4回目の婚活デートは告白必須!結婚を前提とした交際を目指そう!

今回、婚活デートが4回目と言う人は、前回の3回目デートで交際を申し込んだり、申し込まれたりというアクションはあったでしょうか。

もし、そうしたアクションがあったのならば、4回目の婚活デートでは交際を申し込まれた件に対する返事をしたり、返事を聞いたりする大切なデートとなります。

つまり、この4回目のデートから真剣交際がスタートすると言っても過言ではありませんね。

この4回目のデートがスムーズにいく事で、この先も結婚を前提とした交際が実現できるのです。

まさに、婚活において大詰めの段階というイメージの大切なデートと言っても過言ではないでしょう。

そこで、4回目の婚活デートを成功させるためのポイントを検証します。

婚活デートでつまらない・楽しくないと思われないための方法

4回目の婚活デートは3回目よりもより慎重に!

婚活は時間との勝負と言っても過言ではありません。

4回目のデートまで、相手やあなたから「お付き合いしませんか」というやり取りがないまますぎてしまえば、どちらかが、見切りをつけるケースがほとんどです。

婚活以外の通常恋愛であれば、回数など気にせずに、自然な流れで自分や相手のタイミングで告白や真剣交際をスタートする事がほとんどですね。

ですが、婚活の場合は通常恋愛よりも「お互い時間に余裕がない」という実感をもって行動を起こす必要があるのです。

このように、婚活におけるデートは、通常のデートよりもダラダラしている暇はないのです。

ですが、婚活中の人の中に「もっとデートを重ねなければ交際したくない」と言う人もいるでしょう。

そういう慎重な態度は悪い事ではありませんが、相手に逃げられてしまう確率も高くなりため、覚悟が必要です。

なるべくならば、「婚活は時間との戦いだから、なるべく4回目までには相手と交際の約束を交わすべき」と自分に言い聞かせるくらいの気持ちが大切です。

つまり、4回目までには必ず“告白”をしておきたいものですね。

婚活での告白のタイミングはいつ?デート何回目ならOKされやすい?

4回目の婚活デートを成功させる方法

婚活デートを4回目まで重ねたわけですから、相手も自分も少なくとも「この人ともしかして結婚前提に交際するかも…」と思っているはずです。

お互いに良いと思っていたら4回目のデートはかなり期待の高いものになっているはずですよね。

では、4回目のデートを成功させるためにはどのようなシュチュエーションを考えるべきなのでしょうか。

また、どのような気持ちで4回目のデートを迎えるべきかを見ていきましょう。

ムードのあるデートコースをセレクト

3回目のデートまでは、モラル的なものを考えると、なかなか夜のお誘いができませんでした。

ですが、4回目はデートコースも飛躍して良いでしょう。

例えば、「少し遠出のドライブ」や、「夜景の綺麗なデートスポット」など。

3回目のデートとしっかり差別化してあげると、相手の感動もひときわ増すでしょうね。

恋人繋ぎにチャレンジ

3回目のデートで軽く手を繋いだり、ボディタッチなどを試みたりしている人は多いです。

では、4回目デートのボディタッチはどのようにすれば良いでしょうか。

それは、“恋人つなぎ”です。恋人同士が手を絡ませる事で絆を高めているイメージがありますよね。

デート中、お互いが恋人つなぎを拒まずにできていれば、2人はまさしく結婚前提まっしぐらのカップルです。

また、恋人つなぎが違和感なくできていれば、2人の関係はこの4回目デートで親密化したと確信できますね。

婚活で手をつなぐタイミングやその後の振る舞い方とは?

初キスにチャレンジ

4回目のデートで、恋人つなぎが自然にできるようになったら軽いキスにもチャレンジしてみましょうか。

夜景の見えるロマンティックな場所や、帰り際にさりげなくキスするのがポイントです。

初めは相手がキスを受け入れてくれるかどうかドキドキしますよね。

唇だけに執着するのではなく、頬に軽く、チュッとくちづける程度でも良いでしょう。

間違っても無理やり迫ったりディープキスをしたりはしないでくださいね。

あくまでも、相手の様子を伺ってから実行する事です。

婚活中にキスしていい?婚活デートでのキスのタイミングやNG行動とは

4回目の婚活デートで注意すべき事

「4回も会っているわけだから、脈ナシなわけがない、最終通告なんてあるわけない」なんて思っていませんか。

じつは4回目デートは、これから発展するか見切りをつけられるか…の紙一重なデートでもあるのです。

ここで忘れてならないのが、この4回目デートは、あくまでも婚活ですからまだまだ気を抜いてはいけません。

結婚に真剣な人ほど相手をじっくり見ていますよ。

言葉遣いや態度にも気をつけて

「4回もデートしているわけだから、もう恋人同然!」なんて思って「自分の男扱い、女扱いをしてひかれた…」というケースも珍しくはありません。

「3回目デートまではお丁寧な敬語で喋ってくれていたのに、4回目のデートからはすっかり馴れ馴れしい命令口調にまで変わっていた。」

「3回目のデートではかなりのレディファーストを意識してくれていたのに、4回目のデートでは、レディファーストのかけらもなかった…」

なんて事にならないようにしたいですね。

“親しき仲にも礼儀あり”なんて言う言葉があるように、以前よりも親密になれたとしても礼儀を忘れてはいけません。

4回目の婚活デートで気遣いのない言葉づかいや態度をする事は絶対にやめましょう。

奢られて当たりまえ的な態度

特に女性にありがちなのが、相手の男性から奢られて当たり前な態度をとる行為です。

男女ともに、「女性におごる」「女性がおごられる」という事を常識と考えている人は多いのは確かです。

ですが、財布を出しもしないでふてぶてしくおごられっぱなしは相手から常識ない人と思われてしまうでしょう。

おごられたとしても、お礼はきちんとして下さい。

肉体関係は持たないように

4回目のデートでは、恋人つなぎやキスまでを目標にしてください。

間違ってもホテルなどで肉体関係を持ってはいけません。

また、結婚相談所などで婚活している人は、肉体関係を持ってしまうと、成婚扱いとなり退会しなければならなくなるでしょう。

「まだ相手の事をもっと知りたい」「もう少し相手の事を知りたい」という気持ちがあるのであれば、安易に肉体関係になってしまう事を避けたいものです。

婚活におけるセックスのタイミングはいつ?体の相性の大切さと考え方

まとめ

4回目の婚活デートまで進んだあなたは、とてもラッキーですし、結婚というゴールが見えてきたようなものですね。

ですが、4回目デートは相手との距離がグッと縮まるため、親密さが増す一方で油断してしまいやすいという注意が必要な状況でもあるでしょう。

親密さが増すあまり、相手に失礼な態度をとって、まさかの“最後通告”にならないようにしたいものですよね。

> マッチングアプリのおすすめランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!