が離婚すると言われている世の中。

結婚するメリットがわからないといった、マイナスなイメージを抱いている人も多いでしょう。

しかし、実際に結婚して幸せに過ごしている人も、結婚して良かったと思っている人もたくさんいるのです。

結婚は楽しいことばかりではありませんが、困難な時をどう乗り越えていけるのかが重要

結婚の損得ばかり考えていては、ますます結婚できなくなってしまいますよ。

生涯未婚率の推移を上昇させてしまう原因とは?対策となる婚活方法

男女に共通する結婚のメリット・デメリットとは?

では、実際に結婚するメリットやデメリットには、どんな事があるのでしょうか。

まず、男女に共通する結婚のメリットとデメリットについて、見ていくことにしましょう。

結婚するメリット

家族としての安心感が得られる

入籍することによって、姓も同じになり、家族としての一体感が得られます。

結婚後に何か問題が起きても、2人で乗り越えていけるという安心感はかけがえのないものとなるでしょう。

また、高齢化社会の日本では、老後の心配もつきものです。

パートナーがいることで、楽しく安泰な老後生活を送ることができるはず。

好きな人の子供を持てる

男女ともに、結婚する大きなメリットの1つが、安心して子供を持てること

好きな人の子供を持って、育てていくということは、本当に幸せなことですよね。

お互いの絆も深くなりますし、親としての責任感も生まれます。

親を安心させてあげられる

結婚しない子供を心配しない親はいません。

結婚しない子供を見て、自分たちが死んだら・・・なんて考える親御さんも少なくないでしょう。

結婚することで、親の不安を軽減させてあげることができるのもメリットの1つ

また、子供を持って、孫の顔を見せてあげることが親孝行にもなるでしょう。

子供の変わりに親が婚活する代理結婚については、「親が行う代理婚活って?結婚相談所で開催される代理お見合いの実態」で詳しく解説しています。

結婚するデメリット

自分の時間や自由がなくなる

結婚すると独身の頃のように、好きなように遊んだり、趣味に時間を費やしたりすることができなくなるでしょう。

結婚することによって、そういった楽しみを制限しなければならなくなるのです。

義親や親戚との付き合いが負担

義親ができることによって、繋がりも広がり、助けてもらえることも多くなりますが、それ以上に問題が多く考えられます。

例えば、夫の両親と同居する事になった場合、嫁姑問題が勃発したり、介護等の問題も発生。

夫婦できちんと話し合いをしていなければ、最悪離婚を招く原因にも繋がるでしょう。

親と同居が条件の婚活は厳しい?親と同居するメリット・デメリット

二度と恋愛ができなくなる

結婚すれば、配偶者以外と恋愛関係になるのは「不倫」として社会的にも、法律的にも許されることではありません。

結婚した後に、どんなに素敵な人が現れても、自由に恋愛することはできなくなります

また、お互いに不倫されていないか・・・と心配することも増えるでしょう。

簡単に別れられない

入籍前であれば、価値観の不一致や喧嘩、浮気等が理由で破局することは自由にできます。

しかし、結婚している場合、法で結ばれているので、簡単に別れることはできません。

子供がいたり、お互いの両親の事を考えたりすれば、なおさら難しくなるでしょう。

また、離婚という世間体の悪さを感じてなかなか決断できない人も多いです。

男性が結婚するメリット・デメリットとは?

では、男性が感じる結婚のメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか。

結婚するメリット

社会的に認められる

日本では結婚しているだけで、社会的に認められる風潮がまだ残っています

例えば、金融関係の会社では、結婚している事を前提に支店長への昇格が行われることも。

結婚している男性は責任感もあって、信頼できる」というような、評価を受けることも多いでしょう。

結婚できて一人前だという考えなので、結婚することによって社会的に信頼を得ることができます

銀行員と結婚したい場合の出会う方法と結婚する時の注意点

家事の負担が減る

今まで、1人暮らしの時にこなしていた家事が、結婚することによって楽になります。

奥さんが専業主婦の場合は、家事は任せることができますし、共働きでも分担することができますよね。

共働きの場合は、家事をしっかり分担することが、夫婦円満の秘訣だと言っても過言ではありません。

専業主婦になりたい人向けの婚活方法!夫になる人の年収はいくら必要?

結婚するデメリット

自分の稼いだお金を自由に使えない

男性が結婚することによって、大きな影響を受けるのが金銭面だと言えます。

今まで稼いだお金を好きなように使うことができたのに、結婚することによって、「お小遣い制度」になったり、自由に使えるお金がほとんどなくなるでしょう。

経済的に余裕のある女性と結婚すると問題ありませんが、ほとんどの場合が独身の頃に比べるとデメリットに感じる男性が多いです。

嫌婚とは何?結婚を嫌がる【嫌婚男子】が増加中!特徴と対処法を解説

挑戦することがなくなり、保守的になる

結婚することによって、家族を守らなければいけないという責任感が生まれます。

仕事に関して、転職や独立したいなと思っても、なかなか挑戦できずに諦めてしまう男性も多いでしょう。

今の状況を守ることを優先させてしまい、保守的な生き方になってしまいます。

結婚したくない男性の心理とは?彼氏を結婚する気にさせる秘訣は?

女性が結婚するメリット・デメリットとは?

次に、女性が結婚することによってのメリットやデメリットを見ていきます。

結婚するメリット

子育てが安心してできる

安心して子育てができるということが、女性にとって結婚の1番のメリット

未婚でも子供を授かることはできますが、育てるとなると様々な困難が待ち受けています。

結婚することによって、男性の収入や協力もあるので、安心して子育てができるでしょう。

未婚で独身だけど子供が欲しい!アラフォー女性が増えている理由とは?

経済的に安定する

女性の社会進出が増え、経済的に余裕のある女性も増えています。

しかし、まだ男性の方が収入も多く、生活を支えてもらっている女性がほとんど。

結婚することによって、経済的に安定すると言えるでしょう。

バリキャリ女子は男性に避けられる?キャリアウーマンのベストな婚活方法

結婚のデメリット

姓が変わること

夫婦別姓を選ぶ人も増えつつありますが、日本では9割以上の夫婦が結婚の際に、夫の姓を選ぶと言われています。

姓が変わることによって、さまざまな手続きを行わなければいけないので、手間も時間も費やすことになるでしょう。

そういったことから、仕事をしていると、姓の変更が面倒なので、旧姓のままで働いている女性も多いですよ。

家事や育児、介護の負担が大きい

家事や育児は、夫婦で分担というのが理想ですが、女性への負担が大きいのが現状

男性がそれに気づかず、女性が不満を募らせている場合も多いです。

また、親の介護が必要になった時、男性が仕事を辞めることはほとんどないため、女性が介護に当たる場合が少なくありません。

結婚すると金銭面で助かる制度がたくさん!

結婚すると、経済的な問題が不安という人も少なくありません。

しかし、結婚することによって、税金等の制度で金銭面に助かることも多いのです。

ここでは、金銭面で助かる国の制度会社からの手当てをいくつか紹介していきますね。

配偶者控除が受けられる

配偶者控除は、結婚することでしか得られないメリット。

妻が専業主婦やアルバイトやパートで働いていて、収入が103万円以下の場合、夫の税金が安くなります

一般的なサラリーマンであれば、年間7~12万円の税金が減ることになりますよ。

社会保険の扶養に入りやすい

妻の年収が130万円以下の場合は、夫の扶養家族になるため、健康保険料や厚生年金保険料等の社会保険証を負担する必要がありません

専業主婦やアルバイトやパートで収入の少ない家庭にとっては、金銭的に助かる制度と言えるでしょう。

会社からの手当がもらえる

結婚することによって、「結婚手当て」や「子供手当て」等が毎月もらえる会社もあります。

また、共働きの場合、「出産手当金」や「育児休業給付金」を支給してくれるので、かなり金銭的にも助かるでしょう。

こういった制度を知らない場合は、損をする可能性があるので、結婚や出産の際は会社の担当部署に相談することをおすすめします。

入籍しない場合はどうなるの?

パートナーがいるのに、入籍せずに事実上の結婚生活を送ることを「事実婚」と言います。

一般的には、結婚を決めたら入籍しますが、中には結婚のメリットやデメリットを考えて、入籍せずに事実婚を選ぶカップルもいるのです。

以下のメリットやデメリットを理解した上で、2人の結婚スタイルを考えるようにしましょう。

メリット
  • 姓を変更しなくていい
  • 名義変更等の手続きが必要ない
  • 法的な手続きなしに別れることができる
デメリット
  • 税金の軽減が受けられない
  • 代理の手続きができない場合がある
  • 遺産等の相続権がない
  • 子供が生まれたら、男性は認知しなければならない

▼ 独身でいるメリット・デメリットはこちら
結婚しなくても幸せ?!独身でいるメリットとデメリットを知ろう!

結婚に対してマイナスなイメージが多い理由

上記で述べたように、結婚することによってデメリットだけではなく、メリットになる事もたくさんあることがわかりました。

それなのに、「結婚は人生の墓場だ」なんて言う人がいたり、マイナスなイメージを持つ人が多いです。

結婚したこともないのに、デメリットばかりが先行する理由は次のような事が考えられるでしょう。

  1. とにかく縛られたくない、自由に生きたい
  2. 結婚を重く受け止めている
  3. 異性に不信感がある
  4. 結婚に対してポジティブに考えられない

デメリットになることばかりが目立ちますが、結婚して良かったと思う人も多いのです。

実際に結婚して得することも多いので、周りで結婚についてデメリットばかり言う人がいても流されないようにしましょう

結婚してから、2人でどう過ごしていけるのかが、最も大切なのです。

結婚は人生の墓場って本当なの?墓場と言われる理由って何?

まとめ

結婚には、必ずメリットもデメリットもあります。

しかし、結婚するにあたって損得を考えるより、結婚後に2人でどのように過ごしていくのかが大切だと言えるでしょう。

男性と女性が感じるメリット、デメリットも違うので、お互いが理解し合ってコントロールしていくようにしてくださいね。

結婚するからには、2人で老後まで幸せに暮らしたいもの。

結婚はゴールではなくスタートなので、理想ばかり追い求めないようにしましょう。

コメントを残す