ブライダルネットでの連絡先交換!タイミングやメッセージの書き方は?

ブライダルネットでは、お互いに「いいね」が成立したあとメッセージ交換が3往復以上かつ初めてのメッセージ交換から24時間以上が経過すると、連絡先交換ができるようになります。

つまり連絡先を交換するまでの間にお互いのことを知り、さらに関係を進めていきたいのかどうかを決める猶予期間が設けられているのです。

人によっては、この猶予期間の間に連絡が途絶えてしまう場合があります

基本的に婚活サイトでの最初のやり取りはメッセージで行い、 サイト内でのメッセージのやり取りから連絡先を交換して関係を深めていくのですが、連絡先を交換し合うまでがなかなか難しかったりします。

連絡先交換にいたるまでにはどんな問題があり、どうすれば連絡先交換に至ることができるのでしょうか。

ここでは、連絡先交換のタイミングやメッセージの書き方について見ていきます

ブライダルネットはどんな婚活サイト?特徴は?口コミと評判から検証!

メッセージでのアプローチ

ブライダルネットではお互いに「いいね」が成立したからといって、すぐに連絡先を交換できるわけではありません

メッセージ交換が3往復以上かつ初めてのメッセージ交換から24時間以上が経過してはじめて、連絡先が交換できる「なかよしステージ」という状態になるのです。

ただし、たとえその状態になったとしても、どちらかが「連絡先を交換したくない、しなくていい」と思っていれば、連絡先交換は成立しません。

男性の中には、少しメッセージのやり取りをするとすぐに連絡先を交換しようと考える人もいるようですが、女性は連絡先を交換する際に明確な理由を必要とする場合が多いと考えてください。

連絡先交換に至るまでに、まずはメッセージ交換を続けるために何が必要かを知ることからはじめましょう。

やり取りを続けるためには?

メッセージ交換は、お互いの考え方や好きなことなどを知り合えるいわば自己紹介の時間です。

このメッセージ交換がうまくいかないと、お互い「何かが違う」と感じて自然消滅してしまったり、一方からの連絡が途絶えたり、という結果になる可能性が高くなります。

どんなメッセージがいいの?

メッセージ交換はネット上とはいえ、二人が初めて会話する場です。

会話に求められるのは、お互いが相手のメッセージを受け止めたうえで自分のメッセージを返す、という会話の「キャッチボール」が成立していること。

相手に複数の質問を投げかけるだけのメッセージや、相手の問いかけには答えず自分のことばかりが書かれたメッセージで、要件が一文程度で書かれたあまりにも素っ気ないメッセージでは、会話の「キャッチボール」を成立させることは難しくなります。

ですから、「自分のことを知ってもらいつつ、相手のことも知りたい」という、自分自身の真摯な気持ちを相手にしっかりと伝えるメッセージであることが大切です。

そのような会話の「キャッチボール」を成立させて初めて、「連絡先交換してみようかな」という気持ちが芽生えるのです。

こんなメッセージはNG!
・「質問のみ」「自分のことのみ」など一方的で、相手への気持ちが感じられない

・要件が短く簡潔にまとめられている

メッセージを送る頻度

お互い仕事をしているのですから、1日に何度もメッセージを送り合うのは難しいことです。

1日に1回やり取りする、ぐらいの頻度でメッセージ交換しながらお互いのことを知っていく、というのがほどよいペースであるといえるでしょう。

婚シェルの婚活研究室

ブライダルネットのHPには、婚活のプロである婚シェルによるアドバイスをまとめた「婚活研究室」というページがあります。

そこで、「連絡先を交換したくなるメッセージ」として最優秀賞に選ばれているメッセージは、以下のとおりです。

第一印象の時から何かトキメキのようなものを感じていました。

最初はお友達からスタートして、ゆくゆくはお互いの将来のことを真剣に話せる関係に発展できればと思います。

もしよければ、一度気軽にお茶でもいかがでしょうか?

よいお返事お待ちしてます!

(30代 男性 A.Yさん)

ここでは、「謙虚さ」と「前向きさ」を相手に感じさせるのが一番のポイントである、と示されており、実際にそのようなメッセージが複数選ばれて掲載されています。

参考までに、一度見てみることをおすすめします。

マッチドットコムでメッセージが続かない?返信率をアップさせるコツ

メッセージの書き方とタイミング

メッセージでのやり取りを続けられても実際に出会えなければ意味がありません。

メッセージを介して、連絡先を上手く聞き出すメッセージの書き方とタイミングを考えてみましょう。

メッセージの書き方

上記の「婚活研究室」に掲載されている「連絡先を交換したくなるメッセージ」に共通した特徴は、「あなたとのことをもっと知りたい、距離をもっと縮めたい」という思いがダイレクトに伝わってくるメッセージである、ということです。

どのメッセージからも、「連絡先交換はあなたのことをもっと知るための手段であり、目的ではない」ということが読み取れるのです。

「相手のことをもっと知りたい」「相手ともっといろいろ話したい」という気持ちを率直に伝えることが中心になっており、そのようなメッセージを受け取った相手は心を動かされる場合が多いということがわかりますね。

タイミング

ブライダルネットでは、「メッセージ交換が3往復以上かつ初めてのメッセージ交換から24時間以上が経過する」という条件を満たしていれば、連絡先を交換が可能になります。

ただ、そうなったからといっていきなり「連絡先交換しましょう!」と伝えても戸惑ってしまう相手もいるでしょう。

また、自分としては「メッセージ交換がスムーズで話が盛り上がる」と感じていたとしても、相手が同じように感じていない場合もあります。

連絡先交換の希望を伝えるタイミングは人それぞれであり、「これなら大丈夫!」という絶対的な正解は存在しません

ただ、連絡先交換を申し出て返信がなかったらどうしよう・・・とうじうじ考えて時間ばかりが過ぎていくのも考えもの。

自分の気持ちを正直に相手に伝え、それでダメだったときは諦めよう、ぐらいの心構えでいることが婚活を続けていくためには必要かもしれません。

連絡が取れなくなることはよくある

うまくいっていると思っていた相手と急に連絡が取れなくなる、ということは婚活ではよくあることです。

そのようなときは、どうすればよいのでしょう。

婚活サイトは複数の相手と同時進行が可能

何度かメッセージを交換し、自分としては話も合うと感じていた矢先に相手から連絡がこなくなった、というのは傷つくことかもしれません。

連絡先を交換したにもかかわらず連絡がとれなくなった、という場合はなおさらです。

しかし、婚活サイトには同時進行で複数の相手と連絡をとりあうことができるという、特性があります

複数の相手の中から、自分が最もよいと思う相手を選ぶ権利は誰にでもあるのです。

ですから、連絡がとれなくなったことで、自分が悪かったのではないかと必要以上に自分を責めるのはやめましょう。

相手にもっといい人が現れたという可能性が高いからです。それは自分の責任ではありません。

反省すべき点は反省し、いい経験をさせてもらったと気持ちを切り替えて次のステップに進むのが賢明ですよ。

まとめ

婚活サイトで連絡先を交換するためには、「謙虚さ」と「前向きさ」を相手に感じさせるメッセージを送ることが大切です。

連絡先交換したいと思う理由とともに、自分の気持ちをシンプルに相手に伝える必要があります。

真面目に結婚したいと思っている出会いのモチベーションが高い人達が多く利用しているブライダルネットだからこそ、シンプルにはっきり相手に伝えた方が相手にこちらの真剣さ、誠実さが伝わるのです。

> ブライダルネットの公式サイトはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!