弁護士男性と結婚するには?好みの女性のタイプや婚活で出会う方法

婚活において女性から人気が高い男性の職業は、医師と弁護士ではないでしょうか。

弁護士は、収入面、頭脳、社会的信用度の高さなどが人気を集める理由。

だからといって弁護士すべてが高額収入を得ているか?といえば、そうではないようです。

結婚相手弁護士を考えるのなら年収ばかりにとらわれるのではなく、生真面目な性格やきっちりした仕事ぶりを含めた人柄にも注目です。

>>弁護士男性と会える可能性も?!結婚相談所人気ランキングはこちら

弁護士ってどんな人たち?

弁護士になるには、難関の国家試験を通過する必要があります。

大学卒業後に国家試験を一発合格する人もいますが、何回もチャレンジして、30代前後にようやく弁護士になれた!なんていう人も少なくないのです。

弁護士の中には、1日12時間以上の勉強を5年間続けたという人も普通で、恋愛にかまけている時間はありません。

また、国家試験合格後も法律は度々変わるため、いつも隙なくアンテナを張らせておく必要があり、民事や刑事あらゆる視点から日々知識を蓄え更新しなければなりません。

また国家試験合格後もすぐに良い事務所に就職できるとは限らず、毎日法律と睨めっこの日々が続くこともあるのです。

最近のメディアでは、弁護士さんが就職できずに就職難なんて報道もあります。

ですから、弁護士の理想像と現実には個人差もあり、その時の仕事の請け負い方で年収にも差があると覚えておきましょう。

弁護士男性の性格は?どんな人が多い?

東大入学よりも難しいのが司法試験であり、合格には膨大な勉強量が必要なため、必然的に高学歴、努力家、根気強い人が多くなります。

また、弁護士は身近にあるさまざまな諍いを法律でもって解決に導くエキスパートであり、論理的な思考や一般常識、倫理観や道徳観が仕事には必須。

非常に高度な職務をこなせるだけの高い知性論理性がありますが、恋愛面では感情が豊かな女性とのコミュニケーションに苦手意識がある人も多いようです。

弁護士男性の、理想の女性はこんなタイプ

弁護士のパートナーとしての品性と知性が求められる

弁護士男性から好まれる女性像は、良識があって品があり、明るい人です。

例えば弁護士さんのパートナーとして、法を犯しそうな、あるいはギリギリのラインの行動をする女性はもってのほか。

中身は純情でも、外面がやたら派手で、良識のない服装などをしていれば、あの女性は弁護士の妻なのに、とても弁護士の奥さんに見えないよねなど、陰口をたたかれては、弁護士活動の営業にも差し障りがあります。

こういった理由から、身なりも清潔感があり、清楚な雰囲気の女性が好まれます

人の印象はなんと言っても第一印象が大切ですから、弁護士の男性とお付き合いしたいなら、ワンピースやキチッとしたジャケットを羽織るなど、身だしなみは常に整えておきましょう。

また、仕事が順調なら、個人事務所開業を検討している男性は多いもの。

そのため、経理やマネージメント的な面で弁護士の夫を支えることができる女性だと、より理想的といえますね。

総合すると、良識と品性、弁護士の夫の支えとなれるだけの知性を併せ持つ女性でしょうか。

婚活パーティーでの女性の服装は?男性に好印象を与えるコーデとは?

自立していてポジティブな女性が好まれる

 仕事が軌道に乗ってくると、休みの日もクライアントに呼び出されたり、日本全国から時には海外への出張と、弁護士の夫が家庭にいる時間は少なくなっていきます。

そのため弁護士の妻には、家庭を一人で守り抜く覚悟が必要になるのです。

特に、子供が小さくて、パートナーに育児の助けを借りたい時でも、弁護士の夫には頼れないと覚悟しておきましょう。

夫に頼らずに家事育児をこなすため、民間のサービスや実家の支援などをあらかじめ調べておくと安心です。

弁護士を頼ってくる依頼者は、何かに悩み、問題を抱えているため、そんな依頼者と相対する弁護士には、時に多大な負荷を抱えることもあります。

弁護士の夫の精神的な負担を和らげ、支えになることも弁護士の妻に求められる資質ですね。

ツヴァイの口コミや評判の比較、会員データや結婚できるかを徹底調査!

弁護士の現実と暮らしについて

高所得層と低所得に大きくわかれる

 

弁護士と言えば、高年収というイメージばかりですが、実際はどうなのでしょうか。

弁護士で成功している方は、年収1,000万円以上の安定した高収入を得ている事も珍しくはありません。

しかし、最近では弁護士の需要と供給のバランスがくずれ、弁護士が余っているという報道もなされており、実際に年収200万円〜300万円という弁護士男性もいるのです。

弁護士男性の所属している事務所や、個人事務所の業績によっても収入は異なり、人それぞれ

ですが最近は、徐々に弁護士の需要が伸びてきており、収入の低さで露頭に迷うような事は少なくなっています。

ちなみに超難関と言われている弁護士の国家試験を通過している人ですから、先々、法律絡みの仕事が舞い込んでくる可能性は十分あるでしょう。

ユーブライドは無料登録OKの婚活サイト!口コミと評判を徹底調査!

個人事務所を開業したら・・・?

個人事務所を開業すると自営業になり、営業力や人脈作りなど、個人の力量でも収入は大きく変化します。

また健康を害してしまうと、弁護士として業務を全うする事ができなくなりますが、個人経営者だと福利厚生に頼ることも出来ません。

さらには、事務所の賃貸料や従業員の雇用などを考えれば、贅沢な暮らしはできないのが現実です。

弁護士は高年収というイメージに飛びつくと、その後の落差にガッカリしてしまう女性もいるのではないでしょうか。

弁護士男性が将来において多くの可能性を秘めていることは間違いないですが、弁護士の仕事を理解し、収入が低い間も一緒に頑張れるのかよく検討してくださいね。

弁護士という職業だけでなく、その男性自身を愛し支えるだけの覚悟が必要になるのです。

弁護士とどんな風に出会える?

弁護士男性のパートナーは同業者が多い

一般女性と弁護士男性との出会いは限られています。

親戚の人が持ってくるお見合い話や、弁護士に仕事を依頼する時などがありますが、こうした例はごく僅かになります。

実は弁護士男性のパートナーは、同じ弁護士をはじめ、検事や法律事務所の秘書・事務員などが多いもの。

なぜ、そうした同業種のパートナーが多いのかと言うと、お互いに法律系の仕事に従事しているので話も合いますし、悩みも相談し合えてwin-winの関係が築きやすいため、仲が深まりやすいのです。

一般女性が弁護士男性と出会うには?

弁護士男性の中には、実生活のパートナーは仕事と関係のない女性が良いという人もいます。

彼らの多くは日常で出会がないため、効率を重視して結婚相談所に入会したり、時間を気にせず活動できる婚活サイトに登録しているのです。

また最近は職種をターゲットにしたお見合いパーティーが婚活でも大人気。

若い時期は勉強三昧だったため、女性経験が少ないという弁護士も多く、弁護士のキャリアを積み始めた30代後半に将来の伴侶を求める人もたくさんいますよ。

PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)ってどう?特徴と口コミ評価

まとめ

若い時から法律の勉強に明け暮れる弁護士は、 朝から晩まで勉強漬けなんていう事は珍しくありません。

弁護士との素敵な出会いを求めるなら、婚活サイトへの登録や職業別パーティーに積極的に参加してみてくださいね。

弁護士男性は女性との会話にギクシャクしがちですが、それを踏まえて弁護士男性とお近づきになりましょう。

超難関とよばれる国家試験を通過した弁護士ですから、尊敬の念で接したいものです。

> 婚活サイトランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!