結婚するべきかしないで別れるべきか迷う時!迷いから決断する方法!

結婚は、自分の人生を左右する大切な分岐点。

たとえ、愛する人が目の前にいたとしても、土壇場で結婚に迷いを生じる事は不思議な事でも間違った事でもありません。

「マリッジブルー」なんていう言葉があるように、男女関係なく結婚に対しての希望とは裏腹に、迷うタイミングは多かれ少なかれあるはずなのです。

では、今お付き合いしている彼や彼女について結婚をすべきか悩まれている方はどのような点で足踏みしているのでしょうか。

この記事では、今お付き合いしている恋人との結婚をすべきか迷ったときに、判断するポイントをまとめています

結婚する上で大切なこと17選!幸せな結婚へ向けて重要なことを確認

結婚に迷うのは何故?

あなたは今、結婚という人生の中で最も重要な決断に向けて迷ってはいませんか?

結婚に迷うと言う事は、「この人と本当に一緒になって幸せになれるのだろうか…」「後悔しないだろうか…」という不安が交差するからです。

中には、結婚に対して何の不安も抱かない人もいるでしょう。

このような人は、結婚という目先の幸せに舞い上がり、恋は盲目状態になっているため、失敗するケースもあります。

結婚を客観視して見られているからこそ、結婚に迷いが生じるのです。

では、彼氏、彼女それぞれに結婚を迷う理由を考えてみましょう。

結婚を後悔してる男性の理由&女性が結婚を後悔した男性の特徴!

彼氏に対して結婚を迷う理由

女性が彼氏に対して結婚を迷う理由は次のような事があげられます。

彼女があなたとの結婚に迷いを生じさせないためにも、思いあたる節があれば、改める必要があるでしょう。

結婚に向いている男性と向いていない男性の違いと結婚できない男性の特徴

転職癖がある

数ヶ月単位で転職を繰り返すような彼氏に対して、結婚を迷うことがあります。

女性は、彼氏が転職するたびに、給与は安定しませんし、将来的に不安を抱くでしょう。

D V気質がある

お付き合いしている時に、暴力まではいかなくても、物に当たったり暴言を吐いたりするような彼氏に対して結婚を迷うでしょう。

このような男性は、結婚後ひどい暴力を振るうようになるかもしれないからです。

いつも俺様流で男尊女卑を匂わせる

今は、男女平等の時代です。

そんな時代にもかかわらず、いつまでも昭和の男流儀で女性を見下す態度をとる彼氏。

こんな男性は「結婚後も家事は女の役目!」と決めつけて一切、家事に協力してはくれないでしょう。

嘘をつく

相手を傷つけるような嘘ばかり言うような彼氏は結婚後も、自分の都合の良いように嘘を重ねるでしょう。

エイプリルフールにつくような笑える嘘ならまだしも、女性関係やお金関係の嘘をつくようになったら、信用は台無しです。

そんな彼氏との結婚に迷いが生じるのは当たり前ですね。

婚活で年収の嘘を見抜く方法は?嘘の心配のない出会い方も紹介

隠し事が多い

「実は多額の借金がある」「実は重大な持病を抱えている」などの隠しごとが多い彼氏。

夫婦とは、何でも言いあえる仲でなければならないはずですね。

隠し事をされると言う事は、信用されていないという証でもあります。

結婚してもすれ違いが生じるでしょう。

マザコン

どんなシーンでも、必ず自分の母親に相談してからでないと行動に移さない彼。

結婚しても義理母の存在が面倒になる事は目に見えています。

家事を手伝ってくれなさそう

付き合っている時に家事を少しも手助けしてくれない彼氏。

結婚して共働きになったら、自分ばかりに家事負担が生じるのではないかと結婚に迷います。

彼女に対して結婚を迷う理由

彼氏が彼女に対して結婚を迷う理由は次のような点でしょう。

彼と結婚というゴールを目指したいのであれば、女性側も、注意深く行動する事が大切です。

結婚に向いている女性と向いていない女性の違い!結婚できない女性の特徴とは?

彼女が家庭的でない(料理や洗濯などの家事ができない)

男性が最も懸念する事は、洗濯や料理などの家事が一切できない彼女です。

家庭的でない女性を妻にする事は男性からすれば、とても不安で、結婚を迷うでしょう。

いくら、女性の社会進出が著しくなってきているからといっても、男性の心の中には、自分の妻になる女性は「家庭的であって欲しい」と願っているのです。

安らぎが感じられない

会う度、イライラしていたり、乱暴な言葉遣いや品格がなかったりする女性に対しては少しも安らぎを感じられません。

こうした彼女の本性に気づいた時に、彼女との結婚に迷いを生じます。

男性は仕事で心身ともに疲れて帰宅します。

そうしたストレスを緩和してくれる女性を妻にしたいと考えているでしょう。

キャリアを捨てられない

女性も働く時代になりました。

ですが、彼氏側とすれば、彼女には結婚をしたら、なるべく家庭も守って欲しいと思っているでしょう。

バリバリのキャリアを捨てられずにいる彼女に対して、「仕事中心の夫婦になってしまわないか…」と不安を抱きます。

こうして、なかなかキャリアウーマンという看板を外せない彼女との結婚に迷う男性もいるでしょう。

バリキャリ女子は男性に避けられる?キャリアウーマンのベストな婚活方法

子供が好きではなさそう

「将来は子供が欲しい…」そんな彼が求める女性像は、母性本能に満ち溢れた女性でしょう。

「将来は子がいなくても夫婦2人で十分」「子育てはお金も労力もかかるから無理…」などと言ってくるなど、彼女は全然子供が好きではない様子…

こんな彼女ならば、彼氏は結婚を迷うはずです。

結婚に迷ったら考えたい4つの事

万が一、結婚に迷ったら次のような事について冷静に考えてみましょう。

結婚への決断はそれからでも遅くはありません。

相手の欠点も含めて好きでいられるか

相手の欠点はあなたの許容範囲内でしょうか。

欠点も含めて一生好きでいられる相手なのかを考えてみてください。

もし、どうしても相手の欠点を見て見ぬ振りできなかったり、相手の長所をも上回るくらいに欠点が目立っていたりするのであれば、結婚生活はむすがしいかもしれませんね。

一方で、相手の欠点を物ともせずに、生活が送れるのであれば結婚生活はスムーズに送れるでしょう。

相手との将来像を描けるかどうか

目をつぶってみた時に、あなたとの脳裏にはパートナーとの将来像が描けていますか?

例えば、相手との子供がいてしあわせな生活を送っているシーンや、2人の老後を満喫しているシーンなどです。

こうした、将来像がすぐに描けている場合、結婚に迷う事はないでしょう。

ですが、少しも思い浮かばない場合、結婚に踏み切るのは危険かもしれませんね。

お互いの人生を支えられるか

結婚というものは、良いこともあれば悪いこともるというように、山あり谷ありという自覚を持つ必要があります。

もし、相手になんらかのピンチが訪れた時に、支える自信はあるでしょうか?

例えば、彼の会社が突然倒産して、一文無しになったら、「私も働くから大丈夫だよ!」と言えるような自信があるかを考えてみましょう。

結婚生活が順調な時にだけ寄り添っているような夫婦では仮面夫婦と言っても良いくらいです。

本心から支えられるような相手であるかを改めて考えてみましょう。

体の相性は合うか?

夫婦の体の相性はとても大切です。

なぜならば、早くからセックスレスになってしまうと、お互いに子供が欲しいと思っていても難しくなってしまうでしょう。

お付き合いしている段階で、既にセックスレスになってしまっているようなカップルの場合、その2人で結婚生活を築くのは難しくなります。

婚活におけるセックスのタイミングはいつ?体の相性の大切さと考え方

結婚をするべきか…決め手となる5つの事

「結婚をするべきか…」の決めては次のようなものです。

思い当たる事がいくつかあれば、そろそろ結婚を決断する時でしょう!

  1. 2人の相性がバッチリだと実感した
  2. 将来に対する考え方や価値観が合致している
  3. 収入、職業が安定している
  4. 自分の事を大切にしてくれていると感じた
  5. 年齢や転勤などのタイミングがぴったりだった

結婚の決め手となるのは、こうした事柄がお互いに実感できた時だと言えるでしょう。

結婚相手の決め手やきっかけは何?決意の理由をランキングで解説!

結婚するか別れるかを悩む理由

恋人と結婚するか別れるかを迷う人もいます。

お互いに溝が生まれてしまうと、別れた方が良いのではないか?と頭をよぎります。

果たして、結婚まで考えていた人と別れるか悩む理由とはどのようなものでしょうか。

パートナーに浮気ぐせがある

浮気というのは、パートナーを裏切る行為そのものです。

今までは恋人同士だったからこそ相手の浮気に目をつぶり、許せていたという人も少なくないはずです。

そうした浮気や不倫という裏切りが、法律上結ばれる結婚という場で行われた場合、到底許す事はできないでしょう。

この浮気が原因で離婚するというケースはとても多いのです。

かなりの浪費家・ギャンブル癖

パチンコや競馬などのギャンブル癖が治らない彼氏。

いつも見栄を張ってブランド物を買い漁る彼女。

このように、異常にお金を浪費してしまう人が一生涯のパートナーとして君臨してしまえば、生活はあっという間に火の車でしょう。

結婚は経済的な安定の上に成り立っているものですから、こうした人との結婚で、借金まみれの暗い生活が予測されます。

いくら、パートナーの人間性に惚れていても無謀なお金の使い方で別れを決断する事はあります。

まさに、お金の切れ目は縁の切れ目とはこの事ですね。

目標を立てる女性金銭感覚の違う彼氏彼女と結婚できる?金銭感覚違いをチェックしておこう

義理親との関係性が上手くいかなそう…

いくら、2人の交際が順調だったとしても、相手の親と上手くいかないというケースでは、先々お先真っ暗です。

残念ながら、結婚とは、お互いの家と家が親密になってくるため、無視はできない問題なのです。

特に、パートナーの家が地主だったり、開業医だったりする場合、相手の親の意見が結婚を大きく左右させる事にもなりかねません。

中には興信所などに依頼して結婚相手の素性を調べる家もあるくらいです。

交際中に何度か相手の親と交流を重ねたけれども、いつも冷ややかな態度で接してきたり、反対していたりするような義理親がいると結婚への不安が募り、結婚するか別れるかを迷います。

相手の健康に不安がある

パートナーがあまりにも暴飲暴食、喫煙など生活習慣が乱れすぎているなどして健康に心配がある場合、「将来的に大病になってしまうのではないか…」と不安になるでしょう。

お付き合いしている時から、不摂生な生活を送っているような人は大病にかかってしまうリスクも高くなります。

そうした不健康な人と結婚する事になれば、自分が看病する羽目になります。

生涯の伴侶になる人とは、なるべく健康に一生を送りたいものです。

相手の健康に不安がある場合も結婚するか別れるかを迷うことになるでしょう。

持病を持っている人の婚活方法って?持病があっても婚活を諦めないで!

恋人と結婚をするかしないか迷った人の結末とは…

世の中の男女は、恋人と結婚するかしないかを迷った結果どのような結末になっているのでしょうか。

結婚を迷った結果、結婚をした人と結婚をしなかった人のパターン例をあげます。

結婚を迷った末に恋人と結婚したケース

35歳/公務員

彼の優柔不断なところが気になっていて結婚をするかしないか迷いました。

ですが、彼には、それ以上にステキなところがあったので、思い切って結婚しました。

今では、そうした優柔不断な彼の性格も気にせずに、楽しく暮らしています。

34歳/製薬会社勤務

安定した職についていないという理由から、相手の親に反対されていました。

そうしたことから、結婚するかしないか迷いました。

その後、安定した企業に転職して、再度ご挨拶に行ったら、結婚の許しを得て無事に彼女と結婚できました。

頑張って転職して良かったです。

32歳/商社勤務

付き合っている時、彼女は全然料理ができず、彼女との結婚に迷っていました。

自分の中では、結婚する女性は家庭料理のできる家庭的な人と決めていたからです。

そんな僕の気持ちを察した彼女がこっそり料理教室に通っていた事を知り、結婚を決断しました。

今では良妻賢母の妻となり、あの時結婚を決めて良かったです。

結婚を迷った末に恋人と結婚しなかったケース

32歳/看護師

彼氏はお付き合い中、優しかったのに、途中から暴言を吐かれるようになり、結婚するかしないかを迷いました。

結婚してもこんな暴言に耐えながら、しあわせな家庭は築けないと思ったので、結果、彼とは結婚はしませんでした。

もちろん、全然後悔していません。

30歳/外資系保険会社勤務

彼は結婚したら、今の仕事を辞めて専業主婦になって欲しいといつも言っていました。

ですが、私は仕事のキャリアを捨ててまでも結婚したいとは思っていませんでした。

結果的に、彼より仕事の方をとってしまったけれども、後悔はありません。

自分は家庭に縛られて生きるのが嫌な人間だとわかりました。

35歳/会社員

彼女の実家は、熱心な宗教信者。

僕と結婚したら、僕の実家や親戚にも宗教勧誘をお願いしたいと熱望されていました。

最初は、それも仕方がないこと…と自分に言い聞かせていましたが、やはりそのような信仰を無宗教の実家にお願いすることはできないと考え、迷った挙句、彼女との結婚はしませんでした。

今お付き合いしている恋人と、結婚をするかしないか迷った人、それぞれの結末をご紹介しました。

たくさん迷った挙句に、出した答えはどちらも間違ってはいないはずです。

結婚への決断に迷いが生じたら周りの人の意見にも素直に耳を傾けて!

結婚への決断には、迷いが生じやすいものです。

何日も考えてからようやく結婚をするかしないか…決断を出す人もいるでしょう。

そんな時に、一人で悶々と考えるのでなく、お互いに結婚について迷っている事を話し合う機会を作りましょう。

例えば、「あなたのこのような部分を治してもらえれば、迷わず結婚したいと思うの」などと、正直に真剣に話を進めてください。

また、周りの友達や家族などの意見を聞いてみるのも結婚の決断への後押しとなるでしょう。

共通の友人を交えて、何度か食事に行くなどして、今のパートナーが結婚相手にふさわしいかの評価を、第三者目線で見てもらうのも良いですね。

この場合、信頼できるあなたの親友などにお願いしてください。

また、親からの率直な意見を求めるのも良いでしょう。

親達は、人生の先輩という立場から、あなたにとって良い結婚であるかどうかを真剣に見極めてくれるはずです。

まとめ

結婚は一生の中で最も大切なイベントと言っても過言ではありません。

そんな重要な出来事だからこそ、結婚を迷う瞬間は必ず訪れるでしょう。

ただ、その迷うタイミングや原因は人それぞれ違います。

お付き合いしている人と、この先も一生かけて笑顔で生活が送れるかどうかを想像してみてくださいね。

また、お互い結婚に迷っている原因を話し合ってみましょう。

それができれば、迷う事なく結婚を決断しても良いはずです。

また、結婚に迷いが生じたり、結婚をするかしないかの決断ができなかったりすれば、身の回りの人へ意見を求めることも大切です。

以上「結婚するべきかしないで別れるべきか迷う時!迷いから決断する方法!」の記事でした。

▼ 結婚のメリットとデメリットはこちら
結婚するメリット・デメリットを徹底解説!結婚はしない方がいい?!

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!

コメントを残す