弁護士と結婚したい!妻の心構えとは?結婚相手の職業や出会い方

婚活において女性から人気が高い男性の職業として、弁護士があります。

弁護士は、収入面、頭脳、社会的信用度の高さなどから、結婚相手として人気を集めている職業です。

しかし弁護士すべてが高額収入を得ているか?といえば、実はそうではありません。

結婚相手に弁護士を考えるのなら年収ばかりにとらわれるのではなく、生真面目な性格やきっちりした仕事ぶりを含めた人柄を見てください。

こちらの記事では弁護士と結婚したい人へ向けた、結婚相手として選ばれるための方法をご紹介します。

弁護士と結婚するための出会い方や婚活方法から、妻となる前の心構えや結婚する年齢やタイミングまで盛り沢山でお届けします。

弁護士ってどんな人が多い?

そもそも弁護士とは

弁護士とは高度な法律の知識を備える法律の専門家で、法律相談を受けたり裁判で論争したりする仕事をする人のことです。

弁護士になるには、難関の国家試験を通過する必要があります。

大学卒業後に国家試験を一発合格する人もいますが、何回もチャレンジして、30代前後にようやく弁護士になれた!なんていう人も少なくないのです。

弁護士の中には、1日12時間以上の勉強を5年間続けたという人も普通で、恋愛にかまけている時間はありません。

また、国家試験合格後も法律は度々変わるため、いつも隙なくアンテナを張らせておく必要があり、民事や刑事あらゆる視点から日々知識を蓄え更新しなければなりません。

また国家試験合格後もすぐに良い事務所に就職できるとは限らず、毎日法律と睨めっこの日々が続くこともあるのです。

最近のメディアでは、弁護士さんが就職できずに就職難なんて報道もあります。

ですから、弁護士の理想像と現実には個人差もあり、その時の仕事の請け負い方で年収にも差があると覚えておきましょう。

弁護士男性の性格は?どんな人が多い?

暗記の絶対量だけで見れば東大入学よりも難しいのが司法試験であり、合格には膨大な勉強量が必要なため、必然的に高学歴、努力家、根気強い人が多くなります。

また、弁護士は身近にあるさまざまな諍いを法律でもって解決に導くエキスパートであり、論理的な思考や一般常識、倫理観や道徳観が仕事には必須。

非常に高度な職務をこなせるだけの高い知性論理性がありますが、恋愛面では感情が豊かな女性とのコミュニケーションに苦手意識がある人も多いようです。

なぜ高学歴なのに結婚できないの?その原因と対策を男女別に解説!

弁護士が結婚するタイミングはいつ?高い結婚率の理由

男性の弁護士は結婚するタイミングが早く、結婚率も他の職業よりも高い傾向があります。

結婚のタイミングが早いのは、資格取得のために勉強中の時から交際している女性とそのまま結婚するケースが多く、就職後が決まった後は給料も安定しているため、結婚にも踏み切りやすいという背景があるためです。

結婚がまだの弁護士は医者公務員などと並んで婚活の場で女性からの人気も高く、やはり早いうちに相手も見つけて結婚する人が多いでしょう。

弁護士が人気の理由は、やはり収入が安定していて、真面目で誠実というイメージがあるからです。

結婚したい職業男女別ランキング! 婚活で人気の職業の方に出会う方法は?

結婚していない弁護士の特徴は?

弁護士が婚活市場で人気の一方、結婚したくても結婚できないと悩んでいる男性弁護士もいます。

その理由はなんでしょうか?

結婚できない弁護士には理由があります。

結婚できない弁護士の特徴
  • 異性との出会いが少ない
  • 理屈っぽい性格が女性に嫌がられる
  • 仕事が忙しすぎて交際する暇がない
  • 仕事以外の時間も付き合いや勉強で忙しい
忙しくて婚活できない!婚活する時間がない人のための4つの方法とは

弁護士が結婚したいと思う女性の理想タイプ

品性と知性を持ち合わせた女性

弁護士男性から好まれる女性像は、良識があって品があり、明るい人です。

例えば弁護士さんのパートナーとして、法を犯しそうな、あるいはギリギリのラインの行動をする女性はもってのほか。

中身は純情でも、外面がやたら派手で、良識のない服装などをしていれば、あの女性は弁護士の妻なのに、とても弁護士の奥さんに見えないよねなど、陰口をたたかれては、弁護士活動の営業にも差し障りがあります。

こういった理由から、身なりも清潔感があり、清楚な雰囲気の女性が好まれます

清楚系ビッチの特徴とは?服装や行動での見分け方と付き合う時の注意点

人の印象はなんと言っても第一印象が大切ですから、弁護士の男性とお付き合いしたいなら、ワンピースやキチッとしたジャケットを羽織るなど、身だしなみは常に整えておきましょう。

また、仕事が順調なら、個人事務所開業を検討している男性は多いもの。

そのため、経理やマネージメント的な面で弁護士の夫を支えることができる女性だと、より理想的といえますね。

総合すると、良識と品性、弁護士の夫の支えとなれるだけの知性を併せ持つ女性でしょうか。

メラビアンの法則とは?心理学を恋愛に活かす方法【第一印象の重要性】

自立していてポジティブな女性

 仕事が軌道に乗ってくると、休みの日もクライアントに呼び出されたり、日本全国から時には海外への出張と、弁護士の夫が家庭にいる時間は少なくなっていきます。

そのため弁護士の妻には、家庭を一人で守り抜く覚悟が必要になるのです。

特に、子供が小さくて、パートナーに育児の助けを借りたい時でも、弁護士の夫には頼れないと覚悟しておきましょう。

夫に頼らずに家事育児をこなすため、民間のサービスや実家の支援などをあらかじめ調べておくと安心です。

弁護士を頼ってくる依頼者は、何かに悩み、問題を抱えているため、そんな依頼者と相対する弁護士には、時に多大な負荷を抱えることもあります。

弁護士の夫の精神的な負担を和らげ、支えになることも弁護士の妻に求められる資質ですね。

ポジティブの意味とは?前向きな性格の人の特徴とポジティブになる方法

信用できる女性

仲の良いカップル

日々トラブルと向き合う仕事をしているため、お付き合いをする女性に対しても信用できる人であるか注意深く見定められます。

  • 口が堅い
  • 嘘をつかない

信頼されるように、嘘偽りなく接することが大切です。

人の噂話が好きという女性は注意が必要です。

家柄が良く教養のある女性

結婚後は妻として会食やパーティーに参加することもあるため、礼儀やマナーを守ることができる、育ちの良い家柄の人が好まれます。

もともと弁護士は育ちが良い高学歴の人が多く、相手にも同等の家柄を求める傾向があります。

家柄は気にしないという人でも、女性の礼儀やマナーには厳しい場合がありますので、日頃の仕草から気を抜かずに礼儀作法を心得ておきましょう。

弁護士男性は、結婚を考えている女性の細かな仕草もチェックしていますよ。

家柄や家庭環境などの育ちが違うカップルの結婚は難しい!?

包容力のある女性

食事を楽しむカップル

業務ではトラブルを抱えている業務を扱うため、日々ストレスも溜まっていきます。

愚痴を言っても嫌がらずに聞いてくれたり、話をしっかりと聞いてくれる聞き上手な女性が好まれます。

自分中心で常にかまってほしいタイプの女性は、弁護士の妻としては向いていないでしょう。

かまってちゃんの意味とは?特徴や心理、うざい時の対処法を男女別解説

肉体的にも精神的にも蓄積された疲労を癒やしてくれるような、相手に尽くして上げたい気持ちの強い女性が弁護士の妻には向いています。

このような発言は控えましょう
  • とにかく私の話を聞いてよ!
  • また飲みに行くの?飲み会行き過ぎ
  • 休みの日ぐらいどこかに連れて行ってよ!
  • 毎日帰りが遅い!もっと早く帰ってきてよ

このような言葉を相手に投げかけるのではなく、弁護士は多忙な仕事であると理解のある女性が望ましいです。

外見は派手すぎない女性

弁護士の男性が結婚したい女性に求めるとして、外見はそこまで重要ではありません。

もちろん美人や綺麗な方が人気なのは変わりませんが、それよりも中身を重視する方が弁護士には多いです。

派手でケバい印象を与えるよりも、地味でも知的な印象を与える服装を心がける方が良いでしょう。

婚活パーティーでの女性の服装は?男性に好印象を与えるコーデとは?

弁護士の「高収入」部分に魅力を感じていると危険

弁護士は給与が良くて、平均年収が1,000万円を超える職業として知られています。

しかし、弁護士と結婚したい理由として「高収入」をあげている方は危険です。

なぜなら弁護士は人によって大きく収入差があるため、実は年収300万円以下という方も少なくありません。

「イメージしているような高収入な弁護士が全員ではない」ということを肝に銘じておきましょう。

高所得層と低所得に大きくわかれる

 

弁護士と言えば、高年収というイメージばかりですが、実際はどうなのでしょうか。

弁護士で成功している方は、年収1,000万円以上の安定した高収入を得ている事も珍しくはありません。

年収1000万以上の男性とめぐり合う方法は?結婚相談所なら高収入の男性をゲットできる

しかし、最近では弁護士の需要と供給のバランスがくずれ、弁護士が余っているという報道もなされており、実際に年収200万円〜300万円という弁護士男性もいるのです。

弁護士男性の所属している事務所や、個人事務所の業績によっても収入は異なり、人それぞれ

ですが最近は、徐々に弁護士の需要が伸びてきており、収入の低さで露頭に迷うような事は少なくなっています。

ちなみに超難関と言われている弁護士の国家試験を通過している人ですから、先々、法律絡みの仕事が舞い込んでくる可能性は十分あるでしょう。

結婚相談所なら年収300万でも結婚可!結婚相談所を利用すれば年収よりも大切な事をアピールできる
年ごとに年収の増減が激しい

弁護士の平均年収をみても、平成22年は1,271万円に対し、平成24年の平均年収は642万円となっています。

収入は安定しているものではなく、増減が激しいものだと認識しておきましょう。

弁護士の平均年収の推移
参考:年収ラボ

個人事務所を開業したら・・・?

個人事務所を開業すると自営業になり、営業力や人脈作りなど、個人の力量でも収入は大きく変化します。

また健康を害してしまうと、弁護士として業務を全うする事ができなくなりますが、個人経営者だと福利厚生に頼ることも出来ません。

さらには、事務所の賃貸料や従業員の雇用などを考えれば、贅沢な暮らしはできないのが現実です。

弁護士は高年収というイメージに飛びつくと、その後の落差にガッカリしてしまう女性もいるのではないでしょうか。

弁護士男性が将来において多くの可能性を秘めていることは間違いないですが、弁護士の仕事を理解し、収入が低い間も一緒に頑張れるのかよく検討してくださいね。

弁護士という職業だけでなく、その男性自身を愛し支えるだけの覚悟が必要になるのです。

経営者や社長と結婚したい!経営者や社長との婚活マニュアル

弁護士と結婚して妻となるメリット・デメリット

AとBを比べる女性

弁護士と妻となることで得られるメリット・デメリットには次のようなことがあります。

弁護士の妻となるメリット

法律に詳しいからいざという時も安心

日常生活で起こる万が一のトラブルにも、法律の専門家が落ち着いて対応してくれる安心感があります。

ちょっとした相談でも的確なアドバイスをしてくれるため、心強いです。

「弁護士の夫がいる」というステータスだけで、自然とトラブルから遠ざかることができます。

時計を持って人差し指を立てるビジネスマン女性だけに定められる再婚禁止期間とはどのような法律?

浮気される可能性が低い

弁護士は浮気や不倫を犯した時の代償を良く知っています。

そこまでのリスクを負ってまで浮気をしたいと思う方は少ないので、他の職業の方と結婚するよりも、浮気される可能性は低いでしょう。

その上、仕事がとてもハードですから、色恋沙汰にかまけている暇がないというのも浮気の可能性が低い理由の一つです。

年収が高い

弁護士によって大きな差はあるものの、平均年収が1000万円を超えている職業ですので、サラリーマンに比べると圧倒的に高い年収です。

しかし、年収は弁護士次第ということと、年によって大きなバラツキがあることを理解しておく必要があります。

社会的なステータスが得られる

弁護士は社会的なステータスが非常に高く、医者などと並んで信用度もあります。

弁護士の妻であるという肩書きが高いステータスとなり、メリットも得ることができます。

  • ローンの審査に通りやすい
  • ハイグレードなクレジットカードを作れる
  • 意見を聞いてもらいやすい

また、結婚前の挨拶として両親に紹介する際も、反対されにくく、むしろ喜ばれるというケースがあるのも、弁護士のステータスによるものでしょう。

親への結婚挨拶の服装や例文を紹介!彼女の両親に挨拶する流れは?

弁護士と結婚する際の注意点やデメリット

女性慣れしていない人が多い

学生時代から多くの時間を勉強に注いできたため、恋愛をしている暇もなく、女性慣れしていない男性が多いです。

就職後も下積み時代が長く、遊んでいる暇もないほど業務が多忙なので、恋愛をすることなく年齢を重ねている人も多いです。

女性慣れしていないため、いざデートとなってもあまりスマートなリードは期待できないでしょう。

彼女いない歴=年齢の男性の特徴や理由!婚活法と付き合う女性の心得

婚前契約を結ぶこともある

弁護士の場合は、婚前契約を結びたがるケースもあります。

結婚後の生活や万が一離婚した時に備えて、事前に条件を決めておいて後で揉めないように取り決める契約を結ぶことです。

契約などが慣れない一般の方には

  • 信用されていない?
  • 結婚前からネガティブなことを考えたくない

と後ろ向きな捉え方をする方も多いと思いますが、あくまでも万が一のトラブルに備えているだけであって悪気は一切ありません。

むしろ結婚前にお互いの譲れない部分などを詰めて話すことができるため、結婚後も安心することができます。

契約結婚ってどんなもの?メリットや注意点、婚前契約書の書き方を解説!

多忙のため家族と共に過ごす時間が少ない

仕事に追われて疲れている男性

弁護士は激務で労働時間も長いため、「家には寝に帰るだけ」というケースも珍しくありません。

家族とゆっくり過ごすという時間を取ることが難しいかもしれません。

土日も対応している弁護士事務所に勤めていれば、土日も関係なく業務を抱えることになるため、家族でお出かけなどは更に難しくなります。

家事や育児の協力も、あまり望めないと思っておいた方が良いでしょう。

飲み会などのお付き合いも多い

飲み会などのお付き合いも弁護士にとっては仕事の一環として重要ですから、おろそかにするわけにはいきません。

お客さまとのコミュニケーションを培うためにも大切ですので、妻としては不満をためずに理解して、支えていく必要があります。

忍耐力と寛大さを兼ね備えた女性でなければ務まりません。

プライドが高い

ネクタイを締める男性

弁護士は難関試験を合格してきた実績もあるため、プライドが高い人が多いです。

自分の考えには自信があることが多く、否定したり、プライドを傷つけるようなことを言うのはご法度でしょう。

喧嘩をしていてもロジカルに理詰めで攻め立てることがありますので、妻となるにはご機嫌を伺いつつ我慢する忍耐力も必要です。

弁護士が結婚相手に選ぶ女性の職業は?

弁護士男性のパートナーは同業者が多い

一般女性と弁護士男性との出会いは限られています。

親戚の人が持ってくるお見合い話や、弁護士に仕事を依頼する時などがありますが、こうした例はごく僅かになります。

実は弁護士男性のパートナーは、同じ弁護士をはじめ、検事や法律事務所の秘書・事務員などが多いもの。

なぜ、そうした同業種のパートナーが多いのかと言うと、お互いに法律系の仕事に従事しているので話も合いますし、悩みも相談し合えてwin-winの関係が築きやすいため、仲が深まりやすいのです。

一般女性が弁護士男性と出会うには?

弁護士男性の中には、実生活のパートナーは仕事と関係のない女性が良いという人もいます。

彼らの多くは日常で出会がないため、効率を重視して結婚相談所に入会したり、時間を気にせず活動できる婚活サイトに登録しているのです。

また最近は職種をターゲットにしたお見合いパーティーが婚活でも大人気。

若い時期は勉強三昧だったため、女性経験が少ないという弁護士も多く、弁護士のキャリアを積み始めた30代後半に将来の伴侶を求める人もたくさんいますよ。

弁護士と出会いたい人におすすめの婚活方法は結婚相談所

婚活方法として、結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティー、お見合いなど様々な方法がありますが、弁護士と出会いたい方にとって最もおすすめの方法は、結婚相談所を利用した婚活です。

弁護士と結婚したい人にとって、結婚相談所をおすすめするのには理由があります。

弁護士と出会いたい人に結婚相談所がおすすめの理由

結婚相談所では、入会の際に必要証明書を提出する必要があります。

結婚相談所の提出書類の例
  • 身分証明書
  • 独身証明書
  • 在籍証明書
  • 学歴証明書
  • 年収証明書
結婚相談所に入会する時の必要書類を解説!手続きや申請方法まとめ

入会の際に多くの証明書の提出が必要なため、結婚相談所では事実を確認する裏付けがあります。

弁護士は簡単には人を信用しない性格の人が多く、マッチングアプリなど軽く登録できるものよりも、裏付けのある証明書を提出する結婚相談所に好んで登録する傾向があります。

また時間を調整できる結婚相談所は、効率的に婚活を進めることができるため、業務の忙しい弁護士にとっても利用しやすいです。

弁護士と出会いたい方にとって、結婚相談所は多くの弁護士が登録しているので会える確率が高まりますし、同時に弁護士と偽る「ニセ弁護士」と出会う確率も下がるので、最も効率的に婚活できる方法でしょう。

ハイスクラス専門の結婚相談所もあるので、そういった結婚相談所を利用して弁護士と結婚する確率を高めていきましょう。

▼ ハイクラス結婚相談所はこちら
セレブ・エリートと出会える!ハイクラスな結婚相談所ランキング!

まとめ

若い時から法律の勉強に明け暮れる弁護士は、 朝から晩まで勉強漬けなんていう事は珍しくありません。

弁護士との素敵な出会いを求めるなら、結婚相談所での婚活がおすすめです。

結婚相談所に入会するハードルが高いという方は、婚活サイトへの登録や職業別パーティーに積極的に参加するところから始めてみてください。

弁護士男性は女性との会話にギクシャクしがちですが、それを踏まえて弁護士男性とお近づきになりましょう。

超難関とよばれる国家試験を通過した弁護士ですから、尊敬の念で接したいものです。

\弁護士と出会える/

ランキングを見る

※ハイクラス結婚相談所のおすすめ

全国の結婚相談所一覧

北海道・東北北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東東京都新宿銀座池袋渋谷町田立川青山)|神奈川県埼玉県千葉県船橋)|茨城県栃木県群馬県
甲信越・北陸新潟県長野県松本)|山梨県富山県石川県福井県
東海愛知県岡崎)|岐阜県静岡県浜松)|三重県
関西大阪府梅田難波)|兵庫県姫路芦屋)|京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国・四国鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県
九州・沖縄福岡県北九州)|佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!

コメントを残す