婚活で家事手伝いの女性は不利!?家事手伝いでも結婚できる方法

結婚相談所をはじめとした婚活では、必ず職業を記載するプロフィール欄があります。

何も職に就いていない女性は「家事手伝い」と記載することも多いでしょう。

では、一般的に家事手伝いとは男性からどのようなイメージを持たれているのでしょうか。

こちらの記事では、家事手伝いで婚活に望んだ場合不利なのか、有利なのかを検証しつつ、家事手伝いの方が婚活に成功するようにベストな方法をご紹介します。

 この記事でわかること

昔とは違う家事手伝いのイメージ

ひと昔前ならば、家事手伝いと言えば「実家でしっかりと花嫁修行をしている立派なお嬢さん」というイメージでした。

昔はコンビニやハイテクな電化製品も少なく、家事全般が大変だったでしょう。

そこで「家事手伝いをする女性は重宝」という見られ方をされていたのです。

昔の親は「女性がバリバリ働くとお嫁に行けなくなるから、家事を手伝いなさい!」などといわれる事もあったようですね。

その延長線上に、結婚したら「専業主婦になる!」という道が約束されているようなものでした。

ですが、現代のように女性の社会進出が目覚ましくなると、こうした観念は薄れ、「家事手伝い=ニート」のような好ましくないイメージで捉える人も多いでしょう。

そのような時代背景から、昔は正々堂々と家事手伝いと言えていたのに、最近は家事手伝いと言うのを心苦しく思っている女性も少なくありませんね。

専業主婦になりたい人向けの婚活方法!夫になる人の年収はいくら必要?

現在の家事手伝いのイメージ

働く女性が多い中で、家事手伝いのイメージはどのようなものなのでしょうか。

以下にあげるのは、通常、家事手伝いに対して抱く事の多いイメージです。

怠け者

家事手伝いと言うのは表向きの名称で、実際は「親から生活の世話をすべてしてもらっている怠け者の女性」というイメージです。

三食昼寝付きで、実家に寄生しているパラサイトシングルという見方をする人もいるでしょう。

親のすねかじり(親の支配下)

アラサー、アラフォーという世代なのにもかかわらず、親からお小遣いをもらっていたり、親の年金収入をあてにしたりと、金銭面でかなりの援助をしてもらっているイメージですね。

しかも、娘だけが依存しているわけではなく、親の方も娘を大切にしたいあまりに支配欲求があります。

門限を設けたり、異性交遊にも口出ししてきたりする雰囲気があります。

実家暮らしは結婚できない最大の原因?実家暮らしでも心地よく婚活できるコツ

社会常識がなさそう

社会に出ていないために、社会的なマナーなどが乏しいイメージがあるでしょう。

挨拶やお礼のタイミングなどが分からず、「空気の読めないKYちゃん」なんてあだ名をつけられそうなイメージです。

こうした社会常識の欠けている印象から、「騙されやすい女性」と言う見方をされてしまう事もあるでしょう。

社会から孤立してそう

家事手伝いのをしている期間にもよりますが、社会との接点がないと交友関係が乏しいイメージがあり、社会から孤立している印象を与える事もあります。

また、コンピューター技術が進歩する中で、いざ仕事復帰しようと思っても、新しいパソコン機能などの操作についていけなくなってリタイアしてしまうかもしれません。

こうした状況もあり、「家事手伝い=世間知らずのお嬢様」という目で見てしまう人もいるのです。

ニートのようなもの

最近は働かないで実家にいる男女をニートと呼んでいますね。

呼び方こそ違っていても、「家事手伝いだって、まさにニートと同じじゃないか!」と思う人もいるのです。

こうした背景からも、家事手伝いの女性に対する風当たりは更に強くなる傾向です。

お嬢様イメージ

家事手伝いと言えば、親に経済的な余裕があり、親自体も「娘を外に出したくない!」「大事に育てたい」「親が認めた人と結婚させたい!」というイメージが強いですね。

まさに、箱入り娘とか、お嬢様というイメージが強いのです。

甘やかされて育っている

親から大事にされているあまり、「幼い頃から甘やかされて育っているのでは?」と思われてしまいがちです。

このような女性と結婚したら、「ワガママを言われ続けるのでは?」「自己中心的な行動をとるのでは?」と思われてしまいやすいです。

何かと親が関与してくるのでは

家事手伝いの女性の背後には、親の存在が見え隠れしていて、何かあるごとに「親が関与してくるのではないか」と思われてしまうでしょう。

厳しい親がバックにつく事で、デートに誘うのも躊躇されるかもしれません。

親が行う代理婚活って?結婚相談所で開催される代理お見合いの実態

仕事の大変さを理解してなさそう

仕事をしている女性ならば、男性の仕事の大変さも理解してくれるでしょう。

ですが、家事手伝い歴が長い女性ほど、仕事に対して無頓着です。

こうした女性に仕事の愚痴や悩みを話しても「スルーされてしまうのではないか…」と思われてしまいます。

仕事の悩みを話しても頼りない女性と思われてしまうでしょう。

家事手伝いである事の理由が大切

家事手伝いのイメージを少しでも良くするためには、現在なぜ家事手伝いという立場なのかの理由が大切です。

その理由をいかに上手く説明できるかどうかで、相手を納得させて、印象を良く見せることができるのです。

資格取得の準備期間

「近い将来、資格をとる目標があり、その勉強に没頭したいから仕事に就いていない。だから家事手伝いをしながら、家で勉強に励んでいます」

このような理由は、相手から好印象を得られるでしょう。

最近は日本でもグローバル化が進んでいるために、TOEICや英検などの資格をとる女性も多いです。

こうした資格を取得するための勉強をしていると言う事をアピールできると好印象ですね。

親の介護をしている

「親が要介護状態である」もしくは「親の年齢的にも体力が低下していて、補助なしでは不安である」などの理由は、親孝行で優しいイメージを与えるでしょう。

もちろん、親だけでなく、同居している祖父母の介護というケースもあります。

いずれにせよ、高齢化に伴う事情でもありますから、家族の介護により職につけず家事手伝いという立場である件については理解が得られるでしょう。

就職活動中だから

「家事手伝いの合間にハローワークで就活相談をしたり、会社訪問に行っていたりします」と言う理由は、「先々働く意欲があるのだな…」と思われ、好感度は高まるでしょう。

花嫁修行として

「結婚して良い妻になりたいと思っているから、料理や洗濯、掃除などあらゆる面で花嫁修行に勤しんでいます」と言う事をアピールすると、家事手伝いという中途半端なイメージから解放され、「この子は本気で良い奥さんになろうとしているのだな…」と思われます。

自営で家業の手伝い

実家が自営「人手が欲しい」というケースもあるでしょう。

自営は血縁関係のある人が関わる事が多いため、家業の手伝いは納得のいく説明ですね。

自営の場合、家事手伝いと言う捉え方ではなく、立派な職種としてプロフィール欄に記載しても良いくらいですね。

男性は婚活上、家事手伝い女性に対してどのような希望を抱いている?

では、世の男性が婚活する上で、家事手伝いの女性に対してどのような希望を持っているのでしょうか。

逆手にとれば、男性の意見に従う事で、家事手伝いの女性であっても婚活がスムーズに行き、結婚への道のりも近くなるでしょう。

ある程度の経験を積んで欲しい

男性は、家事手伝いの女性に対して少しは仕事という場で揉まれて成長して欲しいと思っています。

社会経験が少ない家事手伝いであればあるほど、人間関係に問題が生じやすくなるでしょう。

「もし、家事手伝いの女性と結婚したら、自分の同僚や上司を招いた時に、失礼な態度をとらないだろうか?」と不安に思うのです。

また、自分の親に紹介した時に、「世間知らず」だとか「ワガママ娘」だとか思われて反対されないだろうか?と不安になるでしょう。

働くといっても、フルタイムの正社員という立場ではなく、アルバイトやパートでも良いと考えている男性は多いです。

家事手伝いなら家事スキルが高いのは当然

家事手伝いと断言しているのだから、家事スキルが高いのは当然と考えている男性ばかりです。

家事手伝いに求められるのは、家庭的な料理をこしらえてくれたり、いつも部屋をこぎれいに掃除してくれたりする女性像です。

いざ、お付き合いがスタートして、家事スキルが低いと思われてしまえば、彼はあなたに対して「期待はずれだった…」と思い、結婚を断念するかもしれません。

それだけ、家事手伝いというワードは、「家事のプロ!」と言う目で見ている男性が多いという事になりますね。

家事手伝いと言う言葉を安易に使うのではなく、家事手伝いという立場に責任を持って婚活する事が大切です。

家事手伝い女性を希望する男性の特徴

婚活上、家事手伝いと言ってしまうだけで、マイナスイメージを持たれ兼ねないわけですが、その中でも、家事手伝いの女性を敢えて好む男性もいます。

それは、高学歴、高年収でハイスペックな男性です。

ハイステイタス男性と結婚したい!独身の理由と婚活で出会う方法

医者弁護士税理士などの忙しい職を持つ男性は、家庭を守って欲しいという思いから、女性に専業主婦を求める事が多いのでしょう。

こうした男性は、家事手伝いである事に家庭を守ってくれるという期待感が湧くのです。

また、男性の中には自分と同じくらいの年収だったり、キャリアを持っていたりする女性を避ける傾向がありますね。

男性の心理として「女性には自分よりもバリバリ働いてほしくない」というプライドを持っているのでしょう。

その点、家事手伝いや専業主婦に対しては、「自分が女性を養ってあげる」という優越感を抱くため、敢えて、家事手伝いの女性を選ぶ事があるのです。

こうした余裕は、ハイスペックな男性だからこそ抱けるのですね。

▼ ハイクラスと出会える結婚相談所
ハイクラスな相手と結婚できるおすすめの結婚相談所4選

家事手伝い女性を希望しない男性の特徴

ハイスペックな男性が、家事手伝いの女性を好む事に対して、家事手伝いの女性を希望しない男性も多いです。

「結婚したら、共働きをして家計を支えて欲しい」と考えている男性ですね。

こうした男性からは、家事手伝いと言うだけで書類選考から省かれてしまうなどのデメリットも多いでしょう。

家事手伝いを希望しない男性の心理としては、「行先見えない経済状態から、共働きでいて欲しい…」「社会的な常識があって欲しい」と思うのです。

家事手伝いが結婚するためにしなければならないこと

家事手伝いの女性が本気で婚活や結婚をしたいと言う気持ちがあれば、次のような事を積極的にするべきでしょう。

働く意思を見せる

婚活相手には、「近い将来は仕事をしたい!」と言う意思を伝えてください。

相手が経済的に余裕のある男性であれば、問題はないのです。

ですが、一般的な収入の男性からすれば、先々どのような経済困難になるかわからないために、少しでも働く意思のある女性の方が好まれるでしょう。

すぐに働く意思はなくても、「先々働くために資格取得を目指しています」などのアピールが大切です。

教養や社会常識を身につける

社会に出ている期間が少ないと、社会的な常識が身につかないまま私生活を送っている事が多いです。

「家事手伝いだから常識外れだ」とレッテルを貼られないようにしてください。

その際、習い事などをして人脈を増やし、様々な人と交流したりする事で、社会的な常識が徐々に身につくはずです。

まずは、社会に出て生き生きしている人と交流することから、はじめてみましょう。

習い事も婚活の一つ?習い事で出会いが生まれる!婚活中の人におすすめの習い事

家事はパーフェクトにこなせるようにする

家事手伝いと公言しているからには、料理、掃除などをパーフェクトにこなすようにしてください。

婚活中に、彼が大好きな料理を作ってあげる事で、「さすが家事手伝いというだけあるな!」と思わせるくらいにしたいものです。

親に依存しない気持ち

家事手伝いといえば、幼い頃から親に大切にされ、依存してきたと女性も多いでしょう。

また、親自体も敢えて、娘を依存させていているケースも多いです。

親がいつまでも生きているわけではありません。

早いうちに、自分のことはすべて自分でする力をつけてください。

「実家の家事については、親まかせではなく自分がする!」

「親に迷惑や労力をかけない!」

と言う意気込みで望むようにしましょう。

自立心を持つ

親あっての家事手伝いです。

親が亡くなったり、無収入になったりしてしまえば、家事手伝いの立場ではいられません。

そんな環境の変化はいつのタイミングで襲ってくるかはわからないので、いつ社会に出ても良いように自立に向けて頑張りましょう。

例えば、運転免許を持っていなければ、ドライビングスクールなどに通学して、免許をとるなどですね。

また、自分の身に危険が起きた場合に入院や手術になっても親から治療費を支払ってもらうことのないように、医療保険にも入るようにしてください。

家事手伝い女性が結婚相手としてアピールするポイント

家事手伝いの女性が婚活相手にアピールするためのポイントは次のようなものです。

家事手伝い女性だからこそ、胸を張ってアピール出来ることはたくさんありますよ。

家事なら任せて!

婚活のプロフィール欄には、ぜひ「家事全般が得意です!」とアピールしましょう。

そうアピールするくらいですから、家事は人並み以上にしっかりマスターしておくのが常識ですよ。

また、家事をさらに向上させるために、料理教室に通うなど向上心のある事をさらにアピールしましょう。

料理合コンは異性と親しくなりやすい!メリットと婚活当日の流れを確認

箱入り娘だから純粋さをアピール

家事手伝いの女性は、実家の管理下にあります。

まさに箱入り娘とはこの事を言うのでしょう。

ですから、親が門限を決めたり、生活態度を注意したりする事があります。

こうした親からの監視により、今までも悪い男や悪い誘惑にも乗らなかった事でしょう。

このような女性は、今まで男性交際歴も少なく、家のルールに守られていたので、純粋さがまだ残っています。

貞操観念がしっかりしているため、純情で結婚相手としては理想的ですね。

いつでも結婚できます!

結婚をしたいと言う人が現れれば、すぐにでも結婚に至る事ができます。

それ故に、「すぐにでも結婚したい!」と思っている男性にとっては好都合な女性と言えるでしょう。

アピール欄には、「良い人が現れたらすぐにでも結婚できます。そのために、家事修行中」などと記載しておくのも良いですね。

めざせ玉の輿!婚活で差が出るお金持ちと結婚して幸せになる方法

時間に余裕がもてます

家事手伝いの女性は、実家での用事以外、時間は十分にあるでしょう。

一方で、仕事を持つ女性ならば、婚活する時間を作るのさえ、精一杯と言う事もありますね。

それだけ、仕事と婚活の両立はなかなか難しいのが現状です。

男女どちらも働いていれば、なかなか2人の都合良い日が合わないなど、デートも延び延びになるケースもあります。

こうして婚活のデートが延期になれば、必然的に婚期も延びると言う事になりますね。

家事手伝いの女性ならば、相手の都合の良い時間にメールや電話ができますし、デートも日時も相手の都合に合わせる事ができるため、効率良く婚活が進むでしょう。

ですが、家事手伝いともなれば時間に余裕があるので、婚活のために時間が作れてしまうのです。

アピールの仕方としては、「私は、時間に余裕が持てる立場です。なので婚活デートはお相手の男性のご都合に合わせられます」というような内容を強調しましょう。

忙しくて婚活できない!婚活する時間がない人のための4つの方法とは

一緒にいて楽です

家事手伝いの女性から滲み出る雰囲気は何といっても、家庭的な癒しの雰囲気を持っている事でしょう。

キャリアウーマンの醸し出すキビキビとした男性っぽい雰囲気が好きだと言う男性もいます。

ですが、男性のほとんどは「仕事場でのストレスを解消したい…」と思っている事が多いため、家庭には癒し空間を求めているのです。

ほとんどの男性は一緒にいて仕事を忘れさせてくれるような楽な女性が良いと思っているでしょう。

仕事熱心な女性と結婚すれば、自分の仕事を忘れるどころか、女性の仕事での愚痴を聞いたり、相談に乗ってあげたりする事になります。

そうした空間ではなかなか気が休まりませんね。

アピールポイントとしては「帰ってきたら、何でも話を聞いてあげたいと思います!」「癒してあげたいと思います」などのコメントが言えるといいですね。

バリキャリ女子は男性に避けられる?キャリアウーマンのベストな婚活方法

相手の親と仲良くなれる

結婚とは、お互いの両親抜きでは考えられません。

ですから、相手親に気に入られると言う事が、結婚への登竜門になるわけですね。

相手の親と仲良くなるには、普段から自分よりも年上の年配者と交流している事が一番です。

家事手伝いの女性は、自分の親とかかわる時間が長いため、親世代の人達と印象の良い会話ができるでしょう。

常に親世代の人がどのような事を好ましく思っているのか、この世代にはどういう会話が望ましいのかが理解できているため、会話にも花が咲きます。

婚活相手にアピールするときは、「私は日頃から親といる時間が長いから、年配者の方と話すのは得意なの!あなたの親とも仲良くなれて、気に入ってもらう自信があるよ!」などと伝えましょう。

恋人を親に紹介するタイミングはいつ?準備すべき事と注意点!

子供にも寂しい思いをさせない

家事手伝いの女性は、家族の愛にも恵まれているため、我が子に対しても同じように愛情を注ぐ事ができるのです。

家事手伝いから専業主婦になったとしたら、子供に対して「行ってらっしゃい!」「おかえりなさい」が言える女性になれますね。

また、家事手伝いからパートなどの仕事をする事になれば、子供が帰宅するまでには終業できるような短時間勤務にするなどの心行きが見られるでしょう。

アピールするならば「生まれてくる子供に対しても愛情を持って接していけます!」と伝えてください。

家事手伝いが結婚するための婚活法

家事手伝いの女性が結婚するためには、以下にあげるような婚活法を上手く活用してくださいね。

結婚相談所

結婚相談所に登録すれば、様々な婚活におけるスペシャルなアドバイスが受けられるため魅力的です。

効率良い出会いを提供してくれる

はじめから家事手伝いである事を知った上で紹介してくれるため、とても効率良く婚活ができます。

家事手伝いである事を自分からいちいち説明する必要もなく、面倒な過程がないと言えるでしょう。

コンシェルジュによるアドバイス

中には、家事手伝いというだけで、引け目を感じてしまう女性もいます。

そうした女性は婚活にも自信をなくしやすくなるでしょう。

コンシェルジュのようなプロが介入することでたくさんのアドバイスをもらえます。

時には、家事手伝いという事をメリットに変えてアプローチする方法も教えてくれるでしょう。

無職の家事手伝いでも登録可能

結婚相談所は男性においては、無職だと登録できないところが殆どです。

ですが、女性に関しては家事手伝いなどの名目であれば、無職でも登録できるのです。

この場合、結婚相談所への支払いが可能であるかの審査は通過しなければならないでしょう。

▼ 人気の結婚相談所ランキングはこちら
【2018年】結婚相談所おすすめランキング!口コミ評判を徹底比較!

婚活サイト

婚活サイトは婚活の中でも気軽にスタートできる婚活スタイルです。

家事手伝いの合間にも手軽にできるため、介護や家業を手伝っている女性には向いていますね。

家事姿を写真投稿

婚活サイトでは、文字のやり取りはもちろんのこと、写真投稿も効果的ですよ。

「家事手伝い」とプロフィールに記入するだけでなく、料理をしている姿を写真投稿するなどすれば、アピール力は高いです。

作った手料理などをアップするのも良いでしょう。

また、男性はエプロン姿の女性に弱いもの…。

エプロン姿で家事をしている写真はグッとくるものがあるでしょう。

▼ 婚活サイト&アプリのランキングはこちら
【2018年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

婚活パーティー

婚活パーティーは、たくさんの異性と出会えるチャンスです。

家事手伝いという身でなかなか異性との交流が無かった人は、婚活パーティーでたくさんの男性と話すきっかけを作ってくださいね。

癒しの雰囲気を出して交流

家事手伝いだからこそ、家庭的で癒される雰囲気をアピールしてください。

婚活パーティーでは、自分からベラベラ喋るよりは、聞き上手を意識しましょう。

「この子、家庭的で話しやすい子だな…」と思わせる事ができると良いですね。

料理婚活パーテイーでアピール

家事手伝いの女性には、料理婚活パーティーなどでアピールするのがオススメです。

料理婚活は、その人の手際の良さなどがわかったり、気の利き方がわかったりするため、家事が得意な女性にはもってこいの婚活パーティーですよ。

ハイステイタス婚活パーティーに参加

家事手伝いでも良い男性が参加する、ハイステイタス婚活パーティーに参加してみましょう。

ハイステイタス婚活パーティーには、医者や弁護士をはじめ、仕事が忙しく女性には家にいて家事をして欲しい。という男性ばかりが集まります。

家事手伝いの女性がそうしたハイステイタス婚活パーティーに参加すれば、お互いにニーズが合致するため、マッチングする確率は高くなるでしょう。

プレミアムステイタスの婚活パーティーとは?評判や口コミが知りたい!

コスト面でも安心して参加できる

婚活パーティーの殆どが、女性側の料金を低く設定しています。

無収入である家事手伝いの女性にとっても参加しやすい婚活といえるでしょう。

▼ 婚活パーティーの人気ランキングはこちら
【2018年】婚活パーティーおすすめランキング!口コミと人気・評判を徹底比較

まとめ

家事手伝いの女性と言うと「婚活で不利になるのではないか?」と不安に思っていた女性も多いでしょう。

ですが、決して家事手伝いが婚活に不利だったり、結婚できなかったりと言うことはない事が理解できましたよね。

確かに、家事手伝いである事をアピールすれば、人並み以上に家事ができなければ期待外れとされてしまいます。

ですから、家事手伝いと公言しているからには、家事は何がなんでも人並み以上にはできるようにしておきましょう。

また、家事手伝い特有の優しさや、純粋さをしっかりアピールしていくことで、婚活がスムーズにいき、結婚というゴールに到達できるはずですよ。

\人気のマッチングアプリはコレ/

ランキングを見る

※全てのマッチングアプリが比較対象です

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!