婚活デートは3回目が正念場!成功させるためにすべき事!

1回目、2回目の婚活デートがトントン拍子で進んだあなたは、そろそろ3回目のデートを実現しようとしているのではないでしょうか。

実はこの3回目のデートは、婚活デートの中でも“カナメ”なのです。

では、なぜ3回目のデートが重要なのでしょうか。

3回目のデートを成功させるための心得や、注意すべき事項をまとめています。

▼ 婚活サイト&アプリのおすすめランキングはこちら
【2018年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

3回目の婚活デートはなぜ大事!?その理由とは

1回目の婚活デートは顔合わせ的なもので、試合に例えると、予選通過試合のようなものです。

2回目のデートは1回目のデートよりも、趣味などを探る程度の下調べ的なものでしょう。

そして、今回注目すべき3回目のデートは、何と言っても婚活の本当の目的でもある

「恋人同士のお付き合いができるかどうか」

「結婚を前提にしたお付き合いができるかどうか」

という目標を明確にすることですね。

また、3回目のデートにより、今後の2人の婚活の行く末が決まってくるため、気を抜かずに挑みましょう。

3回目の婚活デートを成功させる方法

婚活において3回目のデートを成功させるには、以下のような点に気をつけて挑んでみましょう。

結婚を前提にお付き合いする意思を伝える

1回目、2回目の婚活デートで差をつけるべき事は、何と言っても相手に結婚を前提にお付き合いする意思を伝える事です。

もちろん、それに対して相手からの意思も確認しましょう。

お互いに恋人未満の関係から脱したら、いよいよ交際がスタートです。

聞き方としては、「結婚を前提にお付き合いしてもらえますか?」「恋人として正式にお付き合いしてください」などの振り方が良いでしょう。

結婚相談所で付き合うまでデートの回数や期間はどのくらいが良い?

スキンシップにチャレンジしてみる

1回目、2回目の婚活デートで差をつけるとすれば、やはり「相手と手を繋ぐ」など、スキンシップをとることですね。

そこまではいかずとも、ボウリングなどでストライクを出したらハイタッチするなんて光景も3回目デートだからできるパフォーマンスです。

相手の体に触れると言う行為は、お互いに好意を抱いていないとできない行為です。

これからの2人のお付き合いを向上させる上では、ぜひ軽いスキンシップをデートに盛り込みたいですね。

婚活で出会った人と手をつなぐタイミングは?NGな行動と上手くいく方法

映画やスポーツ観戦をしてみる

1回目、2回目の婚活デートは3時間程度が妥当でした。

ですが、3回目は少し時間を延ばして4時間〜5時間程度を心がけましょう。

お互い、結婚前提の話を進めるには、ある程度の時間が必要になってきます。

また、3回目のデートに、「長距離ドライブ」や「映画鑑賞」「スポーツ観戦」を入れ込むと長い時間もあっという間に過ごせて有意義な時間を過ごす事ができますよ。

デート計画は綿密に!

前回と同じような内容の代わり映えしないデートでは、3回目デートの役割は薄れてしまうでしょう。

1回目や2回目のデートよりも楽しんでもらえそうな食事や、相手の趣味や嗜好に合わせた行き先を綿密に考えて3回目のデートプランを立ててください。

そのデートプランを組み立てるには、2回目のデートで相手の好きな食べ物や行きたい場所などを、こっそりとリサーチしておきましょう。

婚活デートでつまらない・楽しくないと思われないための方法

3回目のデートで注意すべき事とは

3回目のデートは結婚への登竜門のような貴重なデートでもありますね。

また、1回目、2回目は緊張感から失敗なく無事終わったのに、3回目になると気を抜いたり、緊張感がなくなったりして、失態してしまうというケースが多少なりともあるでしょう。

こうした3回目デートは次のような注意力も必要となります。

自分優先行動は控える

自分の行きたい場所や食べたいものを中心に繰り広げられるデートは、自分勝手な人間をアピールしているようなものです。

なるべく相手に比重を置いてデートする事を意識しましょう。

また、女性ならば男性を先に歩かせて自分は一歩引いて歩くような控えめな行動を意識します。

男性ならば、レディーファーストを意識した対応を心がければ、双方気持ち良く3回目デートが楽しめるでしょう。

プライベートに踏み込み過ぎない

結婚を意識したお付き合いを宣言するのが3回目の婚活デートの目標でもありますね。

だからと言って、プライベートに踏み込みすぎた会話を控える事です。

結婚を意識すればするほど、「将来的には同居になるのか」などの踏み込んだ話をしたいものですが、それはまだ段階的に早いでしょう。

まずは、プライベートを根掘り葉掘り聞くような常識のない会話は控える事ですね。

悪口などは言わない!

人の悪口や愚痴を3回目の婚活デートで発してしまうと、相手はあなたの人間性を疑い出します。

こうしたネガティブな会話を3回目の婚活デートでしてしまうと言う事は、「結婚後は毎日のように愚痴や悪口を聞かされる羽目になるのでは?」と思われてしまうでしょう。

なるべくこうしたマイナスイメージを与える会話はしないように心がけてください。

悪い癖は直しておく

デートでついつい出てしまいがちな悪い癖は直しておきましょう。

1回目、2回目のデートでは意識して出さないようにしていた悪い癖は、慣れた頃の3回目のデートで出てしまいがちです。

特に相手が受け付けないと感じる癖は食事中に音を立てて食べたり、食べ方のマナーが悪かったりする事です。

せっかく3回目のデートまでたどり着けたというのに、自分の悪い癖だけで「最後通告」されてしまうのは、残念ですよね。

モラルに欠けるようなデートはしない

3回目のデートは、「2人の距離が身近なものになった」と言う感覚を持つでしょう。

そうした安心感からなのか…

男性については、終電に間に合わないくらいに夜遅くまで女性にはしご酒をさせたり、体の関係性を迫ったりするケースもあります。

女性については、男性ばかりに食事を奢らせたりワガママを言ったりなどという場面もあるでしょう。

そのようなモラルの欠けたデートは、相手を不愉快にさせるだけでなく、結婚相手として候補から外される事になります。

まとめ

婚活デートは何回目であっても緊張するものです。

特に3回目のデートは、結婚に直結するくらいに大切なものである事は間違いないでしょう。

だからと言って、あまりにも必死すぎて空回りしてしまったり、1回目、2回目のデートと何も代わり映えしないような内容のデートだったりすれば、結婚は明らかに遠ざかります。

こちらの記事で述べたように、3回目の婚活におけるデートを成功させるポイントや、注意点を把握し、3回目のデートをハッピーなものにしてくださいね。

> マッチングアプリのおすすめランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!