婚活における敬語からタメ口の切り替え時期とポイント!

婚活をスタートすると、ちょっとした事に悩むことがあります。

その1つに「いつからタメ口に切り替えれば良いの?」

「最初からタメ口は失礼?」

「ずっと敬語でもかまわない?」

など相手と話す時の言葉の距離感という悩みがあげられるでしょう。

また、タメ口から敬語へと切り替えるタイミングや切り出しのタイミングが難しくて、いざやってみたら、「不自然でなんだか恥ずかしくなった…」なんて事例も少なくはありませんね。

婚活以外の恋愛ならば、こうした言葉のやり取りで悩むケースはほとんどありませんが、婚活だからこそこうした些細な悩みが発生してしまうのでしょう。

この記事では、婚活をする上での言葉使いについて、何回目のデートで行うか、どんな切り返し方が妥当かなどを含めて検証します。

婚活での初デート!1回目のデートで付き合うために気をつけたい事とは?

タメ口から受ける印象

婚活をスタートさせると、初対面の人と接する事になります。

では、初対面の人からタメ口で話しをされた場合、一般的にはどのような印象を持つ人が多いのでしょうか。

軽い印象

初めからタメ口で喋られると、「なんだか軽い人だな」

「異性馴れしているのかな?」など、遊んでいそうなイメージに捉えられてしまいがちですね。

ですから、婚活では「まさかヤリモク?」などと、不審な印象を与えてしまうのです。

婚活に潜むヤリモクはこんな特徴がある!うまく見抜いてヤリモクにひっかからない婚活を

失礼な印象

タメ口は、仲良くなればあまり気になりませんが、特に年上に対しては失礼な印象を与えかねません。

だからといって、明らかに年下の婚活相手だとしても、初めからタメ口は社会人として常識のない人と思われてしまいます。

また、人によっては、タメ口を使われると見下して見られているようなイメージ。と感じる人もいるので注意が必要です。

距離感を縮めやすい印象

タメ口の印象は、マイナスな印象ばかりではありません。

人によって「タメ口を使われた方が親近感が湧いて、距離感が縮まる感じで良い」としている人も少なくないのです。

タメ口により距離感が縮まると、婚活デートも自然体でスムーズにいく事が多いため、必ずしも婚活でタメ口を使わないと言う事にはなりません。

気さくで気を使わない印象

タメ口を使う人は、今まで周りの人に気を使ってきたという経験が少ないのでしょう。

また、年上よりも年下や同学年の友達が多いため、敬語を使わずにタメ口で過ごしてきたと言う人も多いのです。

敬語から受ける印象

敬語を使えば間違いなく気持ちの良い会話ができますが、敬語だけの会話では恋愛が進展しにくい傾向にあります。

タメ口と対照的な敬語から受ける印象について検証していきましょう。

真面目で誠実な印象

敬語は真面目で誠実さの象徴と言えますね。

特に、初対面で敬語をしっかりと話せる人は、どのような年齢の人からも良い印象を受けます。

婚活で上手くいく事になれば、相手の家族に挨拶に行く事になるため、敬語で話せる人は、この登竜門を楽に突破できることになるでしょう。

近寄りがたい印象

いつまでたっても敬語で話す人は、どこかバリアを張っているように近寄りがたい印象を与えます。

あまり敬語にばかりこだわると相手からは、「なんか冗談も言えない人なのかしら?」とか、「まさか、結婚してからも敬語で話される?」「お堅いイメージ?」など、いつまでも距離が縮まりにくい雰囲気とされてしまうでしょう。

周りからも恋人同士に見られない

デート中、敬語ばかりで話しをしていると、周りからも恋人同士に見られない場合があります。

敬語だけの男女の会話は、側から見れば恋人同士ではなく、「上司と部下」などのように思われる事もあるでしょう。

育ちが良い印象

敬語が正しく使える人は、家柄が良かったり、育ちが良かったりする印象を与えます。

将来的に家庭を持った場合、「子供に対して、きちんとしつけができる良識ある親になれる人かもしれない」と言う家族の理想像が浮かびますね。

社会人としての常識をわきまえている印象

敬語を違和感なく使える人は社会人としての常識をわきまえている人です。

会社の上司との付き合いも円滑にできている印象を与えるでしょう。

敬語からタメ口へ切り替えるタイミング時期や切り替えトーク!

では、結果的に婚活では敬語とタメ口のどちらに軍配があがるのでしょうか。

結論から言うと、どちらも上手く使う事で婚活はスムーズにいきます。

出会い初めは年下年上関係なく敬語での会話を心がけます。

次の段階として、3回目のデートあたりから、タメ口を少しずつ取り入れてみてください。

婚活デートは3回目が正念場!成功させるためにすべき事!

そして段々とタメ口の回数を多くしていきましょう。

この時、タメ口だけでも親密さが増しますが、手を握るなどの行動系の親密ぶりも並行させた方が良いですね。

最終的には、タメ口で3回目以降のデートをこなしていく事になります。

  1. 初対面は敬語のみ
  2. 3回目デートで敬語+タメ口
  3. 4回目以降デートではタメ口

という流れがベストな流れでしょう。

4回目の婚活デートは結婚に繋がる!真剣交際に発展するか見極めが重要!

敬語からタメ口へ切り替えがスムーズにいくトーク例

婚活最初は敬語で喋ることが第一条件ですが、それは3回目のデートまでと考えます。

それ以降は徐々に敬語からタメ口に移行して親密になっていく事が大切ですね。

ですが、前回まで敬語だったのに急に今回からタメ口になったら…

「相手はびっくりするのではないか?」

「相手にひかれるのではないか?」と思ってしまいますね。

そんな時は、次のようなトークで敬語からタメ口への切り替えを宣言しましょう。

例①

「○○さんとは、もう少し身近な存在として意識したいから、今日から敬語はやめてタメ口にしても良いですか?」

例②

「○○さんともっと仲良くなりたいので、○○さんさえ良ければ、敬語ではなくてタメ口にしたいのですが」

例③

「タメ口が失礼でなければ、ぜひ、お互いタメ口で話しをしませんか?」

など、突然、敬語からタメ口になるのではなく、相手に失礼のないように理解を得てからタメ口で話しましょう。

相手も同じように思っているのならば、気持ちよく同意してくれるはずですよ。

まとめ

婚活悩みにあげられる事の多い「タメ口か敬語か…」という言葉使いの悩み。

会話の中で不自然さのないように使い分けていきたいものですね。

ガチガチの敬語は、真剣さは伝わりますが二人の親密さを得ることができません。

また、初めからタメ口であれば親近感が湧きますが、婚活に対する真剣さが感じられず、社会人としての常識すら疑われてしまいますね。

敬語から徐々にタメ口に切り替えるタイミングを把握して、普通のカップルのようなお付き合いを展開していきましょう。

> 婚活サイト&アプリのおすすめはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!