婚活中にメール・ライン・メッセージの返信が遅い時の理由や対処法

婚活中に重要な役割を果たしてくれるのが何と言ってもメールやライン、メッセージなどの連絡ツールですね。

便利な反面、相手からの返信が遅いとモヤモヤした気持ちになったり、「自分には興味がないのかな?」などとネガティブ思考になったりするでしょう。

また、せっかちな人ならば、相手からの返信の遅さに耐えきれず、返信の催促をしてしまう事もありますよね。

では、婚活中、相手が返信を遅い場合、どのようなことか考えられるのでしょうか。

また、メールやラインの返信が遅い事でどのようなリスクが生じるのかも検証します。

さらに、相手に失礼のないように返信を催促するうまいトークがあるのかも見ていきますね。

▼ マッチングアプリのおすすめランキングはこちら
【2018年】人気のマッチングアプリおすすめランキング!口コミを徹底比較!

メールの返信が遅いときに考えられること

メールの返信が遅い時には相手がどのような心理なのでしょうか。

また、相手がどのような境遇にいる時にメールの返信が遅れがちになるのかを見ていきましょう。

他に良い人がいる

婚活は同時進行する事もあるため、ほかの婚活者と同時進行されている可能性もあります。

婚活をしていれば決して珍しい事ではないため、「婚活で他に良い人がいるのかも?」と考え、引き際としての判断材料に使うこともあります。

婚活でキープはしても良い?どんな時にキープする!?

仕事が忙しい

仕事が多忙で返信が遅れるというケースは珍しくはありません。

これは婚活以外の恋愛でも同じ事が言えますよね。

平日の日中勤務の人に対して、ラインやメールを送ったとしても、返信がくるのは帰宅後の夜になる事は十分理解できます。

逆に考えれば、仕事中なのにもかかわらず、返信が早い方が不可解でしょう。

忙しくて婚活できない!婚活する時間がない人のための4つの方法とは

もともとメールやラインが苦手

メールやラインに関しても得て不得手がありますよね。

苦手どころか、全く興味がなくて、婚活だから仕方なくやり始めたと言う人だっているはずです。

このような人はメールやラインの文字打ちがやっとで、返信が遅いという概念すらないのです。

特に、女性よりも男性の方がこうした通信ツールのやり取りは苦手なケースが多いため、男性の返信が遅ければ、「男性はメールやラインが苦手だから仕方ないよね」くらいの寛大な気持ちで構えるのがベストでしょう。

体調を悪くしているのかも

メールやラインの返信をしたくてもできないケースがあります。

その中のひとつとして風邪などの疾患で体調不良の状態です。

こうした時って、返信どころか、スマホをいじるのも苦痛ですよね。

このようなピンチな状況で、返信が遅れてしまう事はあり得ます。

フェードアウトしようとしている

人によっては、「断れない」という性格の人もいるでしょう。

そうした人が相手を傷つけないようにするために、メールの返信を遅れさせる事もあります。

ひどい時には返信自体しない人もいるのです。

こうして、返信の遅れは婚活におけるフェイドアウトの予兆と言う事も言えるでしょう。

婚活中のフェードアウト(FO)とは?原因や対処法、FOする方法を知ろう!

メールの返信を早めてもらう方法

婚活中にメールやラインの返信が遅いということは、返信を待っている側とすれば、大切な時間を無駄にしてしまうことになりますね。

返信の受け手側も、同時進行している婚活相手が何人かいれば返信の遅さはあまり気になりません。

ですが、一途な人だと1人だけを婚活相手として頑張っているため、その1人の返信の遅さが精神的ダメージになる事もあるでしょう。

そこで、遅い返信をいつまでも待っているだけでは、婚活がストップしてしまいますね。

次のようなことを意識して、こちらからもアクションを起こして下さい。

2、3日後にやんわりと催促メール

メールやラインの返信が遅いときは、2〜3日くらいを目安に催促メールをしてみましょう。

その場合も、「○○さん、お忙しい中すいません、先日メール(ライン)させていただいた件ですが、返信いただけるとありがたいです!」など、相手の都合を考慮する言葉を交えてくださいね。

絶対にやってはいけないのがその日にメールの返信を催促したり、強い言葉で返信を促す事です。

婚活における理想的なメールの頻度はどれくらいがベスト?

質問形で答えの返信を促す

返信の遅い人に返信を促すときは、質問系の内容でメールやラインを送るようにしてください。

例えば「今度の日曜日、晴れるようなので御花見なんていかがですか?」など、相手が返信をせざる終えない状況を作ってしまいましょう。

それでも返信が遅い場合は…。

例え、その人とお付き合いしたとしても、波長が合わずにイライラしてしまう事が目に見えていますね。

見切りをつけるタイミングかもしれません。

自分の気持ちを素直に伝える

あまりにも、返信が遅い場合、思い切って、こちらから「好きです、だからもっとメールやラインのやり取りをして、○○さんの事を知りたいです!」と告白してしまいましょう。

いくらメールの返信が遅い相手でも、真剣な結婚を考えたいのであれば、こちらから告白をしてしまうのも作戦の一つです。

告白された相手は、最初はびっくりしますが、こちら側の本気さが伝わり、メールやラインのペースを見直してくれる事もありますよ。

告白は勇気がいりますが、返信が遅くて悶々とした無駄な日々を過ごすよりも、潔くけじめをつけることができます。

告白の返事が思わしくないものであれば、

「返信が遅かったのは、自分に恋愛感情を抱いていなかったのだな…」

「諦めて次の婚活に励もう!」

という切り替えができます。

逆に告白の返事が良いものであれば、

「返信が遅いのは、忙しかったからなんだね」

「これからも返信が遅くてもモヤモヤしないようにしよう」など納得して婚活を進める事ができますね。

自分もメールの返信が遅くないかを思い返す

相手側のメールやラインの返信の遅さはとても気になるものです。

ですが、逆の立場も考えてみましょう。

自分は相手に対してメールの返信を遅れさせてはいないでしょうか。

もし、相手からきたメールやラインに対して「返信が遅いかも!?」と思うのであれば、なるべく早めに返信をした方が良いです。

メールやラインが送られてきた婚活相手に対し、これ以上恋愛感情がわかない場合、すぐに断りましょう。

相手の婚活を遅らせて婚期まで遅らせてしまいます。

はっきりと断りを入れた方が返信を遅らせるよりも、ずっと誠実なやり方です。

マナー上、故意にメールの返信を遅らせたり、フェードアウトしたりするのは極力、控えるべきでしょう。

婚活の上手な断り方と例文をマスター!トラブル回避はタイミングも重要!

まとめ

メールやラインの返信の遅さは、返信待ち側からすれば、ストレスに感じる事も。

しかも、時間が欲しい婚活だからこそ、早めに返信が欲しいと考えるわけです。

早めに返信が欲しいときは、メールの返信を早めてもらう方法を参考に、相手へ催促してみましょう。

また、相手の返信の遅さばかりを懸念するのではなく、自分自身も返信の遅れはないかどうかを確認してくださいね。

> 婚活サイト&アプリのおすすめはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!