復縁から結婚はできる?きっかけやうまくいくカップルの特徴は?

以前お付き合いしていた恋人と、復縁して結婚まで至る事はできるのでしょうか。

復縁したきっかけや、結婚までの道のり、復縁に成功したカップルの特徴を検証しました。

また、残念ながら復縁しても結婚できなかったり、復縁すらできなかったりした場合の婚活法をまとめました。

 この記事でわかること

復縁したきっかけは?

復縁のきっかけは、次のような様々な理由があげられます。

偶然のようなパターンもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。

友達の結婚式でばったり!

結婚ラッシュの時期に、共通の友達の結婚式でばったり遭遇してしまったケースもあります。

友人の幸せそうな姿を見て拍車がかかり、懐かしさも加わったりする事で「復縁が成立してしまった!」という人は少なくありません。

また、結婚式に着用する男性のスーツや女性のワンピース姿に惚れ直すこともあるのでしょう。

あのような場面では、大人びた雰囲気に惹かれあうものです。

また、二次会などではお酒が入って勢いづくこともあり、流れの中で復縁することもあるでしょう。

FacebookなどのSNSより

何気に気づいたらいつも元彼のFacebookやTwitterをチェックしている。

なんて事もあるでしょう。

暇つぶしにしては、気づいたら元彼や元カノのFacebookばかりを開いているのは、未練がある証拠かもしれませんね。

そうこうしているうちに、写真が投稿されれば「いいね!」を押してリアクションしている。

そんな様子に気づいた元恋人がリアクションを返してきて、二人の接点が再び出来上がると言う感じですよね。

また、SNSの写真をまめにチェックしているという事は、「元恋人に新しい恋人ができていないか?」というチェックの意味もこめられているのです。

共通の知人が仲介してくれて

友達というものは、良い意味でも悪い意味でもお節介が大好きです。

特に、元恋人の共通の友達なら、近況報告をしてくるなど余計なことまでしてきます。

「○○君、まだ新しい彼女できていないみたいだよ!前よりも数倍カッコよくなったし…」なんてサラッと言われた時には、元彼の事を走馬灯のように思い出すでしょう。

そうこうしているうちに、友達を介して「元恋人と会いたくなった…」なんて言ってしまっているのです。

人間って悪い思い出よりも、良い思い出の方が、優先的に思い出されますね。

ですから、ついつい懐かしくなって復縁なんてケースは珍しくないのです。

友達の紹介での婚活は成功しやすい?友達の紹介のメリット・デメリット

ドラマのような偶然の再会

コンビニやスーパーでばったり会ったり、道を歩いていたら、あちらから来たのが元恋人だったり…なんて事もあるでしょう。

そんな時、「あっ、この人はやっぱり運命の人なのだわ…!」なんて錯覚を起こしたり、自分に良いように捉えたりしてしまうのです。

たしかに、ドラマのような偶然の再会はとてもロマンス溢れていますよね。

特に女性はこのようなパターンに弱いのです。

昔の二人の思い出のスポットで

悲しい事、嬉しい事があるとついつい訪れてしまうスポット。

実は元恋人との思い出の地ばかり…

そんな時、思い出の地で二人が再会するというパターンもあるでしょう。

お互いがそのスポットを忘れずにいると言うことは、2人とも未練があったと考えられますね。

別の彼氏と別れたばかり

最近までお付き合いしていた彼と別れた時に、ふと寂しくて悲しくなる事もあるでしょう。

そんな時、元彼の存在を思い出すのです。

「彼だったら、きっとこんな別れかたはしない」

「彼だったら、私をこんな不憫にさせないだろう」

失恋したばかりで過去が眩しく見えるのでしょう。

復縁から結婚までの道のりは?

「復縁したらトントン拍子で結婚までしてしまった!」と言うカップルは少なくはありません。

では、復縁がきっかけで結婚まで至ったカップルはどのようなタイミングや道のりを経てきたのでしょうか。

周囲の知り合い達が結婚を促すから

元恋人の共通の友達は、2人の悪いところ、良いところ、どちらも知っている貴重な友達だった事でしょう。

こうした友達の中には復縁して欲しいと願っている人もいます。

「復縁したら、またみんなで楽しく過ごせるのに!遊べるのに!」と言う友達の希望が復縁を促すと言うかたちになる場合もあるのです。

友達がわざと2人の出会いの場をサプライズセッティングするなど演出じみた事をするパターンもあるでしょう。

友達のしあわせな結婚生活を見てから

友達の幸せな結婚生活を見たら、なんとなく「結婚しなければならない…」なんて焦りや羨ましさが混同したような気持ちになるかもしれません。

そのときに、特定の彼氏がいなければ、たくさんの事を知り尽くしている元恋人の事を思い出し、結婚相手の候補にしてしまう事があります。

結婚を急いでいるほど、「新たな人とお付き合いして色々と分かり合う時間がもったいない…」と感じるものなのです。

同棲をした後で…

復縁が成功したら、次は結婚に向けての準備です。

以前付き合っていたときは、結婚まで考えられなかったとしても、今回は年齢的にも結婚を考えないわけにはいきません。

ですが、かつては破局に終わった事のある相手なだけに、すぐに結婚をするのは不安になるでしょう。

「また、同じことを繰り返しはしないか」「過去を反省しているかどうか」をお互いに確かめ合う時間が大切です。

そのようなとき、「やはり同棲をしてから結婚に進みたい」という気持ちが先行するでしょう。

復縁後は同棲を経て結婚に至るケースも多いです。

彼の転勤が決まったタイミングで

彼の会社から転勤の辞令が降りたときに、遠距離にするか、彼女を連れて行くかで迷うでしょう。

彼がまだ20代そこそこの若さであれば、遠距離恋愛も厭わないです。

ですが、もう適齢期間近だったり、以前も遠距離恋愛で別れてしまったり。

というタイミングやケースでは、「今度は彼女を連れていく!」「もちろん結婚というけじめをつけて!」と意気込みも違うのです。

全国転勤の多い転勤族との結婚生活はどのような心得が必要!?

親が結婚を促すから

結婚適齢期の子供を持つ親はこの時期になると、「だれかいい人はいないのか…」「お見合いする気はないのか?」など、様々な結婚がらみの質問をしてきたり、結婚しろと単刀直入に言ってきたりします。

そのような中で、結婚に焦りを感じると、「復縁でもいいから結婚して親を安心させたい」という思いなのでしょう。

お見合い結婚のメリットとデメリット!恋愛結婚よりも幸せになれる?

ちょうどお互いが結婚適齢期だったから

昔、お付き合いしていた頃は、お互いが結婚適齢期前で 焦りをあまり感じていなかったり、結婚について本気で考えた事がなかったりしたのに…

再び出会った時に結婚適齢期になっていたら、結婚に対する価値観がガラリと変わっているかもしれません。

お互いが「そろそろ結婚しなければ…」という思いが合致していれば、復縁というケースも十分ありえるでしょう。

結婚適齢期っていつ?結婚適齢期が婚活をスタートするきっかけに!

復縁して結婚まで至るカップルの特徴とは

復縁して結婚まで至るカップルには、次のような特徴を持ち合わせています。

昔、別れた時の別れかたが、以下のような別れかたであれば、復縁しても問題はないでしょう。

急な遠距離恋愛になって泣く泣く別れた

彼の転勤などで、急な遠距離恋愛になってしまった場合、仕方なく別れるパターンも多いでしょう。

遠距離恋愛は最初のうちは気を張るため、頑張れますが、だんだんに会えない時間が増えると辛くなってくるのです。

お互いに誤解も生じやすくなり、2人の時間の隙間を埋められなくなり別れてしまうカップルもいますね。

遠距離婚活を望む男女が増加中!その背景と成就させるポイント

仕事などが忙しく時間のすれ違いやすくなった

まだ、社会人になりたての時期は、お互い仕事が忙しくて恋愛する時間に余裕がない事も珍しくないでしょう。

社会人に 1年生〜3年生ともなればまだ仕事を覚えるのに懸命だったり、職場の人間関係形成に試行錯誤する時期だったりします。

こうした気持ちや時間のすれ違いで別れてしまうケースもあるでしょう。

忙しくて婚活できない!婚活する時間がない人のための4つの方法とは

嫉妬が原因で別れた

嫉妬は相手を好きだという気持ちの表れです。

ですが、ときに嫉妬は疲れますし、喧嘩の原因にもなるものです。

嫉妬が別れの原因である事は珍しくありません。

嫉妬してでも「好きだ」という気持ちが残っている限り、未練が残りやすくなるでしょう。

嫉妬までするくらい好きだった相手ですから、再会した時は、あの時の好きだという気持ちが蘇ります。

復縁を頭に過ぎる事でしょう。

いずれの原因も相手をすごく嫌いになったわけでもなく、ひどい裏切られ方をしたわけでもないのが特徴です。

そして、別れてからも元恋人の事を頻繁に思い出す事があったならば、ますます復縁になってもおかしくはないのです。

別れてからも友達関係が続いていた

別れてからも友人関係が続いているような場合ならば、人間としてもお互いが認め合っている事になるでしょう。

内面を信じあえるような仲ならば、いつ友達関係から再び恋人同士に戻ってもおかしくはありません。

別れても連絡先を消していない

相手の事を嫌いで別れたならば、連絡先など残しておかないはずですね。

ですが、少しでも未練が残っていれば相手の連絡先を完全に抹消してしまうような事はできないでしょう。

連絡先が消えていないという事は、「いつか元恋人と復縁できるかも…?」と密かな期待を抱いているのかもしれませんね。

復縁結婚のメリット・デメリット

復縁結婚のメリットやデメリットはどのようなものなのでしょうか。

復縁結婚なんて聞くと、一見「もとさやに収まってよかったね」「やっぱり御縁があったのだね」なんて良い事を思いがちですが、実はデメリットもある事を把握しておきましょう。

デメリット

残念ながら、復縁後の結婚には、メリットだけでなく、デメリットも存在します。

過去の別れた原因をいつまでも引きずらない気持ちが持てるかどうかで予後が違ってくるでしょう。

同じ理由で別れてしまうかもという不安

1度別れた2人は、事あるごとに別れた時のシーンを思い返す時があります。

相手の浮気が原因で別れたのであれば、飲み会のたびに

「浮気されるのではないか…」と不安になり、相手との金銭感覚の違いから別れたのであれば、「相手がどこまで金銭感覚について成長しただろうか?」と不安になるなどするでしょう。

もし、昔の悪癖が治らないのであれば、「また、別れてしまうかも」という不安がよぎるのです。

昔と違うのは、恋人同士ならサヨナラだけで別れられますね。

ですが、結婚してから別れるとなれば、離婚という最大の山場を越えなければならないのです。

そうしたプレッシャーに押しつぶされそうになる人もいるでしょう。

金銭感覚の違う彼氏彼女と結婚できる?金銭感覚違いをチェックしておこう

新鮮さがない

復縁した時点で、お互いの殆どを知ってしまっているため、新婚のようなドキドキ感やフレッシュさがありません。

復縁カップルの殆どが、新婚にもかかわらず、熟年夫婦のような雰囲気を醸し出すでしょう。

マンネリ化がすぐに訪れるため、相手との性生活に飽きたり、浮気心が芽生えたりするケースも否定できません。

周りから反対されるかもしれない

1度は別れた2人、共通の知人もいる事でしょう。

また、過去にお付き合いしていた時に、家族にまで紹介していたというパターンや、婚約までしていたのに別れたというパターンもありますよね。

そして周りの人達は、別れた原因も知る事になるでしょう。

別れの原因が、どちらかの酷すぎる浮気だったり、何らかの裏切りだったりした場合、周りはかなりの確率で復縁に反対するはずです。

誰もが周りから祝福されて結婚したいはずですね。

復縁後の結婚は周りから反対されることを覚悟しなければならないのです。

時間の無駄かも

復縁してから、「やはり2人はうまくいかなかった」「お互い成長できていなかった…」何ていうことになれば時間の無駄だったと思う事になるでしょう。

「その間に他の人とお付き合いする時間に充てて違う人と結婚すればよかった」と後悔する事もあるのです。

特に適齢期前後で慌てて結婚してしまった場合には、この後悔は強くなるでしょう。

焦って結婚すると後悔する!焦って結婚して後悔する女性のタイプとは?

相手の行動する先が見えすぎる

相手の行動が手に取るように分かりすぎてしまうのも、復縁後の結婚カップルにありがちなパターンです。

相手の行動する先が見えすぎるために、「やっぱりね」「ほらまたやった…」みたいな感じになってしまいます。

別れている期間に温度差が出来上がっていた

復縁後の結婚は安泰だと思っていたけれども、結婚して時間が経過すればするほどやはり上手くいかなくなったというケース。

これは、別れている期間に温度差が出来上がっていて、やっぱりやり直せなかったパターンです。

別れることに慣れてしまう

1度別れたカップルは、「また別れても復縁するだろう…」と慣れてしまっているでしょう。

特に何度も復縁を繰り返しているようなカップルであれば、別れては復縁しての繰り返しに慣れっこになってしまっているのです。

大きな喧嘩をして、別れ話が出たとしても「どうせまた復縁できるだろう」というクセがついてしまうのです。

こうした復縁を繰り返すクセは夫婦生活に緊張感を失くしてしまいます。

相手に過剰な自信を与えてしまう

復縁は時に、相手に良からぬ自信を与えてしまうでしょう。

例えば、「やっぱり別れても自分に戻ってくるのだ」「どうせ自分のところしか戻ってくる場所はないくせに」などと、復縁についてねじれた感情を持ってしまう事になるのです。

こうした自信がエスカレートすると、「浮気しても復縁するのだから大丈夫」なんて事になってしまいます。

復縁は時に、相手を油断させるマイナス要因になってしまうのですね。

メリット

復縁カップルの結婚生活は、もうお互いの全てを知ってしまっているため、相手への詮索や不安がないと言う点でしょう。

互いの事を理解しているので疲れない

お互いの良い面も悪い面どちらも把握しているために、復縁してからもとても居心地良いと感じますね。

復縁したら結婚までが最短

お互いが結婚適齢期などのタイミング時期であれば、復縁後はすぐに結婚という方向に向かうでしょう。

復縁した2人はすでにお互いの事を知り尽くしているため、結婚までのお付き合い期間は最短で良いのです。

お互いの成長に感動できる

人間は年や経験を重ねる事で成長するものですね。

かつて、お付き合いしていた時にヤンチャだったり、頼りにならなかったりしたパートナーでも、年数が経過すれば一皮剥けたように成長する事もあるのです。

そんな成長した姿に、再度惹かれあうのでしょう。

そうした成長は、結婚をする事で細かにわかります。

例えば、昔はお金があれば湯水のように使ってしまっていた彼なのに、いまはちゃんと貯金もして節約してくれている…

昔は派手なメイクに、奇抜な服装の彼女だったのに、いまはノーメイクで控えめな雰囲気を醸し出している…

など、成長を伺えるシーンは人により違いますが、昔と比較して少しでも大人になっていたら感動できるでしょう。

体の相性も合うので子作りもスムーズ

結婚後は「すぐに子供が欲しい」と思うカップルがほとんどです。

適齢期に近づけは近くほど、こうした感情は強くなります。

セックスレスや体の相性が合わないなどの理由で別れたカップルでなければ、復縁後は子作りもスムーズでしょう。

婚活におけるセックスのタイミングはいつ?体の相性の大切さと考え方

同じ失敗を繰り返したくないから、頑張れる

復縁後の結婚は、昔のように同じ失敗を繰り返したくないために、お互いが頑張ろうと努力するはずです。

過去に別れた理由をしっかり探りながら、お互いの悪い点を改善しながら前へ進む事になります。

「昔は喧嘩ばかりしていて別れたのだから、今後は改めて、喧嘩のない明るい家庭を築きあげよう!」などと考え方を180度変えて結婚生活に挑めるでしょう。

相手の好きなものがわかる

過去に付き合っていたわけですから、相手の好きな食べ物、香り、テレビ番組、服のセンスなど様々な事が手に取るようにわかっています。

復縁後の結婚においても、こうした好きな事が一目瞭然でわかるため、何かのイベントの時のプレゼントも迷わずに選ぶ事ができるでしょう。

相手の好きな食べ物を事前に用意してあげる事でパートナーにパワーをつけてあげることもできますね。

また、相手の好きな香りのアロマや、入浴剤を用意してあげるとリラックスさせてあげる事ができるでしょう。

復縁をする前に考えるべき事

復縁すると、「やっぱり運命の人だったのだ…」というように、良い方向に考えがちです。

ですがそうした感情は、冷静に考えると違うものであることに気づく場合があります。

以下のように思いあたる点はないでしょうか。

別れた理由は何だったのかを思い返して!

以前、別れた理由は何だったのかを思い返してみてください。

遠距離恋愛などの致し方ない別れかたならば、復縁にも支障はないでしょう。

相手の ひどすぎる浮気や、借金などの理由で別れたのでなければ、今後も繰り返す危険があります。

女癖や金銭感覚はなかなか直せないものです。

また、一番復縁してならないケースは「ドメスティックバイオレンス」などの暴力ですね。

DVは暴力の後に優しくなる事を繰り返すため、一見、改善したかのように思いますが、それはDV特有の症状なので、復縁して幸せになる確率は低いでしょう。

もちろん、暴力だけでなく言葉での暴言を吐く男性との復縁もやめるべきです。

情や寂しさで復縁はしない!

1度お付き合いしていた2人の間には、「情」が生まれるものです。

「元彼がひとりぼっちで可愛そう」「元彼女が仕事で悩んでいる、そばにいてあげなきゃ」など、「愛ではないけど情があるから大丈夫」では、結婚してから失敗してしまうでしょう。

同情心などでお付き合いしても結局は上辺だけの夫婦になってしまいますよ。

復縁を迫られてもすぐにOKサインは出さない

元恋人から復縁を迫られた際にはすぐにOKを出すのではなく、何日間か考える時間をもらうのが大切です。

すぐにOKサインを出してしまうと、相手を調子にのせてしまったり、「復縁は簡単なこと」と思わせたりしてしまいます。

「どんなことがあっても復縁さえ求めれば相手は自分のところに戻ってくるはず!」なんて思わせるのは良くないことですから。

復縁して結婚したい場合どうすれば良い?

復縁して結婚を望む場合、どのようにすれば良いのでしょうか。

そのためには次のような方法があげられます。

勇気を出して連絡してみる

元恋人の連絡先がわかっていれば、勇気を出して連絡して見るのも良いでしょう。

また、最近はFacebookなどのインスタグラムを通じて、「いいね」 などをして相手の反応を見ながら再びアプローチするケースもあります。

この時、インスタグラムに載せられた写真に新しい彼女や彼氏をにおわせるような投稿がないかをきちんと確認しながら、アプローチしてください。

新しく彼女や彼氏がいるのにしつこくするのは、復縁どころか「ストーカーなどの要素をもっているのかも?」と不安にさせてしまいます。

友達に頼んで仲介してもらう

元恋人の共通の友達に仲介してもらうという手段もあります。

グループ交際のようなスタイルから復縁したり、友達に頼んで飲み会の席を用意してもらったりしましょう。

また、友達から「○○ちゃんて、まだ○○君の事が好きみたいだよ」「忘れられないみたいだよ」と気持ちを伝えてもらうだけでも、元恋人に近づく第一歩です。

親にもしっかり説明する

復縁結婚することに壁になりやすいのが、「親の反対に合うかもしれない」ことです。

たとえば、娘が酷い裏切られかたをして別れたと知っている親ならば、かなりの反対をするでしょう。

娘がまた悲しい思いをするのを黙って見ているなんてできませんよね。

こうしたケースでは、復縁に親の理解がとても大切になります。

復縁後の結婚生活の心得

復縁後の結婚生活は以下のような点に気をつけてください。

ポイントは「過去は過去、今は今」という考え方のスタンスを貫かないと、破局しやすくなるでしょう。

過去について責めない

よく復縁カップルなありがちなのが、お互いの過去について責め合う事です。

特に、喧嘩の際はこうした責め合う気持ちが強く出やすくなるでしょう。

「あの時も貴方はこうだったよね」「あの時と何も変わっていないじゃない!」なんて言い合う姿を想像したくないですよね。

十分な話し合い

昔付き合っていた頃は、お互いの意見が食い違う事で喧嘩になりやすかったでしょう。

これも若かったから…と若気の至りで済まされれば良いです。

ですが、さすがに復縁して結婚したというのに、お互い我を通して意地をはるのはよくありません。

意見がくい違いそうになったら、一呼吸置いて、冷静に話し合いを儲けましょう。

思いやりをもって

若い頃は誰でも、自分のことを優先にしてしまう事がありますね。

そのような気持ちを復縁結婚後も続けていたのでは、また同じ過ちを繰り返してしまうだけです。

「もう自分たちも、あの時より成長しているはず!」「相手優先に思いやりを持って結婚生活を変えていこう」という意思が必要です。

復縁を諦めた人がとるべき婚活法

「復縁をしたかったけれどもやはり無理だった」

「復縁まではしたけれども、結婚までは至らなかった」

など、復縁には心底無縁な人もいるでしょう。

ですが、復縁にこだわってばかりでは、幸せは一向にやってきません。

「結婚をしたい」と思ったら、復縁のことを一切忘れて、新たな出会いを極めてください。

そのためには、次のような婚活法が必ず役立つはずです。

まずは、自分がスタートしやすい婚活に望んでくださいね。

結婚相談所

結婚相談所は、結婚したい人だけが集まる最適な婚活場所です。

初めから、新たな人と出会うのが面倒だと思っている人でも、結婚相談所は一年以内の成婚に導いてくれるためダラダラと婚活が続く心配はないでしょう。

復縁とは違う出会いの場に新鮮さを感じる事になるはずです。

何と言っても、結婚相談所のコンシェルジュが、復縁以上の出会いや、婚活アドバイスを提供してくれるでしょう。

▼ 人気の結婚相談所ランキングはこちら
【2018年】結婚相談所おすすめランキング!口コミ評判を徹底比較!

婚活パーティー

今まで復縁にこだわっていた人は、「その人しか見えない」「他の人と出会うのはめんどくさい」と考えている人がほとんどです。

つまり、男性を見る目がなかったり、視野が狭かったりする事でしょう。

こうした、視野の狭さを克服しなければ幸せな結婚は訪れないはずです。

そのためには、沢山の異性に会うことで最良のパートナーに出会えるでしょう。

婚活パーティーに参加すれば、自分の趣味や希望に沿った異性がたくさんいるために、恋愛や結婚について視野が広がります。

参加しているうちに、復縁に対してのこだわりはなくなります。

▼ 婚活パーティーの人気ランキングはこちら
【2018年】婚活パーティーおすすめランキング!口コミと人気・評判を徹底比較

婚活サイト

復縁したい人の中には、「今更新しい出会いを求める時間がない」という人も多いです。

お互い仕事のキャリアを積めば積むほど、誰かと恋愛する時間の余裕がなくなります。

その時に復縁をしてしまうと、かなり時間も短縮され、結婚まで手っ取り早いですよね。

その流れで復縁してしまうケースも多いです。

ですが、時間に余裕がないためだけの問題であるならば、婚活サイトであらたな出会いを探した方がよほど幸せな結婚ができるでしょう。

仕事の隙間時間で簡単にできてしまうので、復縁よりも、もっと効率良く良い出会いに恵まれるかもしれませんよ。

▼ 婚活サイト&アプリのランキングはこちら
【2018年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

まとめ

復縁して結婚まで至るケースは決して珍しい事ではありません。

世の中には復縁で結婚をして十分なメリットを得ているカップルはたくさんいる事でしょう。

ですが、復縁をして結婚したら、デメリットばかりが目立ち、「あげく離婚してしまった」というカップルも一定の割合でいる事だけは、肝に命じておきましょう。

そして、考え方を変えれば、復縁にこだわらなくても効率良く新しい出会いに巡り会える婚活法もあることを理解してください。

こうした婚活法は、人を見る目が養われるため、自分も成長できるのです。

復縁というものを頭から切り離して、新しい出会いにチャレンジする方がよほど良い結婚相手が見つかることでしょう。

▼ マッチングアプリのランキングはこちら
【2018年】人気のマッチングアプリおすすめランキング!口コミを徹底比較!

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!