婚活でキープや同時進行は常識?並行して婚活を行うメリットや注意点

婚活中に、複数の人と同時進行していたり、キープしている人も少なくありません

また、逆にキープされた経験のある人も多いのではないでしょうか。

婚活において、「キープや同時進行は失礼にあたらないのか?」「モラルに反するのではないか」と罪悪感を抱く人もいます。

こちらの記事では、婚活におけるキープ同時進行することのメリット、並行して婚活を行う際のルール等について詳しくまとめました。

また、逆にキープされた場合の対処法や見抜く方法も解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

▼ 婚活サイト&アプリのランキングはこちら
【2019年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

婚活ではキープや同時進行は当たり前なの?

一般的な恋愛関係では、複数の異性と同時にお付き合いすることはNGですよね。

そういった考えがあるため、婚活中に相手が他の人と連絡を取り合っていることを知って、ショックを受ける人も多いでしょう。

しかし、婚活においては複数の人と並行して連絡を取り合ったり、会ったりすることは珍しくありません。

逆に、婚活を行う上で、同時進行やキープすることは常識なのです。

中には、同時に複数の人とやりとりすることに罪悪感を感じる人もいますが、婚活はお付き合いする前の段階です。

相手の人も、同時進行で複数の人とやりとりしているのが当たり前だと思う方が良いでしょう。

婚活を並行して行うメリットとは?

婚活だからこそ、キープしたり、同時進行するメリットがあるのです。

ここでは、婚活を並行して行う際のメリットについて詳しく解説していきますね。

効率良く相手を選べる

婚活でキープや同時進行をする最大のメリットが、効率よく相手を選べること

婚活している人のほとんどが、「すぐに結婚したい」「1年以内に結婚したい」と考えています。

そういった中で、1人に絞って婚活してしまうと、万が一ダメになってしまった場合、また1から相手を探すことになり、結婚が遠のいてしまう可能性も。

しかし、並行して婚活を行っていれば、1人とダメになった場合でも、別の人がいるので時間短縮にもなり、効率よく相手を探すことができるでしょう。

1年以内に結婚する方法!1年以内に結婚したい人の心得と婚活法

いろいろな人と比較して選べる

婚活を始めると、今まで出会ったことのない異性に出会う機会が増えます。

1人に絞って婚活してしまうと、選択肢がその人だけになってしまうので、妥協してしまう人も少なくありません

ですが、同時進行していれば、良い所も悪い所も見ながら、自分に合っている人を見つけることができるでしょう。

選択肢が多い方が、より相性のぴったりな人が見つかる可能性が高くなるというわけです。

結婚相手に求める条件と妥協した条件のランキングを発表!2019年版

心に余裕を持ちながら婚活できる

1人の相手に絞って婚活をしても、その人と確実に交際に発展するとは言えません。

また、その相手への気持ちが大きくなってしまい、この人を逃してはいけないという気持ちになって余裕もなくなります。

そんな風になってしまうと、相手に重いと感じられて失敗する可能性も高くなるでしょう。

ダメになってしまったショックも大きく、次の婚活に気持ちを切り替えるのも難しくなってしまいます。

ですが、並行して婚活していれば、「他にもいるから大丈夫」という気持ちになって、心に余裕を持ちながら婚活できるでしょう。

婚活の失敗に関しては、「婚活が失敗に終わった後に訪れる末路とは?失敗しない対策法を教えます!」で詳しく解説しています。

キープする時の最低限のルール

婚活中に同時進行したり、キープすることはOKですが、相手の気持ちを振り回すような事は絶対してはいけません。

自分のメリットばかり考えてしまい、相手を傷つけるようなことはやめましょう

婚活中にキープする際は、次のルールを守るようにしてくださいね。

真剣交際中のキープや同時進行はルール違反

いくら効率的に婚活したいからと言って、正式なお付き合いをしている相手がいるのに、同時進行やキープするのはNG

真剣交際している相手がいるのに、他の男性と関わろうとするのは浮気にあたります。

同時進行やキープは、相手を見極める期間中のみ

真剣交際中は、相手は1人に絞って結婚に向けてお付き合いするようにしましょう。

思わせぶりな言動で期待させない

何人かと同時進行している状況なのに、相手に思わせぶりな言動をするのは控えましょう。

そんな気もまだないのに、「結婚前提にお付き合いをして欲しいです」なんて言ってしまったら、相手を傷つけてしまいます。

相手は本気で結婚を望んでいる場合もあるので、気持ちが不確かな場合は期待させるようなことは言わないようにしてくださいね。

相手に良い印象を与えたくて言った言葉が、相手の気持ちを振り回してしまうことになります。

体の関係は持たない

婚活の場で、真剣交際にも至っていないのに、体の関係を持つことは絶対ダメ

何度か会っているうちに、いくら雰囲気が良くなったからといっても、本能のまま行動しまうと後悔に繋がります。

婚活におけるセックスのタイミングはいつ?体の相性の大切さと考え方
ヤリモクに注意

正式なお付き合いに至る前に、そういった関係を求めてきた時点で、相手は遊び目的かもしれません。

そこで体の関係を持ってしまうと、都合の良い女になってしまう可能性があるので注意しましょう。

婚活に潜むヤリモクはこんな特徴がある!うまく見抜いてヤリモクにひっかからない婚活を

実際に婚活ではキープは許されているの?

婚活にも、さまざまな方法がありますが、その中でキープや同時進行ってありなのでしょうか。

ここでは、それぞれの婚活方法において、キープの方法等を見ていくことにしましょう。

婚活パーティーでのキープや同時進行

婚活パーティーは、1度に多くの人と出会うチャンスがあります。

さまざまなパーティーに出向いて、気に入った何人かと同時に連絡を取り合い、都合の良い日にそれぞれと会う約束をする流れが一般的。

婚活パーティーに参加して、何人かの連絡先を聞いた時点で、既にキープしていることになるので問題ありません

真剣なお付き合いに至るまでに、連絡先を交換した複数の人と同時進行することも、婚活パーティーでは当たり前なのです。

結婚相談所で紹介された人をキープできる?

では、敷居が高くて、厳しいルールを定めている結婚相談所で紹介された人をキープする事は許されているのでしょうか。

結論から言いますと、結婚相談所でのキープは許されているのです。

ほとんどの結婚相談所では、友達としてお付き合いする期間を「交際期間」としています。

また、交際期間を経て結婚に向けてお付き合いする期間を「真剣交際期間」と定めている事がほとんど。

こうした2パターンの交際期間のうち、「交際期間」にあたる期間は、キープが許される期間と言えるでしょう。

ある意味、結婚相談所でさえもキープを認めているわけですから、やはり婚活におけるキープは常識なのです。

結婚相談所で付き合うまでデートの回数や期間はどのくらいが良い?

婚活サイト&アプリでは同時進行は当たり前!?

婚活サイトや婚活アプリでは、さまざまな人と気軽にマッチングできます。

つまり、「複数の異性とメールのやり取りをしていた」と言うケースは珍しくありません。

こうした同時進行は、婚活サイトの場合でも常識です。

ですが、多くの婚活サイトやアプリを掛け持ちして婚活すると、自分で把握しきれない場合も出てくるので注意が必要でしょう。

婚活サイト・アプリを複数登録!掛け持ち活動は本当に効果的なの?

婚活を並行して行う際の人数や期間はどれくらい?

婚活を並行して行う際の人数や期間は、どれくらいが1番効率よく婚活ができるのでしょうか。

人数に関しては、実際に会ったりする相手であれば2~3人LINEやメール等のやりとりであれば2~5人程度が良いでしょう。

あまり多くの人と同時に進行してしまうと、自分でも管理できなくなるのでおすすめできません

期間ですが、目安としては1ヶ月以内

最低でも1ヶ月以内には、この先真剣なお付き合いに発展するかどうか決断しましょう

あまりダラダラと同時進行の期間を長引かせてしまうと、お互いにとって良くないので遅くても1ヶ月間がベストです。

4回目の婚活デートは結婚に繋がる!真剣交際に発展するか見極めが重要!

自分がキープされているかどうかの見分け方

今までは、キープする側の目線で述べてきましたが、逆にキープされているかどうかの見分け方はあるのでしょうか。

婚活において、同時進行やキープは当たり前なことだとわかっていても、自分がキープされているかどうかは気になるもの。

もしかしてキープされているのかな?」と気づく人も多いですが、婚活でキープされているかどうかの判断は難しいと言えるでしょう。

ここでは、キープされているのか、本命として見てくれているのか、見分け方について紹介していきますね。

LINEやメールのやりとりの内容や頻度

最初の方は、やりとりもスムーズで、LINEやメールも楽しんでいることがわかりますよね。

しかし、しばらくすると話が噛み合わなくなったり、やりとりの頻度が少なくなってくるようであれば、キープされている可能性が高いでしょう。

何人かと同時進行されている場合、本命の相手にはすぐに返信するので、すぐにキープかどうか見分けることができるはずです。

また、何回も同じ話しを繰り返しされている場合は、誰とどんな話しをしたのかわからない状態になっていることも考えられますよ。

婚活サイト等にログインしているのにもかかわらず、メッセージの返信がこない場合もキープされている可能性が高いでしょう。

婚活中にメール・ライン・メッセージの返信が遅い時の理由や対処法

デートの間隔が1ヶ月以上

複数の人と同時進行されている場合、デートの日程をなかなか決めてもらえないことが多いです。

日程を相談したいのに、返信に時間がかかったり、1ヶ月先の約束を提案されたり。

このような時は、他にも並行してデートを重ねている相手がいると考えて良いでしょう。

本命の相手には、どんなに忙しくても時間を作ったり、すぐに会えるようにするものです。

▼ 理想のデートの頻度についてはこちら
婚活デートの理想頻度はどのくらい?頻度をあげるポイントとは

家族や友達の話をしてくれない

婚活は結婚を前提にお付き合いを始めるので、お互いの家族や友達について話をするはず。

しかし、キープだと思っている相手には、プライベートな情報を深く知ってもらう必要がないと考えます。

婚活中に、あまり家族や友達について話してくれないなと感じることがあれば、キープされているかも。

自分がプライベートな話をしても、相手が全く話してこない場合は、他に本命の相手がいると考えて良いでしょう。

婚活中に同時進行やキープをされた時の対処法

では、実際キープされていることがわかった場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

いきなり「二股かけているでしょ」「私の気持ちを弄ばないで」なんて問い詰めては逆効果。

好意を持っていた相手であるほど、ショックを受けてしまいますが、婚活においてはキープは常識なので、気持ちを切り替えることも大切ですよ。

ズルズルせず、決断は早めに!

キープされていることがわかったら、相手に見切りをつけるか、このまま関係を続けるか早めに決めるようにしましょう。

婚活では、とにかく時間を無駄にしないことが大切

かなり時間が経ってからお断りされたり、ズルズル関係を続けるのは無意味です。

こちらも同時進行する

キープされていると知っても、まだもう少しその相手との関係を維持したいのであれば、こちらも並行して婚活する相手を見つけましょう。

もしダメになった場合でも、同時進行している相手がいれば、気持ち的にもショックは少なく済みます。

また、同時進行することのメリットにもあるように、他の人と比較することによって、相手を見極めることができるでしょう。

しかし、あまり他の男性の影をチラつかせすぎると、男性は引いてしまうので要注意

男性は、純粋な女性が好きなので、自分が同時進行されているとわかった時点で、連絡を断つ人も多いでしょう。

本命になれるように努力する

自分がキープされていると気付いたら、ショックで身を引きたくなる気持ちになるでしょう。

ですが、逆にキープされているということは、本命になるチャンスもあるということ。

相手も他の人と比較しているのですから、本命になれるように努力すれば良いのです。

例えば、女性なら男性に美味しい料理を作って、家庭的な雰囲気をアピールしたり、男性なら女性が好むデートプランを立ててみたり。

他のライバルには負けない」というくらいの意気込みも大切なのです。

キープされていることをネガティブに受け止めるのではなく、逆手にとって本命になれるようにしましょう。

都合のいい女にならない

キープされている事に気づかないで関係を続けてしまうと、都合のいい女として扱われることも多いので注意が必要です。

本命として選んで欲しいからといって、男性の言うことを全て受け入れてしまうと、都合のいい女だと利用されてしまうでしょう。

都合よく使われる女性は、下記のような特徴があるので、当てはまる人は男性との関わり方を考えてみてください。

  • 断れない、自分の意見を言わない
  • 尽くすことが幸せ
  • すぐに体の関係を許してしまう
  • 恋愛体質
  • 意思が弱く、流されやすい
  • 騙されやすい性格
  • デートの時に、お金をよく出す
婚活で知り合った男性が結婚に本気か見極めるポイント!結婚願望の確かめ方

同時進行している相手から1人を選ぶには?

同時進行している相手の中から、誰に決めていいのか選び方がわからないという人も多いでしょう。

みんな良い人だし、決められないという人も少なくないはず。

では、そういった場合、どのようにして1人を選べば良いのでしょうか。

次のような事を決め手として、相手を選んでみることをおすすめします。

  • 自分のことを大切に思ってくれている
  • 一緒にいて心地よい
  • 相手との未来設計が描ける
  • 嫌だと思う短所がない
  • 金銭感覚や価値観が合う
  • 経済的に不安な点がない
  • 相手のピンチの時に支えになりたいと思える

結婚は、好きだけでは継続することが難しいもの

お互いが辛い時に支え合い、嬉しい時は一緒に喜べるいける相手ではいけません。

婚活では、恋愛のドキドキやときめきよりも、安定を重視するようにしましょう

結婚相手の決め手やきっかけは何?決意の理由をランキングで解説!

キープや同時進行している相手への断り方

デートを数回重ねたり、LINEやメールでのやりとりを続けていくうちに、この人との結婚は考えられないなと判断したら、必ずお断りの連絡入れましょう

中には、お断りの連絡をせずに、フェードアウトLINEをブロックしたりする人もいます。

婚活中のFOとはフェードアウトの意味!原因や対処法、FOする方法を知ろう!

しかし、お互い結婚相手を見つけるために婚活しているのですから、そのまま何の連絡をしないというのは良くありません。

相手のことを考えるのであれば、お断りの連絡をするべきです。

なかなか断りにくい、申し訳ないなと思う人も多いですが、今後の婚活にも影響することなので、きちんと誠意を持って連絡するようにしましょう。

婚活での傷つけないお断り方法【例文あり】トラブル回避はタイミングも重要

まとめ

婚活において、キープや同時進行することは、婚活方法の1つだということがわかりました。

しかし、キープする上での最低限のルールを守って、相手を傷つけないような言動をすることが大切です。

また、長い間並行して婚活を行うことはデメリットしかないので、最低でも1ヶ月の間に決断するようにしましょう。

キープされていると気付いた場合は、ネガティブに捉えず、「本命になれるチャンス」と考えて努力することも1つ。

しかし、あまり1人の相手に執着しすぎると失敗してしまうので、心に余裕を持って婚活してくださいね

\人気の結婚相談所ランキング/

ランキングを見る

※気になる結婚相談所を比較してみましょう

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!

コメントを残す