婚活でのドライブデートを成功させるためのポイントと注意点

婚活である程度仲良くなったならば、ドライブデートに誘ったり、誘われたりする事があるでしょう。

ドライブデートは、二人が距離を縮められる大チャンス!

このデートが成功すれば、結婚への道のりもそう遠くはないでしょう。

一方で、婚活中のドライブは慎重に挑まなければ、失敗してしまうかもしれません。

この記事では、婚活中のドライブデートを成功させるためのポイントや、注意点、準備するべきことをまとめています。

また、上手なドライブデートの誘い方や、断り方などもご紹介しますね。

婚活におけるドライブデートのメリット・デメリットとは

婚活で何度かデートを重ねると、「次のデートにドライブはいかがですか?」と車でのデートを提案される事があります。

ドライブデートに誘われると、本当の恋人同士になれたみたいで嬉しいですよね。

ですが、やはり密室空間という事で、女性側は警戒するでしょう。

男性側も、ドライブデートに誘ったら、「怖いと思われたり、非常識と思われたりしないか」と、誘うのを躊躇することもあるでしょう。

では、婚活ドライブデートのメリットやデメリットはどのようなものなのでしょうか。

メリット

二人の距離が縮まる

狭い密室空間の車中は、2人の距離が縮まる絶好のチャンスです。

今までの婚活デートでなかなか距離を縮められなかった人にとってはとても良い機会でしょう。

相手の意外な一面を発見できる

通常のデートではなかなか相手の魅力的な面を発見しにくいと言う人もいますよね。

ドライブデートにいくことで、男性の運転が上手い事に驚いたり、レディーファーストをしてくれたりと、惚れ直することもありますよ。

また、女性側の気の利いた行動にときめく男性もいる事でしょう。

コミュニケーションがとりやすい

距離が縮まる分、相手とコミュニケーションが取りやすくなります。

運転中の男性にガムを渡したり、飲みモノを渡したりできますね。

また、軽いボディタッチなども自然体でできてしまうのがドライブデートなのです。

密室なのでドキドキする

車の中は、密室状態です。

今までのデート以上にドキドキするでしょう。

「もしかしたら、手を握ってくるかも?」

「キスをされるかも?」

と妄想してしまうのもドライブデート特有の感情ですね。

婚活で出会った人と手をつなぐタイミングは?NGな行動と上手くいく方法

デメリット

沈黙が続くと辛い…

ドライブ時間が長いほど話題がなくなり沈黙しやすくなるでしょう。

2人の間に会話がなくなると異様な雰囲気が漂いますね。

そうした沈黙に耐えられない人はこの沈黙の時間が辛く思えるのです。

相手の悪い面を見てしまう

運転は人間の本性が現れる場面でもありますね。

運転の仕方や、渋滞時などの態度などで相手の性格がわかりやすいものです。

今までは、自分を隠しながら婚活していた相手もドライブデートでは短気な面や、暴言を吐くシーンなどを見てしまうかもしれませんね。

下心があると思われてしまう

ドライブデートに誘う事で下心があると思われるケースがあります。

貞操観念のしっかりした女性からは、尚更、「いやらしい事を考えているのでは?」「下心があるのでは?」と思われてしまうでしょう。

婚活でドライブデートを成功させるためのポイント

婚活のドライブデートを成功させるためには、次のようなポイントがあります。

男性と女性に分けてまとめています。

男性編

車は綺麗にしておく

車の中は念入りに掃除しておきましょう。

飲みかけの缶ジュースを処分したり、ゴミ箱の中は空っぽにしたりしてくださいね。

また、シートに髪が付着していないかをチェックしてローラーなどで絡めとってください。

綺麗にするのは車中だけではなく車外も同じです。

バンパーについた泥はねなどは綺麗に拭き取ってください。

車中の臭いは無臭を意識する

車中の臭いは車酔いの原因にもなりますね。

タバコの臭いや、クーラーの臭いなども悪臭になります。

そうした臭いを香りの強い芳香剤などを使って誤魔化そうとすると、臭いが混じってしまって余計に悪臭化してしまいます。

ミスしても焦らない(道間違いなど)

運転中に、道が分からなくなるなどのミスをしたら、来た道を戻るなど冷静な判断をしましょう。

焦れば焦るほど判断能力が鈍りますし、同乗者も不安になってしまいます。

こうしたピンチの時こそ、焦りを見せない大人の対応が必要です。

ムードのあるスポットを選ばない

最初のドライブデートの行き場所に夜景の綺麗なムードたっぷりのスポットを選ぶ男性もいます。

もちろん、恋人同士になってからそうした場所にドライブするのは良いでしょう。

ですが、婚活中で恋人同士でもない時期に、こうしたスポットを選ぶと、女性としては「下心があるのかな?」と勘ぐられてしいます。

ドライブでこうした場所に行くのは、お互いが恋人同士と認め合った後が理想的です。

運転は冷静に、カッコつけない

男性の中には、隣に女性が乗っているとスピードを出したり、前の車を煽ったりする人がいます。

こうした行為はカッコよくもなんともありません。

女性側とすれば、そうした男性の危険運転に対して危機を感じたり、気持ちが冷めたりするでしょう。

運転する時には、必ずマナーを守って安全運転を心がけてくださいね。

トイレ休憩は頻繁に

女性は、トイレに行きたくても恥ずかしさのあまり、「トイレに行ってもいいですか?」などと言えないものです。

そうした気持ちを察して、トイレ休憩はマメにとると良いでしょう。

間隔的に立地しているパーキングエリアや、道の駅などのトイレを利用してください。

スムーズに行動できるように下準備

ドライブデートの前に、行き先や休憩ポイント、駐車場の位置などを確認するようにしましょう。

久しぶりに通る道や、初めて通ろうとする道は迷いやすいものです。

そうした無駄な時間が、せっかくのドライブデートの雰囲気を壊してしまいかねません。

前準備をしっかりする事で、ロスタイムを発生させないようにするのです。

優しさを見せつける

ドライブデートは、自分の運転技術を見せつけるためのものではありません。

女性に対して優しく接し、気の利いた行動をとってあげる事が大切です。

また、女性だけに優しく接するのではなく、

通行人の近くを走行する時に減速したり、対向車に道を譲ったりする優しさを見せてあげましょう。

そうすれば、「自分だけでなく周りの人すべてにも優しい人なのだな…」と思ってくれますね。

沈黙時は音楽や風景でやり過ごす

注意深く運転しなければならないシーンや、話題がなくなる頃には2人の間に沈黙が訪れます。

こうした沈黙は多かれ少なかれ、必ず発生するものです。

沈黙が耐えられないのであれば、前もって、BGMを用意しておきましょう。

女性の好みの曲を事前にリサーチして準備しておくのも良いですね。

また、沈黙が続いても外の景色を眺めるなどしてそうした沈黙をさらりとやり過ごしましょう。

車種などに拘らない

男性の中には車にこだわる人も多いです。

カッコいい車でデートに行こうと、わざわざレンタルしたり、人から借りたりする事も考えるでしょう。

中には、女性に注目を浴びたいがために、過度な改造をしてモラルのない塗装や不正なオプションを付け加えるケースもあるのです。

若い時ならば、「若気の至りで仕方がないかな…」とおもわれがちですね。

ですが、もう結婚適齢期ともなれば立派な大人ですから、そうした社会性のない事は控えましょう。

男性と違って、車種にこだわる女性はあまりいません。

いつも乗りなれた車でドライブした方が安全です。

また、過度な改造は人に迷惑な爆音を出したり、故障の原因になったりもするため控えてください。

女性編

ガムや飴をさりげなく渡す

運転中に眠気が襲ってくる時もあるでしょう。

そんな時に、「眠くなった?大丈夫?」とプレッシャーをかけるよりも、眠気覚ましのクールガムや、飴をさらりと差し出す方が印象は良いです。

飲みモノはキャップを開けて渡す

飲みモノは、キャップを開けてから渡してあげましょう。

運転手はハンドルを握っているため何かと不便ですし、集中しなければならないですよね。

隣でフォローしてもらえると「この子は気が利きく子だな」と思ってもらえるはずです。

車のドアは優しく閉める

車の乗り降りにも気をつけましょう。

ドアを閉める時に力任せに閉めてしまう女性もいます。

こうした行動は、ガサツな女性だと思われるため、雑な行動をしないようにしましょう。

交差点などの危ないスポットでは話しかけない

沈黙をなくそうとして必死になり、運転中の彼に対して矢継ぎ早に話すことはやめましょう。

特に、事故の多い交差点で話しかけてしまうと非常に危険です。

また、車庫入れの時に話かけられるのも、ほかの車や建物にぶつけてしまうかもしれません。

危険スポットで、話かけるような行為はやめましょうね。

その場の空気を読む事が大切です。

車酔いする人は薬などを飲んでおく

車酔いをするとせっかくのドライブも心から楽しめないものです。

また、助手席で具合悪にされると運転している男性は気を遣いますし、頻繁に休憩するなどデートどころではなくなってしまいますね。

もともと車酔いしやすい人は、早めに酔い止めなどを飲用しておきましょう。

また、寝不足や空腹などでも酔いやすくなるため、睡眠や食事をしっかりして臨んでください。

疲れた表情をしない

助手席で疲れた表情をしたり、居眠りをしたりするのは、運転している男性に失礼です。

居眠りを可愛らしいと思ってくれる男性もいますが、なるべくならば起きていた方が印象は良いでしょう。

助手席でウトウトしないためにも、前日は早めに休むなどして、翌日のドライブ中に眠気を引き起こさないようにしたいものです。

香水などはつけすぎない

エチケットのつもりで香水をつける人がいますが、狭い密室空間での香水の香りはすぐに車内を充満させてしまいます。

特に海外製のフレグランスは香りが強いので、シートなどに匂いがついてしまうケースもあるでしょう。

ドライブデートで香水はつけすぎないようにしてください。

脚を組まない

座る時に脚を組む癖がある人は要注意です。

「脚を組む=生意気、行儀が悪い」 などの印象があるため、すぐに改めましょう。

男性の中にはこうした脚を組む行為を

「誘っているのでは?」と期待を抱いてしまう人もいます。

女性は車内でも、軽く斜めに脚を揃えて座るのが理想ですし、男性からの印象も良いです。

婚活におけるドライブデートの注意点

婚活におけるドライブデートは通常のデートよりも注意しなければならない点がいくつかあります。

特に下記にあげるような項目を守る事は必須ですよ。

初回の婚活デートでドライブに誘うのはNG

婚活でのデートで一番気をつけたいのが誘うタイミングです。

初回のデートでドライブに誘う事だけはやめましょう。

婚活における初回デートは、まだまだお互いの事を探り合う時期ですし、恋人同士ではありません。

そんな時にドライブデートに誘ってしまう男性は、モラルのかけらもなく、女性を不安にさせてしまうだけです。

では、どのタイミングが良いのかと言えば、婚活デート4回目が理想的ですよ。

このタイミングで誘う事で一気に本交際がスタートするケースも多いですね。

一方で、初回のデートなのに相手が誘ってきても、安易にOKを出さないでください。

軽い女性だと思われ、肉体関係OKと捉えられてしまうこともあります。

女性側が、ドライブデートに誘われたらOKを出すタイミングも4回目の婚活デートが目安です。

4回目の婚活デートは結婚に繋がる!真剣交際に発展するか見極めが重要!

長距離デートや人の気配がない場所のデートは避ける

長距離デートや、人の気配がない寂しい場所などに行く事はやめましょう。

女性を不安にさせますし、事故や犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。

人の多い観光地やイベントなどを選んで下さい。

また、最初のドライブデートは半日くらいを目安にスケジュールを立てるようにしましょう。

車での長距離移動は運転している側の疲労にもつながりますし、同じ姿勢で同乗しなければならない女性側も疲れてしまいます。

次の日の勤務に影響しないように帰宅する

婚活においてドライブデートをするときは、次の日の勤務に影響を及ぼさないように配慮しましょう。

時間的には半日を目安に計画を立ててください。

渋滞のスポットを確認しておく

休日は道路が混みやすくなるスポットがたくさんあります。

また、連休ともなると意外な渋滞が発生しやすくなるでしょう。

渋滞中は、イライラしたり、沈黙が続いたりと婚活向きの状況ではありません。

こうした渋滞はあらかじめリサーチしておいて、渋滞にはまらない道に変えたり、渋滞が緩和する時間帯に変更したりしましょう。

婚活ドライブデートでの服装

婚活におけるドライブデートでは、服装にも注意が必要ですね。

動きやすく疲れにくい服装

ドライブデートは、シートベルトなどで座席に拘束されるため、動きにくいものです。

ドライブが長いほど肩こりや腰の怠さを感じる事になるでしょう。

こうした窮屈さを考えると、動きやすく疲れにくいタイプの服装を心がけてください。

寒い時に着用できる羽織ものを持参

車中は狭い空間なので、冷房をつければすぐに冷えます。

寒暖差が出やすい車中では、軽く羽織れる上着(カーディガンやストール)などを持参できると良いですね。

また、少し大きめのひざ掛けを持参すると、彼と一緒に使用できるでしょう。

こうした些細なことも彼と近づけるチャンスなのです。

シワになりにくい素材の服

長い時間座っていると、スカートなどにシワがつくでしょう。

シワがつきにくいプリーツ素材などの衣類を着用すると良いですね。

また、座っているとヒップあたりに汗をかきやすく、心地悪くなるでしょう。

特に、女性の場合はストッキングを着用するため、蒸れやすくなります。

そうした不快な思いをしないように、通気性の良い下着やスカートにしてくださいね。

色っぽい服装はNG

婚活ではない通常のデートならば、男性の気をひくために色気のある服装をしても良いでしょう。

ですが、こうしたセクシーな服装は、婚活におけるデートではNGです。

まだ2人の関係が親密でない時に、このような服装をすることで、男性の性欲を刺激し、キスや肉体関係を誘導してしまう事になります。

しかも、相手からは「このような服装をしてくるという事は、遠回しに誘っているのかな?」などと、期待を抱かせたり、軽い女性と思わせたりしてしまうでしょう。

婚活におけるセックスのタイミングはいつ?体の相性の大切さと考え方

ドライブデートの誘い方と断り方

ドライブデートは2人の距離を縮めるためには理想の婚活デートですが、実際に誘ったり誘われたりという事に抵抗を抱く場合もあります。

特に女性は、ドライブデートに誘われると内心、恐怖や不安になるでしょう。

婚活中の上手なドライブデートの誘い方や断り方を検証します。

ドライブデートの誘い方:男性編

通常のデートで盛り上がると、男性はドライブデートをしたくなるものです。

そんな時、上手に誘わないと女性からは、「下心があるのでは?」「体目的?」なんて疑いの目で見られてしまいます。

ひどい時ならば、間違ったドライブデートの誘い方をしてしまうと、そこで2人の関係がギクシャクしてしまうでしょう。

以下にあげるのは、婚活デートを誘う時のポイントです。

男性はぜひ、参考にしてみて下さいね。

20分程度で行ける場所を提案する

20分程度の場所にいく事を提案すれば、女性的にも不安が少ないでしょう。

近隣ですぐに帰れるルートであれば、下心を感じさせずに女性側も乗り気になってくれます。

目的は観光地やイベントを強調(ドライブを強調しない)

単刀直入に男性から「ドライブしよう!」と誘われると、女性側としては「ドライブ=下心」と思ってしまいます。

ですから、あくまでも、「デートの目的はドライブじゃなくて、観光やイベントだよ!」と言う感じのニュアンスで誘ってください。

「来週、ここから20分程度で行ける水族館に行こう。電車やバスだと待ち時間や荷物も大変だから、僕が車を出すね」など、行く手段が車というだけであって、目的は水族館やイベントという事を強調しましょう。

車内での密室にいつまでもいるわけではない事を伝える事がポイントです。

帰宅時間をはっきりさせる

電車やバスと違って帰宅時間が読めないのがドライブデートです。

電車などの時刻がはっきりしている交通機関ならば、

「そろそろ電車時間がなくなるから帰るね」と言えますが、ドライブデートだとなかなか「帰りたい…」とは言えないものです。

そうした不安を解消させるために、男性側は「明日の仕事に響かないように○時には返すね」などと、時間を明確に提示してください。

女性側も、あらかじめ帰宅時間がわかれば安心してドライブデートに臨めるでしょう。

ドライブデートの断り方:女性編

婚活中は、まだ正式なお付き合いをしていないですね。

こうしたあやふやな関係性の2人が密室にいる事になると、何らかのアクシデントが起きやすいでしょう。

そのアクシデントとは、「相手から肉体関係を求められたり、喧嘩などして途中で降ろされてしまったりするのではないか?」という不安です。

女性の中にはドライブデートに誘われる事は付き合ってもいない限り、恐怖や 不安そのものです。

こうしたドライブデートを断るには次のようなトークでやんわり断る事がポイントです。

もう少しお互いを知ってから

ドライブデートまで誘われていると言う事は、それまでのデートが順調だったからこそですね。

女性側も、もう少し通常のデートを重ねたら、ドライブデートをしても良いと思っているはずです。

断りトークとしては、「ドライブだなんて、楽しそうですね。ただ、私としては、もう少し○○さんと、通常のデートを重ねてからしたいです。ドライブデートはたのしみにとっておきたいです!」

など、キッパリ断るのではなく、期待を持たせてやんわり断りましょう。

婚活ドライブデートでキスはあり?

通常のドライブデートをするときには、密室空間やムードの良さなどから、キスをしたくなる男性もいます。

また、キスを期待する女性もいる事でしょう。

ですが、婚活のドライブデートの場合、ムードに任せてすぐにキスを迫るのは控えてください。

もし、キスをするのであれば、通常の婚活デートで手を繋ぐ事に成功してからの方が良いです。

ドライブデートを3~4回重ねる頃に、彼女が「まだ帰りたくない…」など、別れを渋るような素振りをしたら、キスしても良い合図なので、タイミング良く軽めのキスをして別れましょう。

くれぐれも、ディープキスなどは御法度ですよ。

婚活中にキスしていい?婚活デートでのキスのタイミングやNG行動とは

まとめ

婚活中に、2人の距離をいっきに縮める事ができるドライブデート。

注意点などをしっかりと把握して挑めば、スムーズに結婚に向かうでしょう。

ですが、一歩間違えば、相手から嫌われてしまうなど、せっかくの婚活が水の泡となる恐れがあるのです。

婚活デートにおいて、男性はカッコをつけるのではなく女性に対して思いやりを表現してください。

一方、女性側は運転してくれている男性に対して労いの気持ちを表現しましょう。