婚活での初デート!付き合うために気をつけたい事とは?

最初のデートは、相手に自分の印象を強烈に与えてしまうため、マナーや外面などに特に気をつけたいものです。

「はじめ良ければ終わり良し」と言う言葉があるように、はじめが肝心だと言う事を肝に銘じましょう。

服装

服装は特別センスがよくなくてもOKです!あまり私服に自信がなければ、とりあえず、手持ちのスーツを着用すれば問題なしです。

また、女性の場合はワンピースなどがベストですね。

初めてのデートでカジュアル過ぎるよりはちょっぴり清楚で上品なイメージがベストと言えます。

デートを何度か重ねればジーンズなどのカジュアルな素のスタイルでも良いでしょう。

回数を重ねるごとに、自分らしいファッションを醸し出していけば良いのです。

ちなみに、女性ならフレグランスの使いすぎに気をつけたり、男性なら無精髭の処理に気をつけたりしましょう。

店選び

ゆっくりと話ができ、周囲が静かなお店選びが重要です。

相手がどのような、料理やお酒を好んでいるのかをリサーチしておくと、店選びもスムーズになりますよ。

ですが、最初からお酒ばかりを嗜んでいては、緊張から飲みすぎて失敗をおかしやすくなるので注意が必要です。

最近は、サイトを開けばデートスポットに良いお店が検索できるので、以前よりはお店選びが簡易的になりました。

はじめの数回は、食事のみで終わらせるようにする事で話のネタに尽きず、また会いたいと思わせる事ができるでしょう。

また、自分ばかりの話をするのではなく、相手の話をじっくり聞いてあげるという姿勢が大切です。この時、適度なうなずきパフォーマンスも取り入れてください。

聞上手は相手の事を優先にして考えている証拠なので、相手も一緒にいて居心地が良いと感じるでしょう

時間

待ち合わせ場所には最低でも10分前には到着していたいです。

時間のルーズさはその後の交際をも不安にさせてしまうでしょう。

しかも、はじめから遅刻をしたり、時間ギリギリの到着だったりでは相手を軽視しているようにも感じますね。

また、遅刻してしまう人はすべてのことにルーズな人と余計な推測をされてしまうので、くれぐれも気をつけてください。

マナー

マナーができていない人は、「育ちが悪いのか?」「ガサツな性格なのか?」人格さえ否定されかねません。

特にマナーの悪さが出やすいシーンは、

  •  靴を揃えられない
  •  クチャクチャ音を立てて食べる
  •  箸の使い方が間違っている
  •  貧乏ゆすりをする
  •  頬杖をつく
  •  肘をついて話を聞く
  •  デート中なのにスマホいじり

など、くせになっていて自分では気づかない事が殆どです。

日頃から気をつけるようにしなければ、いざと言うときに出てしまうのですね。

初デートでやりがちな失敗談

初デートはかなり緊張するものです。

それは、婚活をしている人に限りませんよね。

その緊張が失敗談を生み出すこともあるでしょう。

初デートで、やりがちな失敗談は次のようなものです。

  •  喋る事がなくて、ネガティブな内容の話や沈黙が続く
  •  張り切りすぎて前日眠れず目の下にクマが…
  •  お腹の調子が悪くて何度もトイレに…
  •  デートだからと購入した服に値札がついたまま…
  •  ついつい図に乗って、昔の武勇伝を話してしまった

などがあげられるでしょう。

失敗しないためにも、精神を統一してしっかり臨みたいところです。

会話上手、メール上手でお付き合いに発展!

実はデートの後って本当に大切なものなのです。

気の利いたメールなどはいりませんが、帰宅後「今日はお会いできて嬉しかったです」「またお会いできますか?」など、デートのお礼や、次に繋げるコメントがほしいですね。

相手も「気が利きくな、この人は」「マナーがなっているな」などの良い印象を持つでしょう。

また、相手からご馳走してもらったときは、店の外に出たらきちんと「ご馳走さまです」とお礼を言う事や「今日はお忙しい中ありがとうございました」などの気遣いの言葉が出ると良いですね。