料理人・調理師との婚活方法!シェフと結婚するメリットデメリット

華麗な包丁さばきでパパッとたくさんの料理を作ってくれる料理人

シェフクラスになれば、テレビや雑誌の取材を受けたり、三つ星レストランなんて有名になれたりする事も夢ではありません。

そんな調理師との結婚は、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

また、シェフと結婚した場合、どのような心得で結婚生活に臨めば良いのかをまとめています。

 この記事でわかること

料理人がなかなか結婚できないと言われている理由

料理人はなかなか結婚できないといわれる職種です。

そのように言われているのは次のような理由からでしょう。

女性側が料理に対して自信を失くしてしまう

通常ならば、女性である妻が夫に対して料理を作って待っているものですね。

ですが、夫が調理人であれば、女性の料理よりも美味しく味付けや盛り付けをこなしてしまうでしょう。

夫がシェフクラスの料理人ならばなおさら、女性は自分の料理の腕に自信をなくしてしまいます。

そんな状況に、女性は「どうせ、料理を作っても夫以上にはなれないわ…」と困惑してしまうのです。

正直な子供に「ママよりパパの料理が美味しい!」なんて言われそう‥と言う不安もあります。

料理のクオリティーが高すぎる夫から、自分の料理にダメ出しされないかと不安に思う事もあるでしょう。

経済力が把握できない

見習い期間中は、アルバイト程度の収入しか期待できません。

その見習い期間さえ、店やジャンルによってどのくらいかかるのかはわかりません。

技術習得には個人差もありますから、なかなか一人前として扱ってくれない飲食店もあるでしょう。

また、働く場所によりけりですが、料理人にはボーナスというものがないと思った方が良いです。

ニュースで「サラリーマンのボーナス商戦!」なんて浮かれている時期に、料理人にはまとまったボーナスはないのです。

また、「先々は独立して店を持つ!」と言う料理人が多いですが、その中でも高額所得を狙えるような料理人はそれほど多くないでしょう。

そうした状況に、女性は不安を感じてしまいます。

婚活で年収の嘘を見抜く方法は?嘘の心配のない出会い方も紹介

忙しくて交際や婚活をする暇がない

シェフともなれば、若い時は料理の見習いで忙しくてお付き合いする暇もないくらいです。

また、ちょうど結婚適齢期頃のシェフは経験を生かして素晴らしい料理技術を身につけています。

そのため、雇われているお店では看板シェフとして、昼夜問わず、休日にかかわらずお店のシフトに入れられてしまうでしょう。

しかも、恋人達の最大のイベントであるクリスマスや、バレンタインデーは当然のごとく、パーティーや恋人ディナーのために大忙しです。

周りの恋人達が楽しく愛を育んでいる時に、仕事の確率は非常に高いと言えるでしょう。

忙しくて婚活できない!婚活する時間がない人のための4つの方法とは

家事(料理)が自分でできてしまう

料理人が一人でできてしまうのは、料理だけに限りません。

皿洗いや、掃除などの家事が一通りできてしまうのです。

こうした独り立ちは、若い頃の見習い時期から厳しく指導されていたための結果なのです。

男性が家事を一通りできるという事は人間的にも、尊敬できたり、一目置かれたりするものですね。

ですが、妻にとっては何でもできてしまう夫は、自分の存在価値を低くしてしまうため、肩身がせまいと言う女性もいるでしょう。

また、調理師である男性側も、一人で家事がこなせるために、結婚する意味をあまり感じていないという事もあるのです。

結婚したくない男性の心理とは?彼を結婚する気にさせる8つの秘訣

休日が不定期である

料理人の休日はとても不定期です。

稼ぎどきの土日や、イベント時などには必ず勤務しなければならなくなるでしょう。

週休2日制が定着した国内では、珍しく週1の休日しかもらえないような飲食店もあります。

衛生面に敏感

調理師は、料理を作る過程で食中毒などを発生させないように気をつかいます。

保健所の監視はとても厳しく、その店から食中毒のお客を出してしまえば、営業停止命令を受けます。

また、そうした内容は新聞やニュースなどのメディアに載る事もあるでしょう。

そうした紙面を見たお客様の足が遠のくリスクは高いのです。

ですから、調理師は必要以上に衛生面に気をつける人が多いでしょう。

手洗いだけでなく、消毒などを徹底しているため、調理師の事を深く理解していないと、「潔癖症なのか」と不安になる女性もいます。

細かすぎる面がある

細かい食材を切ったり、茹で時間や煮る時間に狂いなく向き合ったりしなければならない調理師は、ある意味細かい性格でないと務まりません。

細かすぎる性格は、時としてパートナーに対しても影響があるでしょう。

料理の味付けはもちろんのことですが、食器の洗い方や掃除の仕方にまで細かく言ってくることもあります。

また、鮮度の良い食材ばかりをお客様に提供しているだけあって、妻が少しでも傷んだ食材を使おうとすれば、チェックが入るかもしれません。

料理人と結婚するための心得

サラリーマンとは全然生活スタイルが違う料理人と結婚するためには、次のようなことを肝に銘じて生活してください。

礼儀はしっかりと

若い頃から修行してきたのは、料理の腕前だけではありません。

先輩やお客様に対する「言葉遣い」や「礼儀」も学んできています。

こうして厳しく指導されてきた料理人だからこそ、自分に厳しいだけでなく人にも厳しい面があるでしょう。

特に、妻となる女性や自分の子供にもしっかり学んでほしいと思っています。

そのような事から、調理師と結婚予定の方は、言葉遣いや作法を再度学び直すつもりで結婚生活に望みましょう。

早起きは当たり前

料理分野にもよりますが、調理師の朝はとても早いです。

仕込みや準備作業などで朝は4時起きと言う調理師もいるくらいです。

そのような早起きの夫にしっかり歩調を合わせて生活する事が大切です。

「もともと、夜型だから朝は遅い起床だった…」と言う女性は、結婚前に体内時計をしっかり朝方に戻しておく必要がありますね。

調理師の夫が起きてくる前に、朝ごはんが出せるくらいの妻が望ましいでしょう。

学歴の話や自慢話しは避ける

調理師になるためには、学歴は問われません。

調理師免許を取得するために、調理師専門学校などには通いますが、最終学歴が大卒でなければならないなどの決まりはないのです。

もちろん、中には大卒の調理師もいますが、だいたいの調理師は、若いうちから修行や見習いと言うスタイルで料理業界に携わってきています。

そのような時に、「自分は大卒」だとか、「友達の旦那さんは○○大学出身で…」などのプライドを傷つける会話は避けてください。

調理師になりたかった人は、大学では学べないような素晴らしい調理師免許を取得しています。

ですから、学歴の話をするのではなくて、夫の取得した調理師免許について賞賛することを心がけてください。

学歴は婚活に影響するの?学歴コンプレックスは婚活の妨げになる!

体調を考慮してあげる

栄養などに詳しい調理師でも、忙しさのあまり、健康状態が保てない時もあるでしょう。

特に、飲食店が忙しくなる年末年始などは、休む暇もないくらいに、フル勤務になる可能性があるのです。

また、料理人は、味見や賄い飯などにより糖質や塩分を過剰に摂取しやすい環境にあります。

糖尿病や肥満、高血圧などの生活習慣病などにかかりやすいリスクが高いために、家庭で出す料理には、健康的なものを出すように心がけてください。

家族で感染症に気をつける

料理人の家族は感染症に気をつける必要があります。

これは、どこの家庭でも同じ事が言えるのですが、インフルエンザなどにかかると、7日間は会社を休まなくてはならないため、家族全員で予防に努める事が大切です。

特に、幼稚園児や小学生の子供がいると、集団感染しやすくなり、父親にまで移りやすくなるでしょう。

早めの予防接種や手洗いうがいを心がけてください。

また、夏や冬に流行る急性胃腸炎は、かなりの感染力の強さです。

家族の誰か一人がかかるとあっという間に家族全員に広まることもあるため、マスクの常用や塩素系の洗剤で消毒など気を使うべきところはしっかり予防策として入れ込みましょう。

料理人の職業病対策を

料理人の職業病と言えば、立ちっぱなしによる腰痛などが思い浮かびます。

他にも、包丁やフライパンを持ち続ける手が腱鞘炎を起こしやすくしてしまう事もあります。

さらには、油はねなどによる軽い火傷や、包丁による切り傷などは頻繁に起きるでしょう。

また、軽い職業病としては強めの洗剤で食器を洗う事があれば手荒れは否めないですね。

こうした調理師を襲う職業病は仕方のないものですが、積み重なると仕事にも影響を及ぼします。

自宅では、腰痛を少しでも和らげるために軽い湿布剤を貼ってあげたり、暖かいお風呂を作ってあげたりしましょう。

軽いストレッチを夫婦でやるのも良いですね。

また、寝る前には、手荒れ対策としてハンドクリームなどを渡してあげられる優しさもあると良いです。

料理は任せきりにしない

いくら、料理の極上に上手な亭主とは言え、妻が料理を任せきりにしてはいけません。

あくまでも、夫は仕事で料理人という立場であって、帰宅後は夫であり父親です。

たとえ、自分の料理が夫の作る料理に劣るとしても、必ず自分で作るようにしてください。

夫は、仕事で嫌というくらいにたくさんの料理を作って帰宅します。

奥さんが真心込めて作ってくれた料理を心待ちにしているでしょう。

妻が作る料理としては、シェフが作るプロ級の料理よりも、家庭的なカレーや肉じゃがなどを故郷の味に似せて作るのが理想です。

夫は、料理の上手さよりも味の懐かしさなどを優先に味わってくれるはずですよ。

独立する時は自分も手伝う意思を持って!

料理人で実績を積み上げた人の中には、「独立して自分の店を持ちたい!」と思う人も少なくありません。

自分の店を持てば慣れるまで相当の体力や精神力が要されます。

そのような時、妻が料理の配膳を手伝ったり、会計をしたりするだけでも、心強い味方になるでしょう。

独立する時は希望を持つ反面、不安と隣り合わせです。

そうした気持ちを察しながら、自分もサポートする意思を持ちましょう。

それが夫婦というものです。

昔アルバイトで接客業や経理の仕事をした事がある女性ならば、その経験から夫の店を陰ながら応援できますよね。

料理人の特徴

料理人は長い下積み時代を乗り越えた強い気持ちを持ち合わせています。

次のような特徴を持つ人が多いでしょう。

忍耐力がある

若いうちから、厳しい下積みを経験しているため、何にでも耐えられるだけの忍耐力があります。

結婚生活は山あり谷ありで良い事ばかりではないはずです。

こうした時に、忍耐力があれば、少しくらいの困難には耐えられるでしょう。

ですから、すぐに離婚などと口にはしない人が多いです。

体力もある

調理器具の中には、男性の力でもかなり重いものがあります。

こうした器具を毎日のように持ち運びする調理師は必然的に体力がつくでしょう。

私生活においても、女性を抱きかかえるだけの体力があれば、とても頼もしいですよね。

頑固な一面もあり

調理師は職人肌と言う事もあり、頑固な一面も持ち合わせています。

必ず目標に到達するためには、やり遂げるという良い面と、人の意見をあまり聞き入れず自分の信念を曲げない融通の利かない悪い面があるでしょう。

性格がきつめ

細かい作業や短い時間内で作る事を強いられるため、気持ち的にも緊張感を持って働きます。

少々のミスがお客様からのクレームにも繋がってしまうために、完璧を求めるシェフも多い事でしょう。

そうした状況が、シェフの性格をきつくしてしまう…というものです。

また、後輩を育てなければならないシェフは、どうしてもきつめの性格になってしまいがちです。

細かい性格

「プロ級の料理を作るには、少しのさじ加減さえもきっちりとしたい…」と言う思いがあるでしょう。

ですから、どのような事に対しても細かく見てしまいます。

人によっては、煩わしく思う人もいるでしょう。

料理以外の趣味がない

若いうちから、料理ばかりに集中してきているため、これといって料理以外の趣味がないという人も多くいます。

それでなくても、「手に傷を負いたくない」という料理人もいるため、ハードなスポーツで怪我をする事を恐れたりもするのでしょう。

調理師や料理人と結婚するメリット・デメリット

調理師や料理人と結婚するメリットやデメリットは次にあげられるようなものです。

メリットだけを見てみると、レストラン級の料理を家庭でいただけてしまうと言う夢のある待遇が期待できます。

一方、デメリットを見てみると、収入の不安定さや、忙しさなどですれ違いが起こりやすいリスクが伺えます。

メリット

美味しい料理が家庭でもいただける

まるで、高級レストランでいただくメニューを自宅のようなプライベート空間でいただけてしまうのは、シェフと結婚してから味わえる最高のメリットでしょう。

しかも、高級レストランならば、一人当たり最低でも5,000円コースは間違いないコストを、無償でいただけるお得感もありますね。

定年後も職に困らない

手に職を持っているという立場上、定年関係なく仕事を継続できるでしょう。

特に、日本の高齢化社会の問題としてあげられる、老人の貧困化などがありますが、そうした悩みも手に職を持つ料理人にとってはありません。

筋肉マッチョな人が多い

調理師は体力勝負です。

時には重量のある鍋や食材を運ぶ事があるでしょう。

そのためにも、筋トレをしていると言う調理師もいるのではないでしょうか。

「筋肉質な体は男性らく頼もしい…」と言われる事も多く、女性からすればとても魅力的ですね。

料理マナーや言葉遣いがしっかりしている

料理だけが上手いだけではなく、食べ方のマナーがとても美しいです。

また、接客もこなす調理師もいるために、言葉遣いがとてもしっかりしています。

特に、日本の料理人は他の国の料理人と比較しても厳しく指導されているため、海外のお客様からの評判も良いでしょう。

デメリット

必ずしも家庭で料理を作る料理人ばかりではない

シェフだからといって、必ずしも家庭で料理を作るわけではありません。

仕事中は、たくさんの料理を作るため、家庭では料理を一切作らない…と割り切る男性もいるようです。

仕事と家庭をしっかり線引きしたいという気持ちの表れなのでしょう。

ですから、料理はシェフの夫に任せてしまおう!なんて考えている女性がこのような男性と結婚したならば、ガックリくるかもしれませんね。

休日がなかなかとれない

世間が賑わっている時こそ、店の動員が期待できるため、一般の人が休日を楽しんでいるときこそ、稼ぎどきです。

また、休日が取得できたとしても、土日ではなく、平日の休みが多くなるでしょう。

さらには、飲食店の営業時間によっては、2交代シフト制などで不規則な点もあります。

料理人の妻になるからには、休日をあてにしてはいけませんね。

不規則で過労しやすい

仕事が不規則で過労気味になってしまう事もあるでしょう。

特に稼ぎシーズンであるクリスマスや年末年始などの期間は目まぐるしい忙しさですね。

また、クリスマスケーキを作るパテシエと呼ばれる人も泊まり込みでケーキ製造をするなど、体を酷使しなければならない面がたくさんあります。

さらに、料理人は何時間も立ちっぱなしで調理作業をするために、足腰に負担がかかりやすくなるでしょう。もともと腰が悪い人だと腰痛が慢性化するなどしてしまいます。

自分も手伝わなければならないことも

忙しいシェフの夫を持てば、結婚生活の中で、夫の仕事を臨時的に手伝うことになるかもしれません。

従業員の急な休みや、人手不足などの時に、皿洗いや配膳などを任せられてしまう事もあるでしょう。

こうした裏方の仕事に不満を持っていたり、経験不足だったりする女性からすれば、少々不満な事かもしれませんね。

下積みだと給与が低い

下積み時代は、驚くほど給与が低いという勤務先もあります。

また、伝統ある店であれば、住み込みで仕込みなどの修行を積む事になります。

この期間は食費や居住費に困る事はありませんが、いざ、結婚となると収入面が不安です。

はじめの頃や独立するまでは共働きをする事になるケースもあります。

低年収でも婚活にチャレンジ!諦めない気持ちと強みを最大限にいかそう!

シェフクラスならマネージメントもこなす事に

シェフと呼ばれるくらいになると、レストラン内では管理職のポジションとして慕われる事が多くなります。

料理だけでなく、後輩の育成という仕事も加わる事になるのです。

そのような時に、注意する場面も多々あるでしょう。

ストレスがたまりやすくなる状況でもありますね。

イベントの時は家族で楽しめない

幼いお子さんは、クリスマスやバースデーパーティーなどを楽しみにしている事が多いです。

こうした祈念すべく行事を家族で楽しめないなどのデメリットも存在します。

オシャレセンスがイマイチ

若い頃から調理師の格好(白衣のような服装)ばかりしてきたために、私服のセンスがいまいちだという料理人は多いです。

また、「髪の毛を落としてはいけない」「清潔さを保つ必要がある」などの理由から、丸刈りに近い短髪スタイルを何年も維持している料理人はかなり多いです。

長髪好き、茶髪スタイルを好むような女性からは、あまり好まれない外見かもしれませんね。

どこに勤務するかによっても待遇が違う

料理人と言っても、勤務の体制によっても給与などの待遇面に違いが出るでしょう。

雇われ料理人のケース

雇われ料理人の場合、フランチャイズ系列であれば、店の移動などもあります。

また、本部から指導者が来て細かいチェックを受ける事になるでしょう。

いくら務めている店が大繁盛し、売り上げが前年の2倍にったとしても、雇われている料理人の身では給与が二倍になるわけでもありません。

あくまでも高利益を得るのは、店を経営しているオーナー側になるでしょう。

こうした勤務形態に不満を持って独立を目指そうとする料理人も多いです。

厚生労働省が発表している産業別入職率・離職率(平成 26 年)によると、料理人やシェフが含まれる宿泊業、飲食サービス業では入職率  39.0%、離職率  31.4%と言う結果が読み取れます。

それだけ、過酷な現場であるという事も伺えますね。

全国転勤の多い転勤族との結婚生活はどのような心得が必要!?

独立した調理師のケース

独立した調理師の場合、開業資金などを準備する事からスタートします。

また、従業員の数や借りる場所によってもかなり高額の費用が毎月発生しますから、そのようなものを差っ引いても利益を得る方法を学ばないといけません。

経営学などが学べる大学を卒業すれば、独立開業もスムーズにできますが、こうした調理師の場合、中卒、高卒の率が高いため、なかなか独立経営がうまくいくとは限りません。

ですが、成功すればオーナーは自分になるので売り上げはすべて自分が管理できる事になりますね。

シェフクラスなら年収1,000万円も夢じゃない!

国内で美味しいレストランなどの飲食店をランク付けで紹介するミシュランガイドの出版などもあり、シェフ達の競争心や技術向上の意気込みが強くなりました。

また、マスコミでも、その年のミシュランガイドのランキング上位店舗を取材するなど、知名度を上げるには、最高の舞台となりました。

そうした高評価を受けたシェフは「カリスマシェフ」などと呼ばれるようになり、お客様の動員も目覚ましいものになりましたね。

そうした結果、今までの調理師年収では考えられないくらいの年収を得るカリスマシェフも増えています。

一般料理人の年収

厚生労働省の賃金構造基本統計調査をみると、飲食店業の男性平均年収は313.3万円(50歳〜54歳)となり、職種別では一番最下位となっています。

同年代の金融業や保険業の男性年収の618.4万円と比較すると、2分の1の収入になるわけですね。

こうした年収の差は、調理師には「ボーナスがない」点や、「なかなか昇格できない」という事情もあります。

国内の平均年収500万円と比較しても低めの年収であることから、一般料理人と結婚すれば、妻が働きに出なければならなくなるでしょう。

三つ星レストランのシェフなら年収2,000万越えも!

最近は三つ星レストランなどと評価されると、そのお店の売り上げが向上します。

すなわち、同時にシェフの評価も向上するわけですね。

こうして、周りから認められる事で、看板シェフの年収はぐんと上がるでしょう。

有名レストランのシェフの中には、年収1,000万円〜2,000万円を超えるくらいの一流シェフもいるのです。

このようなレストランを築き上げるまでは、シェフの並々ならぬ努力があるわけですね。

それまで、海外のレストランで勉強したり、日本食だけでなくグローバルな食を目指してメニューを増やしたりする努力をしているのです。

クリスマスなどはかなりの激務

飲食店勤務にあたるシェフがいちばん忙しい時期は何といっても、「クリスマス商戦」とまで言われる12月24日のクリスマスイブですね。

最近は、フレンチ料理をメインにたくさんのお客様が予約して来店します。

また、新年ともなれば、高級おせち料理を作るために年末年始もなく出勤を迫られる事もあるでしょう。

また、シェフともなればマネージメントも行う立場なだけに、料理だけでなく指導力も問われてしまいますよね。

勉強会と称した会食は頻繁

料理人は、他店の味を色々と参考にし、自分の作る料理に生かしていきます。

「この店が美味しい!」という噂を聞けば、休日には食べ歩きと称して勉強をしているのです。

それが、シェフクラスともなれば、より多くの店回りをして、勉強する事が多くなるでしょう。

料理人と出会える場所や婚活法とは

料理人と出会える場所や婚活方法は次にあげるようなものです。

そのような場所に積極的に出向く事で、ステキなシェフと出会える事ができるでしょう。

早めの行動が、あなたの幸せに近づける第一歩です。

結婚相談所

料理人の方と結婚したいのであれば、結婚相談所で探してもらいましょう。

その時に、希望年収や料理人としてのポジション(管理職のような立ち位置)、調理ジャンル(中華、フレンチ、和食など)の希望をしっかり伝えてください。

こうしたきめ細かい条件をまとめて伝えることで、コンシェルジュ側もターゲットを絞って効率良く探す事ができるでしょう。

ちなみに、結婚相談所は婚活法の中でもコストがかかります。

駆け出しの調理人や、安定しない給与体系の料理人にとっては、ハードルの高い婚活法である場合がほとんどです。

ほとんどが、シェフクラスで年収も良いクラスの料理人が登録する事になるでしょう。

▼ 人気の結婚相談所ランキングはこちら
【2018年】結婚相談所おすすめランキング!口コミ評判を徹底比較!

婚活サイト

忙しいシェフは、婚活サイトを利用する事が多いです。

例えば、婚活アプリ大手のペアーズならば、コミュニティを上手に活用する事で、料理人やシェフと交流できる確率が高くなりますね。

「パテシエ 料理人」や料理好きな人 のコミュニティに入るのもシェフと近づけるチャンスでしょう。

また、意外と「調理師免許あります」というコミュニティでは多くの調理師がいる事がわかります。

また、「一緒に料理したい」のコミュニティには119088人もいるため、選択幅がかなり広がります。

料理人は不規則な時間勤務の間にこうした婚活アプリなどを活用して、出会いを求めているケースが多いのです。

ペアーズ(pairs)は婚活におすすめ?アプリの口コミ評判や特徴を解説

婚活パーティー

婚活パーティーでは、様々な職種をターゲットにしたパーティーが開催されています。

シェフや料理人をターゲットにしたパーティーが開かれていないかをまめにチェックすると良いでしょう。

ですが、実際の職種をターゲットにしたパーティーは、医者や弁護士、公務員などのハイステイタス系のパーティーばかりが目立ち、料理人をターゲットにしたパーティーはなかなか見当たらないのが現状です。

もし、職種別のパーティーが設けられていない時は、料理婚活などと呼ばれるパーティーに行ってみると良いですね。

料理のうまさや手際の良さをアピールしようとする調理人が参加している事もあります。

例えば、婚活パーティーを開催している「街コンジャパン」では、結婚適齢期世代をメインに様々な料理婚活を開催しています。

ピザやスイーツを一緒に作ったり、お好み焼きやたこ焼きを一緒に作るパーティーがあったりと、自分が料理に自信がなくても気軽に参加できる内容です。

街コンジャパンが開催する料理系婚活パーティーは、シェフでも参加できる平日の夜などもあるため、料理人の出会いの場としてはとても良いでしょう。

街コンジャパンなら出会い方いろいろ!参加した人の口コミ掲載

カルチャーセンターなどの料理教室

実績を重ねた調理師ともなると、「様々なレパートリーが増えて、指導に携わってみたい」と言う調理師もいるでしょう。

そのような時、カルチャーセンターなどで副業指導員として料理教室を開くケースも多いです。

そのような料理教室に応募してみるのも良いでしょう。

カルチャーセンターは、地方自治体が運営している事が多いため、授業料も安価です。

また、少人数で行うことも多いため、お目当の調理講師とコミュニケーションが取れやすいでしょう。

料理合コンは異性と親しくなりやすい!メリットと婚活当日の流れを確認

レストランなどでアルバイト

シェフ狙いならば、レストランで働けば近づく事ができます。

シェフは裏の調理場にいる事が多いですから、働く際は、ホールよりも調理場担当で皿洗いなどとして配属されると、シェフとかかわりが持てるでしょう。

お目当てのレストランに通い詰める

自分好みのレストランに足繁く通うのも良いですね。

お得意様と呼ばれるような常連客になると、調理場からホールへシェフが直々に挨拶しに来てくれる事もあります。

ですが、そのようになるまでは、何度もコストをかけてレストランに通い詰める必要もあります。

まとめ

料理人との結婚は、美味しい料理を作ってもらえるメリットがある一方で、経済的に安定しない時期が続いたり、共働きをしなければならない生活を送らなければならなかったりするデメリットが存在します。

こうした事をしっかり踏まえて、料理人と結婚したいと思うのであれば、早めの婚活が一番です。

特に婚活に時間がかけられない料理人にとっては、ペアーズなどの婚活アプリのコミュニティーサイトで婚活している場合が多いので、ぜひ試してみて下さいね。

カリスマシェフ夫人!なんて言われる日も近いかもしれませんよ。

▼ 婚活サイト&アプリのランキングはこちら
【2018年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!