1年以内に結婚する方法!1年以内に結婚したい人の心得と婚活法

周りが結婚をし始めると、羨ましさや焦りが込み上げてくるものです。

そこで考えてしまうのが男女共に「1年以内に結婚できたら良いな〜」と言う思い。

20代の頃ならば、「いつかは自分も結婚したいな‥」と言う感覚なのに30代になってくると、「1年以内に結婚して早く社会に認められたいし、子育てもしたいな‥」という気持ちに変化してくるでしょう。

また、40代になると、「このまま未婚なのかな、最後のチャンスかな‥」などと諦めと希望が交差する心理状態におかれるのです。

そうです、1年以内に結婚したい‥」と言う強い願いは、今後の人生がガラリと変わるかもしれない重要な思いなのです。

では、どのようなことを心得て、婚活すれば、念願の1年以内の結婚は果たせるのでしょうか。

男女別の価値観を交えながら、最適に早く結婚できる方法を検証しましょう。

【2018年】婚活サイト&アプリおすすめランキング!ネット婚活の口コミ比較!

1年以内に結婚するための心得4つ

1年以内に結婚するためには、いくつかの心得を全うする必要があります。

以下にあげるような事をクリアしていけばいくほど、1年以内の成婚に繋がる確率は高いでしょう。

結婚前提の相手とのお付き合い

1年以内の結婚を目指すのであれば、第一に、「早めに結婚したい」と思っている異性と出会わなければいけませんね。

中には、「まだまだ結婚をする気はない」

「お付き合いはしたいけれども結婚はしたくない」

など実際にお付き合いしていくうちに、1年以内の結婚を考えていない人もいるのです。

もし、自分が1年以内の結婚を本気で考えているのならば、お付き合いしているパートナーに対して「結婚はいつくらいにするつもりでいるの?」など単刀直入に質問してみましょう。

将来の事についてパートナーに質問することは悪い事でも何でもありませんよ。

むしろ、相手の結婚に対する率直な思いを真剣に聞く姿勢が大切なのです。

結婚願望の高い相手を探す

お付き合いしていると、「この人は結婚願望がないのかな?」など不安に思うことがあります。

結婚願望がない相手と付き合っていても、なかなか将来的なビジョンが見えてきませんし、1年以内の成婚を目指す人にとっては、不都合な相手となってしまうでしょう。

早々と両親や親戚に紹介

お付き合いをしたら、パートナーを早めに両親や親戚に紹介した方が良いですね。

早めに、紹介をする事で、もちろん結婚の話も持ちかけられることでしょう。

親戚を巻きこんだ方が、あれよあれよと早めに結婚が決まることが多いのです。

結婚の良い面を猛アピール

相手が結婚をためらっているのであれば、結婚をすぐに決められない何かがあったのでしょう。

女性ならば男性の胃袋をがっちり掴めるような家庭料理をアピールしたり、男性ならば、包容力をアピールしたりする事で、「結婚て良さそうだな…」と思わせる事が大切です。

意外な理由から1年以内の結婚にたどりつけることも!

1年以内の結婚にたどりつけるには、次のような意外な事から発展するケースがあります。

そうしたタイミングをうまく利用すれば、一年以内の結婚が望めますよ。

相手の急な転勤

突然に県外や海外の転勤辞令が降りたりすれば、「お付き合いしている人との関係をこれからどうしようか‥」と悩むでしょう。

そんな時に、相手と一緒にいたいと言う願望から、早々と結婚を申し込むケースがあります。

また、転勤は、男性に限らず、キャリアウーマンの女性にも言える事です。

転勤の辞令が下りた時点で仕事を辞めて彼と家庭を持つという決心をつける事もあるでしょう。

ハッピーが2倍!妊娠

デキ婚が珍しくなくなった時代。

もし、お付き合いしたばかりなのに妊娠が発覚したら、やはり、1年以内の結婚と言う流れになりますね。

こうした時には、結婚も妊娠も同時におめでた続きでハッピーが2倍となります。

周りが結婚ブーム

自分達の周りが結婚するカップルが多いのであれば、そのペースに乗って結婚の雰囲気にのれるでしょう。

周囲が結婚ブームならば、1年以内に成婚する望みが高くなりますね。

「私たちも結婚しちゃおうか!」のようなノリでいけるはずですよ。

友達の結婚式に盛んに招待される

友人の結婚式では、とにかくハッピーモードの雰囲気でしょう。

「そんな幸せが自分にも早く訪れないかな‥」と結婚に対する気持ちがますます深まるタイミングです。

男女によって結婚の望み方の違いとは?

一年以内に結婚したいと考えているのは、どちらかと言うと、男性よりも女性の方が強い傾向にあります。

その背景としては、女性は出産という人生の大イベントがあるからですね。

その妊娠、出産は30半ばになると、妊娠率が低下したり、母体のリスクも高まったりしてしまうでしょう。

そうした妊娠出産を真剣に考えると、「一年以内に結婚したい!」と言う希望が出てくるのです。

ですが、決して「男性は妊娠しなくても良いから結婚は急がない!」と言う考え方ではありません。

国内の企業の考え方のひとつに、結婚をする事で、出世や社会的信用性が得られるでしょう。

ですから、「早く出世したい!」と考えている男性にとっては、一年以内の結婚を考えているケースも多いです。

男女とも、「一年以内に結婚したい」という理由に違いはあるものの、早く結婚してステキな人生を送りたい!と言う結婚に対する価値観は一緒ですね。

1年以内の結婚のリスクはある?

一年以内の結婚と言うと、スピード婚を思い出す人もいるようです。

ですが、最近では会ってから3ヶ月以内に結婚するスピード婚カップルも珍しくありませんね。

ですから、一年以内に結婚しても、「周りから早すぎるんじゃない?」とか、「早いと失敗するよ!」なんて言われても気にしない事です。

一方で、何年間か長いお付き合いしても、相手の悪い面ばかり見えてしまって、破局するケースもあるのです。

それに対して、1年以内の結婚はまだまだお互い新鮮な気持ちで結婚生活を送ることができるフレッシュな期間でしょう。

1年以内の結婚成立を目指すための婚活法とは?

1年以内の結婚を成立させるために1番良い方法は、婚活企業に登録する事です。

その中でも、短期型結婚相談所というスタイルの企業にお任せすることが、1年以内の結婚を実らせる最短ルートと言えるでしょう。

こうした結婚相談所は、1年以内に成婚させることが目的であるため、あらゆる方法で早めの結婚を成立する手助けを行なってくれるのです。

その手助けをしてくれるは、婚活専任アドバイザーや婚活コンシェルジュと呼ばれるような人達ですね。

また、1年以内に結婚することのメリットや、気をつけなければならないデメリットなどを交えてアドバイスしてくれますよ。

まとめ

1年以内の結婚に希望を持つことで、婚活にスピードが出たり、婚活に積極的に取り組めたりするでしょう。

また、“1年以内に結婚したい”という理由が男女別で違うのも理解できましたね。

短期で婚活プランを組んでもらえる結婚相談所の活用をはじめ、どんどんプロにサポートしてもらいましょう。

> 結婚相談所のおすすめランキングはこちら

口コミ投稿フォーム

あなたが利用した婚活サービスの口コミをお待ちしています!