結婚で大切な価値観!離婚の原因にもなる価値観の違いは婚活中に確認!

婚活や結婚を成功させるためには、相手との価値観をしっかりと見極め、さらにお互いの価値観を大切にしながら関係を築いていくことが大切です。

とは言え、相手との価値観がマッチしているかどうかを知ることは非常に難しいことですよね。

また、自分自身がどのような価値観を持っているのかや、相手に求める価値観の一致とはどのようなものなのかなど、自分自身で完全に理解しているという人も少ないでしょう。

そこで今回は、婚活していくうえで大切な相手との価値観をしっかりと判断し、自分の価値観とぴったりの相手を探すため、価値観に焦点を絞りさまざまな角度から掘り下げてみました。

結婚において非常に重要なウエイトを占める価値観。

妥協せずに愛する相手との幸せを手に入れるため、価値観についての理解をこの機会にぜひ深めてください。

\価値観の合う相手を探すことができる/

価値観診断をする

※無料登録で診断できます

価値観の違いを甘く見て結婚すると痛い目に合う

まだラブラブでお互いに愛情たっぷりの時期には気にならない価値観の違いも、結婚して生活を共にするようになると許せない部分も見えてきてしまうことがあります。

価値観の違いを軽視して相手を選んでしまうと、次第に相手への不満を募らせ良い関係を維持することが難しくなるのです。

離婚原因トップは「価値観の違い」

近年離婚率が急上昇しているというニュースをよく耳にしますが、その離婚原因のトップに位置するのが「お互いの価値観の違い」です。

芸能人の離婚会見でも、よく「価値観が違う」という事を理由にしている人をしばしば見かけます。

価値観というのは、結婚して共に生活していくうえでかなり大きなウエイトを占めるようになるのです。

結婚後幸せな生活を維持していくため、離婚せず共白髪まで添い遂げる夫婦になるためには、価値観を重要視した婚活が大切になるといえるでしょう。

例え新婚でも理解できない価値観の違いで離婚に発展するケースも

付き合っているときには相手のすべてが許せるほど愛していても、一つ屋根の下で生活するとなると、相手との違いに驚くというシーンも多くなっていきます。

相手が自分と違う考え方をしていたり、今までの自分の人生では考えられないような行動をとったりしたとき、それを「許せる」「理解できる」という一言では済まないことも出てくるのです。

それはまだ深く愛し合い、幸せな人生の絶頂で結ばれた新婚夫婦でさえも例外ではありません。

相手の理解できない一面が垣間見えると、次々に許せない価値観の違いに気づいてしまうようになります。

愛情ではカバーできないほど価値観が違ってしまうと、新婚夫婦でさえも、もう一緒に生活することに限界を感じ、今後共に生きていくことはできないと感じてしまうこともあるのです。

結婚相手に求める条件と妥協した条件のランキングを発表!2019年版

価値観の違いとは?

しかし「価値観の違い」とは、非常に曖昧な表現で、明確にあれこれと分類できるものでもありません。

さらに価値観は人によって大きく異なり、それぞれの人が自分自身の価値観を持っています。

そんな価値観を、自分と相手の双方がお互いに照らし合わせ、違いについて議論したり妥協し合ったりすることは不可能です。

そこで価値観の違いというものは、どういうものなのかを大まかに理解するところから始めてみましょう。

価値観の違いの定義や価値観の違いはどこで判断するのかについてご紹介します。

価値観の定義

「価値」とは、指し示すものの値段や値打ち、社会的、金銭的な評価を指します。

つまり人それぞれが持っている「価値観」とは、その人がある対象物や事項に対してどのような価値判断をするかということです。

どのように評価し判断を下すか、それぞれ生まれ持った性格や育ってきた環境によって異なる、それが「価値観の違い」ということだと言えるでしょう。

価値観の違いは重要度の違い

価値観の違いは、前述のようにそれぞれの人の評価判断の違いということになります。

つまり恋人同士や夫婦間の価値観の違いは、それぞれの事柄や物事、考え方の方向性において、それをどれくらい重要視して扱うかという事になります。

男性側と女性側が同じものを見たときに、どの程度重要だと判断するかということになるのです。

また恋人や夫婦で一つの事柄について考えるとき、どれくらい重要事項として評価するかという事にもなります。

お互いの価値観の違いとは、重要視する割合の高い低いによって判断できるといえるでしょう。

愛情というベースが薄れてきたときに表面化する3大価値観の違い

お互いに深く愛し合っているときには、少々相手の気に入らない側面が見えたとしても、許せたり目をつむって理解を示すことができるでしょう。

しかし長く時間を共にし、一緒に暮らすようになると、愛情という一言では済まされない事柄も多数出てくるようになります。

共に生きるということになったとき、表面化してきたお互いの違いについて、どの程度理解し許容できるかによって、その後の関係性が違ってくるのです。

愛情という柱の存在が曖昧になってきたとき、表面化してくる深刻な価値観の違いは以下の3つになるでしょう。

金銭面

金銭面に関わる感覚は、お互いの関係性のすべてにかかわってくる大切な要素です。

付き合っているときには、男性側が奢ったり、お互いに高価なプレゼントを交換したりと、金銭感覚について互いにとやかく言うこともないでしょう。

しかし共に生活するようになると、金銭感覚の違いを痛烈に感じるというケースも少なくありません。

ケチ、浪費家、貯金が趣味というタイプなどの枠にとどまらず、生活していくうえで何にお金を使うのか、何に金銭を支払うのを優先的にするかなどという問題が発生します。

金銭感覚が完全に一致しなくとも、金銭感覚が近い人を選ぶというのは、後々のトラブル回避や離婚のリスクを減らすことに直接的に繋がっていくでしょう。

目標を立てる女性金銭感覚の違う彼氏彼女と結婚できる?金銭感覚違いをチェックしておこう

味覚面

食べ物の好みが一致するという事も、結婚後一緒に生活する上ではかなり重要なポイントです。

最低でも一日3回は食事をしますし、毎日食卓を共にするうえで味の好みが合わないことは、楽しい食卓を実現できず喧嘩の大きな原因となるからです。

愛が深い時には不味いと感じても無理をして食べますが、結婚後時間の経過とともにそのような無理はきかなくなっていきます。

毎回口に合わない料理を食べる側もかなり苦痛ですが、苦労して作ったのに食べてくれなかったり調味料を足されるという側にも同じように不満が募ります。

味覚が合うというのは、同じものを食べて共に幸せを感じ笑顔になれる夫婦ということになりますので、味覚が合わない場合には長年仲良く連れ添っていくのは困難だと言えるでしょう。

清潔、衛生面

「汚い」「きれい」という感覚も人によって様々です。

違っていたとしても、相手を許せたり、自分がカバーしてあげられるようであれば、全く問題のない価値観の違いになるでしょう。

しかし相手にも自分と同じような清潔感覚や衛生感覚を望むという場合、歩み寄ることができず、次第にお互いへの不満が膨れ上がってしまいます。

金銭感覚、味覚同様、衛生や清潔に関する感覚は毎日のことで積み重なっていくものです。

理解できず許せないという場合には、愛情の深さや度合いとともに深刻化してくる価値観の違いになるでしょう。

清潔感のある男性はモテる!婚活に成功する身だしなみの特徴とポイント

結婚相手探しで妥協すべきではない価値観

では実際にもっとより詳しく、結婚相手や恋人選びにおいて重要視すべき価値観について見ていってみましょう。

幸せを手に入れたいのであれば、相手に求める価値観の中でも以下のような価値観は絶対に妥協すべきではありません。

妥協してしまうと、自分が我慢ばかりする関係になってしまったり、やがて別れや離婚という悲しい結末を迎える価値観ばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

本人の性格や習慣がもとになる価値観

まずは持って生まれた性格に由来する価値観や、生活から習慣化されているような価値観について見ていってみましょう。

自分と相手の価値観を鑑みたとき、下記のような価値観が違っていると、あまりの価値観の違いから次第に一緒にいることが嫌になっていきます。

苦痛な生活を強いられるようになるので、下記のような性格や生活習慣がもとになる価値観は厳しく見定める必要があるでしょう。

金銭感覚

結婚すると、二人で共有の財産を持つことになります。

独身のうちは、稼いだお金を何に使おうと誰にも文句は言われませんが、結婚後は二人の共通のお金となり、子供が生まれれば子供にもお金を使うことになります。

例えば、妻は節約家で10円でも安い卵を探すために工夫しているにもかかわらず、夫が衝動買いを繰り返していては絶対に上手くいきません。

また、子供にお金を使うという感覚は一致していても、勉強に出資するのか、習い事に通わせるのか、家族旅行をして楽しむために使うのかによっても、考え方の違いが表れるでしょう。

金銭感覚が一緒で、お金の使い道や使い方が似ているという事は、夫婦で長く協力して幸せを築いていくためには必要不可欠なのです。

金銭感覚があまりにも違い過ぎる場合には、一度冷静になりお互いに話し合う必要があります。

金銭感覚の違いがお互いに妥協できない、修正できないという場合には、恋人や結婚相手としてはふさわしくないでしょう。

休日の過ごし方

結婚すれば休日も毎回共に過ごすことになります。

休日の過ごし方は、一見あまり価値観の違いとしては重視されないことが多いものですが、せっかくのオフの日の使い方に違いを感じるという事は、人によってはかなり大きな価値観の違いになるものです。

例えば、せっかくの休みだから一日中ごろごろして日ごろの疲れを取りたい夫と、外出が大好きで休日くらい夫とデートを楽しみたい妻では、休日ごとに喧嘩になってしまいます。

お互いに主張を認め合うことができ、妥協したり、快く相手に合わせることができれば問題はありません。

しかし休日にのんびりするか、休日をアクティブに活用するか、自分の意思を尊重してほしいと互いに強く考えている場合には大きな喧嘩の原因となってしまうでしょう。

そうなると、「疲れているときにもっと優しくしてくれる人と結婚すればよかった」「もっと新しい事や楽しい事に付き合ってくれる人を選べばよかった」と感じるようになります。

清潔さ

お互いに程よい清潔感覚を持ち合わせており、一般常識内での衛生感覚で生活していくことができるのがベストです。

しかし中には、何日も風呂に入らなかったり、部屋がゴミだらけでも全く気にならないという人もいます。

逆に極度の潔癖で、リモコンが曲がっておいてあっても気になって気になって仕方がないという人もいます。

この清潔さにおける価値観が全くというのも、やがて仲たがいをする大きな要因となってしまうでしょう。

きれい好きでズボラな相手の不始末を掃除するのが苦ではないという人や、相手が散らかしたものを文句も言わず難なく片づけられるというのであれば問題はありません。

しかし、特に潔癖症やきれい好きの人は、相手に対しても自分と同じように清潔にする事を求めがちで、できなければこき下ろす発言をしたり、その都度できるまで求め続けるという人が多いものです。

各自気がついたときに整理したり、先に気付いた方が掃除をするという適度で程よい清潔感覚を持った関係性でない場合、片方だけが苦労したり、ビクビクしながら生活し続けなければならなくなります。

家事分担

特に一人暮らしをしたことがない男性にも注意が必要です。

実家暮らしで一人で生活したことのない男性は、家事に対する意識が低く、家事の重要性や苦労を全く知らないからです。

家事がいかに生活していくうえで重要なことになるか、家事をしなければ生活が回らないという価値観を持っている男性は、結婚相手としてはかなり好条件だといえます。

逆に家事は女性の仕事だと思い込んでいて、米すら炊けない、洗濯さえできないという男性は、結婚後に家のことは全て妻任せという結果になるのが明らかです。

今時、やってもらうのが当たり前だという家事に対する価値観を持っている男性は避けるべきでしょう。

実家暮らしは結婚できない最大の原因?実家暮らしでも心地よく婚活できるコツ

生活時間帯

夜勤があったり残業の多い相手の場合、生活時間帯が合わず結婚後寂しい思いをすることもあります。

お互いの職業を尊重し、相手も頑張っているから顔を合わせることが少なくてもやっていけるという、共通の価値観があれば上手くいくでしょう。

しかし生活時間帯が一致せずに寂しいと感じてしまう人や、相手に生活時間帯を合わせてもらいたいと思っている場合には、結婚しても不満が募っていきます。

生活リズムを変えるためには、転職したり離職したりする必要も出てきます。

生活リズムを変えた後で、「こんなはずじゃなかった」と後悔する人も少なくありません。

生活時間帯に対する価値観も、結婚前に互いによく相談してすり合わせておく必要がある項目だと言えるでしょう。

平日休みにおすすめの婚活方法!シフト制は出会いや結婚に不利なの?

貞操観念

貞操観念に対するハードルの高さも、喧嘩の大きな原因になります。

異性との交遊でどこからが浮気なのか、ヤキモチを焼くのか焼かないのかなど、貞操観念の価値観の違いを見極めておきましょう。

この貞操観念の見極めを誤って結婚してしまった場合、泥沼や修羅場を経験するリスクが非常に高くなります。

メンヘラ女の特徴まとめ【メンヘラ女子診断】見分け方や対処法は?

好みや趣味

生き物が好きか、音楽の趣味が合うかなど、好みや趣味に関する価値観も、上手くやっていくうえでの大きなファクターになる事があります。

長い目で見たとき、相手と共通するポイントが多い事や、好みや趣向が近いという事は、関係性を良好に維持し続ける上でかなりメリットになると言えるでしょう。

男性のモテる趣味&モテない趣味ランキング!女性ウケする趣味は何? 女性のモテる趣味ランキングとモテない趣味ランキング!

年収差によるもの

多くの場合、男性は女性が自分よりも年収が多いと、なんとなく引け目を感じてしまったり、劣等感を感じてしまったりすることが多くなります。

妻の方が年収が多い場合でも、全く気にすることなく振舞えるという価値観を持った夫であれば問題ありませんが、そうでない場合、妻への引け目や劣等感から八つ当たりをしたり冷たくしてしまうという男性も多いでしょう。

また夫側の年収が多い、または妻が働いていないという逆パターンの場合、夫は何でも男性優先、自分の方が立場が上だという男尊女卑の考え方に偏ることが多くなります。

年収差によって際立ってくる価値観もまた、夫婦の関係性に大きな影響を及ぼすということがあるのです。

バリキャリ女子は男性に避けられる?キャリアウーマンのベストな婚活方法

年齢差によるもの

相手と年が離れている場合、持っている価値観により大きな隔たりがある場合が多いでしょう。

育ってきた時代背景や親の年齢、社会情勢が異なれば、その人を形成する価値観にも影響を及ぼすからです。

同性代や年が近い場合には気にならないようなことでも、年齢差がある事によって新たに価値観の違いを考えさせられる場合もあります。

年の差婚を成功させる方法!年齢差カップルが結婚するデメリットメリット

コミュニケーションの取り方

笑いのツボや会話のテンポ、相槌の打ち方など、コミュニケーションの取り方に関する価値観が合うという事も大切です。

結婚後に会話が一方通行で、話していても満たされないという感覚に陥ると、結婚生活そのものに疑問を感じてしまうからです。

何でも話し合えて相談できる相手、気兼ねなくコミュニケーションが取れる相手、同じことで笑える相手が恋人や結婚相手としてふさわしいのです。

実家への思い入れ

親を粗末に扱わない事や、家族を大切にすることは素晴らしい事です。

しかし度を過ぎる実家好き、伴侶の言う事よりも親の言う事を優先するという場合は考えものです。

一生を共にする相手として、実家に依存しすぎる人はあまり好ましくないと言えるでしょう。

自分たちの家族の価値観をしっかり持ち、実家の価値観に影響され過ぎることがないような相手がベストです。

親と同居が条件の婚活は厳しい?親と同居するメリット・デメリット

育ってきた環境に由来する価値観

人それぞれの価値観の中には、生まれ持った性格や生活で身についた価値観以外にも、親の影響や育った環境に由来している価値観もあります。

この親や環境に由来する価値観は、修正したり歩み寄ることが非常に難しく、夫婦ですり合わせることが困難なものばかりです。

長期にわたって着実に、そして体に染みついた価値観であり、変更や改善が非常に難しいと言えるでしょう。

以下のような価値観の違いがある場合には、価値観の違いに悩む頻度が多くなりますのでご注意ください。

家柄や家庭環境などの育ちが違うカップルの結婚は難しい!?

味覚

前述のように、同じものを美味しく食べられることや、食べたい味が一緒という事は、幸せな時間を共有することができるという事です。

毎日の食事時間をハッピーに過ごすか、険悪なムードで過ごすかは、味覚の価値観が一致しているかによるのです。

親戚付き合い

親戚付き合いに価値観の違いがあると、親戚付き合いが少なく上手く付き合うのが苦手という方が疲弊し、やがて親戚付き合いに出向くことが苦痛になってしまいます。

さらに親戚が集まるイベントに出席したくないという気持ちを全く理解されずに、ただの面倒くさがりだの、ケチだのと決めつけられてしまいます。

どの程度の親戚付き合いをしていくのかは、結婚前に一度相手の家庭の価値観を探ってみることをおすすめします。

日用品の価値観

一緒に生活するようになると、日用品に対する価値観も重要だと言えるでしょう。

シャンプーやタオル、柔軟剤、洗剤や歯ブラシなど、取り立ててこだわりのない二人であれば何も問題はありません。

しかし日用品にこだわりのある人や、ある特定のものだけにはこだわっているという場合、価値観の違いから買い物一つで喧嘩になってしまうこともあります。

日用品はどんなものを使っているか、こだわりがあるものがあるかなどは、事前に話し合い、妥協点を見出しておく方が良いでしょう。

兄弟姉妹

兄弟姉妹がいるのか、一人っ子なのかによっても価値観は大きく異なります。

兄弟姉妹がいる場合、ある程度の我慢をして育ってきていますし、協力することの重要性を認識し、互いに歩み寄るという姿勢ができています。

一人っ子の場合には、一人っ子であるが故の我儘という側面もありますが、教育や生活環境の充実、親からたった一人に注がれる愛情の深さを知っているでしょう。

結婚して子供を持つとなったとき、一人にするか二人にするかや、どういった教育をしていくかなどで、認識や考え方の違いが出てくるものです。

親の介入度

子供の方は親離れができていても、中にはまだ親の方が子離れできていないというパターンもあります。

親が勝手にいろいろと世話を焼いてしまったり、余計な口出しをしてくるという場合もあるでしょう。

気にせずにスルーできるという価値観の持ち主であればよいですが、気になるという場合には夫婦関係にも悪影響を及ぼす場合があります。

親が行う代理婚活って?結婚相談所で開催される代理お見合いの実態

自分の価値観を明確にすることも婚活ではかなり重要

相手の価値観が自分に合うかを確認するだけでなく、自分の価値観についてもしっかりと認識し、明確な価値観を持つことも大切だといえます。

ここからは自分自身の価値観を再認識するために効果的な方法などについて見ていってみましょう。

自分の価値観がはっきりしていれば相手の価値観とのマッチングもスムーズ

なぜ自分の価値観をはっきりさせることが重要かというと、相手との価値観をマッチングしやすくなり、自分にぴったりの相手を効率よく探すことができるようになるためです。

自分がどんな価値観を持っているか、どういった価値観を持った相手が合うのかを知っていれば、相手探しで価値観が違う相手を選んでしまうこともなくなります。

親のアドバイスが当てにならないワケ、親世代と現代の価値観は全く違う

自分の価値観について、親のアドバイスはそれほど参考にしないようにしましょう。

親世代が育ってきた環境や社会と、結婚適齢期である現代人の育ってきた環境や社会は全く異なります。

保守的で古い考え方を持った親に育てられた親世代は、男尊女卑や男女平等、自由への意識が全く異なります。

物事の捉え方、考え方や価値観が違う世代にアドバイスを求めるのは、誤った価値観を持つことにつながってしまうでしょう。

自分の価値観を知る方法

自分の価値観を認識する方法の中には、自分でもすぐに始められるものもあります。

ここからは自分の価値観を確かめる方法についてご紹介しますので、ぜひ自身の価値観について再確認してみましょう。

過去の恋愛を振り返る

過去の恋愛経験は、自分の価値観形成に深く関与しているといえます。

どんな人と交際して、どう感じたか、過去の恋愛から楽しかったことや辛かったことなどを振り返ってみましょう。

その中で相手に対して抱いた感情や、許せる部分、理解できない部分などを確認します。

他人に自分のことを聞く

普段から自分と接する機会の多い他人に、自分はどんな価値観を持っているかを聞いてみましょう。

自分ではそう思っていなかったような事を知らされ、目から鱗が落ちる感覚を得ることができます。

価値観の中には、自分でしかわからないこともあれば、他人から客観的にみられることでわかるものもあるのです。

新しい世界に飛び込んでみる

新しい世界に飛び込んでみて、先入観なく好き嫌いをはっきりさせてみましょう。

挑戦することで、鋭い感覚や自分磨き、自分を見つめなおす機会も生まれます。

新しく会う人、新しく知ること、新しく手に入れることに好き嫌いを感じることで、もともと持っている価値観を洗い出すだけでなく、新たな価値観を見出せることもあるでしょう。

習い事も婚活の一つ?習い事で出会いが生まれる!婚活中の人におすすめの習い事

人に会う

自分以外の人と会えば、共感や違和感を必ず感じるものです。

自分はどのような意見や行動に対して共感できたのか、どんなことが嫌だと感じ、納得できないと感じたのかがよくわかるようになります。

人の意見に対する自分の気持ちや考え方を整理してみましょう。

性格診断や価値観診断を受けてみる

性格診断や価値観診断を受けてみるのも、かなりおすすめの方法です。

特に恋人や結婚相手を探すときには、しっかりと価値観診断をしてから出会いを求めるべきだと言えるでしょう。

そこでぜひ利用したいのが、婚活サービスや結婚への出会いをサポートするサイトなどが提供している価値観診断です。

価値観を重視して相手探しをするおすすめの方法

相手探しにおいて非常に重要なポイントなる価値観。

しかしいくら他人に分析してもらい、自分自身を見つめなおしたからといって、価値観の全容を把握することは難しいといえます。

そこで価値観重視で自分にぴったりの相手探しをするときに役立つのが、価値観診断をしてくれる婚活サービスやサイトです。

おすすめの価値観診断や価値観マッチングがある婚活サービス

価値観診断や価値観マッチングを提供している婚活サービスの中でも、特におすすめなのが「ゼクシィ縁結び」「ツヴァイ」「エン婚活」です。

この3社の価値観診断や価値観マッチングは、自分の価値観を明確にしてくれるだけでなく、その価値観とぴったり合致する相手をも同時に探してくれます。

正確に価値観を診断することで、充実した出会いを提供してくれ、将来の伴侶となる相手との幸せもサポートしてくれるのです。

ゼクシィ縁結びの価値観診断

▼ ゼクシィ縁結びの口コミや詳細はこちら
ゼクシィ縁結びは婚活向き?特徴や口コミ評判、会員データ等をチェック!

概要

無料登録時に18個の設問に答えていくだけで価値観診断ができます

価値観診断の結果は以下の13タイプに分けられ、価値観の説明や有名人に例えるとどのような人が当てはまるかを知ることができます。

  • 愛されマスコットタイプ
  • 皆に慕われる理想の先輩タイプ
  • 明るく社交的な楽天家タイプ
  • 熱血!キャプテンタイプ
  • 芯の強い人情家タイプ
  • 自由気ままなマイワールドタイプ
  • 強い意志を持つカリスマタイプ
  • いつも冷静な理論派タイプ
  • 堅実な安定志向タイプ
  • 素直な甘えん坊タイプ
  • 思い立ったら即行動!即決即断タイプ
  • 他人思いの優しさ満点タイプ
  • いつもしっかり現実派タイプ

診断結果をもとに毎日4名価値観が合う人を紹介してくれるので、少しでも気になる人がいればいいねをしていくとよいでしょう。

価値観マッチで紹介された相手には、写真やプロフィールのほかにも二人のマッチ度(%)や相性の良いところ、注意ポイント、相手の価値観タイプなどが記載されています。

ゼクシィのサービスには価値観診断がある

ゼクシィが運営しているサービスでは、婚活サイトのゼクシィ縁結び以外でも、同じように価値観診断を受けることができます。

価値観診断のもととなるデータは実際に幸せなカップル

幸せな結婚生活を送っているカップル6000人の特徴や傾向をデータ化し、相手選びの判断材料としています。

結婚生活をしていくうえで、どういった価値観や考え方を持ち合わせている二人なら幸せになれるのかを詳細に分析して診断してくれます。

またたくさんの人に出会う中で、自分の価値観が変化した場合には再診断がいつでもできるのがメリットだと言えるでしょう。

\ゼクシィから生まれた婚活サイト/

価値観診断をする

※3分で簡単に登録できます

ツヴァイの価値観マッチング

▼ 価値観マッチングについてはこちら
ツヴァイの価値観マッチングって?相手の写真や紹介書をみる方法はある?

概要

入会時に32項目の設問に答えることによって、データ登録された「愛コンパス(性格診断・カラー診断)」という価値観や人柄を映し出すグラフを作成します。

価値観や生活スタイルのパターンをグラフ化して、相手のグラフと重ねることで、どういった点が合っているか、合っていないかが一目瞭然です。

自分が作成した愛コンパスと相手の愛コンパスをもとに、システムが自動的に相手を紹介してくれ、愛コンパスからは月に3人まで申し込むことができます。(通常のマッチング申し込みは無制限)

自己分析にも役立つ価値観診断ができる愛コンパス

婚活していくうえで、自分はどんな特徴を持っているのかを知ることができ、異性への接し方の指針とすることができるでしょう。

また、いろいろなタイプの異性の性格や価値観と比較しながら、自分とマッチするのはどういったタイプなのかをイメージしやすくなります。

\ツヴァイはイオンの結婚相談所/

価値観マッチングをする

※恋愛傾向を知ることが結婚への近道です

エン婚活の結婚価値観診断

▼ エン婚活の口コミや詳細はこちら
エン婚活エージェントは来店不要、低価格で出会える!口コミ評判は?

概要

12に分類された価値観の中から、自分が大切にする3つの価値観と、異性に求める価値観3つを知ることができる結婚価値観診断(EQ診断)です。

30問の設問に回答し、自分の基軸となる価値観を知ることで、自分のアピールポイントを探し出すことができます。

また、自分と相手に大切な価値観を絞り込み明確化することで、より異性のタイプもわかりやすくなり、相手探しの効率化が図れるでしょう。

結婚価値観診断は行動心理学、統計学に基づく確かな診断

婚活をするためには、まず自分自身を知る事が大切だと考えているエン婚活では、結婚価値観診断を行動心理学及び統計学に基づくデータの元で分析しています。

しっかりと分析するために、診断項目は詳細にわたり、細かくそして詳しく一人一人を分析、それぞれの人にぴったりの人を紹介してくれるシステムだと言えるでしょう。

\来店不要のエン婚活エージェント/

結婚価値観診断をする

※3ヶ月以内に出会いがなければ登録料・月会費全額返金

価値観重視で婚活すれば理想と現実の狭間で悩むことも少なくなる

ゼクシィ縁結び、ツヴァイ、エン婚活のように、それぞれの人の価値観を事前に診断したうえで出会いを提供してくれるシステムであれば、結婚してからの理想と現実に悩むこともなくなります。

価値観を軽視して結婚すると、いざ生活を共にしてから「こんなはずじゃなかった」という悩みを抱えてしまうものです。

価値観重視の婚活スタイルこそ、自分を大切にしながら愛する人も尊重し続けることができるという、理想の結婚を実現する婚活方法なのです。

まとめ

結婚したい人や結婚相手を探している人は、まず価値観の重要性について認識しなければなりません。

そして自分の価値観にぴったりの人を見つけるため、価値観診断や価値観マッチングを実施している婚活サービスを利用することが大切です。

自分の価値観を大切にしながら、相手も自分に合う価値観を持った人であれば、結婚生活はいつまでも平穏で幸せに送ることができるでしょう。

\ゼクシィから生まれた婚活サイト/

価値観診断をする

※3分で簡単に登録できます

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ無料

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!

コメントを残す