医者が結婚相手に求める条件は?婚活で医師と出会い幸せになる方法

医者との恋愛・結婚を夢見ている女性は少なくありません。

その理由は、優雅で安定した暮らしや、命を救うという尊敬できる職業、医者という社会的ステータスの高い肩書きに憧れているのではないでしょうか。

しかし医者との出会いは簡単なものではないことに加え、お付き合いや結婚生活においては多忙な医者を支える女性側の努力が問われます。

医者と結婚したいと思う女性にあった婚活方法と、医者が求める理想の妻とはどのようなタイプなのか、事前に把握しましょう!

▼ 人気の結婚相談所ランキングはこちら
結婚相談所おすすめランキング!評判や料金プランを徹底比較!

医者にも違いがあるのは知っていますか?

医者になりたての研修医や、大学院・留学で研鑽を積み大学病院へ進む場合、さらに一般の病院の医師の他に、自分で開業した場合は自営業と、それぞれ収入や働く環境には大きな違いがあります

研修医

研修医とはその名の通り、研修を積み重ねている状態の医師のこと。

下積み中の卵のような立場なので、医療現場で学びながら場数を踏んで経験を積むため、労働時間は非常に長くなります。

少し前までは研修医がもらえる給与は少なく、他病院でのアルバイトを掛け持ちするなどしていましたが、最近では改正され、一般企業なみの給料がもらえます。

大学院・留学期

研修時代を終えると、大学院や留学でさらに医学を学ぶ医師も多いです。

医者は実際に患者を治療するだけでなく、医術を学ぶ学者という側面もあるため、最新の医学論文を読んだり、データを解析する能力も重要。

そのため大学院に入ったり留学している間は勉強漬けになりますし、その間の生活資金や学費の準備も必要になりますが、その後は医師としてのキャリアアップが望めます

病院勤務

通常の総合病院勤務では年収1,000万〜1,500万程で、外科や内科などの分野でも多少の金額差があります。

たとえば外科の医者であれば難しい手術を長時間に渡ってこなしたり、救急搬送の患者に常日頃から対応していたりと、休む間もありません。

宿直勤務もあり、睡眠不足などで休日は寝るだけと言う人も少なくないのです。

他の先進各国に比べ日本では医者の数が不足しているため、どうしても臨床の現場で働く医療スタッフの労働環境は厳しいものとなっています。

参考資料:厚生労働省「医師の需給に対する基礎資料

開業医

だいたいの方が理想像を抱くのが、この開業医というスタイルでしょう。

総合病院勤務を経て、数年後に開業する医師がほとんどです。

個人医院を開業する場合は、医療機器などの初期投資や看護士、医療事務員などの人件費が発生するでしょう。

科によっては、高額な医療機器を取り揃えてからのスタートとなるため、開業からしばらくは開業資金返済の期間と捉えるべきですね。

また、歯科医院はコンビニよりも多いと言われている時代なので、近所に数件歯科医が存在し、患者さんの評判によっては、患者獲得に苦労する場面もあると言われています。

しかし開業医の年収は2,000万円を超えることが多く、有名な開業医になると年収は億単位も可能です。

めざせ玉の輿!婚活で差が出るお金持ちと結婚して幸せになる方法

医者の恋愛事情

勉強に仕事にと、めまぐるしい人生を送る医者は、どのような出会いで結婚に至るのでしょうか。

看護師や薬剤師など職場結婚が大多数!

医者の妻は同じ職場の、看護婦さんや薬剤師などの医療従事者が大多数になります。

中には、医学部時代、研修医時代からお付き合いしている、女医との結婚も無いわけではありません。

しかしどちらかと言うと、同業種同士の恋愛はプライドがぶつかり合うなど戦友のような関係になる事が多いため、結婚に至ることは少なくなっています。

同じ立場の女医より、いつも医者のサポートをしてくれる看護師を妻にしたい!と言う医者が多いのです。

女医が婚活で幸せな結婚をするには?出会いを厳選して活動しよう!

ちなみに、ドラマや映画の世界のように、患者と恋愛関係になる医師はほぼ存在しません。

知り合いからの紹介

次に多いのが、親戚や同僚、先輩医師からの紹介によって出会うというケース。

この場合はコネやツテが必要ですね。

医師と出会いたいなら婚活方法がカギ!

医師は若いうちに同じ職場の女性と結婚ケースが多いのですが、中には学業に専念するあまり恋愛の機会に恵まれなかったケースも、少ないながらありえます。

真面目で勉強や仕事に一生懸命だった彼らが結婚を考えた時、一般女性も医師と出会える可能性があるのです。

ただし、医師はとても人気な職業の上、彼らの大半が若くして結婚していきます。

婚活市場で医者に巡り合うのはとても難しく、妻の座を手にするのは更に高難度だということは承知しておいてくださいね。

医師と出会うならやっぱり結婚相談所!

仕事や学業に専念してきた男性医師は、真面目で恋愛ベタ。

そんな彼らが結婚を考えた時に頼るのは、アドバイザーからのサポートが受けられる結婚相談所です。

特に仲人型の結婚相談所なら希望の女性を紹介し、お見合いをセッティングしてくれるので、自分でお相手を探す時間もない忙しい医師にはピッタリですね。

中には医師の方が多く登録している結婚相談所もあり、大変人気があります。

▼ 医師に特化した結婚相談所はこちら
医師との結婚を応援してくれる「誠心」でハイスペックな婚活をしましょう 登録男性は100%医師や歯科医のフェリーチェ!お医者様との出会いを応援する結婚相談所の実態とは

婚活パーティーでも出会える可能性がある

結婚相談所に参加するのは気が引けるという女性は、単発で開催される婚活パーティーに参加してみましょう。

▼ 人気の婚活パーティーランキングはこちら
婚活パーティーおすすめランキング!口コミと人気・評判を徹底比較

医師などの職業限定パーティー

医師は常に忙しく、研修医時代からなかなか、出会いのチャンスがありません。

よくあるパターンでは職場の看護士と出会い、結婚するパターンが少なくありませんが、医療に携わらない一般女性との出会いを求める医師がいる事も事実です。

最近は医師限定のお見合いパーティーが開催されるなど、医師と結婚したい人には、とても有難い注目のパーティーがあります。

統計的に、参加する医師は歯科医が多いそうですよ。

歯科医師との結婚生活はどのようなもの!?メリット・デメリットを含めて検証!

年収限定パーティー

職業限定パーティーの他にも、高収入やハイステイタスの男性と出会えるパーティーもあります。

こうした企画のパーティーに参加するのも方法の一つですね。

ハイステイタス男性と結婚したい!独身の理由と婚活で出会う方法

男性医師がパートナーになる女性に求めることは?

激務の医師をサポートしてくれる

医師の仕事は激務。

そのため共働きの家庭のように、男性が育児や家事に参画することは考えられません

医師の妻になる女性には、家庭の一切を取り仕切るとともに、夫を支えるだけの能力が求められるのです。

特に開業医の妻の場合は、事務や経理などで夫を支える場合が多く、経営の手助けを出来るだけの勉強が必要になります。

医師の妻にふさわしい身だしなみやマナー

開業医の妻などになると、患者さんや周囲の目もあり、さらに同業者との会合などにも出席する必要があるため、医師の妻としてふさわしい服装や立ち振舞いが必要になります。

TPOをわきまえた上品な服装や、マナーを身につけることは必須ですね。

婚活パーティーでの女性の服装は?男性に好印象を与えるコーデとは?

何と言っても若い年齢の女性!

男性医師ははっきり言って女性を選び放題なため、自分の地位と今までの努力に見合うだけのものを女性に求めます。

その第一条件が、若さです。

特に子供が欲しいと思っている医師は、高齢出産の危険性や困難さをよく理解しているので、40代~50代でも20代の若い女性を選ぶ傾向にあります。

男性医者の恋愛感とは

第一に、医者という肩書に惹かれた女性は敬遠されます

そういった肩書目当ての女性をターゲットに、医者というブランドをチラつかせる男性も多いので、遊ばれて時間をムダにしないように気をつけてください。

一方で医者の中には奨学金制度などを利用し、苦労して医者になっている人もいます。

苦労してきた人は、恋愛する暇もなく、女性に対して苦手意識を持っていたり、恋愛初心者であるので、女性側がうまくリードしてあげると良いですね。

その時には医師という肩書ではなく、努力と研鑽を積んできた男性自身の姿に注目しましょう。

医者は急な勤務によりデートが中断したり、ドタキャンの可能性も高いので、できるだけ相手の心理的負担を和らげるような存在にならなければなりません。

忙しい時に、今度はいつ会える?最近、会ってくれないね、などと言われたら、面倒くさいと思われてしまいますよ。

一人でも自立した女性ならば、医師も安心して家庭を任せられるはずですね。

まとめ

努力と研鑽を積み医師になった男性のことを、年収や生活の質だけでなく様々な面で女性は尊敬できるはずです。

医療に携わりのない人が医者と出会うのは難しいのですが、行動しなければチャンスはありません!

結婚相談所の入会はハードルが高いという人は、まずは婚活パーティーに参加してみましょう。

人気の結婚相談所ランキングはこちら

ランキングを見る

※気になる結婚相談所を比較してみましょう

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!